2015年07月01日 - ゴルフクラブ試打日記

RIZAP GOLF オンラインサポートで効率的な自宅練習
最大87%OFF 決算 SALE 2021

2015年07月01日

      
2015年07月01日
  

三浦技研 PP-9005 PREMIUM アイアン

                 
三浦技研 PP-9005 PREMIUM アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは 三浦技研 PP-9005 PREMIUM アイアン の7番 です。



ダイナミックゴールド
シャフトは ダイナミックゴールド です。

ロフトは30度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはS200、キックポイントは手元調子です。



正面
三浦技研の新しいアイアンです。


ポケットキャビティタイプです。


とても珍しいです。


私は三浦技研のアイアンをそれほどたくさん試打してきているわけではないので、はっきりとは分かりませんが、おそらく初めてではないでしょうか?


三浦技研にポケキャビのイメージはありませんが、私が知らないだけなのかもしれません。



側面
オーソドックスな感じのポケキャビです。


ゴチャゴチャした感じもなく、すっきりとしています。


仕上げがとても綺麗だな・・・。と思いました。


これまでたくさんポケットキャビティアイアンを試打してきましたが、中には雑に感じたりチープに見えたりするアイアンにも出会ったことがあります。


このような美しい仕上がりになっているところが、さすがはアイアンのトップメーカーのひとつでもある三浦技研だな・・・。と思いました。



彫りの深さ
彫りの深さも結構あります。


バックフェースのポケット部分が厚くなっていて、かなり重心深度も深そうです。


これまでポケキャビをたくさん試打してきて、ポケキャビはミスヒットを上手く吸収してくれる・・・。といいますか、看過してくれる印象があります。


重心の深さが普通のキャビティには無い、新たな寛容さを生み出しているように思います。


ポケキャビがまだ出始めの頃は、まだ洗練されていない感じの物もあったように思いますが、今はすごく進化しているように思います。


このアイアンからも、いい雰囲気が伝わってきました。



ソール幅
ワイドソールです。


ポケキャビらしい厚さです。


三浦技研のアイアンは比較的薄いイメージもありますが、これはマッスルバックやハーフキャビティのイメージが強いからなのかもしれません。



ネック長さ
ネックは短めです。


太さもあり、『寸胴』のような感じです。


いわゆる『首長(くびなが)美人』タイプではありませんが、この重心の低さを連想させる作りに親しみやすさをもたれる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?


見とれるようなことはなかったのですが、こういったタイプの人気が高いことも、これまでたくさん出会っているので知っています。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


ノーマルなフェース面です。


このフェース面も、独特な美しさがありました。


メーカーによって、大きく差が出てしまうところなのかもしれません。



トップライン
トップラインは少し厚めに見えましたが、今のアイアンの中ではノーマルなほうでしょうか?


ポケキャビには、よく見られる厚さだと思います。



バックフェースのアクセサリー
バックフェースにはアクセサリーのようなものが見られました。


バックフェース中央ではなく、ややトゥ寄りにありました。


私はどちらかというと小振りなタイプが好きで、中央かややヒール寄りで打っていきたいタイプなのですが、このように少しトゥ側に寄っているということは、大きめのアイアンだと少しトゥ寄りで打ったほうがいいのかな?と思いました。


このアクセサリーのような物は、打感を良くする為の工夫なのでしょうか?


色々なメーカーのアイアンを思い出しますが、特にテーラーメイドのアイアンを思い出しました。



リーディングエッジ
リーディングエッジは微妙に削られていました。


それほど大きくありませんでした。


今はかなり大きめに削られているアイアンもありますが、このアイアンは控えめです。


やはり使い込んでいって、『プレイヤー自身の削り味』を出して欲しい・・・。という、メーカーの思いがあるのかな?と思いました。


使い込んでいけばいくほど味の出るクラブは、とても素晴らしいです。


ソールの全体的な形状も、それほど丸みが強調されておらず、平らに近い感じでした。



構え感
ボールを前にして構えてみても、いい感じでした。


こうして構えるまでは少し大味でクセがあるタイプだと予想していたのですが、実際はそうでもありませんでした。


オーソドックスな感じです。


こういった顔がいいところも、三浦技研らしいと思いました。


ただ易しさを追求するだけでなくて、構えやすさという点でも、しっかりとカバーできているアイアンだと思いました。


セミラージサイズといっていいと思います。


今、もっとも支持されている大きさだと思います。


小顔だと不安な感じがするけど、大顔はいいイメージが出せない、雑になりそう・・・。という方もいらっしゃると思いますが、このアイアンくらいの大きさがちょうどいい・・・。という方は多いのではないでしょうか?


あくまでも私の好みでいえば、もう少し小さいほうが、よりいいイメージが出せるのですが、これくらいの大きさもたくさん経験していますし、緊張することなく普通に構えることができました。


グースの利きも少し目立ちますが、苦手意識が芽生えるほどではありませんでした。


『セミグース』&『セミラージサイズ』が、今一番支持されているのではないでしょうか?


