2010年01月 - ゴルフクラブ試打日記

ライザップゴルフ

2010年01月

      
2010年01月31日
  

ナイキ サスクワッチ マッハスピード フォージド アイアン

                 
ナイキ サスクワッチ マッハスピード フォージド アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ナイキ サスクワッチ マッハスピード フォージド アイアン の7番 です。



NS PRO 950GH HT
シャフトは NS PRO 950GH HT です。

ロフトは31度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は98g、トルクは1.9、キックポイントは中調子、バランスはD1です。



NIKE SASQUATCH MACHSPEED FORGED IRON
ナイキのカッコいいニューアイアンです。


色々な物が付いている感じがするので、それほどシンプルな感じはしませんが、とてもセンスのいいデザインだと思います。


どことなく『メカニカル』な感じで、いかにも『ナイキ』らしい感じがします。


昔からあるシンプルで余計なものが一切排除されたアイアンを『ナチュラルアイアン』とするならば、このようなメカニカルで近未来的な雰囲気が漂うアイアンは『フューチャー型アイアン』といっていいのでしょうか?



04
単なる機能性だけを追求して、デザインが見苦しいものにはあまり興味が湧きませんが、このアイアンはとてもいいデザインなので、すごく興味が湧きます。


やはりいつの時代でも、カッコいいクラブを使っていきたいと思っています。


これはゴルフを始めた頃からずっと変わっていません。


色々な性能などはひとまず置いておいて、まずカッコよくなければそのクラブに対する興味が湧いてきません。


使ってみたい・・・。という気が起きません。


そういった意味では、このアイアンは第一印象という点では大いにクリアしていると思いました。


ナイキのアイアンには、これまでもいい思い出がたくさんあるので、このアイアンに対する期待感も徐々に膨らんできました。



05
『彫りの深さ』も深いですし、何となく『厚み』を感じます。


最近の『ポケキャビ』の中では、それほど膨らんでいるほうではないのかもしれませんが、やはりかなり『打ちやすさ』のこだわって設計されているような気がします。


こういった角度から見ると、どうしても私は「ゴミが入りそうだな・・・・。」とか「使い終わった後の掃除が大変そうだな・・・・。」などと考えてしまいます。


そういったところも、私がこれまで『ポケキャビ』を購入しなかった理由にひとつだと思います。


しかし、多くの方は私のように考えてはおられないと思いますし、この『ポケキャビ構造』は明らかに優れている設計なので、使わない手はないのかもしれません。



12
『ソール幅』は予想していたよりも広い感じがしました。


『ワイドソール』全盛の今とあっては、それほど広いほうではないのかもしれませんが、こういったタイプのアイアンの中では、かなり広いほうだと思います。


私の感覚では明らかに『ワイドソール』ではありますが、打ちづらさを感じるほどの広さではないと思いました。


これくらいの幅ならば、何とか私でも打てそうな気がします。


中央に刻まれている『Forged』の文字が美しく見えます。


やはり『アイアン』と『フォージド』は一緒になっているべきだ・・・。などと考えてしまいます。


アイアンにフォージドは欠かせません。



11
『ホーゼル長さ』も程良い感じでしょうか?


決して『ロングホーゼル』には見えなかったですし、かといって短すぎて扱いづらそうな印象もありませんでした。


適度な操作性を保ちながらも、『低重心』にこだわっている・・・・。という感じなのでしょうか?


ホーゼル部分で、その『クラブの難易度』を感じられる方もたくさんいらっしゃると思いますが、これくらいの長さだときっと多くの方が打ちやすそうだと感じられるのではないでしょうか?



09
素振りをしてみた感じは、まずまず・・・。だと思いました。


もうすっかりとお馴染みとなった、『軽量スチール』の代表的なシャフトですし、最近よく見かけるようになった『HT』です。


私は未だにこのシャフトは日によって『好不調』の波が出てしまうのですが、今日はどちらなんだろう・・・?と考えながら振っていました。


この『NS PRO』も素晴らしいですが、出来れば以前も書きましたが、『K’s Tour』などにも出会えるようになると、すごく楽しさが増えるような気がします。


メーカー側は大変かもしれませんが、我々『ユーザーの選択肢の幅』が増えたほうが、ありがたい感じがします。


シャフトが違うだけで、そのクラブに対する印象度も大きく違ってきますし、苦手だと思っていたクラブでもシャフトが自分に合っていると、すごく打ちやすく感じることも多いので、是非実現して欲しいと思っています。



13
ボールを前にして構えた感じは、すっきりとしていて、とてもいいデザインだと思いました。


このアイアンもひょっとして、日本のメーカーが製造しているのでしょうか?


