ヤマハ - ゴルフクラブ試打日記


ヤマハのカテゴリー記事一覧

メイン さらに古い記事一覧へ≫

ヤマハ

      
2022年09月27日
  

YAMAHA inpres DRIVESTAR アイアン

                 

20220927150717
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
YAMAHA inpres DRIVESTAR アイアン の7番 です。



N.S.PRO 850GH neo
シャフトは N.S.PRO 850GH neo です。

ロフトは25度、クラブ長さは38インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は88g、バランスはD2 、クラブ総重量は387g です。



正面
とても美しくて、しばらく見とれていました。

美しさも『性能のひとつ』です。

この美しさは、さすがヤマハといったところでしょうか?

YAMAHAのクラブは美しいというイメージをもっているのですが、このアイアンもまさにそんなタイプで、ブランドイメージが保たれたことに満足感があります。



側面
エッジがシャープで美しいのが、これまでのラージ系&イージー系アイアンとの大きな違いです。

イージー系アイアンといえば、これまで輪郭が丸くぼやけていたり、ボテッとしたものが圧倒的に多かったのですが、このアイアンは違います。

大きさはあるもののシャープでカッコいいです。



彫りの深さ
彫りは浅く、ハーフキャビティのようにも見えますが、バックフェースに厚みがあるので、おそらく中空タイプなのだと思います。



トゥ側の穴
トゥ側

ヒール側の穴
ヒール側

トゥとヒールに三角形のような凹みといいますか、穴のようなものがあります。

これはどういう意味があるのでしょうか?

易しくするための工夫かもしれませんが、それがとてもスタイリッシュでカッコいいです。

こういったところにも、クラブ設計家のセンスが出ます。



トップライン
トップラインは、少し厚めです。



ソールにあるウェイトのようなもの
ソールには大きなウェイトのようなものがあります。

もしこれがウェイトなら、かなり重心が低くて深そうです。



ソール幅
ソール幅はワイドですが、イージー系アイアンの中ではもっと広いものがたくさんあるので、『ノーマルワイド』といったところでしょうか?

どことなくですが、過去に試打したBSアイアンを思い出しました。



ソール形状
ソール全体が微妙に丸みを帯びていますが、それほど丸くはありません。

平らに近い丸さといったところでしょうか?



ネック長さ
ネックは短めですが、太すぎないのがいいです。

特に変わった工夫は見られません。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは無く、ノーマルです。



振り感
素振りをしてみると、かなり軽いですが、メーカーがターゲットにしているゴルファーにはちょうどいい重さなのかもしれません。

カーボンだから難しい、スチールだから易しいということは無いですが、軽量タイプではあっても、スチールシャフトが挿してあるので、何とかなりそうな気がします。



構え感
ボールを前にして構えてみると、いい感じです。

もっとクセがきつくて構えづらいのかと思っていましたが、そんなことはなく、さすがヤマハだ・・・。と思いました。

先ほども書きましたが、『美しさ』も性能のひとつですし、当然『構えやすさ』も欠かせない要素です。

大顔タイプでありながら、少しグースが利いていて、トップラインが少し丸みを帯びているので、つかまるイメージを出しやすい・・・。という方は多いのではないでしょうか?

ただ、かなりロフトが立っているように見えて、私は4番アイアンを構えているような錯覚を覚えました。

完全に7番アイアンの顔ではありません。

方向性への不安はほとんど無いですが、高さについてはどうなるのかな・・・?という疑問は残りました。

ただ、こういったことはもう常態化しているといいますか、ロフトがバラバラなのは今のアイアンの特徴なので、あまり気にせず、7番アイアンだとは思わないよう、意識せずに打っていくことにしました。



試打を開始しました


フェース面
打感はまずまずでした。

ソフトで球が乗っかるというタイプではなく、弾き感があって、球離れが早いアイアンです。

このような打感は打つ前から予想していました。

ディスタンス系特有の球離れの速さです。



トゥ側
構えたときに、少し低めのライナー系で飛んでいくのかな?と思いましたが、最近のイージー系アイアンはロフトが立っていても、かなり高く飛んでいくことが多いので、予想できませんでした。

まずは『出たとこ勝負』といった感じで打っていったのですが、やはりやや低めのライナー系でした。

これまでのイージー系アイアンとはちょっと違います。

とはいっても、ロフトが立っていることによるタフさは感じず、少し振っていくと、もっと高さが出ました。

ヘッドの『超スタンディングロフト』をシャフトがカバーしている感じ・・・。といったらいいでしょうか?

あくまでもショットはヘッドとシャフトの共同作業なのだと実感しました。



バックフェース
『安定性』は高く、イージーです。

これまでのイージー系アイアンよりも構えやすいので、ラインもイメージしやすかったですし、それにこのアイアンのもつ寛容さがプラスされた感じ・・・。といったらいいでしょうか?

スイートエリアも広く、シビアさは全く感じません。

スイートエリアが広い・慣性モーメントが高い・・・。といった物理的要素に加え、『構えやすさ』という心理的な要素も加わったのが、この安定感につながったのかもしれません。

かなりの『大船タイプ』で、少々の時化(この場合は打点のブレ)には動じない、いい意味での鈍感さをもっているように感じました。

型は新しく、時化にも強いアイアンです。



飛距離性能
『飛距離性能』は凄まじいの一語に尽きます。

これはいったい何なのでしょうか?

明らかに『刻印ミス』といえるほどの飛距離性能です。

これがもし5番だったら、『飛び系の5番』という認識をもつのですが、このアイアンは7番にしては明らかに『飛びすぎ』です。

ディスタンス系アイアンをこれまでたくさん試打してきましたが、おそらくこのアイアンが飛びに関して『史上最強』といえるのではないでしょうか?

明らかに新たなカテゴリーに入るアイアンといっていいように思います。

アイアンは『距離を刻む』ためのクラブですが、それとは別ジャンルの『飛ばすため』のアイアンが市民権を得たのではないでしょうか?

7番アイアンの弾道ではありません。

高くめくれ上がって、グリーン手前でパラシュートが急降下するように落下して、グリーンをキャッチする・・・。というイメージとは大きくかけ離れています。

すごくよく飛ぶけど、グリーンに着地して止まってくれるのかな?と思いました。



操作性
オートマ性が秀でていて、操作するタイプではありません。

かなり真っ直ぐ飛ぶアイアンで、左右へ曲げるのは難しいです。




試打後の感想


ヒール側
アイアンの飛びも、ここまできたか・・・。という感じがしました。

番手によってロフトの範囲がルールによって定められているわけではないので、これまでの概念が大きく崩れそうです。

もう『何でもあり』なのでしょうか?



YAMAHA inpres DRIVESTAR アイアン
すごく攻めた設計になっていますが、クラブが美しいのが何よりの救いです。



YAMAHA inpres DRIVESTAR アイアン
美しいデザインで目を喜ばせ、圧倒的な飛距離で目を点にさせる・・・。

そんなアイアンだと思いました。



YAMAHA inpres DRIVESTAR アイアン
ラージサイズではありますが、大きすぎず、またグースもきつすぎないので、構えやすくてラインも出しやすいのも、このアイアンの特長です。



YAMAHA inpres DRIVESTAR アイアン
ヤマハが満を持して発表したアイアンといっていいのではないでしょうか?

クラブから伝わってくる独特の雰囲気がそう感じさせました。



YAMAHA inpres DRIVESTAR アイアン
これからのヤマハに期待です。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。






                         
        
                         
      
2022年09月22日
  

ヤマハ inpres DRIVESTAR ドライバー

                 



ヤマハ inpres DRIVESTAR ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
YAMAHA inpres DRIVESTAR ドライバー です。



SPEEDER NX for Yamaha M423d
シャフトは M423d です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は45.5g、バランスはD5 、クラブ総重量は279g です。



正面
ヤマハの新しいドライバーです。

9月も後半になり、10月にかけて、各メーカーニューモデルのラインアップが充実する季節となりました。

ゴルファーとしてワクワクする季節でもあります。

ヤマハもこうしてニューモデルを発表してくれました。

ヤマハには『アスリート仕様』のクラブと『イージー系』クラブがあり、その特徴は極端に離れていることもありますが、今回のモデルはイージー系のようです。



YAMAHA inpres DRIVE STAR ドライバー
『DRIVE STAR』というのはとてもいいネーミングだな・・・。と思いました。

クラブのネーミングはもう出尽くしちゃった感があったのですが、まだこの言葉が残っていたのかと思いましたし、ネーミングも奥が深いです。



側面
ヘッドがかなり大きく見えましたが、落ち着いたデザインでヤマハらしいセンスの良さを感じました。

ヘッドはゴチャゴチャしていませんが、ところどころ工夫が見られます。



COUNTER WEIGHT SYSTEM
『カウンターウェイトシステム』という文字があり、対の位置にウェイトが配置されているということなのでしょうか?



トゥ側のウェイト
トゥ側には大きなウェイトがあります。

最近はヒール側にあるものが多いので、少し珍しいですが、昔からよく見られます。

ヘッドのつかまりを良くするには、一般的にはヒール側にウェイトをもってきたほうがいい・・・。というのが定説のようになっていますが、それは絶対ではありません。

人によってはトゥ側が重くなっていたほうが、扱いやすいということもあります。

これだけ大きなヘッドにウェイトがトゥ側にあるということは、どれだけ重心距離が長くなるんだろう?と思いました。



バックフェースのウェイト
バックフェースにも大きなウェイトがあります。

この位置にあるということは、重心深度を深くする狙いがあるのでしょうか?



INNER WEIGHT
『INNER WEIGHT』という文字があり、これ以外にもまだヘッド内部にウェイトが組み込まれているようです。



ネック長さ
ネックの長さは標準的で、調整システムは搭載されていません。

ラージサイズでシャロー感たっぷりのヘッドですが、こうして見ると適度な厚みもあり、打ちやすそうです。



トゥ側にヤマハマーク
トゥ側にある『ヤマハマーク』が輝きを放っています。



シャローヘッド
ラージサイズの見慣れたシャローです。

この角度から見ても、バックフェースにあるウェイトがよく目立っていました。



顔
顔はちょっと驚きです。

これまでの『ヤマハ顔』とは明らかに違います。

『テーラーメイド顔』に近づいた感じがしました。

顔全体もそうですが、カーボンクラウンになっていて、その形もそっくりです。

ヤマハもついに、カーボンクラウンに突入といったところでしょうか?

テーラーメイドが火付け役となりましたが、各メーカーが、このカーボンクラウンを続々と採用しはじめているようです。

第二のカーボンコンポジットブームといったところでしょうか?

とはいっても、『実際に作る工場』が同じだったりすると、製造ラインやコストなどの面から考えても、似たようなクラブを作ったほうが合理的で、『メーカー側』の都合もあるのかもしれません。



フェース面のデザイン
フェース面はとてもシンプルで、これまでもたくさん目にしてきました。

特に変わった工夫は見られません。



装着されているグリップ
装着されているグリップはちょっと変わったパターンをしていますが、ソフトなフィーリングで好感が持てます。

先日、ゴルフは『打感を楽しむスポーツ』と書きましたが、もうひとつの触感として、グリップの感触を楽しむということもあるな・・・。と思いました。

打感とは違う、直接的な感触です。



構え感
ボールを前にして構えてみると、まずまずでした。

全体的に整った顔をしていますが、フェースが左を向いているのが残念でした。

ただ、これはもうある意味常識のようになっていて、こうしないとボールは真っ直ぐ飛ばせないのかもしれないですし、この『つかまえ顔』を好まれる方はたくさんいらっしゃると思います。

こうして見ても、やはり『テーラー顔』だな・・・。と思いました。

何も知らされていなければ、テーラーメイドの新製品と勘違いするかもしれません。

しかし、クラブとしての『質感』が全く違うので、もしテーラーだったとしても、少し違和感はあったと思います。

クラウンマークは控えめな感じです。



振り感
素振りをしてみると、かなり軽く、そして軟らかいです。

一瞬レディスモデルなのか?と思いましたが、メンズモデルということです。

一時期、かなり『ソフトスペック化』が進んでいって、どうなるんだろう?と思っていたのですが、時々ちょっとしっかりめのスペックにも出会うようになり、歯止めが掛かったのだと思っていました。

しかし、またソフトスペック化が加速してきているようです。

シャフトの大きなしなりと、軽量化によるHSアップで飛距離を出すタイプなのでしょうか?



試打を開始しました


打球音
まずは、この『音』にやられてしまいました。

かなりの高音です。

最近はこのような高い音を発するドライバーに出会っていなかったので、ちょっと油断していたのかもしれません。

少し驚きました。

ただ、高音といっても、それが『異音』に感じられるほどの低音質なのか、それともそこまでひどくない高音なのかに分かれるのですが、このドライバーの場合は後者です。

高い音ではありますが、『品(ひん)の悪い』音だとは思いませんでした。

しかし、私にはあまりにも高すぎて、そしてやや大きめの音で、全く合いません。

インパクトが緩んでしまいます。

打席の周りも気になってしまい、集中できませんでした。

ただ、私は強く叩くタイプのゴルファーなので、どうしても音が大きくなることがあり、それがこのドライバーの音にも影響したのかもしれません。

私は静かでおとなしめの音が好きですが、人によっては高めの音が好きで、そういう音のほうが飛ばしている感じがする・・・。ということもあると思います。

メーカーもそのような方々の為に開発したのは明らかで、あえてこのような高音にしたのではないでしょうか?

ユーザーからのリクエストがあったのかもしれません。



フェース面
『打感』はソフトで好感が持てました。

弾き感が強く、フェース面の『揺らぎ』といいますか、水面に水を一滴垂らしたどきにおきる『波紋』をイメージしました。

もちろん実際はフェース面には金属の硬さがあり、そのようなことは無いのですが、そう印象づけるほどの柔らかさを感じました。

水を一滴落として、そこから波紋が広がっていく感じ・・・。といったらいいでしょうか?

完全に『点』ではなく、『面』でとらえるタイプのドライバーです。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。

シャフトの動きも関係していると思うのですが、インパクト前後で、かなりフェースが上を向いてしまうような感覚がありました。

私がよく感じる、『シャフトの挙動不審』です。

よく動くシャフトなので、気を遣う必要があります。

ヘッド自体は大らかなのですが、シャフトは少し『暴れ馬』的なタイプです。

球を打ちながら、『ロデオマシン』を連想していました。

落とされずに乗りこなすのは至難の業です。



バックフェース
スイートエリアは広く、寛容性の高いドライバーです。

ただ先ほども書きました通り、シャフトには気を遣うところがあったので、そこが難しく親近感がもてません。

オートマチック系なのは明らかですが、球は散らばってしまいました。

球のつかまりは良く、スライサーの方には特に易しいドライバーといえるのではないでしょうか?



飛距離性能
このスペックのドライバーのなかで、『飛距離性能』は高いと思います。

叩きにいってはダメなドライバーで、ゆっくりと味わうように打つ・・・。というイメージで打っていきました。

いつもは駅の立ち食いうどんをパパッとかきこむのに、今日はうどんを一本一本ゆっくり味わう感じ・・・。といったらいいでしょうか?

それくらい、ゆっくり落ち着いて試打するのがちょうどいいようです。

初速も出ていますし、シャフトのビュッという『しなり感』と、ヘッドの『たわみ感』のコンビネーションで飛ばしていくタイプなのではないでしょうか?



操作性
『操作性』という点では難しいです。

元々はオートマチック系のドライバーでありながら、シャフトの挙動が安定せず、ばらついてしまいました。

シャフトには『無脊椎動物』のように感じられるものと、『脊椎動物』のように感じられるものに分けられ、ほとんどが脊椎動物なのですが、このドライバーに挿してあるシャフトは前者のほうです。

メーカーも操るように作ってはいないのは明らかで、いかに軽く振って距離を出すかに意識が集中しているように感じられました。



試打後の感想


ヒール側
最初から最後まで、苦手意識をもって試打しました。

ヤマハのクラブは好きですし、このドライバーのデザインも好感がもてましたが、球を打つことに関して不満が残りました。

しかし先ほども書きました通り、最初から私のようなタイプに合うように作っていないので、これは仕方ありません。

このスペックが最高だという方もたくさんいらっしゃると思います。



YAMAHA inpres DRIVESTAR ドライバー
やはり音は大切だな・・・。と再認識しました。

最近はこのような音に出会わなかったので、今日は少し驚きましたし、周りの打席の方の視線が気になってしまい、集中できませんでした。



YAMAHA inpres DRIVESTAR ドライバー
なかなか上手く打てず、馴染めませんでしたが、このドライバーはテーラーメイドとゼクシオを意識して開発されているのではないか?と思いました。



YAMAHA inpres DRIVESTAR ドライバー
苦手に感じる部分はありましたが、もっと練習を積んで打ちこなせるようになりたいと思います。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・・☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        
                         
      
2022年05月06日
  

ヤマハ RMX VD TOURMODEL アイアン

                 

YAMAHA RMX VD TOURMODEL アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブYAMAHA RMX VD TOUR MODEL アイアン の7番 です。



20220506042423
シャフトは Dynamic Gold EX TOUR ISSUE です。

ロフトは34度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはS200、シャフト重量は131g、キックポイントは元調子、クラブ総重量は443g です。



正面
ヤマハのとてもカッコいいキャビティアイアンです。

ヤマハのアイアンはバリエーションが豊富でいろいろなものがありますが、やはり軟鉄のイメージが強いですし、私もこれまでお世話になってきました。

今はメインではないのですが、前のメインがヤマハでした。

ヤマハのアイアンにはいいイメージがたくさんあるので、こうしてニューモデルに出会うとテンションもあがります。

先日、VDアイアンを試打しましたが、その姉妹モデルだということは想像に難くありません。



側面
比較的小ぶりでオーソドックスなタイプです。

この軟鉄の質感がたまりません。

軟鉄好きといいますか、軟鉄アイアンしか使ってこなかった私は親近感が湧きますし、目尻も下がります。

一口に軟鉄といってもいろいろなものがありますが、ヤマハのアイアンはとても質感が良く美しいのが特徴です。

つまり『見た目がいい』ということです。

目で楽しめるというのはとても大切だと私は思っていて、質感の良くないクラブを購入したいとは思いません。

見た目まずそうなものを、お金を払って食べたくないのと同じで、チープで雑なクラブを使いたくないです。

そういった意味でも、このアイアンはとても魅力的で、見るだけでテンションがあがってきました。



ヤマハマーク
トゥ側にある、このヤマハのマークもお馴染みです。

以前も書きましたが、ヤマハといえば楽器などが有名で、どちらかといえばそちらのイメージのほうが強いと思います。

楽器にもゴルフクラブにも共通して言えることは、ヤマハは『高品質』ということですが、できればゴルフにはゴルフ専用のブランドマークやブランド名があってもいいのではないでしょうか?

同じメーカーでも差別化するのもアリだと思っています。



彫りの深さ
彫りの深さは標準的です。

深くはないですが、かといって浅いタイプでもありません。



トップライン
トップラインの厚みは標準的で、ヤマハアイアンらしく、シャープでカッコいいです。



ノーマルキャビティ
ツアーモデルという名前ではありますが、ハーフキャビティではなく、ノーマルキャビティといっていいように思います。

これまでヤマハのツアーモデルアイアンはマッスルバックかハーフキャビティでしたが、このモデルは違います。

契約プロからの要望なのでしょうか?



ソール幅
ソール幅は標準的で、リーディングエッジとトレーリングエッジが微妙に削られているのが分かります。

こうして見ても、やはり綺麗だな・・・。と思いました。

この質感の良さはたまりません。



ソール形状
角度を変えてみても、リーディングエッジとトレーリングエッジの削りが見られ、抜けが良さそうです。

ソール全体は微妙に丸みを帯びているのが分かりました。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。

ショートでもロングでもありません。

このネックの形状ひとつ見ても、丁寧に作られていて、曲線が絶妙だな・・・。と思いました。

ぶっきらぼうにズドンと真っ直ぐになっているのでもなく、かなり綺麗な形になっていて、メーカーのこだわりが感じられます。

今は何もかもがオートメーション化され、クラブの設計にもAIが使われるようになりました。

それでも最終的に『人間の目』によって、検品されているようなクラブは魅力的です。

昔から、数え切れないほどたくさんのクラブに出会ってきて、「こんなレベルで流通させていいの?」と思えるクラブもありましたが、このアイアンは違います。

リーディングエッジ側は真っ直ぐで、トレーリングエッジ側は微妙に丸みがあって、滑らかな印象を醸し出しています。



VD
ホーゼルにはVDの刻印があります。

『FORGED』の刻印はありませんが、おそらく鍛造ではないでしょうか?



ミーリング無し
フェース面にミーリングはなく、普通です。

特にこだわりのようなものは感じられません。



振り感
素振りをしてみると、最近では珍しく適度な重量感があって、タイミングが整いやすいです。

最近は軽量タイプが圧倒的に多いので、何度も素振りを繰り返して、その『軽さ』『軟らかさ』に慣れる必要性が出てくるのですが、今日はそれがありません。

テークバックのタイミング。

トップからの切り返しのタイミング。

ヘッドを落とし込む感覚。

全てが普段通りといった感じです。

一時は、かなりツアーイシューの人気が高まりましたが、私はずっと通常のダイナミックゴールドを愛用しています。

それはツアーイシューにするメリットが無いと、私がいつもお世話になっているクラフトマンが言っているからです。

軽量タイプのアイアンが増えたのは、高性能でバリエーション豊富なモーダスシャフトの人気が高まっていることも関係しているのではないでしょうか?



構え感
ボールを前にして構えてみると、さすがとしか言い様がありません。

とても洗練された『ヤマハ顔』のアイアンで見とれていました。

『洋食のタイトリスト』、『和食のヤマハ』といったところでしょうか?

パンとコーヒーは大好きですが、ご飯と味噌汁も欠かせません。

顔つきは少し違いますが、どちらも似たところがいくつかあります。

それは美しさ(質感の良さ)と顔の良さ、そして『和の雰囲気』があるところです。

ヤマハのフォージドアイアン(特にツアーモデル)は『逃がすイメージ』が出しやすい印象があるのですが、このアイアンもまさにそういうタイプです。

私はフッカーなので、右に逃がすイメージが出しやすいのはとても頼りになるといいますか、安心できます。

トップラインに丸みをもたせて、包み込んでつかまえて飛ばすイメージが欲しいという方もいらっしゃると思いますが、元々適度な大きさで自然とフェースがターンしてつかまえてくれるので、慣れればすごくいい武器になると思うのですが・・・。

ラージサイズや強いグースネックを好まれる方には構えづらいところがあるかもしれません。

整った形状で大きさも程よく、スコアラインも綺麗だな・・・。と思いながら見ていました。

とてもリラックスして、集中力が高まり、既に『準備万端』です。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はとてもソフトで見た目通りでした。

すごく柔らかくて、衝撃を緩和してくれるようなフィーリングです。

まさに『心地いい』がピッタリ合います。

一時期は軟鉄といえば『S25』がほとんどでしたが、10年くらい前からでしょうか?

『S20』も増えていて、その質感が似ているので、後で聞いてみるとやはり『S20』ということでした。

たしかS20を流行らせたのもヤマハではなかったでしょうか?

キャビティなので、マッスルバックほどの『厚み感』は少し劣りますが、それでもじゅうぶんなフィーリング性能です。

最近は『バチン』という感じの球離れの速いアイアンや、見た目とギャップの大きいアイアンが多くなったので、この『見た目通りの打感』をもつアイアンは好感を持ちました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、普通といいますか、本来の7番アイアンらしさがありますが、重量も適度にありますし、あがりやすくなっている工夫も見られないので、ヒッター向けであることは間違いありません。

今は『スタンディングロフト』アイアンが圧倒的に多いので、久しぶりにフェース面を見たときに浮かんだ『出球のイメージ(高さ)』と実際の弾道が一致したような気がします。

最近のアイアンは高機能過ぎて、なかなか感覚が追いつきません。

打感もそうですが、その『ギャップ』こそが、メーカーの技術や工夫だと思うのですが、私はハイテク過ぎるものよりも、『ローテク』なものに魅力を感じます。

私はいわゆる『撮り鉄』ではないですが、普段は新幹線を使いながらも、もし列車の写真を撮るなら、SLを撮る・・・。という感じでしょうか?

いくらスピードが遅くても、快適さでは敵わなくても、昔の物も捨てたものではありません。


駅弁
今は駅にコンビニがあるのが普通ですが、昔はホームにお弁当屋さんが弁当(駅弁)を売りに来ていて、列車の窓越しに駅弁とお茶を買うのが好きでした。

あの時間との戦いがスリル満点でたまりませんでした。

長距離の移動では新幹線よりも夜行列車を使っていたのですが、今はほとんど無くなってしまったので、残念です。

今は時間があれば船(フェリー)を使っています。

船の中を自由に移動でき、食事はもちろんお風呂にも入れるフェリーは最高です。

夜に出港すれば朝に着いて、時間を有効に使うことができます。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、そのようなことを考えながら試打していました。

もっと試打に集中しなければ・・・。と思いましたが、いいクラブというのはゴルフ以外のいい思い出も蘇らせてくれます。



バックフェース
『安定性』という点では、キャビティらしい寛容さもあって、気難しさは全くありません。

『ツアーモデル』ということになっていますが、それは後からメーカーがつけただけで、普通の軟鉄フォージドキャビティアイアンだと思えばいいのではないでしょうか?

ヒッター向けなのは確かですが、気難しさはなく、ハードルが高いアイアンだとは思いません。

構えやすくて打感が良く、おまけにある程度の寛容さもあるアイアンです。



飛距離性能
『飛距離性能』も、今のアイアンでは飛ばないほうになりますが、この飛びすぎないところが魅力的です。

今のアイアンはとにかくよく飛んで、試打していても、いったいどこまで飛んで行ってしまうんだよ・・・。と思うことがこれまでもよくあります。

7番アイアンでありながら、200Yの看板をキャリーで軽く越えちゃうから、アイアンの本数が減るのは必然だな・・・。と思いました。

確かによく飛びますが、ロフトピッチが広がってしまうことや、軽すぎて距離のコントロールがすごく難しいです。

今までは飛びすぎるのであれば、普段よりも短くもって『弧』を小さくして距離をコントロールできましたが、今のアイアンは違います。

飛びに特化しすぎたせいか、短く持っても普通に持っても距離がほとんど変わりません。

これがメリットだと受け止める方もいらっしゃると思いますが、私はそうは思いません。

明らかにデメリットです。

しかし、このアイアンは違います。

適正な距離な距離で飛んでいき、『縦の枠』を維持できるアイアンです。

余計な動きをしないよう、『たこ糸』を張った状態にして、それ以上飛びすぎないようにする感覚と似ているでしょうか?

飛びすぎないので、ライン出しに集中できます。

ドライバーなどでもそうですが、アイアンショットでもライン出しは必須です。

特に初めてラウンドするコースで分からないことが多いホールや、風の強いとき、狭いホールだけでなく、アップダウンがきついブラインドホールなどでは、終始ライン出しを徹底し、18ホールをフルスイングできないこともあります。

そういったときに、このアイアンのように飛びすぎないでライン出しに集中させてくれるアイアンには頼もしさを感じます。



操作性
『操作性』はとても高く、左右どちらにも敏感に反応してくれました。

マッスルバックのような『ハンドルの遊びの小ささ』ではなく、キャビティらしい大らかさがありながらも、クセがなく扱いやすいのが魅力的です。

構えたときにいいイメージが浮かんできたからなのか、かなりラインに乗せやすいところも気に入りました。

人によって違うと思いますが、多くの方は『直線』でラインをイメージしておられるのではないでしょうか?

もちろん、それが一番いいのかもしれませんが、私はひねくれているのか、『曲線』のほうがイメージが強く出ますし、楽に構えられます。

ボールに全くサイドスピンを掛けずに完全なストレートボールはとても難しく、フック回転にしろスライス回転にしろ、自分の持ち球で運んでいったほうが簡単だということを実感しているからだと思います。

初期のファミコンのゴルフゲームをやったことがある方なら、理解していただけるのではないでしょうか?

だから、このように構えやすくて、大きすぎないアイアンが易しいと感じるのかもしれません。



試打後の感想


ヒール側
ヤマハらしい美しく質感の良さがまず目に入りました。

見るからに柔らかそうな質感で、実際に打ってもその通りでした。

見た目とおりのフィーリングを出してくれるクラブというのは凄いですし、今では希少な感じもします。

それくらい、今は『ギャップ』が大きなテーマになっているのかもしれません。



YAMAHA RMX VD TOURMODEL アイアン
先ほども書きましたが、『ツアーモデル』という名前がついていますが、実際はノーマルサイズのキャビティアイアンといっていいと思います。

マッスルバックやハーフキャビティのようなシビアさはありません。



YAMAHA RMX VD TOURMODEL アイアン
キャビティの大らかさがあり、構えやすくて打感もいいのだから、プレイヤーのもつ感性も伝わりやすいアイアンといっていいのではないでしょうか?



YAMAHA RMX VD TOURMODEL アイアン
ゴルフクラブも『食(料理)』も、まずは見た目が大事。

いくらリーズナブルでボリューム満点でも、見た目が良くなければ手にしたいとは思わないですし、料理なら口にしたいとは思いません。

もちろん見た目はグロテスクでも、実際は美味しい料理や食材はあります。



ナマコ
その代表格が『ナマコ』ですが、これを人類初食べた人はすごく勇気があったし、お腹が空いていたんだろうね・・・。と家族と話したことがあります。



YAMAHA RMX VD TOURMODEL アイアン
今は『イージー系』アイアンが主流で、マッスルバックやディスタンス系でないものはあまり売れないのだそうです。

なので、このアイアンも限定モデルなのだと聞きました。

それは仕方ないことなのかな・・・。と思いましたが、全てのプレイヤーがイージー系を求めているわけではないと思いますし、このような男前でグッドフィーリングなクラブがもっと日の目を見てもいいのではないかな・・・。と思っています。



YAMAHA RMX VD TOURMODEL アイアン
このアイアンのおかげで楽しい試打ができましたし、改めてヤマハのアイアンはいいな・・・。と思いました。


構えやすさ・・・☆☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        
                         
      
2022年02月02日
  

ヤマハ RMX VD ユーティリティ

                 

ヤマハ RMX VD ユーティリティ
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブヤマハ RMX VD ユーティリティ のU5番 です。



Diamana YR h
シャフトは Diamana YR h です。

ロフトは25度、クラブ長さは39インチ、シャフトフレックスはSR、シャフト重量は64.5g、トルクは3.8、キックポイントは中調子、バランスはD2、クラブ総重量は357g です。



正面
赤いデザインが印象的な、ヤマハのユーティリティです。

昨年ドライバーを試打したときにも感じていましたが、今回は『赤』がイメージカラーなのでしょうか?

赤はある意味難しい色で、それが目立ちすぎてしまうと下品になってしまうこともありますが、このクラブにはそういったことがなく、ギリギリ抑えられています。

これまでのヤマハから、デザインが大きく変わったように感じるのは私だけでしょうか?



側面
大きさは標準的で、ソールの丸みが印象的なユーティリティです。

ソールを平らに近い形にするメーカーもあれば、ヤマハのように丸みを強調しているメーカーもあります。

今はどちらかというと、丸いものが多いような気がします。

芝やラフ・ベアグランドの質は変わらないのに、ボールがどんどん進化しているからでしょうか?

クラブはボールに合わせて進化しています。

よく『鶏が先か卵が先か?』といいますが、ゴルフにおいて、『ボールが先』です。

しかし、かなり昔のクラブでも普通に打てちゃうのが、面白いところでもあります。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。

調整システムは搭載されていません。

一時期、ユーティリティにも調整システムが搭載されているものが見られましたが、今はほとんど見られません。

私は調整システム付きのユーティリティを所有したことが無いのですが、所有している友人によると、ドライバーはともかく、ユーティリティには『要らない』ということでした。

それよりも、バランスが狂って振りにくいと感じることのほうが多かったと言っていました。



ソール形状
赤い部分の凹みが目立ちますが、これはどういう意味があるのでしょうか?

おそらく、単なるデザインで大きな意味は無いと思うのですが、これにも科学的な裏付けがあるのかもしれません。

全体的にシンプルな設計になっていて、好感が持てます。



フェース面のデザイン
フェース面のデザインもシンプルです。

今はいろいろなデザインが採用されていますが、いわゆる『アスリートモデル』と呼ばれるクラブは、このようなデザインが多いように感じます。

アスリートモデルであれ、アベレージモデル・ビギナーモデルであれ、『常に最高』のものを、各メーカーが競っていると思うので、結局はこれでいいのかもしれません。



ノーマルシャロー
薄っぺらいタイプではありませんが、こうして見てもそれほど厚みはありません。

どちらかといえば『シャロー』に近いと思うのですが、今のユーティリティの中では標準的といったところでしょうか?



顔
顔はまずまずです。

私の好みの顔ではないですが、今はこのような顔が一番多いので、ある程度予想していました。

今主流の顔だよな・・・。と思いながら、ちょっとガッカリしています。

以前も別のサイトで書きましたが、私の理想の顔はロイコレのTRCです。

未だにあれを超えるUTに出会っていません。



装着されているグリップ
装着されているグリップは、他のメーカーでもよく見かけるタイプです。

特に不満は無いですが、もう少し差別化してもいいのかな・・・。と思いました。



振り感
素振りをしてみると、最近のクラブ(ユーティリティ)には無い『適度な重量感』があって、いい感じです。

フレックスがSRということで、硬さは無いですが、軽さによるブレといいますか、タイミングのとりづらさは無く、素振りを繰り返してタイミングをつかみました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、普通・・・。といったところで、特に変わったところはありません。

見とれてしまうような美顔でもない代わりに、構えづらさのようなものもなく、感情の起伏が無いまま、淡々と構えていました。

小ぶりなタイプなので、大顔タイプを好まれる方は多少の不安感があるかもしれません。

よく見かける顔だな・・・。と思いながら見ていたのですが、欲しいのはこの顔じゃないんだよな・・・。と思っていました。

クラウンは左に向いていないようにデザインされていますが、ソールそして、フェース面全体が明らかに左を向いているように見えます。

いわゆる『顎が張った状態』です。

『受け口タイプ』といったらいいでしょうか?

ヤマハに限らず、この顔が今は多くのメーカーで見られますが、それだけ結果を出しているということなのかもしれません。

ロフトが25度という、ユーティリティとしては『ハイロフト』な番手になるので、フェース面もよく見え、そのせいで被っているのが、さらに強調されています。

まだまだ最高の顔をしたユーティリティ探しは終わらないな・・・。と思ったのですが、私は既にTRCを愛用しているので、特に問題は無いのですが・・・。

惚れ惚れするような、いい顔をしたUTが登場するまで、TRCには壊れず頑張ってもらわなければなりません。

元々『異型』や、いびつな顔をメインに発売するメーカーのクラブであれば、この顔でも充分なのですが、美顔のイメージが強いヤマハだからなのか、少し不満のほうが感じられました。

とはいっても、この顔でじゅうぶん打っていけるということを、これまでもたくさん経験しています。



試打を開始しました


打球音
まず感じたのが、この高くて大きい音です。

ゆっくりめで打つとそうでもないのですが、強くヘッドが入ると、高さが増して大きくなります。

程よい感じの金属音で、これまでもたくさん耳にしてきました。

もっと小さい音でもいいですが、この音でも全く不満はありません。



フェース面
『打感』は柔らかくて好感が持てました。

フェース面を見ていたときから、この打感はある程度予想していました。

球持ち感はそれほどなく、弾き感のほうが強いですが、ガツンとくることなく、『球当たり』が優しいです。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、明らかにヒッター向けで、幅広い層に対応しているタイプではないことが分かりました。

このロフト(25度)にしては、打ち出しが抑えられていて、ライナー系に近い球がでました。

しかし、タフで球があがらないというほどではありません。

スピンが結構利いているようで、少し叩いていくと吹き上がる感じがしました。

『二段ロケット』とまではいきませんが、グーンと高く上に伸びていくような弾道です。

ロフトが25度ということは、アイアンでいえば、だいたい4番に近いので、4番でこの高さを出すことを考えると、すごく簡単になったな・・・。と感じずにはいられません。

ヒッター向けなのは間違いないですが、最高到達地点もそこそこ出ているので、それがグリーンとピッタリ合致すると、いい感じで止めてくれるのではないかな?と思いました。

いわゆる『アゴが出ている』タイプなので、球を拾いやすいという性質があります。

直接『ガツン』といってもいいですし、手前からソールを滑らせてもいい感じで打てるクラブです。



バックフェース
『安定性』は普通で、特別寛容さが目立つタイプだとは思いません。

不必要なスイートエリアを取り除いて、その分『良い当たり面』をギュッと凝縮させた感じ・・・。といったらいいでしょうか?

このコンパクトさがもつ、『ラインの出しやすさ』があります。

以前、かなり大顔のユーティリティが発売されて、私もそれを試打したことがあり、これはあまり良くないな・・・。と思ったのですが、やはりそれほど売れなかったようです。

FWに近い感じではありながらもFWではないし、ユーティリティにしては大きすぎて中途半端でした。

ユーティリティなので、いろいろなタイプが出てきてもいいと思いますし、使い方も様々ですが、そのクラブは中途半端さが目立ったのか、あまり受け入れられなかったようです。

しかし、時代が変われば受け入れられるかもしれません。

時代が変われば受け入れられるクラブも変わってくることはよくあることです。

このクラブを試打しながら、そんなちょっと昔のことを思い出していました。



飛距離性能
『飛距離性能』は普通で、特別飛ぶタイプだとは思いません。

しかし、それがメーカーの狙いなのかもしれません。

飛びを目指すのではなく、スピンを利かせて『止めやすさ』を重視しているのではないでしょうか?

ゴルファーには『ウッド好き』と『アイアン好き』に分かれると思いますが、アイアン好きにとって、ユーティリティはちょっと変わった存在で、なかなか馴染めないこともあります。

しかし、このような小ぶりでウッド色を薄くしたようなクラブは扱いやすいものが多いです。

そういったアイアンが好きなゴルファーに使ってもらいたい・・・。とメーカーが思っているのではないでしょうか?

不必要なほどのワイドスイートエリア。

高くあがり過ぎて距離をロスしてしまう。

低スピン性能が強すぎて、ショット毎の高さが不安定になる・・・。

そんなデメリットを解消する為に開発された、実戦向きなクラブだと思いました。



操作性
『操作性』はなかなかいい感じで、左右どちらにも対応してくれました。

私にとっては『ニュートラル』ではなく、明らかに『つかまえ顔』ではあるのですが、引っかかりすぎず、つかまりの良い球が打てます。

改めてユーティリティというクラブの特殊性といいますか、他の番手のクラブにはない特徴を感じました。

形状はウッドに近いのですが、性質はアイアンに近いところも多分にあって、上から潰すこともできますし、アイアンほどではないけど、操作性の高さがあります。

それはやはり、形状が大きすぎないとか、重心が後ろにいきすぎていないからなのかもしれません。

『小顔の易しさ』を感じました。



試打後の感想


ヒール側
最新モデルでありながら、過去のモデルとの共通点をたくさんもっているクラブです。

見た目はともかく、いい意味で目新しさを感じませんでした。

それは親しみやすいクラブを踏襲しているということになります。



YAMAHA RMX VD UTILITY
構えたときのイメージよりも、左へ行かないところに好感が持てました。

こういったところが『小顔の良さ』で、アジャストさせてくれる懐の深さのようなものがあります。

これがもし大顔だったら、かなり左へ巻いちゃうかもしれません。

しかも一方的で、オートマチックに・・・。



YAMAHA RMX VD UTILITY
今風の顔で、かなりスタンダードな性格に戻ってきた・・・。といいますか、飛距離よりもスコアメイクに重きを置いて開発されているように感じます。

これからは『飛距離偏重』ではなく、『止めやすさ』とか『適度なスピン』による、合理的なクラブが主流になってくるかもしれません。



YAMAHA RMX VD UTILITY
試打していて、真新しさのようなものはあまり感じず、どちらかといえば、昔の懐かしさを感じることができ、好感が持てました。

ヤマハは飛距離に特化したクラブや、かなり大きなオートマチックタイプのクラブも発表してきますが、このようにフィーリングを大切にするクラブも発表してきて、クラブのバリエーションが豊富です。



YAMAHA RMX VD UTILITY
シンプルで好感がもてました。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        
                         
      
2022年01月30日
  

ヤマハ RMX VD アイアン

                 

ヤマハ RMX VD40 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブヤマハ RMX VD アイアン の7番 です。



N.S.PRO MODUS3 TOUR 105
シャフトは N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 です。

ロフトは32度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は106.5g、キックポイントは元調子、クラブ総重量は421g です。



正面
ヤマハの新しいアイアンです。

先日、VD40というアイアンを試打しましたが、このアイアンは外見こそ大きな違いがあるものの、名前からして姉妹モデルのようです。

質感の良さと、見るからに易しそうな雰囲気が伝わってきます。

トゥ側にあるヤマハのマークが大きく存在感を示していますが、これはドライバーなど、他の番手のクラブにも見られるところです。

以前も書きましたが、このヤマハのマークもカッコいいですが、できればゴルフブランドオリジナルのロゴといいますか、マークがあってもいいような気がします。

総合メーカーではなく、『ゴルフに特化したメーカー』に魅力を感じるからです。

そういった意味でも、私は昔から本間には好感を持っていました。

その頃もブリヂストンやダンロップなども人気がありましたが、どちらも元々はタイヤメーカーだし、本間は『ゴルフ一本』で勝負しているところに魅力を感じていました。

ミズノはスポーツメーカーですが、ゴルフ以外のスポーツ用品も手がけていて、『総合スポーツメーカー』という位置づけです。

とはいっても、どのメーカーも高性能で高品質なクラブを発表しているので、全く問題はないのですが・・・。



側面
フルキャビティ+ポケキャビタイプのアイアンではありますが、コンパクトな形状で好感が持てます。

VD40は、かなりのラージサイズでしたが、このアイアンは違っていて、真逆なタイプです。

こういったターゲットにするユーザーをはっきりさせることはメーカーとしても、とてもいいことだと思います。

曖昧さがないのが、ヤマハのいいところです。

おかげで、私たちユーザーはクラブ選びに迷いが生じません。



彫りの深さ
コンパクトサイズのアイアンにしては、彫りの深さは結構あります。

最近はポケキャビが少なくなってきたように思っていたのですが、まだまだニーズはあるんだな・・・。と思いました。

ポケキャビも中空も、外見は大きな違いがありながら、共通点もあります。

それが『易しさに特化して設計されている』ということです。

見た目はマッスルバックのようでもフルキャビティのような易しさがある中空と、ポケットにすることで、重心を深くすることができるポケキャビは多くの支持を集めています。

ポケットが大きく膨らみすぎていると、構えたときにそれが見えて構えづらくなってしまいますが、このアイアンは大丈夫そうです。



トップライン
トップラインは厚くなく、ちょうどいい感じです。

輪郭がシャープで丸っこくないところに好感が持てます。

ここの部分が丸すぎてしまうと、私はイメージが曖昧になってしまうことがあるのですが、このアイアンにはそういったマイナス面はありません。



ソール幅
ソール幅は標準的といったところでしょうか?

ワイド化が進んでいる今のアイアンの中では、少し狭い方かもしれませんが、元々はこれくらいが標準です。



ソール形状
ソール幅よりも、リーディングエッジとトレーリングエッジの大きな削りに目が行きました。

かなり大きく削られていて、これだと逆目のライなどでも、しっかりと抜けてくれそうです。

昔はリーディングエッジが尖っていて、いかに『草を切るか』ということが求められていましたが、今はいかに『滑ってくれるか』『抜けてくれるか』が求められているのかもしれません。

ボールが浮いていてライの良いときであれば、どのような形状でもいいのかもしれませんが、そうでない難しいライのほうが多いので、このような工夫は大歓迎です。

やっぱりヤマハは私たちゴルファーのことをよく考えてくれているな・・・。と思いました。

私はヤマハのクラブにはたくさんお世話になってきているので、メーカーに対しての信頼感をもっています。



ネック長さ
ネックの長さも、そして太さも標準的です。

短めでドテッとしていないので好感が持てます。

アイアンに対して、人によって様々なイメージがあると思いますが、私は常に横ではなく、『上』から捉えていきたい・・・。という思いがあるので、できれば少し長めのほうがそのイメージが出しやすいので安心感が得られ、必然的に目尻も下がります。

このアイアンはロングネックではなく、ノーマルネックです。

ロングタイプは苦手だけど、かといってショートタイプやスルーボアタイプは嫌だ・・・。という方にとって、ちょうどいい長さなのではないでしょうか?



VD
ホーゼルにはVDの文字が刻まれています。

VDとはどういう意味でしょうか?



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありません。

ごく普通の『スタンプタイプ』のミーリングです。



装着されているグリップ
装着されているグリップはソフトなフィーリングで好感が持てます。

これまでもよく見られた、普通のグリップで、特に変わった工夫は見られません。



振り感
素振りをしてみると、やや軽量感があるものの、頼りなさはなくしっかり振っていけました。

『軽硬』といったらいいでしょうか?

軽さに対して、結構しっかりしているな・・・。と振りながら感じていました。

すごく硬いというシャフトではないですが、変な動きをすることもなく、しっかりついてきてくれます。



構え感
ボールを前にして構えてみると、さすがヤマハです。

すごくいい顔をしています。

先ほども書きましたが、私はヤマハのクラブ(特にアイアン)には大きな信頼を寄せているので、この顔の良さは期待といいますか、予想していました。

リーディングエッジの見え方、均整のとれたスコアライン・・・。

これまで通りの『ヤマハ顔』です。

やや小顔でシャープな顔つきでありながら、尖ったところは感じられず、どことなく『まろやか』といいますか、とっつきやすそうな雰囲気があります。

完全なストレートには見えませんでしたが、トップラインも真っ直ぐに近いのがいいです。

最近は『収縮したように』丸くなったトップラインが多くなったので、このような少数派でありながらオーソドックスなトップラインを見ると何故か安心します。

必要以上に『つかまる』イメージが欲しくないからかもしれません。

グースタイプではないので、イメージしたラインにスッとヘッドを置くことができます。

頭の中がぐちゃぐちゃにならず、クリアなままです。

小顔タイプなので、ボールが大きく際立って見えるところも好感が持てます。

終始ニコニコしっぱなしでした。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、なかなかいい感じです。

ある程度予想していた打感で、好感が持てました。

厚みで押していくタイプではないですが、『球当たり』が優しく、マイルドな打感です。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、明らかにヒッター向けだと思いますが、タフ過ぎてあがりにくいとは感じません。

特別あがりやすくなるような工夫がされていないようですが、振っただけの高さはじゅうぶん得られるアイアンだと思います。

位置的には、『ヒッター向けのイージー版』といったところでしょうか?



バックフェース
小ぶりでありながら、安定性は充分保たれています。

フルキャビティ&ポケキャビの易しさをもったアイアンです。

これまで、このようなアイアンはラージサイズに多かったのですが、どうしても大顔になると、構えづらくなったり、イメージが湧かない・・・。といったことも起きてきますが、このアイアンにはそういったことを感じません。

小ぶりで構えやすさからくる易しさと、バックフェース形状の易しさが融合されたアイアンといっていいのではないでしょうか?

構えたときは気難しそうに感じられる方がいらっしゃるかもしれませんが、実際に打ってみると寛容さもあり、いい意味でのギャップを感じられる方もいらっしゃると思います。



飛距離性能
『飛距離性能』という点では、私の中では『やや飛び』といったところで、特別飛ぶとは思いません。

今のアイアンの中でも普通といっていいと思いますが、このようなタイプのアイアンでは、それが正解なのだと思います。

『番手ずらし』が今のアイアンの主流となっていますが、それだとどうしても番手間の距離感の出しづらさが出てしまいます。

ロフトが立てば立つほど距離のばらつきがでるのは当然で、距離が出ることに対する弊害です。

極端にいえば、5番アイアンと7番アイアンで、どちらが縦の距離感を出しやすいかといえば、おそらく100人が100人、7番と答えるのではないでしょうか?

今は多くの方が、その難しい距離感を強いられているのです。

それは『スタンディングロフト化』したアイアンを使っているからです。

練習場ではまだいいですが、飛びすぎるアイアンはコースではとても怖く感じるので私は魅力を感じていません。



操作性
『操作性』は高く、左右どちらにも反応してくれました。

逃がすイメージが出しやすいので、私のようなフッカーには安心感がありますが、小顔なので球を捕まえやすいという特長ももっています。

これがもし、グースがきついタイプだと、かなり左へのプレッシャーが大きくなるかもしれません。

小顔タイプがもつ、『ハンドルの遊びの小ささ』といったらいいでしょうか?

そのダイレクトな反応の良さを味わえるアイアンです。



試打後の感想


ヒール側
見た目の良さがまずは目に入りましたが、試打してみて『安定性』と『操作性』のバランスがとれていると感じました。

寛容なタイプでありながら、反応が鈍くないのがいいです。



YAMAHA RMX VD IRON
構えたところにしっかりとラインを出していけますし、小ぶりなのでいわゆる『逆球』も出づらいです。

逃がすときは逃がす。

つかまえるときはつかまえる。

そういったプレイヤーのイメージをしっかりとボールに伝えてくれる『メリハリ』の利いたアイアンです。



YAMAHA RMX VD IRON
いろいろなパーツが組み合わさった、ハイテクタイプのアイアンもたくさんありますが、私はやはりこのようなシンプルなタイプが好きです。

ゴチャゴチャしていないので、『目が散らない』といいますか、落ち着いて見ることができますし、こちらの思いが伝わりやすいように感じます。



YAMAHA RMX VD IRON
このアイアンはポケキャビですが、普通のキャビティも見てみたいと思いました。

私はポケキャビを使うことはおそらく、ずっと無いと思います。

それはポケキャビがダメだというのではなく、あの形状だと、どうしても重心が深くなるイメージをもってしまうからです。

アイアンは重心が浅く、前にあればあるほどいいと私は思っています。

そのほうが操作性が高まりますし、上から潰すイメージも出しやすくなります。

しかし、今はいろいろなタイプのアイアンがあるので試打していても楽しいです。



YAMAHA RMX VD IRON
いかに易しく、そしてプレイヤーの感覚を大切にしながら、ゴルフをエンジョイできるか・・・。

そういったことを常に考えているメーカーがヤマハだと思います。

ゴルフクラブはボールを打つ道具ではありますが、打つ前にまず目で見ます。

なので、美しくなければいけません。

目で充分楽しんだ後に、実際に球を打って違う楽しさを味わうことができるのです。

そういった意味でも、このアイアンは『合格』です。



YAMAHA RMX VD IRON
今日はヤマハのアイアンでたっぷりと楽しませてもらいました。


構えやすさ・・・☆☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        
                         
      
2021年12月08日
  

ヤマハ RMX VD40 アイアン

                 



ヤマハ RMX VD40 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
ヤマハ RMX VD40 アイアン の7番 です。



Diamana YR i
シャフトは Diamana YR i です。

ロフトは30度、クラブ長さは37.25インチ、シャフトフレックスはSR、シャフト重量は59.5g、キックポイントは中調子、クラブ総重量は375g です。



正面
ヤマハの新しいアイアンです。

この巨大さに目が行きがちですが、これまでも出会っているので、特に驚くことはありません。

ヤマハはフォージドアイアンから、このような超ラージサイズのアイアンまで、幅広いモデルをラインアップしています。



側面
こうして見ても、かなり大顔でシャロー感があります。

マッコウクジラを連想しました。

アイアンというカテゴリーを維持しながらも、限りなくUTやFWに近づけているのではないでしょうか?



彫りの深さ
彫りの深さもたっぷりあり、ヘッドのほぼ全ての部分においてくり抜かれています。

バックフェースには、黒いパーツのようなものがありました。

これはどういう意味があるのでしょうか?



トップライン
トップラインは、やや厚めではありますが、ヘッド全体の大きさからすると、それほどでもありません。



ソール幅
ワイドソールですが、ヘッドの大きさからするとバランスがとれています。

ワイドソールを好まれる方は、ちょっと物足りなく感じられるかもしれません。



ソール形状
それよりも、この形状に目が行きます。

『奇異』といいますか、かなり独特な形状です。

ダンロップのアイアンのように、『二分割』されたかのようなソール形状で、特にトレーリングエッジ側が大きく削られています。

ヤマハのアイアンなので、この形状にも大きな意味があるのだと思いました。



ネック長さ
ネックの長さは適度にあり、ちょっと意外でした。

とはいっても、最近はこのようにネックの長さがしっかりとキープされているアイアンのほうが多くなりました。

ラージサイズ・低重心タイプのアイアンでも、ネックの長さが適度にあり、それで適正な重心高さが維持されているのではないでしょうか?

今はクラブ設計もCADが主流となっていて、重量配分なども計算されているので、このようになっているのだと思います。

重心は低ければ低いほどボールがあがりやすくて易しい・・・。と思っておられる方がいらっしゃるかもしれませんが、実際はそうではなく、『適正な高さ』があるのは間違いありません。

むしろ、ある程度高さがあったほうが、『その下』を使うことができるので、用途が広がるということもあります。



YAMAHA RMX VD40 IRON
ネックの突起物
ネックの突起物
そして何と言っても、ネックにはこの大きな突起物があり、このアイアン最大の特徴です。

過去にもこのようなモデルは出会ったことがありますが、これにはどういう理由によるものなのでしょうか?

かなりの大顔なので、重心距離がトゥ側に行き過ぎないよう、ウェイトの役目をしているのかな?とか、スイング中の遠心力による『トゥダウン』を抑えるものなのかな?と思いましたが、真偽のほどは分かりません。

ピンのアイアンは逆にネック付近が凹んでいますし、メーカーの考え方で、真逆ともいえるようないろいろなアイアンに出会えるのが楽しいです。

まさに『逆もまた真なり』といったところでしょうか?

メーカーの、このような柔軟な発想により、様々なクラブが登場するのはゴルファーとして、とてもありがたいことだと思っています。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは無く、シンプルです。

スコアラインもキレイに整っていて、さすがヤマハだな・・・。と思いました。

メーカーによっては、雑に見えたり、チープに見えたりすることもありますが、ヤマハらしく丁寧に仕上げられています。

ヤマハは機能性だけでなく、『美』にも力を入れているのではないか?と、これまでヤマハのクラブにたくさん接してきて強く感じます。



装着されているグリップ
装着されているグリップはとてもシンプルなものです。

海外メーカーにも数多く採用されているような、よく見かけるタイプで、今回はグリップにあまり力を入れていないのかもしれません。

いい意味で特徴が無く、グリップが摩耗しても、何の気兼ねも無くすぐに交換することができるグリップです。

フィット感・弾力感・しっとり感など、私が好むグリップとは大きな違いがありますが、フィーリング重視のアイアンではないので、ちょうどいいのかな・・・。と思いました。



振り感
素振りをしてみると、結構違和感がありました。

全体的な軽さや軟らかさなどもあるのですが、ヘッドが大きくどうしても目に入ってくるので、自分が7番アイアンを振っているという感覚になれませんでした。

今日は練習場ですが、これがもしコースだったら、感覚が合わないので、不安になっていたかもしれません。



構え感
ボールを前にして構えてみると、強めのグースネックとトップラインもカーブを描いていて、『つかまえる気満々』といったところです。

ラージサイズではありますが、想像していたよりも顔が崩れていません。

ある意味、『いい落としどころ』で収まっている感じです。

私が好むタイプの構え感ではないのですが、苦手意識が芽生えることはありませんでした。

かなりロフトが立って見えますが、フェース面自体の見え方はいい感じです。

ベーシックなタイプのアイアンだと、ロフトが適正なので、『出球のイメージ』をしっかり出してからスイングを開始するのですが、今はこのようなディスタンス系が多いので、そこは省いて打つことが多くなりました。

イメージが出てこないこともありますし、仮にイメージが出たとしても、実際の弾道と乖離が大きいことがあるので、あえて省くことにしました。

『出たとこ勝負』といいますか、まずは『打ってから』というようにしています。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は好きになれませんでした。

この打感は予想通りで、薄めでバチンと弾く感じの打感です。

打感や音というのは、プレイヤーのスイング・あるいはインパクトの状況について、『クラブからの返答』だと思っているのですが、その返答内容が薄い感じがします。

レスポンスが薄い・・・。といいますか、あまり『意思の疎通』はできない打感です。

ただ、ラージ系&ディスタンス系では、このような打感が主流なので、特別変わった打感だとは思いません。

フォージドタイプのアイアンと、完全に『住み分け』できているのだと思います。



トゥ側
球はとてもよくあがってくれました。

強くヒットしなくても、ボールが自然とあがってくれる感じです。

上からでなく、ボールの手前からソールを滑らせるようなイメージのほうが、ボールを上手く運べました。

フォージドタイプのように『熱意』とか『気持ち』を込めるのではなく、いい意味で『あっさりと』といいますか、ライトな感覚で打っていけるアイアンです。

気合いを込めすぎないほうがいいアイアンもあるんだな・・・。と、このようなアイアンを試打すると感じます。



バックフェース
『安定性』は最高レベルといっていいほど高く、球がブレません。

このようなタイプのアイアンでラインを出していける方は、『最強の相棒』となってくれるかもしれません。

打点のブレには、かなり寛容で、ボールが影響せず、打っていてどこが『芯』だか分かりませんでした。

先日試打したブリヂストンのアイアンも、かなり寛容なタイプだと思いましたが、このアイアンはそのさらに上を行く感じです。

船に例えると、ブリヂストンのアイアンは『大型フェリー』で、このヤマハのアイアンは『超大型豪華客船』といったところでしょうか?

このアイアンの巨大さ・大らかさを感じながら、そのようなことを考えていました。

これまで出会ってきたラージ系のアイアンは、確かにスイートエリアは広いけど、結構『当たり負け』するな・・・。と感じることもあったのですが、このアイアンにはそういったことをあまり感じませんでした。

それよりも『反発の強さ』を感じます。



飛距離性能
『飛距離性能』も優れていますが、完全に飛びに特化しているというよりは、易しく楽に飛ばしていけるアイアンだという認識をもちました。

メーカーがターゲットにしているゴルファーを徹底的に研究して、そのゴルファーに対して高いパフォーマンスを発揮できるよう計算されているのではないでしょうか?

フェースが食いつく感じはなく、『乗り』も良くないですし、ボールがめくれあがるようなこともないので、スピンは『7番アイアン』としては少なめな感じがしますが、それもメーカーの狙いなのではないでしょうか?

低スピンだけど、しっかりとキャリーも出せるので、飛距離性能は長けているアイアンです。

今のアイアンは飛距離性能を求められているものが多くなりましたが、私はアイアンには飛距離よりも距離感を求めたく、グリーンを上から攻めたいですし、しっかりと止めたい・・・。という思いがあるのですが、このようなタイプのアイアンではグリーンに止めるイメージが出てきません。

ただ、それはこのアイアンが良くないのではなく、あくまでも私の経験不足によるものです。

私がこのようなタイプのアイアンでコースをラウンドすることがないから、イメージできないのだと思います。



操作性
操作性という点では、かなり難しく感じました。

安定性が高すぎて、フェースをコントロールする感覚が出せません。

元々、このようなタイプはフェースローテーションをするのではなく、フェース面を動かさずに打つように作られているのだと思います。

そういった点では、今のラージサイズドライバーとの相性もいいのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
普段、ラージサイズのドライバーを使っているけど、アイアンが小さすぎて、どうしても違和感があって馴染めない、セッティングとしての統一感が出せない・・・。という方は、このような超ラージサイズのアイアンを試してみられるのもいいのかもしれません。

ドライバーばかり大きくなって、アイアンはないがしろにされていた部分はあったと思います。

それは地面から直接打つクラブであるアイアンは、大きくなりすぎてしまうと、違う難しさが出てくるということもあるからです。

しかし、そういったことが全く無いのであれば、試してみる価値は充分あると思います。



YAMAHA RMX VD40 IRON
私が好むタイプのアイアンではなく、最初見たときから、「うわぁ・・・、凄い大きさだな・・・。」と思っていたのですが、世の中にはいろいろなタイプのクラブがあるべきだと思いますし、そういったたくさんの種類のクラブを開発してくれているメーカーには感謝しかありません。



YAMAHA RMX VD40 IRON
クラブの好みは人によって様々で、どれが正解か?とはいえないところがあります。

つまり結局はその人の『好み』によるところが大きいのだと思いますが、このようなタイプのアイアンも高いニーズがあるのは間違いありません。

どのメーカー、どのモデルを見ても、同じようなタイプで、『既視感』いっぱいで試打するよりも、一風変わった発想で開発されたクラブに出会えるのはとても嬉しいことです。

そうか、そう来たか・・・。ということや、これはどういう意味があるんだろう?などと、自分なりの仮説を立てたり、疑問をもちながら試打するのも刺激があって楽しいです。



YAMAHA RMX VD40 IRON
先ほども書きましたが、ヤマハのクラブは『本格的』『美』というイメージがありますが、このような革新性をもったクラブもたくさん開発しています。

私もヤマハのクラブにはとてもお世話になってきましたが、昔も今も、その好感度は変わっていません。



YAMAHA RMX VD40 IRON
これからも柔軟な発想で、私たちゴルファーを楽しませてもらいたいです。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        
                         
      
2021年11月01日
  

ヤマハ RMX VD ドライバー

                 



ヤマハ RMX VD ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブYAMAHA RMX VD ドライバー です。



MITSUBISHI CHEMICAL Diamana YR
シャフトは MITSUBISHI CHEMICAL Diamana YR です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS です。



正面
ヤマハのニュードライバーです。

先日フェアウェイウッドを試打しましたが、今日はドライバ-を試打する機会に恵まれました。

フェアウェイウッド同様、かなり赤が強調されたデザインです。

今年のモデルは全て赤を基調としているのでしょうか?

赤という色は難しい色で、カッコ良くなることもあれば、逆にケバケバしくなってしまうこともあります。

このドライバーは前者で、さすがヤマハ、デザインにも気を遣っているな・・・。と思いました。

VDとは、どういう意味なのでしょうか?



側面
シャロー&ディープ形状のドライバーです。

ソールにはかなり丸みがあります。

ちょっとした『突起』といっていいかもしれません。

この形状にも大きな意味があるのではないでしょうか?

このような形状は多数派ではないものの、これまでもいくつか見てきました。



ウェイト
ソールにはウェイトが配置されていて、移動できるようになっています。

このシステムはミズノやキャロウェイを真っ先に思い浮かべますが、ついにヤマハのクラブでも見られるようになりました。

ウェイトを移動させることで、重心距離を移動させ球筋を調整できるということです。

とても画期的なシステムですが、当然ながら打感が変わっていきますし、特に必要が無いのであれば、『ノーマル』で使い続けるのが一番いいような気もします。

以前はテーラーメイドのように、複数のウェイトを移動できるモデルがありましたが、今はこのように『ひとつだけ』が多くなりました。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されています。



ネック長さ
ネックは見慣れた長さで標準的です。

昔のクラブと比べると、かなり短い部類に入りますが、研究が進んで、それほどロングにする必要がないと分かったからではないでしょうか?

こうして見ても、シャローバックではあるものの、全体的に見れば『ディープタイプ』ということが分かります。



トゥ側のYAMAHAマーク
トゥ側にあるヤマハのマークが大きくて存在感を示しています。

これは過去のモデルにも見られました。

以前も書きましたが、楽器にも使われているマークなので、ゴルフ専用のマークがあってもいいのではないでしょうか?

同じヤマハでも、『楽器からの卒業』といったらいいでしょうか?

そういったことがあってもいいと思っています。

性能や品質などが良ければ特に関係は無いのですが、『ゴルフだけ』に特化したメーカーに私は昔から好感を持っていました。

だからビギナー時代も、ブリヂストンやダンロップなどの優れたライバルメーカーがありながらも、『ホンマ』に魅力を感じていたのだと思います。

総合メーカーではなく、『専門メーカー』が好きです。

また、機械で大量生産よりも、ハンドメイドで少数生産に憧れていました。



フェース面のデザイン
フェース面はとてもシンプルです。

凹凸が無く、フラットフェースになっています。

IPっぽくて、弾きが良さそうです。



シャローヘッド クラウン高
シャローバックですが、クラウンが盛り上がっていて、フェース高も充分確保されています。

今主流の『ディープフェース&シャローバック』タイプです。

シャローフェースはあまり好きではないので、これだけフェース高がキープされていると安心感があります。

フェース面を『横』でなく、『縦』で使えるからです。

フェース面の縦を使うのであれば、これまでの経験上、ある程度の『ディープバック』であったほうが合理的な気もするのですが、今はディープバックを見かけることが無くなり、『お尻』の重たいドライバーが多くなりました。



顔
顔はちょっと独特といいますか、ヤマハにしては珍しいです。

これまでの『ヤマハ顔』とは違います。

『ドローバイアス』が掛かった顔といったらいいでしょうか?

これはフェースアングルというよりは、ヘッド後方の膨らみによるところが大きいです。

トゥ側が大きく膨らんでいればフェード系のイメージが出しやすいですし、このドライバーのようにヒール側が膨らんでいれば、ドローのイメージを出しやすくなります。

どちらがいいか、これは人によって好みの分かれるところだと思いますが、今は『つかまりやすそうなイメージ』を与えてくれるドライバーのほうが圧倒的に多いです。

バルジは真っ直ぐというよりも微妙にカーブを描いていて自然な感じがするので好感が持てます。

バルジが真っ直ぐなほうが好きだという方もたくさんいらっしゃると思いますが、私は昔からいい感じでカーブを描いているバルジのほうが好きで、パーシモンの名残なのかもしれません。

『直球』を強くイメージしたいのであれば、ストレートなバルジのほうがいいのかもしれないですが、『曲球』といいますか、『曲げるor曲がるもの』という意識があるので、微妙にカーブを描いているバルジのほうがイメージを出しやすいです。

最初見たときは、今時のフックフェースだろうと予想していたのですが、トゥ側が主張していなくて好感が持てます。

顔全体で見ると、『丸顔』と『トライアングル(三角)顔』を足して2で割った感じといったらいいでしょうか?



カーボンコンポジット
クラウンがカーボンコンポジットであることが分かりました。

とてもはっきりしているので、わかりやすいです。

今はこのようなタイプが多くなり、まさに『右へならえ』といったところでしょうか?

クラウンだけで見ても、ワンピースタイプよりもツーピース以上のものが多くなりました。

複合素材で後から付け足していく『足し算タイプ』のクラブです。



振り感
素振りをしてみた感じはまずまずでした。

この赤いディアマナは軽量で硬さはないですが、それと同時に『細さ』を感じさせるシャフトだな・・・。と思いました。

シャフトは、振ってみて硬いとか軟らかいというのとはちょっと違い、『太さ』をイメージすることがあります。

あくまでもこれは私の感覚的なものなので、上手く表現できないのですが・・・。

太さを感じることができるのは、私が愛用しているCB-50Wというシャフトが真っ先に浮かびますが、細さを感じさせるシャフトも今はたくさんあります。

『骨太』とは違う、魚でいうところの『小骨感』といったらいいでしょうか?

太いからいい、細いからダメというのではなく、その人にあった太さ(実際の太さではなく、『振り感の太さ』)のシャフトがあると思います。



構え感
ボールを前にして構えてみても、いい感じでした。

シャロー感があって今時だな・・・。と思うところもありますが、いい感じでまとまっていて、『膨張感』がありません。

キュッとしている・・・。といったらいいでしょうか?

ボヤけた顔ではないのでイメージが強く出てきます。

フェースアングルを見ると、緩やかなフェード系のイメージも出せるのですが、ヘッド後方の膨らみを見るとドローのイメージも湧いてきて、ひとつのヘッドで相反する見え方がするのが面白いです。

ロフトが10.5度ということもあり、フェース面がよく見えて、高弾道イメージが自然と浮かんできました。

今はこれくらいの(フェース面の)見え方が支持されているのだと思いますが、私はどちらかというと『低いライナー』をイメージしたいので、もっと『絶壁感』があったほうが好きです。

このドライバーは10.5だけど、9,5は無いのかな?と探してみたのですが、このドライバーしか見当たらなかったので、このまま試打をすることにしました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はソフトというよりはどちらかといえば『しっかり系』ですが、硬くて嫌な衝撃が残ることもなく、好感が持てます。

『一瞬の当たり』を味わえる打感・・・。といったらいいでしょうか?

インパクトから少し押せる感じで、球の質感をはっきりと感じ取ることができました。

これまでのヤマハドライバーで経験した打感です。



打球音
『音』は爽快感があって、とても良いです。

さすが楽器メーカーでもあるヤマハだな・・・。と思いました。

しっかりとチューニングができています。

打つ前は、少し甲高い金属音が出そうだな・・・。と予想していたのですが違っていて、やや抑えられた小気味よい音です。

この音だと、サクサク打てちゃいます。

当然、インパクトが緩むこともなく一球一球楽しみながら打つことができました。



トゥ側
球はあがりやすいですが、明らかにヒッター向けのドライバーだと思います。

ロフトが10.5度ということもあり、しっかりあがってくれますが、結構『振っていく』といいますか、『叩いていく』感じがちょうどいいように感じられました。

一時期のように『低スピン』を謳っているモデルではないようで、結構スピンも効いていて、ドロップすることはありません。

私的には10.5よりも9.5のほうが、いい感じの弾道が描けたんじゃないかな・・・。と思いました。

やや高めの『ドッカーン』という弾道・・・。といったら伝わりやすいでしょうか?



バックフェース
『安定性』はかなり高いです。

構えやすいというのも大きいですし、ヘッド自体が大らかさをもったタイプだということが分かります。

今はといいますか、もうずっと『つかまえ系』のドライバーが多くて、それがトレンドなんだろう・・・。と思っていました。

しかし、このドライバーは限りなくストレートなイメージを頭に描いたまま打つことができ、実際に球も曲がらず綺麗なストレートボールで飛んでいきました。

顔のクセの無さが、ボールに乗り移った感じ・・・。といったらいいでしょうか?

最近、このように感じられるドライバーはほとんどありません。

スイートエリアも広そうですが、これまでのモデルも同様のものがたくさんあったので、特別感はありませんが、高いレベルで安定していて曲がりにくいドライバーだな・・・。と思いました。

ヘッド内部に、いろいろな工夫がされているのではないでしょうか?



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかいい感じです。

質の良いスピンと力強い弾道で飛んでいきますが、驚くようなところは正直ありませんでした。

『最大の飛び』というよりは『まとまり感』といいますか、『平均的な飛び』を高めていくタイプのドライバーで、実戦向きなドライバーといっていいのではないでしょうか?

