2018年06月 - ゴルフクラブ試打日記

2018年06月

      
2018年06月27日
  

FUSO DREAM D460 Driver Ver2

                 
FUSO DREAM D460 Driver Ver2
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは FUSO DREAM D460 Driver Ver2 です。



N.S.PRO GT600
シャフトは N.S.PRO GT600 です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は63g、トルクは3.4、キックポイントは中調子、クラブ総重量は308g です。



正面
初めて手にする、FUSO DREAMのドライバーです。


これまで、FUSO DREAMのクラブに接してきた経験は少ないのですが、好感を持っています。


全体的にバランスが取れている印象があります。



側面
ラージサイズで、形状もオーソドックスな感じです。


ゴチャゴチャしたデザインではなく、シンプルです。


最近はカラフルなドライバーも見られるようになりましたが、このドライバーは『モノクロ感』があってシブいです。


プロトタイプぽくてカッコいいです。


ピカピカ光るミラー仕上げのソールも多いですが、このドライバーは艶消しタイプで落ち着いた感じがします。


『セレブリディー感』は無いですが、『アスリート色』が強いので、このドライバーに対する興味がどんどん湧いてきました。



バックフェースのウェイト
バックフェースには大きなウェイトがひとつだけありました。


それ以外は特に見られない、シンプルな造りです。


ウェイトを近くで見てみたのですが、数字が刻印されていなかったので、重さは分かりませんでした。


しかし、専用の工具を使えば簡単に取り外しができそうです。


色々な重さが用意されているのでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さは適度にありました。


一時期、ショートネックばかりがよく見られましたが、最近はこのように適度な長さの物が増えてきました。


こういったところも、流行りというものがあるのかもしれません。


いずれまた、ショートタイプが流行るのかもしれません。


ネックには調整システムが搭載されていませんでした。



顔
やや面長な感じの顔ですが、好感がもてました。


これまでもよく見てきた、オーソドックスなタイプです。


最近は『つかまえ顔』のドライバーが多いですし、それにある程度慣れてきたように思うのですが、このドライバーはつかまえ顔ではなく、昔ながらの『いい味』を出しています。


バルジも綺麗ですし、顔全体の印象がシュッとしていて好きです。


ホッとする・・・。といいますか、安心できる顔です。


スライサーの方にはつかまえ顔のほうが構えやすいかもしれませんが、私はこの顔が左へのプレッシャーを感じさせないので、安心感がありました。


最近はクラウンにカーボンコンポジットが採用されていることも多いので、このドライバーはどうなのかな?と近くで見てみましたが、カーボンの模様は見られませんでした。



ソールのデザイン
ソールのデザインも刻印だけでシンプルです。


溝も無ければ、ウェイトなども見られません。


『Ver2』という文字があるということは、『Ver1』もあるのかな?


そして既に『Ver3』もあるのかもしれない・・・。


そんなことを考えながら見ていました。



フェース面のデザイン
美しいフェース面です。


スコアラインの一番上(トゥ寄り)だけ白でないのが珍しいです。


これには、おそらく何らかの意味があるのだろうと思います。


スコアラインは全て凹んでいて、きちんと『溝』になっていました。



セミディープ
セミディープタイプといっていいと思います。


昔のクラブを見てきた者としては、シャローな感じもするのですが、今はもっとシャローな物が多いですし、それが主流となっているので、このクラブはセミディープという表現が適切なのかもしれません。


今のドライバーの中では、結構厚みのある形状ですが、シャロータイプを好まれる方の中にも、このドライバーの適度な厚みに好感を持たれる方も多いのではないでしょうか?



振り感
素振りをしてみると、なかなかいい感じでした。


さすがはパーツメーカーといいますか、色々なシャフトを組んで使っていける良さがあるように思います。


やや軽量タイプではありますが、頼りなさのようなものはありませんでした。


シャフトも全体的にしなる感じで、結構ゆったりと振っていくことができました。


タイミングもすぐに合わせることができました。


クセのないヘッドには、クセのないシャフトがベストマッチのように感じました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、好感がもてました。


構えやすいです。


クセの無さが魅力で、方向性に対する不安は全くありませんでした。


やや面長なタイプなので、左を嫌う方にも、好まれやすいのではないでしょうか?