ちょっとグースが目に付きましたが、打ちづらく感じてしまうほどではないと思いました。


『セミグースネック』を好まれる方は、とても構えやすく感じられるのではないでしょうか?


ヘッドも小振りな感じで、『ボールとの大きさのバランス』もいい感じです。


ボールの大きさは常に一定なのに対し、ヘッドの大きさがあまりにも大きすぎたり、奇妙な形をしていると、違和感を感じてしまい、かなり構えづらく感じてしまうことも多いですが、このアイアンはとてもいい感じで構えることができました。


いいイメージを持つことができました。




試打を開始しました。

07
まず感じたのが、その『球のあがりやすさ』です。


見た目の印象通り、かなり球があがりやすい・・・・。というか『浮きやすい』感じがしました。


『フェース高』も、それほど高くないと思います。


昔のアイアンの感覚が染みついている者としては、低い部類に入るような気もします。


構えたときは、もっと抑えた感じになっているのかとも思ったのですが、やはりこの『低重心設計』が上手く作用しているのかもしれません。


この『ロフト』(31度)を感じさせない上がりやすさだと思います。


やはりこのような『ストロングロフト』にすると、かなり球を上げやすくしないと『メリット』よりも『デメリット』の方が強く感じられてくるのかもしれません。


『難しさ』ばかりが際立ってくるのかもしれません。


払って打つ・・・。というよりは、やはり明らかに『上から捉える』といったイメージの方がいいアイアンだと思いますが、かなり『間口』は広いような気がします。


カッコいいアイアンを使いたいけれど、球があがりやすいアイアンが欲しい・・・・。と思っておられる方には、かなりいい感じを持たれるのではないでしょうか?


この軽量スチールシャフトも、かなり力を貸してくれている感じです。


日頃『NS PRO』を使い慣れておられる方には、かなり打ちやすく感じられるのではないでしょうか?



06
『打感』も、『FORGED』という名が付いている通り、『芯』で捉えることができると、かなりいい感触を楽しむことができます。


何球打っても疲れることがない感じです。


しかし、敢えて多少ズラして打ってみると、途端に感触が変わるアイアンだと思いました。


打感で、その『ヒットポイント』をつかみやすいアイアンだと思います。


そういったアイアンを私は好むので、このアイアンはいい印象を持ちました。


球も上がりやすくて、打ちやすいアイアンではありますが、決してどこで打っても球を効率よく運んでくれる『ワイドスイートエリアアイアン』ではないと思いました。


そのショットの成否を感触だけで掴みやすいところに魅力を感じましたし、そうでないと使っていても怖く感じてしまいます。


自分のミスにはある程度敏感に教えてくれるクラブでないと、永く付き合っていくことができません。


そういった意味でも、このアイアンはいいアイアンだと私は思いました。



08
『安定性』という点でも、かなり高い性能を持っていると思います。


正直いって、私は最初の5発ほどミスショットを連発してしまったのですが、それはこのヘッドというよりはシャフトに慣れていないからだと思いました。


かなり出会う頻度が多くなったシャフトではありますが、今日はやや苦手に感じてしまう日なのだと思いました。


カーボンシャフトとは全く異なりますが、やはりもう少し『重量感』が欲しいな・・・・。などと正直感じてしまいました。


その後、球数をこなしていく打ちに次第に慣れていくことができて、いい感じの球を連発することができるようになってきました。


やはりこのように重量感が合いづらいと感じたときは、いつもよりも『指一本分』短く持ってみると、意外と早く慣れるものだな・・・。と、これまでの経験上感じます。


今日もそんなことを感じながら試打を繰り返していきました。


この打ちやすさは、まさに『ポケットキャビティ』の高性能そのままだと思いました。


慣れてきたからこそ言えるのかもしれませんが、『シビアさ』を全く感じさせないアイアンだと思いました。



15
『飛距離性能』という点では、かなり飛ぶアイアンだと思いました。


やはりこの『ストロングロフト』と『高性能スチールシャフト』が上手く機能していると思います。


普通、『フォージドアイアン』というと、『ロフト』は控えめな感じが多いと思いますが、このアイアンは『31度』というように、明らかにロフトが立っています。


さすがは、ナイキらしいな・・・。と思いました。


『マイアイアン』の6番アイアンは『32度』なので、それよりもさらに1度立っていることになります。


勿論、ロフトというのは実際に計測してみないと解らないところも多いですが、『マイアイアン』はきちんと正確に計測されているので、この『ナイキ サスクワッチ マッハスピード フォージド アイアン』は、私の『6番アイアン』に匹敵するロフトなのだと思います。


実際に打ってみても、私が愛用している『6番アイアン』よりも、よく飛びますし弾道も高い感じがします。


私はもう少し低く抑えていきたいと感じることが多いのですが、これくらいの高弾道でグリーンを上から攻めてみるのも面白いな・・・・。と思います。


このアイアンは『7番アイアン』ではありますが、私の感覚でいうと、飛距離性能は『6番アイアン』、打ちやすさは『7番アイアン』と『8番アイアン』の丁度中間の『7.5番アイアン』くらい・・・。といった感じがしました。


最近は昔に比べ、同じ番手でもかなり『ロフトのバラつき』が大きいので、色々な特徴が出てくると思うのですが、このアイアンは、かなり高い性能を持っていながら、決して難しく感じさせない程良いレベルのアイアンだと思いました。



14
『操作性』という点でもいい感じだと思いました。


この『構えやすさ』が、かなり楽に色々なボールを私に打たせてくれました。


左右どちらもいい感じで曲げていくことができました。


多少の『グース』も、殆ど気になりません。


正直いって私はもう少しヘッドの色々な部分が、削ぎ落とされていたほうが、いい感じで『扱いやすさ』を感じると思うのですが、ストレスに感じることはありませんでした。


どちらかというと『操作性』よりは『安定性』に長けたアイアンなのだと思うのですが、このアイアンも扱いやすいところを感じられたので、ますます印象度が良くなってきました。



16
『フォージドアイアン』。つまり『軟鉄鍛造アイアン』は、難しそう・・・。とか上級者用だから自分には無理・・・・。といって敬遠しておられる方が、まだたくさんいらっしゃるのを知っています。


先日、量販店に『ティ』を買いに行った時にも、店内でアイアンを見ていた方がそんなことを店員さんに言っているのを偶然耳にしました。


そんなことはないのにな・・・。今のフォージドアイアンはすごく打ちやすくていいものがたくさんあるのに・・・・。と思いながら、私は目当ての『ティ』を持ってレジに向かいました。


このアイアンも、決して敬遠すべきアイアンではないと思います。


大いに試してみる価値のある、優れたアイアンだと思います。



10
このアイアンで、『初・フォージドアイアン』や『初・ナイキアイアン』を経験されるのもいいのではないでしょうか?


それほど敷居の高いアイアンではないですが、やはり一般的にいって『初心者用』とはいえないのかもしれません。


しかし、これからもどんどん練習を積んで上達を目指していきたい方や、高性能でカッコいいアイアンを使いながら、ご自身もカッコいいゴルファーを目指しておられる方にもとてもマッチしているのではないでしょうか?


私が使うには、正直言ってこの『飛び過ぎ』が気になるので、実際にコースで使うことはないような気もしますが、今は多くの方が、そんなことは気にされないような気がします。


アイアンでも飛距離を求めておられる方がたくさんいらっしゃるのだと思います。


そういった方々にも、このアイアンはとても合いやすいのではないでしょうか?


上級者の方は勿論、若いアスリートゴルファーの方にも、すごく合っているアイアンだと思います。


ナイキらしい、『若々しい』感じのするアイアンです。