打ちやすさを追求しながらも、構えづらくならないようにする為の、ちょうど境界線上にあるような気がします。


マニュアル感よりも『オートマ感』が強かったので、まずは細工をせずに、そのままのイメージで振っていこうと思いました。


構えたときに、このヘッドの重量感を感じたので、その重量感を利用しながら打っていければいいな・・・。という思いがありました。


敏感に曲線を描いていけるタイプではなく、愚直なまでに真っ直ぐな線を描いていくタイプだな・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は良いです。


柔らかさと、しっかり感のちょうど中間くらいにあるかな?と思いました。


すごく柔らかくてくっつく感じ・・・。というフィーリングではなかったのですが、雑な感じはなく手に馴染みやすい印象をもちました。


ボールをターゲットまで運びやすい打感だと思いました。


ボヤけた感じの打感ではなく、しっかりとインパクトを感じとることができました。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。


ポケキャビ構造やワイドソールなどの利点が充分活かされているように感じます。


このあがりやすさは、これまでたくさんポケキャビを試打してきているので、予め予想していました。


三浦技研だから特別あがりやすいとか、逆に難しくなっているということもありませんでした。



バックフェース
『安定性』も高いです。


曲がりにくいな・・・。と率直に思いました。


やはりオートマチックな感じです。


雑さはないですが敏感すぎず、あまり細かいことを気にしなくてもいいタイプです。


いい意味で、やや大雑把に打っていける感じがします。


ポケキャビアイアンの長所だと思います。



飛距離性能
『飛距離性能』も優れていました。


やはり飛距離にも力を入れているんだな・・・。と思いました。


このようなポケキャビアイアンの特長は寛容さだけでなく、飛距離を求めていきやすいところにもあると思います。


今はアイアンにも飛距離へのニーズが高まっていると思いますし、それを追求してくうえで、ポケキャビ構造は理に適っているのかもしれません。


ロフトが立っていても、それを感じさせないあがりやすさと寛容さがあります。


アイアンには易しさだけでなく飛距離も求めていきたい・・・。という方には、とても魅力的なアイアンといえるのではないでしょうか?



操作性
『操作性』という点では、あまり大きくは曲げられなかったのですが、とりあえず左右に曲げることもできました。


やはりオートマチック的な性能が勝つタイプだと思いました。


アイアンは微妙に球筋を打ち分けるのではなくて、できれば真っ直ぐに近い感じでシンプルに攻めていきたい・・・。という方には、とても合いやすいのではないでしょうか?



ヒール側
三浦技研にポケキャビのイメージは無く、私は初めて出会ったのですが、これまでずっと三浦技研のポケキャビを心待ちにしていた・・・。という方は多いのではないでしょうか?


三浦技研のアイアンを使ってみたいけど何だか難しそうで、ポケキャビが出ないかな?と思っておられた方も多いのではないでしょうか?


今、主流のアイアンですし、これも時代の流れなのかもしれません。



三浦技研 PP-9005 PREMIUM アイアン
三浦技研でポケットキャビティということが意外ではありましたが、一番強く印象に残ったのは、仕上げが美しく独特な重厚感があったところです。


もちろん、『球のあがりやすさ』や『安定性』『飛距離性能』も優れているのですが、そういったアイアンはこれまでもたくさん出会ってきました。



三浦技研 PP-9005 PREMIUM アイアン
チープな感じを出さずに美しく質感を出しているところがさすがだな・・・。と思いました。


ポケットキャビティアイアンはこれまで、機能性を重視するあまり、美しさが損なわれていたり、ゴチャゴチャ感が強くなり過ぎてしまったりする物も少なくありませんでした。


そういったマイナス的なところが無いが三浦技研らしいところだと思いました。



三浦技研 PP-9005 PREMIUM アイアン
三浦技研のアイアンは『MB-5003』や『CB-1007』の印象が、私の中であまりにも強いのですが、こういったアイアンもアリだな・・・。と思いました。


これまで普通のキャビティを使っていたけど、そろそろポケキャビを試してみたい・・・。できれば機能性だけでなく仕上がりが美しいアイアンがいいな・・・。という方には、是非試していただきたいと思いました。



三浦技研 PP-9005 PREMIUM アイアン
私が今使っているアイアンはキャビティタイプではないですが、今はまだ普通にあがってくれているので、しばらくは今のままでいくと思います。


キャビティアイアンも素晴らしい物がたくさんあるので、いずれそのようなアイアンを購入したいと考えています。


ただポケキャビタイプのアイアンは、私がゴルフキャリアを終えるまで、おそらく購入することはないだろうと思っています。



三浦技研 PP-9005 PREMIUM アイアン
これまでポケットキャビティタイプをたくさん試打してきていて、なかには印象が薄い物もあります。


このアイアンは三浦技研の初めて出会ったポケキャビということもあると思うのですが、強く印象に残るだろう・・・。と思いました。


『易しさ』と『美』の両立ができているアイアンだと思いました。