『当たり外れ(ナイスショットとミスショット)』が小さいドライバーといっていいかもしれません。

高い性能をもっていますが、これまでのモデルを凌駕するほど飛距離性能をもったドライバーではないと思います。

ただ単に飛距離だけでいえば、これまで試打したモデルのほうが勝っているといえます。



操作性
『操作性』という点では、まずまずです。

顔がいいので、インテンショナルな球を打ちやすそうな印象をもっていたのですが、実際に打ってみると、このドライバーがもつ高安定性が、それをかき消しているような印象をもちました。

先日FWを試打したときに、店員さんから『曲げられるものなら曲げてみろ』というコンセプトだと聞いたので、曲げてみたのですが、今回もトライしました。

大きく曲げることは難しいと感じましたが、小さく右にも左にも曲げることができ、特にいい感じで逃がしていくフェード系が印象的でした。

一応、私的にはメーカーの挑発ともとれる宣伝文句に打ち勝ったのではないか?と思えたのですが、曲がりにくいドライバーであることは間違いありません。

『微カーブ』あるいは『美カーブ』といったほうがいいかもしれません。

ほぼストレートですが、微妙に曲がる美しい球筋を打たせてくれるドライバーといっていいように思います。

ゴルフとは、クラブそのものの美しさを楽しむだけでなく、クラブが放つ球筋の美しさを楽しむことができるスポーツなのだと再認識しました。



試打後の感想


ヒール側
ヤマハのイメージに合う美しさ・打感の良さ・音の良さ・顔の良さがあり、おそらく契約プロが使うモデルだと思います。

それでいながら、ハードルの高さを感じさせないように研究して作られているのではないでしょうか?



YAMAHA RMX VD DRIVER
外見は本格的でカッコ良く、中身は大らかさがあって親しみやすい・・・。

そんな印象をもちました。



YAMAHA RMX VD DRIVER
バルジの美しさも記憶に残り、最近では珍しいタイプのドライバーだな・・・。と思いました。

『つかまえ顔』のドライバーが苦手だ・・・。という方には是非試していただきたいです。

性能的にも尖ったところはなく、バランスがとれていて、ヘッドの形状のように『丸みのある性能』といったらいいでしょうか?

最高点と最低点の乖離が小さく、まとめやすいドライバーです。



YAMAHA RMX VD DRIVER
『つかまえ顔』が苦手な、ヒッタータイプのドライバーが安定した飛距離と曲がりにくさを求めていくとき、候補に挙げていくべきドライバーといっていいのではないでしょうか?

性格的にも尖ったところはなく、親しみやすさが印象に残りました。


構えやすさ・・・☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました
                         
        
                         
      
2021年10月18日
  

ヤマハ RMX VD フェアウェイウッド

                 



ヤマハ RMX VD フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブYAMAHA RMX VD FAIRWAYWOOD の5番 です。



Diamana YR f
シャフトは Diamana YR f です。

ロフトは18度、クラブ長さは42.5インチ、シャフトフレックスはSR、シャフト重量は55g、バランスはD2、キックポイントは中調子、クラブ総重量は320g です。



顔 正面
ヤマハの新シリーズがついに登場しました。

ヤマハのニューモデルは、ずいぶんご無沙汰な感じがしていたのですが、ようやく会うことができ、とても嬉しいです。

ピアノやギターなどの楽器同様、ヤマハのクラブにはいい印象しかありません。

このソールのデザインを見て、すぐにヤマハのクラブだということが分かりました。

多少デザインは変わっても、デザインの『根幹』といったらちょっと大げさかもしれませんが、これまでのモデルとの共通点があります。

『VD』とは、どういう意味でしょうか?

『ヴィクトリーディスタンス』かな?と思ったのですが、おそらくそうではないはずです。



側面
かなりのシャロー感があり、ソール全体の丸みも目立っていて、抜けが良さそうに見えました。

ドライバーと違い、フェアウェイウッドは直打ちすることが多いので、『抜けの良さ』が重要になってきます。

目立つデザインで見た目のインパクトはありますが、色々なパーツが組み合わさったゴチャゴチャしたタイプではなく、比較的シンプルです。



ネック長さ
ネックの長さは、今のクラブの中では標準的です。

調整機能は搭載されていません。



シンプルで美しいフェース面
シンプルな美しいフェース面で、ヤマハらしい特長が見られます。

ミーリングなども見られないですが、弾きが良さそうな独特な質感です。

キャピキャピしていなくて、いい意味で『枯れた感じ』といったらいいでしょうか?

これまで出会った、弾きが良くて初速が出ているクラブに共通しています。



シャローヘッド
今の主流ともいえる、シャロータイプです。

『ヤマハシャロー』といったところでしょうか?

ヤマハのFWで見慣れた形状です。



顔
顔の印象はずいぶん変わりましたが、それはクラウンのデザインによるものです。

『化粧』をした感じ・・・。といったらいいでしょうか?

輪郭や骨格を変えずにメイクをして、見た目の印象を変えたような感じです。

ヤマハのクラブは正統派の美顔という印象がありますが、今回はかなり変えてきました。

とはいっても、全体的なシルエットは変わらず、コンパクトで形も乱れていません。

こういったところにメーカーはこだわっているのではないでしょうか?

いわゆる『異型』にすれば、もっと物理的に易しく作ることができると思いますが、そうすると構えづらくなって、逆に難しいクラブになってしまいます。

実際にクラブを打つのはマシンではなく人間なので、そういったことを重視しているのではないかと思いました。



カーボンコンポジット
クラウンはカーボンコンポジットになっています。

今は多くのメーカーが採用していますが、ついにヤマハもやるようになったのか・・・。と思いました。

もちろん、とても理にかなった素晴らしい技術だと思いますし、流行のようなものもあるのだと思います。

ヤマハが採用したということで、これからますます採用率が高まるのではないでしょうか?

実際はカーボンクラウンだけど、カーボンに見せない技術というものがあってもいいのかな・・・。と思いました。



装着されているグリップ
装着されているグリップはシンプルなタイプで、これまでもよく出会ったタイプです。

今回はあまりグリップには力を注いでいないのかもしれません。

それはこのグリップが良くないというのではなく、ヘッドやシャフトの存在感にグリップが負けているというだけです。

私的には『可も無く不可も無い』グリップです。



振り感
素振りをしてみると『標準的』といいますか、全て予想通りで、特に変わったところはありませんでした。

一時期、ヤマハのクラブに装着されているシャフトが『乱れている』といいますか、アンダースペック過ぎてヘッドのポテンシャルとの乖離が大きすぎると感じていたこともあったのですが、今回はそれほど大きくはありません。

軽量タイプではありますが、これが今の『スタンダードな重さ』なんだろうな・・・。と思いながら素振りを繰り返してタイミングを整えました。

メーカー側も、本当はもっとしっかりしていて『ハリのある』シャフトを装着したかったけど、そうすると売れなくなるので、仕方なく『カルヤワ(軽軟)』のシャフトにしているんじゃないかと、このクラブだけでなく、多くのクラブで感じます。

もちろん、クラブの重さやシャフトの軟らかさなどは人によって好みが大きく違うので、どれがベストということはないですが、昔と比べるとずいぶんと軽量化・軟化してきたように感じることが多いです。



構え感
ボールを前にして構えてみても、なかなかいい感じで、さすがヤマハだな・・・。と思いました。

クラウンのカーボン模様が目立ちますが、構え感を損なっていません。

ラインのイメージを出すことも邪魔せず、比較的おとなしい印象です。

フェース全体は少し左を向いているように見えたので、『つかまえ系』のクラブだな・・・。と思ったのですが、特に構えづらいとか、方向性に不安があるということはありませんでした。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は良いです。

ソフトではありますが、ボヤけた感じはなく、しっかりと芯があって、球の重さを充分感じ取ることができました。

イメージしていたよりも球離れが速い感じで、『まったり』ということはありませんでした。

ただ全体的に見れば、ヤマハらしいといいますか、『想像の範疇』にある打感です。

ヤマハファンにも納得してもらえる打感といっていいのではないでしょうか?



打球音
『音』もいい感じです。

予想していたよりも抑えられた音で、気持ちよく振り抜けました。

小気味良い金属音ですが、その波長が長くはなく、短くてすぐに消える感じがいいです。



トゥ側
球はよくあがってくれました。

クリークなので、元々あがりやすいクラブではあるのですが、このシャローすぎない形状でありながら、『超シャロー』並のあがりやすさがあります。

ソールにウェイトなどは見られませんが、かなり重心を低くしているのでしょうか?

構えたときの感覚などから、あまり『上から』打つ(V字)タイプではなく、ボールの『横っ面』を平行移動させるタイプのように感じていたのですが、やはりそのイメージがいいようです。

ソールの丸さもすごくいい感じで、『接地面積の少なさ』で勝負していけるクラブといえるのではないでしょうか?

適度に小顔ということもあり、これならラフでも大活躍してくれそうだな・・・。と思いました。

クリークは『飛ばす』ということと、『狙う』といいますか、グリーンを上から攻めていきたいクラブですが、これくらい高くあがると、それが高確率でできそうです。

直打ちでも充分あげてくれますし、ドロップしてキャリー不足ということにはなりにくいように感じました。



バックフェース
『安定性』も高く、球筋が安定しやすいクラブです。

カッコいいクラブですが、シビアさは感じず、むしろ大らかさがあります。

この大きさでは『最大級』といっていいほどのスイートエリアの広さがあるのかもしれません。

フェース中央付近で打っても、トゥ寄り・ヒール寄りに少しずらしても弾き感はそれほど変わらず、球筋が乱れず安定していました。

ただ『小顔の良さ』といったらいいでしょうか?

曲げたいときには曲げられるクラブです。



飛距離性能
『飛距離性能』は予想よりも高く、キャリーをしっかりと稼ぎながら、『スピン過多』で急に勢いが衰えることもありませんでした。

しっかりと押していける強い球の打てるクラブです。

球はあがりやすく弾道も高いですが、バックスピンが抑えられていて、逆に『フォロースピン』が掛かっているのではないか?と思えるほどの『上へ上へ』ではなく、『前へ前へ』という弾道でした。

軽量感もあり、シャフトも軟らかめなので、このスペックにハマる方は大きなパフォーマンスが期待できるのではないでしょうか?

ただどちらかといえば、ヒッター向けのクラブといった印象があります。



操作性
『操作性』は普通です。

大らかで直進性が高いクラブですが、曲げにくいタイプのクラブではなく、私がフッカーだからなのか、一球目からドロー系の球が出ました。

店員さんから、このクラブは曲がりにくくなっていて、「曲げられるものなら曲げてみろ」ということのようですよ・・・。と言われたので、私はそれなら曲げてみようじゃないか・・・。と奮起し、曲げてみました。

見た目よりも寛容なクラブですが、『曲げにくい』という印象はなく、普通に曲げることができるクラブです。

構えたときに『つかまえ顔』に見えたせいか、フック系のほうが自然な感じがしました。

右に曲げることもできましたが、つかまりの弱い球ではないので、いわゆる『コスり系』の球は出にくい印象です。

フェード系の方にも合いやすいのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
ヤマハのクラブは美しいものが多いですが、全体的な質感がいいな・・・。と思っていたら、店員さんから、このモデルはチタンですよ・・・。と教えてもらいました。

ドライバーはチタンだけど、フェアウェイウッドはメタル。という時代が長く続き、そういうものだと思っておられた方も多いのではないでしょうか?

もちろんこれまでも、フェアウェイウッドでチタンのクラブはありましたし、『フェアウェイチタン』という言葉も使われてきました。

しかしドライバーと違い、ヘッドをそれほど大きくする必要のないフェアウェイウッドはチタンにするメリットがドライバーほど大きくないといわれ、メタルが採用され続けてきたという歴史があります。

それでもだんだんと『チタン化』の波が押し寄せてきたようで、フェアウェイウッドにもチタンを採用するメーカーが増えてきました。

チタンなので、おそらく高価だろうと思い、値段を尋ねてみたら、やはり税込で6万円近くするということで、ドライバーに近い値段でした。

フェアウェイウッドの値段といえば、だいたい『2~3万円くらい』というイメージがあったのですが、これからは高価格帯と低価格帯の二分化がされるかもしれません。



ヤマハ YAMAHA RMX VD FAIRWAYWOOD
このクラブを試打しながら、テーラーメイドのFWをすごく意識して作られたんだろうな・・・。と思いました。

それくらい、球を打っていて共通する部分が多かったからです。

見た目以上にあがりやすくて、スピンが抑えられ高弾道&強弾道。

そして打感や音もいい・・・。というヤマハのブランドイメージに合う高いフィーリング性能。

まさにいいとこ取りのフェアウェイウッドです。



ヤマハ YAMAHA RMX VD FAIRWAYWOOD
ネックといえば、先ほども書きましたが、やはり値段でしょうか?

チタンということで、高額になっています。

ドライバーでは『普通』といえる値段ですが、FWに5万円以上出すのは抵抗感がある・・・。という方も少なからずいらっしゃるかもしれません。

距離の稼げるFWなので、スプーンはブラッシーくらいに。

そして、このクリークはバフィかスプーンの代わりを充分役目を果たしてくれるので、コスパが悪いとは思いませんでした。

しばらくヤマハのクラブに出会えていなかったのは、このクラブの研究開発に時間が掛かったのは想像に難くありません。



ヤマハ YAMAHA RMX VD FAIRWAYWOOD
カッコ良さ・飛距離やあがりやすさ、そして安定性などの物理的性能。

そして打感や音といったフィーリング性能も高く、バランスのとれたフェアウェイウッドです。

私的には、もう少し『つかまえ顔』が抑えられていると、さらに好感度があがったと思いますが、それは私がこれまでチーピンにさんざん悩まされてきた過去があるからであり、むしろこれくらいのつかまりの良さが多くの方から支持されるのではないでしょうか?


構えやすさ・・・☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました
                         
        
                         
      
2020年11月24日
  

ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー

                 



ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブヤマハ インプレス UD+2 ドライバー です。



Air Speeder for Yamaha M421d
シャフトは Fujikura Air Speeder for Yamaha M421d です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはSR、シャフト重量は48g、バランスはD4、キックポイントは中調子、クラブ総重量は279g です。



正面
ヤマハインプレスUD+2シリーズの新しいドライバーです。

ヤマハらしく、とても美しくて高級感があります。

『質感がいい』ということも、ヤマハクラブの特徴です。



側面
UD+2シリーズらしく、かなり大きく見えます。

ヘッド体積の上限は460ccですが、シャローにすることで、これだけ大きくできるということを再確認しました。

シャロー感が強く、いわゆる『円盤型』のドライバーです。



UD+2
ヒール側には『UD+2』という表示がされています。

たしか『2番手上の飛距離』という意味だったと思うのですが、ドライバーの2番手上って、何だろう?と思いました。



ネック長さ
ネックは短く、これ以上無いというほどシンプルです。

かなり『頭でっかち』に見えます。

ネックに調整システムは搭載されていません。



ソールの工夫
ソールのフェース寄りにある、この工夫にはどのような意味があるのでしょうか?

最近は溝であることが多いですが、これはまた新たな技術かもしれません。



ウェイト
ヒール側にはウェイトがひとつだけ配置されています。

ヘッドの大きさの割には、ウェイトは大きくありません。



ヤマハマーク
トゥにある、ヤマハのマークがよく目立っています。

このマークは世界で認識されていて、それくらいヤマハは世界的な楽器メーカーです。

しかし、ゴルフブランド専用のマークがあってもいいのかな・・・。と、いつも思っています。

ピアノは海外メーカーが多いですが日本のメーカーも優秀で、私はヤマハと河合楽器のピアノが世界最高だと思っています。

私は小さい頃、ピアノを少しだけ習ったことがあり、どうも性に合わなくてすぐに辞めてしまったのですが、もしピアノが弾けたらどんなに素晴らしいことかと後悔しています。

ショパンの英雄ポロネーズや、リストのラ・カンパネラ、リチャードクレイダーマンのレディーディーが弾ければ、どんなに幸せなことか・・・。

ピアニストの方が羨ましいです。

その教室にあったのが、YAMAHAとKAWAIピアノで、上手く弾くことができなくても、その鍵盤が紡ぎ出す心地よい音に、いつも耳を傾けていました。

ピアノを弾くことは性に合わなかったのですが、ギターは多少たしなんでいて、ヤマハの黒いストラトタイプのギターを一本所有していました。

ネック部分がとても握りやすく、指板とフレットが、かなり凹むまで、弾き込みました。



超シャローヘッド
超シャローヘッドです。

これはもうお馴染みで、かなり『後ろ』が長く見えます。



顔
独特な顔です。

正直、好みではありませんでしたが、これだけの大きさやシャローにするには、理にかなった顔なのだと思います。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは好感が持てます。

以前アイアンを試打したときにも経験しました。

ソフトさとしっかり感の共存したグリップです。



振り感
素振りをしてみると、かなり軽くてシャフトの動きも大きいので、タイミング重視でコンパクトに振っていくことを心掛けました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、あまりいい感じはしませんでした。

しかし、これはあくまでも私の好みによるもので、このドライバーの構え感が良くないということではありません。

フェースが左を向いているように見えましたし、オフセットに見える工夫も要らないな・・・。と思いました。

クラウンにも、ソールと同じように□の凹みがあります。

やはり、これは何か意味があるのだろうと思いました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は少し堅い感じがしましたが、特に問題はありません。

好感が持てる打感です。



打球音
音も好感が持てました。

やや乾いた感じの音で、心地よく打っていくことができました。



トゥ側
球はあがりやすくて、かなり打ち出しが高いです。

ロフト(10.5度)もあると思いますが、ドロップした球が打てないと感じるほど、自然にあげてくれます。

こういったところは、シャロー系ドライバーの特徴といっていいかもしれません。

後ろ(ヘッド後方)が重いドライバーの特徴で、スイング中、常に上を向くような感じです。

それを嫌って、少し上から打とうとすると、逆にスピンが増えそうに感じました。



バックフェース
『安定性』は高く、オートマチックなドライバーです。

スイートエリアも、かなり広いのではないでしょうか?

フェース面のほぼ80%以上は『曲がらないエリア』と感じるくらいの大らかさがありました。

私がフッカーだからかもしれませんが、球のつかまりが良くて、少しドローめな球が出やすいです。

ただ、このドライバーの場合は『ヘッドを操作する』というよりも、『シャフトを操作する』といったほうがいいくらい、シャフトに気を遣いました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、このスペックのドライバーとしては、高いレベルにあると思います。

叩きにいかないほうがいいドライバーです。

少しパンチが入ると、途端にスピンが増して高~くあがって、急速に落ちる感じがしました。

フェースの弾きがすごくいいので、高反発モデルなのかと店員さんに尋ねたのですが、ルール適合モデルだということでした。

最近は高反発と思わせるような弾きの良い適合モデルが多くなりました。

弾きはいいですが、反発係数の上限が定められているので、もうとっくに限界値までいっていると思うのですが・・・。



操作性
『操作性』という点では、このようなタイプなので、あまりいいとは思いませんでした。

『直進性』『曲がりにくさ』のほうが、どうしても勝ってしまいます。

球のつかまりがいいので、フェードヒッターの方には、特に合いやすいかもしれませんが、つかまり過ぎる感じもしないので、ドローヒッターの方に難しいというタイプでもありません。



試打後の感想


ヒール側
ヤマハらしく、美しいデザインが目を引き、新たな技術が加わっていました。



YAMAHA inpres UD+2 DRIVER
ヘッド全体の質感も良く、さすがヤマハだな・・・。と思いました。



YAMAHA inpres UD+2 DRIVER
フェースの弾きがいいので、少し振ってみたくなったのですが、抑え気味のほうがいい球が出ました。



YAMAHA inpres UD+2 DRIVER
見た目通りの性能で、かなりターゲットを絞っているのが解りました。



YAMAHA inpres UD+2 DRIVER
HS40以下の方で、この顔を好まれる方であれば、かなり相性がいいのではないでしょうか?


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ヤマハゴルフ
                         
        
                         
      
2020年11月02日
  

ヤマハ インプレス UD+2 アイアン

                 



ヤマハ インプレス UD+2 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
ヤマハ インプレス UD+2 アイアン の7番 です。



Air Speeder for Yamaha M421i
シャフトは Fujikura Air Speeder です。

ロフトは25度、クラブ長さは38インチ、シャフトフレックスはSR、シャフト重量は49g、バランスはC9、キックポイントは中調子、クラブ総重量は352g です。



正面
ヤマハインプレスの新しいアイアンです。

ヤマハも毎年NEWモデルを発表してくれますが、ずいぶん久しぶりな感じがします。

ヤマハは惚れ惚れするような美しいアイアンもあれば、このように極限まで機能性を高めたモデルも発表していて、幅広い層から人気があります。

軟鉄の質感は無く、おそらくステンレスだと思うのですが、ヤマハらしくとても綺麗に仕上がっていて高級感があります。

チープさは全く見られません。

軟鉄の質感が苦手で、ステンレスの質感が好きだという方には、とても魅力的に見えるのではないでしょうか?

私はヤマハのクラブは美しくなければならないと勝手に思っているのですが、このアイアンも美しく仕上がっているので好感が持てます。

どのような形状のクラブが出てもいいですが、ブランドイメージだけは絶対に崩して欲しくありません。



側面
大きいというよりは『巨大』という言葉がふさわしいアイアンです。

前のモデルも大きかった印象がありますが、今回はさらに大きくなったような気がします。

機会があれば、見比べてみたいです。



彫りの深さ

彫りの深さ
彫りの深さもたっぷりあります。

おそらく、今出回っているアイアンの中でも最大級ではないでしょうか?

これに匹敵するアイアンといえば、プロギアのeggくらいかもしれません。

重心の深さにもこだわっているようです。



トップライン
トップラインは、やや厚めではありますが、このヘッドの巨大さからいったら標準といえるような気もします。

厚みがありますが、丸みが強調されていないのがいいです。



ソール幅
かなりソール幅が広いです。

こうして見ると、普通のアイアンというよりは、完全に『ユーティリティアイアン』といえます。

これだけソールが広いと、ダウンブローのイメージは湧かず、ソールを滑らせるほうが自然な感じがします。



ERIC OFF
ソールのポケットの部分には『ERIC OFF』の文字があり、前にも見たことがあります。

どういう意味なのでしょうか?



ソールの凹み
そのヒール側には3つの凹みがありますが、これも少し気になりました。

おそらく大きな意味は無いと思うのですが、わざわざこのような工夫がされているということは、それだけの理由があるのかもしれません。

実際に球を打つ前にクラブを見て、このように色々と想像力を働かせるのも試打する楽しみのひとつです。



ソール形状
ソール形状は丸いというよりは、かなり平らに近い形状です。

リーディングエッジが少し削られています。

抜けも結構良さそうですし、ソールを丸くして『接地面積』を小さくして滑らせるのではなく、ソール全体で均一に滑らせるようなイメージです。

マニュアルタイプのアイアンだと、色々な遊び方(使い方)ができるのが大きなメリットですが、このような『大船タイプ』といいますか、オートマチックタイプは一通りの打ち方しかできないようです。

応用は利かなさそうですが、その一通りの打ち方を高確率で出来るように作られているように見えます。

小回りが利くタイプを選ぶか、それとも小回りは利きにくいがひたすら真っ直ぐに運んでいけるタイプを選ぶかは、プレイヤーの好みによるところが大きいのではないでしょうか?



ネック長さ
ネックは短めではありますが、今のアイアンの中では標準といっていいようです。

ヘッドが大きいので、かなり『頭でっかち』に見えます。

こうして見てもグースが利いているのが分かりますが、それほどきつくはありません。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは無く、ごく普通のフェース面です。

このような質感のフェース面は、これまでもよく目にしてきました。



スコアラインの下二本が白
スコアラインの下二本が白です。

下一本は白というのはよく見ますが、二本というのは少ないです。

それだけ、ターゲット方向に向きやすくなるようにこだわって作られているのでしょうか?

私はスコアラインの白は要りませんが、このような工夫があったほうがいいという方もたくさんいらっしゃると思います。



オリジナルグリップ
装着されているグリップはソフトさとしっかり感の両方が味わえるタイプです。

このグリップは以前も目にしてきました。

シンプルさの中にも、色々な工夫がされているようです。

バックラインがありました。

私は無いほうが好きですが、スコアラインの白といい、グリップのバックラインといい、かなり構え方を限定しているようです。



振り感
素振りをしてみても、なかなかイメージが湧いてこないのですが、何とかタイミングだけでも合わせるように心掛けました。

こういったときは片手素振り(右打ち・左打ち)が有効で何度か繰り返し、ややコンパクトに振っていくようにしました。



構え感
ボールを前にして構えた感じは、予想していたよりもいいです。

ラージサイズではありますが、グースもキツすぎず、苦手意識は芽生えません。

トップラインの厚みが目立ちましたが、このようなタイプでは普通ですし、それほど気になりません。

いつも使い慣れているタイプのアイアンとは『全くの別物』だと思っていますが、遠くかけ離れた感じはしませんでした。

このようなラージサイズの『ユーティリティっぽい』アイアンの中では、かなり構えやすいです。

実際に見比べたわけではないので、はっきりとしたことはいえませんが、おそらく前に試打したモデルよりは、こちらのほうがいい顔をしていると思います。

このようなタイプは大顔ということもありますし、『フェース高』が低くてシャロー感がはっきりしたものが多いのですが、このアイアンは少しフェース高があって、弾道の強さをイメージさせてくれます。

トップラインが真っ直ぐではなく丸みを帯びているのでグースがきつくないものの、包み込むイメージを出しやすいという方も多いのではないでしょうか?

今回は、かなり顔にもこだわったような気がします。



試打を開始しました


YAMAHA inpres UD+2 IRON
最初の2球ほど、ダフってしまいました。

ダウンブローでやや薄めに拾って、そこから潰していく感じ・・・。というのではなく、最初から滑らせる感じでいいと思ったのですが、それでもダフりが強めに出てしまいました。

これはクラブのせいではなく、完全に私の未熟さによるものです。

軽量感とイメージの薄さが要因のような気もしたのですが、いったん打席を外し、もう一度素振りを繰り返してタイミングを整えることにしました。

どうも私は軽量級のクラブだとミスが出やすくなってしまい、これはなかなか治りません。

いくら練習しても、課題が無くなることは決して無くならないのが、ゴルフの奥深いところでもあり、楽しいところでもあります。

気持ちを落ち着かせて、再び試打を開始しました。



フェース面
『打感』は馴染めませんでした。

薄い打感で、バチーンと弾く感じです。

打感から伝わってくる情報量も少なく、なかなか感覚が合いません。

しかし、このような打感は想定済みでしたし、驚くようなこともありませんでした。

フィーリングを度外視して作られているのかもしれません。

でも、この打感はいわゆる『ユーティリティアイアン』だけではなく、ノーマルタイプのディスタンス系アイアンでも経験してきました。

『球の乗り』や『くっつき感』ではなく、ひたすら『弾き』を重視しているのではないでしょうか?

この打感が好きだという方もたくさんいらっしゃると思いますが、正直私は好みません。



トゥ側
球はすごくあがりやすいです。

浮きやすいということもあるのですが、最高到達点がとても高く、『大きな山』のようです。

このようなタイプのアイアンだと、球はあがりやすくても『山の高さ』は少し抑えられているものが多かったように思うのですが、このアイアンはその山の高さもしっかり出せます。

構えたときにイメージした高さと、実際の弾道が完全に合っていません。

この合わないところに、今のハイテクがあるような気もします。

感覚的なことよりも、より機械的に(オートマチック的に)球を打つ(運ぶ)機能を重視して作られているのではないでしょうか?

かなりゆっくりめで打ってみたのですが、それでもボールは高~くあがっていきました。

こんなにゆっくり振っているのに、これだけの高さを出してくれているのは見事だな・・・。と思いました。



バックフェース
『安定性』はかなり高く、今のイージー系アイアンの中でも、トップクラスといって間違いないと思います。

スイートエリアが、かなり広めで『曲げにくい』アイアンです。

『大船の中の大船』といったらいいでしょうか?

キング・オブ・オートマチックといっていいかもしれません。

フェースターンやフォローのことを考えず、極端にいえば、フェースをボールにぶつける感じでストレートに近い球が打てるアイアンです。

同じストレート系の球筋でも、『弓で射るような』球筋もあれば、『ミサイルの発射台から放たれるような』球筋もあります。

このアイアンの場合は完全に後者でした。



飛距離性能
『飛距離性能』はかなり高いです。

これまでのモデルもそうですが、この飛距離性能の高さが最大のウリといっても過言ではありません。

私の感覚では完全に『5番アイアン』ではなく、その先の『4番アイアン』といった感じです。

その4番アイアンの飛距離をすごく易しく高確率で打たせてくれるアイアンです。

ゆっくりめのHSでも充分あげてくれますし、飛距離も稼げます。

球のあがりやすさ・弾きの良さ・直進性の高さが、この飛距離を生んでいるのでしょうか?

前のモデルも凄い飛びだな・・・。と思いましたが、今回のモデルもかなり『エグい』です。

ドライバーのように飛距離を求めるクラブは『落ち際の緩やかさ』といいますか、緩めの落下角度が求められ、逆に距離感を大切にしたいアイアンは早く落ちて欲しいといいますか、必要以上に浮いて欲しくないというところがあります。

早く落ちて止まって欲しいということがよくありますが、このアイアンは弾きが強く、球の落ち際がゆっくりなので、ウッド系のような弾道に見えました。

アイアンにもし『飛距離選手権』があるとするならば、このアイアンは間違いなく『メダル候補』といえるのではないでしょうか?

ディスタンス系のアイアンはどうしても『止め』に不安が生じ、せっかくグリーンをとらえても止まってくれるか不安になりますが、これだけの高さがあれば、結構止まってくれるかもしれません。



操作性
『操作性』という点では、秀でていません。

曲げにくく、いい意味で『オートマ性』が邪魔しています。

インテンショナルなショットを打つために作られたアイアンでないことは打つ前から分かっていましたが、実際に曲げようと思っても、なかなか上手くいきませんでした。

ただ、球のつかまりはそれほど極端ではありませんでした。

それは『きつすぎないグース』にあるのかもしれません。

ラージサイズ独特の『ターンの遅さ』といいますか、『プッシュ感』が少し感じられました。

強いグースを好むスライサーの方は少し右に出てしまうかもしれませんが、大きなミスにはつながりにくいような気がします。

このような大顔のアイアンはどうしても『ヘッドをぶつける』というイメージになってしまい、そういったときはミスも出てしまうのですが、このアイアンは『アイアンライク』で構えられたからでしょうか?

大きなミスは出にくいです。

あとは、このアイアンに感覚を合わせていけると、もっと『お近づき』になれそうな気がしました。



試打後の感想


ヒール側
予想していた通り、かなり飛距離性能が高く、高機能なアイアンでした。

さすがはヤマハです。

アイアンのように構えられるようになっているのが大きな魅力です。

これは私の感覚といいますか、好みなのですが、ウッド系のクラブよりも、アイアン系のクラブのほうがラインを出しやすいです。

距離感も合わせやすく、いわゆる『保険』をかけやすいというのもアイアン系クラブの特長です。

このクラブはそのアイアンの構えやすさをもっていたので、そこが前のモデルよりも良かったように思います。

かなり飛んでしまうので、距離感はどうしても合いづらいですが・・・。



YAMAHA inpres UD+2 IRON
ラージサイズで飛距離の出るアイアンを使いたいけど、あの独特のボテッとした顔は苦手だ、アイアンのように構えられるディスタンス系アイアンを使いたいという方にはピッタリといえるのではないでしょうか?

強いグースが苦手な方にも合いやすいと思います。

ヘッドをガツンとボールにぶつけるのではなく、優しく『頬(ボールの横っ面)をなでる感じ』といったらいいでしょうか?

それでボールは高~くあがって飛んでいきます。

『番手感覚』を無くさせるアイアンです。



YAMAHA inpres UD+2 IRON
かなり機能的で、様々なハイテクが搭載されているのは間違いありません。

それでいて、美しさにも気を配っているのが魅力です。

飛ばすことだけに気を取られて、肝心のデザインがもうひとつだったり、質感が良くなくてチープに見えてしまったアイアンもありましたが、このアイアンはとても美しく落ち着いたデザインで高級感があるところがヤマハらしいです。



YAMAHA inpres UD+2 IRON
以前、前のモデルを試打したときに、『UD+2』の意味を店員さんに教えてもらったのですが、『二番手以上の飛び』を意味しているのだということでした。

今日試打してみて、完全に二番手以上で、私の感覚では三番手くらい上の飛距離を感じました。

その三番手上(4番アイアン)の飛距離が、高確率で易しく打てるアイアンです。

アイアンはその高さで、距離感をつかんでいくものですが、今日はそれができませんでした。

構えたときのイメージと、実際の弾道(高さ)が全く合いませんでした。

これからは『新しい高さ感覚』が求められるのかもしれない・・・。と、高い弾道を目で追いながら思いました。



YAMAHA inpres UD+2 IRON
今はアイアンにも飛距離性能が求められている時代だと思います。

なので、このモデルも大ヒットするのではないでしょうか?

これだけひとつの機能(飛距離)にこだわって作られているアイアンは潔いです。

私がアイアンに求めたい機能が、このアイアンには無いので、正直コースで使いたいとは思いませんでしたが、全く違うジャンルのクラブとして大活躍してくれそうです。

多くのゴルファーのニーズに応えた、高い機能性がありながら、構え感を改善するなどの工夫が見られるアイアンです。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ヤマハ ゴルフ
                         
        
                         
      
2020年02月21日
  

ヤマハ RMX 220 ドライバー

                 



ヤマハ RMX 220 ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブヤマハ RMX 220 ドライバー です。



TMX-420D
シャフトは TMX-420D です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は46g、トルクは7.1、バランスはD2、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は290gです。



正面
ヤマハの新しいドライバーです。

ひと目でヤマハと分かるデザインで、美しく個性があるので好感が持てます。

オリジナリティのあるデザインは、その価値を高めます。

RMXが登場してから試打していて、最初は調整機能の印象が強かったのですが、飛距離も魅力的なブランドです。

初期モデルでは不具合があって、回収騒動もありましたが、そのときのメーカーとしての対応が素晴らしかったと私は思います。



側面
ラージサイズで扁平といいますか、かなり平べったくて薄い感じがします。

最近は厚みのあるヘッドも見られるようになりましたが、まだまだこのようなタイプも多く見られます。

クラブの性能が大きく分かれてきているような気がします。



ソールの溝
ソールには二本の赤い溝があります。

これは以前試打したFWにも見られました。

大きさが違うだけで、瓜二つなデザインです。



ネック長さ
ネックは、やや短めですが、今では標準といえるでしょうか?



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されていました。

調整システムというよりは、手軽にシャフトを交換するためのものかもしれませんが、詳しいことは分かりません。



大型シャロー
シャロータイプですが、普通のシャローというよりは、『大型シャロー』といったほうがいいかもしれません。

シャロータイプは珍しくないですが、ここまで大きさを感じたのは久しぶりのような気がします。



オリジナルグリップ
装着されているグリップはシンプルなタイプです。

これまでも出会ってきました。

場所によってパターンが違います。

ソフトさはあまりありませんが、グリップ力は適度にあります。

しかし、これまでの経験上、このタイプはすぐに『使い減り』するタイプで、滑るようになると思います。

もっと『しっとり感』があれば、カバーできるところもありますが、このグリップはそういうタイプではないので、グリップ交換の時期は早いような気がします。

調整システムが搭載されているからでしょうか?

バックラインはありませんでした。

私はバックライン無しが好きなのですが、有りを好まれる方はとても多いと思いますし、そういった点では不満に感じる方がいらっしゃるかもしれません。

『調整システムの弊害』といったら大げさかもしれませんが、プラスがあれば、必ずマイナスもあるということです。



顔
顔を見て、ギョッとしてしまいました。

ラージサイズなのは想定済みでしたが、かなりのフックフェースです。

今はフックフェースのドライバーが多いですが、ここまでのものはなかなか見られません。

昔試打した、テーラーメイドのバーナードローというドライバーを思い出しました。

このフックフェースは今では珍しいですし、しかもヤマハから発売されているのが意外でなりません。

しかし、こういう形へのニーズもあるのだと思いますし、ヘッドを大きくすれば、こうしないとつかまりきらないというメーカーの『ファイナルアンサー』なのでしょうか?

ウェイトを増やしたり移動させたりするだけでは解決できず、フェースアングルを『いじる』しか、解決法はないのかもしれません。

大きくすることへの弊害といっていいような気もしますが、人によって『大きさの基準』や『フェースの向きの基準』も違ってくるので、これくらいがちょうどいいという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

『ニュートラル』というのは、言い換えれば『スクエア』になるのかもしれませんが、それを数値で表すとすると、必ずしも万人が『90度』ではないと思います。

人間には数値では表しきれない感覚というものがあり、経験を積んで磨かれるということがあるからです。

フェースアングルも極端ですし、ヘッド後方の伸びもスゴいです。

一時期はよく見られましたが、今では珍しいです。

私はポカンと口を開けてしまいました。

気持ちの整理がつかず、ずっと「意外だ」ということばかりが脳裏をよぎっていました。

かなりのラージサイズですが、これがもし白や黄色だったら、もっと大きく見えたと思います。



YAMAHA RMX 220 DRIVER 振り感
素振りをしてみると軽量感があって、シャフトも大きく動きますが、これくらいが今の『軽量スタンダードスペック』といえるのかもしれません。

290gということですが、もう少し軽く感じました。

振りにいっちゃうとヘッドの挙動が安定せず、コントロールしきれない感じがしたので、今日は振らずに合わせていくしかないように感じました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、やはり苦手意識ばかりが先行してしまいます。

ボールが左へ行くイメージしか湧いてこないですし、『左回りのぐるぐる』といったら伝わるでしょうか?

トンボをつかまえるときに目の前で指をグルグル回す感じで、目が回ってしまいそうです。


トンボ
余談ですが、トンボの前で指をグルグル回してもトンボは捕まえられないと思っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、結論からいいますと捕まえられます。

しかも、かなり簡単に捕まえられます。

最近はトンボを見なくなりましたが、私は子供の頃、夏はよくセミやトンボ・カブトムシなどを捕まえに行っていて、トンボが止まっている目の前で指を回すとトンボは指の動きに合わせて頭をくるくる回します。

その瞬間につかまえるのですが、これが意外なほど簡単です。

トンボが実際に目を回しているとは思えず、指の動きを注視するあまり警戒心は薄れてしまうのではないかと思うのですが、私はこのドライバーの顔を見て、左回りに目が回りそうな感覚がありました。

久しぶりに強い苦手意識が芽生えました。

スライサーの方には心強い構え感かもしれませんが、フッカーで、これまでたくさんチーピンを打ってきて苦い経験をしている私にはどうしても馴染めない構え感でした。

『ヤマハ顔』ではなくて、『未知の顔』といったほうが近いです。

頭の中がモヤモヤして、呼吸が浅くなりました。

「難しいクラブだな・・・。」と思いました。

どういうことかといいますと、『イメージできない』ということです。

打つ前に、いいイメージが出せないクラブというのは、どのように球が飛び出していくかも分からず、『行き当たりばったり』になってしまい、確実性が落ちるので、ミスショットの確率が高まってしまいます。

正直、いいショットを打つ自信は全くありませんでした。

苦手意識が芽生えましたが、こうして出会うことができたのも何かの縁なので、試打を続行することにしました。

ただ、このままだとおそらく左へ巻いてしまうと思ったので、オープンスタンス気味でカット目に打っていくことにしました。



試打を開始しました


打感
『打感』は適度にしっかりとして芯がありながらも、決して硬くなく心地よい感じで好感が持てました。

フェースに乗る感じはなく、かなり球離れが速いです。

まったり感ではなく、弾き感があります。



YAMAHA RMX 220 DRIVER
『音』も、いい感じです。

はっきりした音ですが、大きすぎず高すぎず、インパクトの邪魔をしません。

気持ちよく振らせてくれる音です。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は、まずまずです。

これまでの経験から、9.5度ではあっても、かなり球が浮いちゃうんじゃないか?と思っていたのですが結構抑えられていて、いい意味で意外でした。

ラージサイズのシャローヘッドで、かなりの『大船タイプ』ですが、かなり低スピン性能が高いです。

これまでだと、高~く吹き上がって急に失速していく・・・。という感じが多かったのですが、このドライバーは違います。

結構ライナー系に近い感じで、強く飛んでいきました。

スピンが少なすぎてタフだとは思いませんが、ヘッドの印象以上にしっかりしていて、ギャップがありました。

ただ装着されているシャフトとの相性はちょっと微妙でした。



バックフェース
『安定性』は、かなり高いです。

ヘッドがかなり大きく見えましたし、見た目通りの『大船感』『寛容さ』をもっています。

自分では、「あっ、打ち損じてしまった、少しコスった・・・。と思っても、ボールはほぼ真っ直ぐ飛んでいきました。

イメージにはない直進性があって、打っていて不思議な感覚でした。

オープンスタンスでカット目に打っていったからでしょうか?

左へ引っかけることもなく、真っ直ぐかややフェード気味の球も出ました。

これだけフェースが被っているのに、右に逃がしていけるのは、やはりそれだけ重心距離が長いのと、インパクトの時に『逃がしやすい』ようになっているのかな?と思いました。

ただ、おそらく私が普段通りに打っていけば、フック系がでるだろうな・・・。と思いました。

完全なる『オートマチックタイプ』で、打ち出し方向さえ間違わなければ、そこから大きく曲がりにくいので、実戦でも大きなミスにはなりづらいような気がします。



飛距離性能
『飛距離性能』はかなり高く、これも意外でした。

フェースがよく弾いてくれていて、初速も出ています。

オートマ系でありながら、完全な『高速系』ドライバーです。

『スピード系』といっていいかもしれません。

初速が出ていながら、先ほども書きましたが、低スピン性能が高くて吹き上がることなく、力強く飛んでいきました。

ラージサイズで軽量感もありますが、この顔が気にならないというのであれば、ヒッタータイプの方にも充分使っていけるのではないでしょうか?

290gという重さに対して、人それぞれ感じ方はあると思いますが、私は300gを切ると軽量系というようにしていて、実際このドライバーは280g台に感じるほど軽く感じたのですが、軽量級としてはかなりポテンシャルが高く、高い飛距離性能をもっています。

ボクシングは体重によって階級が分けられていますが、ボクシングでいえば、ライト級かフェザー級のチャンピオンクラスといったところでしょうか?

外見からは分かりませんが、おそらくかなりの工夫はされているような気がします。

これまでの『顔の良さ』を捨てた何かがあるのかもしれません。



操作性
『操作性』という点では、得意なドライバーではないと思います。

構えたときのイメージもそうですし、実際に打ってみても、大らかすぎて曲げることは難しく感じました。

シャフトには『押していける』タイプと、逆に『押されてしまう』タイプがあって、このドライバーに装着されているシャフトは後者な感じで、マイナスに感じるところもありますが、だからこそ逃がしていけるのかな?と思いました。

大きく右に曲げるのは難しいですが、かなりカット目に打って、少しだけ右に曲げることはできました。

フック系も打てたのですが、コースで使えそうな球は打てませんでした。

これはこのドライバーがどうこうではなく、単純に私の技量不足です。

私のようにフェースローテーションを多く使っていくタイプには合いづらいドライバーなのは間違いありません。

フェースを回さないイメージのほうが、合いやすいドライバーだと思います。

ラージサイズでスライサーがちょうどいい角度になるように、重心角や重心深度など計算され尽くしているのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
これまでのイージー系で、ポテンシャルがもうひとつのドライバーなのかな?と、打つ前は思っていたのですが、そうではありませんでした。

イージー系なのは間違いないですが、持っているポテンシャルはとても高いです。

フェースの弾きがいいですし、球のつかまりも良くて、その相乗効果が期待できます。



YAMAHA RMX 220 DRIVER
顔の好みもそうですし、シャフトがRということで、グラつく感じがして、叩きにいけなかったのですが、違うシャフトだと、また面白い結果がでたのではないかと思います。

球の弾きが良くて初速が出ているのが印象に残りました。

そして、意外なほど弾道が抑えられていて、効率のいい飛びも、このドライバーの特長です。

顔は明らかに好みではありませんが、打感や音・飛距離は好感が持てました。

私は『ヤマハハンサム』ということを、これまで感じていたのですが、これからのヤマハは違う顔でも勝負していくのでしょうか?



YAMAHA RMX 220 DRIVER
私は昔からヤマハのクラブが大好きで、『惚れた』クラブがたくさんあります。

ドライバーやFW・UT・アイアン・ウェッジ。

どれも魅力的です。

しかし今回は凄いドライバーだな・・・。と思いましたが、もう試打することは無いですし、違うモデルに心が動いています。

私には魅力的ではないのですが、それはこのドライバーが劣っているということではなく、あくまでも私の好みから外れていると言うことに過ぎません。

軽量タイプで、ここまで仕上げてくるのはさすがヤマハだなと思いました。


構えやすさ・・・☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



                         
        
                         
      
2019年12月18日
  

ヤマハ RMX 120 アイアン

                 



ヤマハ RMX 120 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブヤマハ RMX 120 アイアン の7番です。


写真を撮り忘れてしまったのですが、
シャフトは N.S.PRO RMX 95 です。

ロフトは31度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は98g、バランスはD1、キックポイントは中調子、クラブ総重量は417gです。



正面
YAMAHAのポケキャビです。

ヤマハはクラブのバリエーションが豊富で、色々なタイプが揃っています。

マッスルバックやハーフキャビティのイメージが強いですが、このようなポケキャビタイプも充実していて、選択の幅が広がるところがいいです。

先日、220というアイアンを試打したのですが、また違った雰囲気があります。



独特なソール形状
まずは、この独特なソール(トゥ寄りの)形状に目が行きました。

なかなか見ない形状で、珍しいです。

ヤマハのアイアンらしくない感じもしますが、これにもきっと理由があるのだと思います。



側面
オーソドックスな感じのポケキャビです。

色々な工夫がされているようですが、特に変わったところはなく、比較的シンプルです。

質感がとてもいいです。

柔らかそうな雰囲気があります。

ヤマハのアイアンには、この何とも言えない雰囲気があるので親近感がもてます。



彫りの深さ
彫りの深さはたっぷりありますが、バックフェースがボテッと膨れていないのがいいです。

これならば構えたときにも邪魔にならないだろうな・・・。と思いました。

こうして見ていると、普通のフルキャビティに少しポケットを足したようにも見えます。

私はアイアンにポケット構造を求めていませんが、今はポケキャビへのニーズが高まり、ポケットがないと買わないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それくらい、今はポケキャビをたくさん見かけるようになりました。



トップライン
トップラインは少し厚めですが、これくらいであれば気にならないような気がします。

このようなタイプ(ポケキャビ)のアイアンであれば、これくらいの幅が標準といえるのかもしれません。



ソール幅
ソール幅は少し広めですが、今はこれくらいが標準的です。

もっと広いソールも見かけますが、このアイアンは適正な幅で収まっています。

こうして見るまでは、もっとワイドなソールを予想していましたが違いました。

この広すぎないソールを見て、ヤマハらしい感じがします。

ヤマハは『感覚』を大切にしているメーカーだと、昔から思っているからです。



ソール形状
ソール全体の形状としては、微妙に丸みがあって滑りやすそうです。

平らなタイプでもなければ、丸みが強調されているタイプでもありません。



リーディングエッジ
リーディングエッジも微妙に削られていて、抜けが良さそうです。

芝に『刺さる』イメージは湧いてきません。

トレーリングエッジも適度な丸みがありました。



ネック長さ
ネックの長さも適度にあります。

これまで、このようなタイプのアイアンは、もっとネックは短くて太いものが多く、『頭でっかち』タイプが多かったのですが、このニューアイアンは違いました。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは見られませんでした。

これまで通り、ノーマルなフェース面です。

指で触れてみると、少しザラザラした感じがしました。

ヤマハのアイアンは未だにミーリングのイメージがあるのですが、もうやめてしまったのでしょうか?

これからの新しいミーリングに期待したいです。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、よく見られるタイプです。

グリップにも流行のようなものがあるのでしょうか?

最近よく見かけます。

私はアイアンとウェッジのグリップはツアーベルベット一択なのですが、今はグリップの種類も豊富になりました。

このグリップはツアーベルベットのような『しっとり感』はないですが、大きな不満はありません。

ある程度使っていると、つるつると滑ってくるのが早いだろうな・・・。と思いました。



振り感
素振りをしてみると、なかなかいい感じです。

やや軽量タイプではありますが、頼りなさはなく、タイミングも取りやすいです。

今はアイアンにもカーボンシャフトを装着される方が増えてきましたが、スチールもまだまだ健在です。

N.S.PROのように高品質で高精度なシャフトを使い続けることによって、感性が磨かれることもあるのではないでしょうか?



構え感
ボールを前にして構えた感じは、まずまずでした。

好みの顔ではなかったのですが、構えづらいということはなかったですし、苦手意識も芽生えません。

少し大顔に見えましたが、大きすぎないのがいいです。

グースが抑えられているので、強いグースが苦手な私は安心感をもって構えることができました。

気持ちが盛り上がってきて、グッと集中していく・・・。というよりは、ややドライで淡々とした感じで見つめていました。

こういうアイアンも『アリ』だな・・・。という感じで構えていました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は不満が残りました。

一球目を打って、

あれっ変な打感だな、おかしいぞ・・・。ミスヒットしちゃったのかな・・・。と思い、打ち直してみたのですが、やはり同じような打感が続きました。

打つ前はもっとソフトな打感を予想していたのですが、全く違いました。

『ゴツン』という感じの、馴染めない打感です。

手にちょっと衝撃が残ってしまいました。

全体的な質感がとても良く、打感も期待していましたが違いました。

私が元々大好きで、フィーリングにおいても信頼を寄せているヤマハということで、最初から期待値が高すぎたのかもしれません。

しかし、それを差し引いたとしても、この打感は馴染めなく、一気にふくらみかけた風船がしぼんでいきました。

期待していただけに、残念です。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。

重心も低そうで、タフなアイアンではありません。

『横からはらう』打ち方が最適なアイアンだと思います。

ソールが広すぎたり、グースがキツすぎたりすると、私はダフってしまうこともあるのですが、今日は最初からきっちりとヘッドを入れていくことができました。

重心の低いアイアンの長所といっていいと思います。

少し薄めでヒットしても、しっかりとあげてくれるところがいいです。



バックフェース
『安定性』は高く、完全なオートマチックタイプのアイアンです。

少々の打点のブレにも強く、乱れる感じがしません。

慣性モーメントの大きいアイアンならではの長所が強く感じられます。

シビアさは全くないので、親しみやすいという方も多いのではないでしょうか?



飛距離性能
『飛距離性能』も高く、完全なる『番手ずらし』のアイアンですが、今のイージー系アイアンはこれくらいが普通なので、そういった意味では驚くこともないですし、特別飛ぶという感じはしません。

ディスタンス系アイアンによくある、『弾き感』のある打感です。

球がしっかりと乗って、『くっつき感』を味わいながら運ぶタイプのアイアンではなく、『瞬時に』離れていって、ゴルファーの干渉を嫌うタイプ・・・。といったらいいでしょうか?

私には物足りない感じがしますが、これが今のニーズなのでしょうか?

『ゴツイ』感じの打感ですが、弾道もゴツイということはなく、普通でした。

キャリーもしっかり稼げますし、易しく飛ばしていけるアイアンです。



操作性
『操作性』という点では、どちらかというと『安定性』が勝ってしまい、あまり大きくは曲げられなかったのですが、左右に曲げることもできました。

構えたときに『クセ』が大きくなかったのが良かったと思いますし、軽量ではありますが、挿してあるシャフトもしっかりと応えてくれたのが良かったと思います。

『オートマ性』が強く、ほぼ中立に感じられましたが、どちらかといえば、フェード系に合いやすいアイアンのように感じました。

安定性が高く大らかでありながら、球がつかまり過ぎないところがいいです。



試打後の感想


ヒール側
ヤマハらしく、美しいアイアンだな・・・。と、打つ前は思っていました。

私は今のところ、ポケキャビを購入する予定は無いのですが、もし購入することになれば、ヤマハも候補のひとつにあげていました。



YAMAHA RMX 120 アイアン
しかし今回試打した、このアイアンは正直、あまり好きになれませんでした。

先ほども書きましたが、打感が物足りないです。

アイアンに欲しいフィーリングではありません。

何故だろう?大きくミスヒットしたのかな?と思い、フェース面を見てみたのですが、ほぼ中央に集まっていました。



YAMAHA RMX 120 アイアン
他のメーカーも含め、今は数え切れないほどたくさんのアイアンがあるので、それらの中でも大きく劣るフィーリングではないのですが、物足りなさ・不満だけが残ってしまいました。

私のヤマハに対する要求が最初から高すぎるのかもしれません。

ヤマハの打感はこうでないといけない・・・。と決めつけすぎているのかな・・・。と思いましたが、それを差し引いても不満だけが残りました。

ヤマハのアイアンを試打していると、『後ろ髪を引かれる思い』で練習場を後にすることが多いのですが、今日は予定の球数と時間できっちりと試打を終えました。



YAMAHA RMX 120 アイアン
しかし、見た目といいますか、質感はとてもいいです。

さすがヤマハといったところです。

ポケットタイプにすると、全体の形や雰囲気などが崩れてしまっているアイアンもありますが、このアイアンはそういったところがないのがすごくいいです。

打つ前に、目で楽しむことはできました。



YAMAHA RMX 120 アイアン
打感以外の項目では、平均点以上のものを感じました。

私はこのアイアンの打感に物足りなさを強く感じましたが、しかしこれはあくまでも私の好みによるものなので、このアイアンの打感が好きだという方もたくさんいらっしゃると思います。

メーカーもあえて、この打感で勝負しているのは間違いないです。

これが最新の『アイアンフィーリング』なのでしょうか?