私も左を嫌いますが、どちらかといえば、面長で重心距離の長さを感じさせるタイプよりも、コンパクトで重心距離の短いタイプが好きです。


左右のイメージとしては、ほぼ中立的な感じでした。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで良いです。


ソフトですが、ボヤけた感じはなく、しっかりと手応えがありました。


フェースの弾きも良いです。



打球音
『音』は、はっきりしているのですが、高くなく大きすぎず、好感がもてます。


しっかりと振っていって、この音を楽しむことができました。


インパクトが緩むことも無いので、心地いいです。



バックフェース
『安定性』は、なかなか良いです。


良いのですが、『なかなか』という表現を用いたのは、今はもっと直進性が高くて寛容なタイプが多いからです。


このドライバーもシビアさは全く無く、易しいタイプだと思いました。


ヘッド全体の雰囲気もありましたし、シャフトも仕事をしてくれていたように感じます。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、なかなかいい感じです。


タフなタイプのドライバーではありませんが、どちらかといえばヒッタータイプの方に合いやすいように感じました。


しっかりと振って、叩いていきたい方に合いやすいのではないでしょうか?


あがりにくいとか、ドロップする感じはありませんでしたが、『超シャロータイプ』のドライバーに慣れておられる方には、少しタフに感じられるかもしれません。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなか良いです。


高さがあって、キャリーもしっかり出せました。


ボールの弾きが良く、球も力強いです。



操作性
『操作性』という点では、まずまずです。


左右にも曲げることはできましたが、それほど敏感なタイプではありませんでした。


あまり細工をするタイプではないと思いましたが、今はこういうタイプが殆どですし、この『操作性』よりも『安定性』の高さが、今求められているところではないでしょうか?


左右どちらにもクセが無い感じがしましたが、安定して小さく右に曲げることができたので、これは武器になるな・・・。と思いました。


ただ、自然に球をつかまえてくれるタイプではないので、日頃スライスに悩んでおられる方には、少し難しく感じられるところがあるかもしれません。



ヒール側
なかなか出会うことのないメーカーですが、いいイメージが残っていましたし、このドライバーを試打して、そのイメージがさらに高まりました。


落ち着いたデザイン同様、性能もいい意味で派手さはなく、高いレベルで落ち着いているように感じました。



フソウ ドリーム FAIRWAY WOOD D460 Driver Ver2
バランスの取れたドライバーといったらいいでしょうか?


特別どこかがすごく優れているというのではなく、万遍なく優れているように感じました。



FUSO DREAM FAIRWAY WOOD D460 Driver Ver2
それほど『易しさ』や『飛距離』に特化しているとは正直思いませんが、それだけ今の多くのドライバーのレベルが上がってきているということでもありますし、このドライバーも決してそれらに引けを取っているとは思いません。


『整った顔をしている』『易しいけど易しすぎない』『タフなタイプではないけど、あがりすぎて距離をロスするタイプでもない』。


そんな印象をもちました。



FUSO DREAM FAIRWAY WOOD D460 Driver Ver2
もっと派手で目を引くデザインのドライバーが欲しい。


調整機能が付いていないと嫌だ。


つかまえ顔のドライバーが好きだ。


という方には、合いづらいところがあるかもしれませんが、すごくオーソドックスなタイプですし、クセが無いタイプなので、使っていても飽きが来ないような気がしました。



FUSO DREAM FAIRWAY WOOD D460 Driver Ver2
このクラブのシブいデザインが良かったのか、それとも全体的なバランスの良さが気に入ったのか、『後味が良い』といいますか、気分良く練習場を後にすることができました。


またチャンスがあれば試打したいドライバーです。

                         
        
ツアープロコーチ 谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム