NUD - ゴルフクラブ試打日記


NUDのカテゴリー記事一覧

メイン

NUD

      
2015年03月21日
  

NUD GHIBLI ドライバー

                 
NUD GHIBLI ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは NUD GHIBLI ドライバー です。



FUJIKURA
シャフトは FUJIKURA です。

ロフトは11度、クラブ長さは46.5インチ、クラブ総重量は297gです。



正面
久しぶりに出会った、NUDのドライバーです。

2回目ですが、前のモデルのことは、とても強く印象に残っています。

このドライバーを一目見て、とてもカッコいいな・・・。と見とれてしまいました。

最近のドライバーの中でも、このカッコ良さはダントツです。



GHIBLI
NUDのドライバーと知らず、GHIBLIというメーカーのドライバーなのかと思っていました。

そして、NUDというメーカーのドライバーなのだと教えてもらい、久しぶりでしたし、カッコ良さが倍増しています。

クラブはまず目で楽しみたいと思っている私は、とてもいい気分になれました。

クラブは機能性だけでなく、やはりカッコ良さが重要です。

カッコ良くないクラブでは、あまり気持ちも盛り上がってきません。

そういった点でも、このドライバーはとても魅力的です。



側面
どの角度から見ても、カッコいいです。

今は白いドライバーの人気も凄いですが、改めて黒いドライバーの魅力を感じることができました。

この何とも言えない重厚感がたまりません。

高級感もありますし、アスリートっぽい感じがしてきます。

白いヘッドのドライバーも好きですが、どちらかというと私は黒いヘッドのほうが好きです。

『軽さ』よりも『重さ』を感じさせてくれるドライバーのほうが、私はいいイメージが出しやすいです。

『ヘッドの利き』を、いつも感じていたいからなのかもしれません。



2つのウェイト
ソールには、2つのウェイトが配置されていました。

ここの位置に2つあるのは珍しいです。

他のメーカーのドライバーで、この位置にある物は見たことがなく、いい意味で個性的です。

この位置に2つ配置することで、どのような効果が期待できるのでしょうか?

『重心深度』というよりは、『重心距離』の調整なのかな?と思いました。



顔
いい顔をしています。

NUDのドライバーは、まだ2回目ですが、この美しい顔を見ているだけで、そのメーカーの『品位の高さ』といいますか、『美へのこだわり』のようなものが感じられ、メーカーに対するイメージも良くなります。

機能性を重視するあまり、顔の良さが失われたクラブにも、これまでたくさん出会ってきましたが、そういったクラブにはあまり好感がもてなかったですし、興味もありませんでした。

そういった意味でも、このドライバーにはすごく魅力的です。

高まる気持ちを抑えきれません。



シャローヘッド
今主流のシャロー系ヘッドで、ディープなタイプは少なくなりました。

シャロー系のドライバーにも色々とありますが、このドライバーはとても美しいです。

これまでシャロー系ドライバーで、圧倒的な飛距離性能をもったドライバーに何本か出会ってきましたが、このドライバーも、それらと似たような雰囲気があるように感じました。

球を打つ前に、こうしてそのクラブの性能を予測しているときも、とても楽しいです。



振り感
素振りをしてみても、なかなかいい感じです。

長尺感はありますが、タイミングはすぐに整えることができました。

強く振るよりも、軽く振っていきたいタイプです。



構え感
ボールを前にして構えてみると、好感がもてました。

正統派で、奇をてらった感じは全くしません。

いいイメージが強く出ました。

シャロー感があるので、球もあがりやすそうです。

ソワソワすることなく、心穏やかに構えることができました。




試打を開始しました。

飛距離性能
まず感じたのが、その『飛距離性能の凄さ』です。

もの凄く飛ぶな・・・。と、その弾道の勢いに圧倒されました。

最初は軽めに打っていったのですが、予想よりもずっと前に飛んでいきましたし、パワフルな弾道です。

これは凄いな・・・。弾きがいいな・・・。と感心したのですが、このドライバーは、『高反発仕様』なのだと聞きました。

だから、こんなに初速があって、弾きもいいのでしょうか?

強めに打つよりも、軽くソフトに打っていったほうが距離が伸びるような感じです。

そういえば以前試打した、前のモデルも高反発仕様でした。

NUDは、高反発限定なのでしょうか?

SLEルールが適用されて数年が経ち、メーカーはフェースの反発力競争を止めて、『低スピン性能』に移行していったように思います。

今の『浅重心設計』も、メーカーの深い研究によるものなのかもしれません。

しかし、こうして久しぶりに高反発ドライバーを試打してみると、反発力の効果は絶大だと感じさせられます。

反発力に規制がかかっていますが、浅重心設計に規制がかかることはなさそうです。

それだけ、『反発力』というのは、大きな要素なのだと、改めて認識しました。

浅い重心のドライバーの人気も高いですが、人によって好みがかなり分かれると思います。

浅い重心のドライバーを使ってみて、逆に飛ばなくなった・・・。やはり深い重心のドライバーのほうがいい・・・。という方は多いのではないでしょうか?

このドライバーは浅重心という感じはしません。

球もしっかりとあがっていきましたし、低スピンタイプではなく、強めに叩いていくと、やや吹き上がりました。

やはり静かに、穏やかに打っていく感じがちょうどいいようです。

この飛距離性能は大きなアドバンテージになるのは間違いありません。



フェース面
『打感』もソフトで、好感が持てます。

この重厚感あふれる黒いヘッドのイメージからか、やや硬そうな感じがしないでもなかったのですが、実際は違っていました。

とてもソフトで、重厚感というよりは、むしろ『ライト』というくらい『軽さ』もありました。

いい意味で抵抗感があまりなく、ボールが強く弾き飛ばされていくような感じです。

ソフトな打感と、ボールの初速の速さが、とてもマッチしています。



打球音
『音』も、とてもおとなしくて良いです。

気持ちよく振り抜いていくことができたので、スイング中にブレーキが掛かることもなく、一気にフィニッシュまで振ることができました。

昔の高反発仕様のドライバーは、結構『異音』がする物も多かったですが、このドライバーは違います。

やはり、クラブのもつポテンシャルを最大限に発揮するには、プレイヤーが気持ちよく振り切ることが最重要ですが、このドライバーのようにグッドフィーリングだと、それがとても簡単です。



トゥ側
球はあがりやすいです。

シャロー系のヘッドですが、今は結構タフなタイプのドライバーもあります。

しかし、このドライバーは全く違う印象をもちました。

ロフトが『11度』ということもあると思うのですが、打ち出しも高いですし、滞空時間の長い球を打つことができました。

勢いのある弾道を目で追いながら、『ロケットスタート』という言葉を思い出しました。

この美しい外見や雰囲気などから、いかにもアスリート仕様っぽさもありますが、実際はとても敷居が低いタイプです。

このドライバーは高くあがるので、上がりすぎだと感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そういった方には、やはりもっとロフトの立ったモデルが合いやすいと思います。



バックフェース
『安定性』が高いのも、このドライバーの大きな魅力のひとつだと思います。

かなり寛容なドライバーです。

シャロー系ヘッドの易しさもあると思いますし、ヒール側にある2つのウェイトが、球のつかまりを良くしてくれているのかもしれません。

装着されているシャフトも、高性能で、ブレにくく、ラインを出しやすいドライバーです。

とても構えやすいですし、コースでも、狭いホールで勇気を持って振っていけるだろうな・・・。と思いました。



操作性
『操作性』は、まずまずです。

左右にも曲げることはできましたが、できればあまり細工をしたくないタイプです。

できるだけ自然に、真っ直ぐに振り抜いていくほうがイメージが合いやすいです。

いつも、曲がりにくいタイプのドライバーで無理やり曲げてみたりすることもある私ですが、今日はそんなことはあまりしたくありませんでした。

『小さい曲がり幅』で抑えていくのがベストです。



ヒール側
第一印象から、打ち終えるまで、とてもいい印象が残りました。

最近ドライバーを試打していて、ここまで心が浮き浮きしたことはなかったかもしれません。

先ほども書きましたが、とにかく『軽く振ったほうが飛ぶ』タイプのドライバーです。

見た目は叩けそうな感じもしますが、軽めのほうがいいように感じました。

私は普段、強く振っていくことが多いですが、このドライバーは『ソフトに』、『なでるように』打っていきたいです。



NUD GHIBLI DRIVER
NUDのドライバーは、まだ2回目ですが、とてもいいメーカーだな・・・。と思いました。

前のモデルよりも、このGHIBLIというドライバーのほうが、私は気に入りました。

ただ、先ほども書きましたが、このドライバーが『高反発仕様』ということなので、私は購入することはありません。

いいドライバーだな・・・。と思いましたが、コースで試してみることもありません。

ただ、以前も書きましたが、全てのゴルファーが競技に出場しているわけではなく、プライベートで楽しんでおられる方もたくさんいらっしゃいます。

競技には出ない代わりに、ルールに縛られないクラブを使いたい・・・。という方は多いのではないでしょうか?

私は適合モデルしか使うことはありませんが、このような高反発仕様があってもいいと思っています。

人によって、ゴルフの楽しみ方は様々なので、USGAやR&Aが定めたルールに則っていないクラブがあってもいいのではないでしょうか?

プライベートでゴルフを楽しみたい。飛距離にもとことんこだわっていきたい・・・。という方には、是非試していただきたいドライバーです。

初速も速く、ボールもあがりやすい魅力的なドライバーです。

おまけに安定性も高いので、見た目以上に易しい性能も持ち合わせています。

NUDは、これからも『高反発専門』でいくのでしょうか?

それともルールギリギリの『適合モデル』も、これから発表していくのでしょうか?

もし、適合モデルが発売されたら嬉しいです。

この高反発仕様とそれほど引けを取らない飛距離性能をもった適合モデルであれば、是非試してみたいと思いました。

今日はいつもよりも、多めに試打をして、なかなか止めるきっかけをつかむことができませんでした。。
                         
        
                         
      
2013年11月09日
  

NUD VEYRON  ドライバー

                 
NUD VEYRON ドライバー 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは NUD VEYRON ドライバー です。



Basileus Leggero 50S
シャフトは Basileus Leggero です。

ロフトは10度、クラブ長さは46インチ、シャフトフレックスは50S、シャフト重量は56g、トルクは4.2、キックポイントは中調子、クラブ総重量は300gです。



正面
初めて手にするNUDというドライバーです。


何と読むのだろう?と思ったのですが、『ニューディー』ということを教えてもらいました。


本当に知らないメーカーがまだまだたくさんあります。


しかもチープな感じは全くしないで、すごく高級感もあります。


ヘッドが全体的に黒いのも、すごくカッコいいです。



側面
ディープ系、シャロー系で分けるとするならば、明らかにシャロー系です。


最近はディープ系のドライバーも少しずつ復活してきたように思うのですが、まだまだシャロー系のほうが多いように思います。


そういった意味では、このドライバーは今の主流をいっているといっていいのかもしれません。



2つのウェイト
トゥ側とヒール側に、それぞれウェイトがひとつずつ配置されています。


こういったところも、これまでの他のメーカーのドライバーに見られたところです。


最近はトゥ側とヒール側のウェイトが『均等』ではないものも多いのですが、このドライバーはどうなのでしょうか?



トゥ側のウェイト
トゥ側

ヒール側のウェイト
ヒール側

近くでじっくり見たのですが、よく分かりませんでした。


同じ重さなのでしょうか?


また、違う重さのウェイトなども用意されているのでしょうか?



顔
シャロー系の顔も、なかなかいい感じです。


黒いヘッドなので、引き締まって見えるところもいいです。


白などの膨張色を好まれる方もたくさんいらっしゃると思いますが、私はどちらかというと、こういったオーソドックスな黒が好きです。


こうして構えたときに、美しさと高級感を兼ね備えている黒と、チープに見える黒がありますが、このドライバーは前者のほうです。


とてもいい顔をしています。



クラウンマーク
クラウンマークが『王冠』になっているのがオシャレだと思いました。


まさに『クラウン』マークです。


こういったオシャレ心はとても好感がもてます。


私はドライバーに限らず、ウッド系のクラブは、なるべくクラウンマークが無いほうが好きなのですが、このドライバーのクラウンマークはとても控えめで目立たないようになっています。


これならば構えたときにも邪魔しないだろうな・・・。と思いました。



Veyron
トゥ側には『Veyron』と記されていました。


どんな意味があるのでしょうか?


ただ単に、このドライバーの名前に過ぎないのでしょうか?



シャローバック形状
かなりのシャローバック形状です。


球のあがりやすさと直進性を感じさせるシャロー感です。


最近は『セミシャロー系』のドライバーも多くなりましたが、このドライバーは明らかに『シャロー』といっていいように思います。



振り感
素振りをしてみても、正直『しっかり感』が足りない感じがしましたし、全体的に軽く感じます。


あまり振りすぎず、大きくゆっくり振っていく感じがいいのかな?と思いながら、調整していきました。


黒いヘッドで男前の印象がありましたが、結構『ソフトスペック』に仕上がっているドライバーなんだな・・・。と思いました。



構え感
ボールを前にして構えた感じは、まずまずだな・・・。と思いました。


かなりヘッドが大きく見えます。


シャロー感も強く感じられます。


フェースが少し被っているように見えたのですが、こういったシャロー系のドライバーでは、これまでもよく見られたことなので、特に驚くこともなかったですし、どう対処していいか解らない・・・。ということはありませんでした。


シャフトの振り感と、ヘッドの構え感から、少し苦手なタイプであることは間違いないのですが、最初はフルスイングするのではなく、少し様子を見ながら打っていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

トゥ側
まず感じたのが、この『弾道の高さ』です。


ホップする感じで飛んでいきます。


かなり球があがりやすいですし、高弾道です。


スピンもかなり多いと感じました。


最近は『低スピン系』のドライバーに多く接してきているせいか、この『高スピン』は新鮮に見えます。


前に進む力も強いのですが、それ以上に高く上がっていきました。


ちょっと叩き気味に打って芯を喰うと、パーシモン経験者の方には理解していただけると思うのですが、まるで『二段ロケット』のように飛んでいきました。


一度高く上がって、そこからまたグンと高く上がっていきます。


一度エンジンに点火して、しばらくしてまたもうひとつのサブエンジンに点火していく感じ・・・。といったらいいでしょうか?


最近は、こういった弾道を目にしていなかったので、とても懐かしく感じました。


パーシモンドライバーで練習していた頃は、こんな打球をよく目にしていました。


ライナー系の球は出にくく、明らかに『高弾道系』のドライバーだと思います。


ヒッタータイプの方には合いづらいかもしれません。



フェース面
『打感』は、かなりフェースが弾く感じが強いな・・・。と思っていたのですが、このドライバーは『高反発仕様』なのだそうです。


それで、このスピン量なのかな?と思いました。


私は競技に出ているので、ルール適合クラブしか使えませんが、最近はこういったルールに適合しない高反発タイプのドライバーも少しずつ増えてきているように思います。


全てのゴルファーが競技に出ているわけではなく、あくまでもプライベートで楽しみたい・・・。という方もたくさんいらっしゃるので、全てのクラブが『USGA』や『R&A』の決めたルールに適合する必要はないと私は思っています。


飛距離を伸ばしていくには『反発力』と『長尺化』は避けて通れないところだと思います。



打球音
『音』は少し大きめでした。


叩いていきたい私にはちょっと合いづらいかな?と思いましたが、特に強い苦手意識が芽生えるほどではありませんでした。


私は合いづらい感じもあったのですが、スインガータイプの方には好まれやすいかもしれません。


好みの分かれるところだと思います。



バックフェース
『安定性』という点では、なかなかいい感じです。


ラージサイズということもありますし、2つのウェイトもよく効いているのだと思います。


シビアな感じは全くしませんでした。


ヘッド自体はかなり寛容な感じがします。


私は装着されているシャフトが少し難しく感じていたのですが、それでもそれほど大きく暴れる感じはしませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』という点では、かなり高いポテンシャルを感じました。


高反発を気にされない方には、間違いなく武器になるのではないでしょうか?


反発力が高ければ必ず飛ぶ・・・。というものでもないと思いますし、最近のルール適合モデルは数年前の高反発モデルよりも飛距離性能が勝っているものが多くあります。


その大きな理由のひとつが『低スピン性能』ではないでしょうか?


そういった意味でいうと、このドライバーは私にとってスピンが多すぎる感じがしましたし、弾道も明らかに高すぎました。


なので、そこに『飛距離のロス』が生まれたように思うのですが、これはあくまでも私が打った結果であって、他の方では違う結果も得られるように思います。


ただひとつ言えるのは先ほども書きましたが、ヒッタータイプの方には合いづらいだろう・・・。ということです。



操作性
『操作性』という点では、まずまずだな・・・。と思いました。


とりあえず左右に曲げることもできたのですが、あまり大きく曲げられるタイプのドライバーではありませんでした。


どちらかといえば直進性の高さのほうが秀でているように思います。


シャフトが合っていれば、もっと色々とトライしてみようと思ったのですが、このスペックだとあまり思い切ったことがしづらい感じがしました。


つくづく、『クラブはシャフト』だと思いました。



NUD VEYRON ドライバー
ただ、このヘッドとの相性は基本的にいいように思います。


あくまでも私が使いこなせていない・・・。というだけのことです。


ヘッドも高級感がありますし、シャフトも人気の高級シャフトなので、合わせるとかなり高価になるということを聞きました。



ヒール側
とてもカッコいいデザインで、いかにも『アスリート向き』に見えなくもないですが、実際はかなり敷居も低いと感じましたし、ベテランゴルファーの方にも合いやすいのではないでしょうか?


年月の経過と共に、だんだんヘッドスピードも落ちてきたので、『反発力の大きさ』と『長尺』で飛ばしていきたい・・・。という方にはとても合いやすいのではないでしょうか?


ゴールド仕様のピカピカ光るヘッドよりも、黒くてシブいデザインのほうが好きだ・・・。という方にも好まれやすいのではないでしょうか?


プライベートラウンドだけで使っていきたい・・・。という方の為のドライバーといっても過言ではないような気がします。



NUD VEYRON ドライバー
『高反発仕様』ということで、端から私にとって『購入対象外』となってしまったのですが、性能自体はとても高いと思います。


弾きの強さと長尺仕様の『ダブル効果』で距離を伸ばしていける・・・。という方も多いのではないでしょうか?


ロフトも『10度』ということでしたが、かなり球も浮きやすいですし、高弾道です。


タフな感じは全くしませんでした。



NUD VEYRON DRIVER 
初めて出会ったNUDというドライバーでしたが、高反発仕様ということで、私はあまり興味がもてませんでした。


しかし、これからも期待していきたいと思います。


できれば『ルール適合モデル』にも出会っていきたいです。


いつもとはちょっと違った試打でしたが、とても楽しむことができました。