今の『トレンド』なのかもしれません。

もしそうだったとしたら、私は最新を求めないですし、『クラシック』でいきたいと思います。



YAMAHA RMX 120 アイアン
ヤマハのアイアンは昔から馴染みがありますし、ヤマハファンでもある私は、ちょっと馴染めない部分はありましたが、これからもヤマハには期待していきたいです。



構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                         
        
                         
      
2019年11月27日
  

ヤマハ RMX 220 アイアン

                 
ヤマハ RMX 220 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブヤマハ RMX 220 アイアン の7番です。



N.S.PRO RMX 95
シャフトは N.S.PRO RMX 95 です。

ロフトは29度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は98g、バランスはD1、キックポイントは中調子、クラブ総重量は406gです。



正面
ヤマハの美しいポケキャビです。

ヤマハのアイアンはフォージドタイプもあれば、このように機能的なタイプのアイアンもあって、その住み分けがしっかりできています。

それぞれクラブの性能などが違いますが、共通していえるのは『見た目が良い』ということです。

美しいクラブが多いです。

打つ前に、まず目で楽しませてくれます。

今日手にしたアイアンも、そんなタイプです。



側面
やや大型ではありますが、それほど極端ではありません。

セミラージといっていいように思います。

見慣れたポケキャビではありますが、すごく丁寧に造られている感じがして、チープさは全く見られません。



トゥ側のパーツ
トゥ側にある、このパーツが目立っていました。

これにはどんな意味があるのでしょうか?

重量調整の為かな?と思いましたが、詳しいことは分かりません。



彫りの深さ
彫りの深さはたっぷりあります。

これまでのモデルと変わらないようです。

何といいますか、この機械的なところに魅力を感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?



トップライン
トップラインは少し厚みがありますが、極端ではありません。



ソール幅
ソール幅はワイドですが、このようなタイプでは普通です。

ワイドソールを好まれる方には、親しみやすいソール幅といえるのではないでしょうか?

アイアンの形状にはあまりこだわらないという方も、ソール幅だけは何故か気になるという方は多いかもしれません。

アイアンの性能における大きな部分を本能的に感じ取っておられるのだと思います。



ソール形状
ソールの形状はフラットというよりは、微妙な丸みがあります。

リーディングエッジもトレーリングエッジも丸みがありますが、極端に大きく削られてはいません。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。

これまでは、こういうタイプのアイアンはショートタイプが多かったように思いますが、このアイアンは適度な長さが維持されています。

太さも極端ではないので、美しいなぁ・・・。と思いながら見ていました。

こうして見ても、グースが利いているのが分かります。

このような大きいタイプのアイアンにグースは必須といえるのかもしれません。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。

光沢感のあるツルツルしたフェース面ではなく、少しザラザラしています。

このフェース面も、これまでたくさん出会ってきました。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、これまで試打したモデルに採用されているものと同じです。

私が好むタイプとはちょっと違うのですが、大きな不満はありません。



振り感
素振りをしてみると、やや軽量感があるものの、頼りない感じはなく、しっかり振っていくことができました。

しっかり振ってタイミングを整えたい私は、いい感じで素振りを繰り返しました。

普段手にしているクラブもそうですが、軽いクラブだからこそ、手だけで振らず、からだ全体で振るよう心がけています。

試打クラブにはカーボンシャフト装着モデルもあったのですが、スチールのほうが私には合いやすいと思い、このアイアンを手にしました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、予想以上にいい顔をしていて構えやすかったので、ちょっと意外でした。

これまでの経験から、もう少しクセのあるタイプだろうと思っていましたが、違いました。

明らかに前のモデルよりも良くなっています。

やや大顔タイプではありますが、違和感や苦手意識なども芽生えませんでした。

何といいますか、気品があります。

グースが利いているタイプではありますが、いい感じでヒール側がギュッと絞り込まれているので、ボテッとした感じがしません。

いつも通り、リラックスして構えることができました。



試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトではなく、ややしっかりとした感じですが、これは最初から予想していました。

心地良い感触が残るということはなかったのですが、大きな不満はありません。

ボールがフェースに乗って、そこからグッと押せるタイプではなく、バーンと強く弾くようなフィーリングです。

いわゆる『球離れ』が速いタイプです。

ドライバーに限らず、アイアンでも球離れの速さが求められる時代になったのかもしれません。

それが飛距離につながっているような気もします。



トゥ側
球はあがりやすくて、イージーです。

見た目通り、かなり親しみやすくなっているアイアンです。

タフさとは全く無縁といっていいように思います。

これだけ重心が低いと、ボールがフェースに触れるだけで自然とあがっていくような感じです。



バックフェース
『安定性』は高く優れています。

シビアさは無く、大らかさをもったアイアンです。

打点がブレてしまう方にも、心強いアイアンといえるのではないでしょうか?



飛距離性能
『飛距離性能』も優れていて、易しく飛ばしていけるハイテクアイアンです。

ロフトが立っている『スタンディングロフト』ということもありますし、フェースの弾きもかなりいいので、それが飛距離に直結しているように思います。

球があがりやすくて、安定性が優れていて、尚且つ飛距離も出る・・・。という、今のニーズにピッタリとマッチしたアイアンです。

ロフトが立っていますが、充分すぎるほど球はよくあがりましたし、キャリーもしっかり稼ぐことができました。

しっかり振って『強いインパクト』で飛ばしていくというのではなく、ゆったりとした感じで『優しいインパクト』でボールを遠くに飛ばせるイメージです。



操作性
『操作性』という点では、まずまずでした。

大らかな性格が勝っていて、あまり細工をするタイプではないと思うのですが、マッスルバックやハーフキャビティのように大きくではないですが、左右にも曲げることができました。

構えやすくて違和感がほとんど無かったからなのかもしれません。

左右どちらかにクセが偏っているというよりは、ほぼ『中立的』な印象をもちました。

ただ、やはりこのようなアイアンは細工をするというよりは、『大らかさ』を活かしていったほうが自然な感じがします。

私はどちらかというと細工をしたいタイプなので、このようなアイアンは少し退屈に感じることもあるのですが、大らかさを求める方には、かなり親近感を持たれやすいのではないでしょうか?



ヒール側
予想していたよりも構えやすかったのが、強く印象に残りました。

これまでのモデルとあまり変わらないだろうと思っていたのですが、違いました。

これはいい意味での『意外』です。



YAMAHA RMX 220 アイアン
打感は『乗っかる』タイプではなく、『弾く』タイプですが、このようなアイアンではそれが当たり前といっていいのかもしれません。

バーンと弾く感じがするのですが、硬すぎないのがいいです。



YAMAHA RMX 220 アイアン
ヤマハらしく、丁寧で美しい仕上がりになっているのがさすがです。

ヤマハのアイアンには昔からいい印象をもっているのですが、それが今でも続いています。

違うメーカーのこのようなタイプのアイアンでは、仕上げが雑であったり、くすんで見えたりすることもあったのですが、このアイアンは違います。

見ていて楽しいですし、所有感を満たしてくれるアイアンです。



YAMAHA RMX 220 アイアン
『易しさ』と『飛距離』も優れているので、今の『トレンド』に充分乗っています。

なので、このようなアイアンのことを『トレンディアイアン』といったらいいでしょうか?

そのようなことを考えながら試打を楽しみました。



YAMAHA RMX 220 アイアン
軟鉄アイアンが好きな私は、このようなアイアンを使うことはないのですが、それでもこのアイアンは好感を持ちました。



YAMAHA RMX 220 アイアン
やっぱりヤマハのアイアンはいいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                         
        
                         
      
2019年09月05日
  

ヤマハ RMX FW

                 
ヤマハ RMX FW
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブヤマハ RMX FW の5番です。



TMX-420F
シャフトは TMX-420F です。

ロフトは17度、クラブ長さは42.5インチ、シャフトフレックスはSR、シャフト重量は50g、バランスはD2、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は313g です。



正面
ヤマハリミックスの新しいフェアウェイウッドです。


ずいぶん久しぶりな感じもしますが、カッコ良さは相変わらずです。



側面
シャロー感の強いFWです。


ゴチャゴチャしたところがなく、シンプルなところが魅力的です。


ヤマハのFWはソール中央が凹んでいる印象があるのですが、このクラブも少し凹んでいるように見えました。


芝の抵抗を減らす効果が期待できるのでしょうか?



ソールの溝
このクラブの特徴は何といっても、このソールにある『線』といいますか『溝』のようなものです。


溝というのは細くて浅い感じもしますが、これにはどのような意味があるのでしょうか?


高性能なヤマハのクラブなので、おそらく大きな意味があるのだと思います。



ヒール側の凹み
ヒール側

トゥ側の凹み
トゥ側

ヒール側とトゥ側に凹みがありましたが、わざわざこのような形状にするということは、それなりの理由があるのかもしれません。



ヤマハマーク
ヒール寄りにある、このヤマハのマークも存在感を示しています。


この位置にあるということで、ウェイトなのかな?と思いましたが、実際のところはどうなのでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さは適度にありました。


最近はシャローでも、ある程度長さのあるものが多くなってきているようです。


シャローだから、必ずしもショートネックということではないのかもしれません。


ネックに調整機能は搭載されていませんでした。


ヤマハのRMXは調整機能ありのイメージもあるのですが、最近のモデルには採用されていないようです。


私は調整機能を重要視していませんが、この機能を求めておられる方もたくさんいらっしゃると思います。


何か理由があるのでしょうか?



綺麗なフェース面
ヤマハらしい、シンプルで綺麗なフェース面です。


フェース面にミーリングなどの工夫がされているFWもありますが、このヤマハのニューモデルはそういうタイプではありません。


シンプルイズベストということでしょうか?



シャローヘッド
かなりのシャローヘッドです。


最近の流れとはいいながら、ヤマハがここまでシャローにするには大きな狙いがあるのだろうと思います。


前のモデルよりもシャロー化が進んでいるようです。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、最近よく見られます。


適度なグリップ力があるのが魅力です。



顔
ヤマハらしい、いい顔をしています。


ヘッド後方が少し伸びていますが、違和感をおぼえるほどではありません。


『ヤマハ顔』といっていいと思います。



振り感
素振りをしてみると、かなりの軽量感と軟らかさを感じたのですが、これまでのモデルでも同じように経験しているので、想定済みでした。


ヘッドは本格派な感じがしますが、スペック的にはかなり親しみやすくなっているようです。



構え感
ボールを前にして構えてみても、さすがの構え感です。


ヤマハらしい『美』と『構えやすさ』の両立ができています。


クセのない顔をしているので方向性への不安はないですし、球がよくあがりそうです。


やや小振りなヘッドですが、この適度な大きさが直打ちでの曖昧さを消してくれているように感じられます。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、とても良いです。


ヤマハのFWなので、この打感の良さは予想していましたが、その通りでした。


これまでのモデルと変わらないような気がします。


フェースに乗るというよりは、弾き感が強いです。



打球音
『音』も小気味よく、いい感じです。


澄んだ感じの金属音です。



トゥ側
球はあがりやすくて、イージーです。


カッコいいクラブですが、ハードルの高さは感じさせません。


クリークということもあると思いますが、打ち出しが高く、しっかりとキャリーを出していけました。



バックフェース
『安定性』も高く、シビアさは感じません。


大味な感じのクラブではないですが、直進性の高さがあります。


ほぼストレートな球を『量産』することができました。


打点のブレにも寛容なのが魅力のひとつです。



飛距離性能
ヤマハRMXは、フェアウェイウッドはもちろん、ドライバーも『飛距離性能』のイメージが強いので、このモデルにも期待していましたが、その期待通りでした。


打ち出しの高さと弾きの良さが印象的です。


直打ちでも充分あげてくれましたし、キャリーが稼げるので、パー5のセカンドで使う場面が多くなりそうです。



操作性
『操作性』という点では、まずまずでした。


左右に曲げることもできましたが、どちらかというと大らかさが勝っている印象をもちました。


セミオートマチックタイプといっていいように思います。



ヒール側
前のモデルから2年の月日が流れましたが、フルモデルチェンジというよりは、マイナーチェンジという印象をもちました。


いいところはしっかりと継承されていますが、それほど大幅な性能アップという印象はもちませんでした。



YAMAHA RMX FW
しかし、それはこのクラブの性能が良くなっていない・・・。というのではなく、あくまでも、これまでのモデルが優れていて、それに少しの『味付け』をしている・・・。という感じです。



ヤマハ リミックス フェアウェイウッド
ヤマハらしいカッコいいクラブですが、ハードルの高さが少し低くなっているのも魅力です。


これまでヤマハのFWはカッコいいな・・・。と思っていても、難しそうと敬遠してこられた方にも、是非試していただきたいと思いました。



YAMAHA RMX FW
調整機能が無いとイヤだ・・・。という方には物足りないかもしれませんが、無くても構わない・・・。という方には、魅力的なFWといえるのではないでしょうか?

                         
        
                         
      
2019年08月27日
  

ヤマハ RMX 020 アイアン

                 
ヤマハ RMX 020 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
ヤマハ RMX 020 アイアン の7番です。



DynamicGold TOUR ISSUE
シャフトは DynamicGold TOUR ISSUE です。

ロフトは34度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはS200、シャフト重量は129g、バランスはD2、キックポイントは手元調子、クラブ総重量は441gです。



正面
久しぶりに出会った、ヤマハの軟鉄アイアンです。


昨年は出会うことができなかったので、物足りなさが残りました。


おそらく、かなりの時間をかけて、目の覚めるようなニューモデルを開発しているのだろう・・・。と期待しながら待っていました。


秋にはニューモデルに出会えるかな・・・。と思っていましたが、まさか8月に出会えるとは思っていませんでした。



020
トゥ側には『020』の文字がありました。


これは2020年モデルということでしょうか?



東京オリンピック
2020年といえば東京オリンピックが開催されますし、東京オリンピックモデルのゴルククラブが発売されてもいいのではないでしょうか?


前回は1964年で、56年ぶりということもありますし、そうする価値は充分あると思います。


数量限定で、ビンテージモデルになるかもしれないですし、発売を計画しているメーカーもあるのではないでしょうか?


前回の東京オリンピックは10月に開催されましたが、来年の東京オリンピックは例年通り7月開幕と決まっています。


今更日程を動かすことはできないと思いますが、もっと涼しくてコンディションのいい時期に開催できないのかと、いつも思います。


真夏の日本の暑さは尋常ではありません。


特にマラソンや競歩など、炎天下の中で行われる競技は大変です。


涼しい早朝に時間をずらしてスタートするということだそうですが、何とか無事に全ての競技が開催され終了できることを祈ります。



側面
ヤマハの軟鉄アイアンらしい、オーソドックスな形状で、大きさも標準的です。


バックフェースのデザインは少し変えてきていますが、全体的に見ても大きな変化は見られません。



彫りの深さ
彫りの深さは標準的です。


深くもなく、浅くもないので、『ノーマルキャビティ』といっていいように思います。


ポケットタイプではないですし、アンダーカットも見られません。



トップライン
トップラインの厚さも標準的です。


この厚さは、これまでのモデルと共通しているように見えます。



ソール幅
ソール幅も標準的ですが、今はワイド化が進んでいるので、そういうことでいうと、やや狭い部類に入ります。


トゥ側が広くなっている、いわゆる『テーパーソール』ではなく、ストレートに近いタイプです。


ワイドソールを好まれる方は、このソール幅はあまり親近感が湧かないかもしれません。


こうして見ても、ソールが平らではなく、丸みを帯びているのが分かります。



ソール形状
角度を変えてみても、リーディングエッジとトレーリングエッジが小さく削られているのが分かります。


抜けの良さにもこだわっているようです。


メーカーによっては、ここの部分がかなり大きく削られていることもありますが、ヤマハは控えめといいますか、これくらいがちょうどいいような気がします。



ネック長さ
ネックの長さは標準的で、見慣れた長さです。


この角度から見ても、やはり美しいな・・・。と思いました。


『凜としている』といったらいいでしょうか?


背筋を伸ばして、きちんと立っているように見えます。



FORGED
ホーゼルには『FORGED』と刻印されています。


ヤマハのフォージドということで、胸がときめくのは私だけでしょうか?


ヤマハアイアンのグッドフィーリングをたくさん経験している私はテンションが一気にあがりました。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


ヤマハのアイアンはミーリングのイメージが未だに強いですが、数年前から採用されていないようです。


もうミーリングはしないのでしょうか?


スリクソンなど、他のメーカーでは採用しているところもまだまだあるので、効果があるのであれば、また新たなミーリングを研究して欲しいです。



振り感
素振りをしても、いい感じです。


タイミングが取りやすいので、安心感があります。


『大暴れ』しない安心感といったらいいでしょうか?


適度な重量ではありますが、今はもっと軽いものが多くなってきているので、重いほうに入るのは間違いありません。


人によって好みが分かれるところだと思いますが、私はこれくらいの重さが好きです。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、なかなかいい感じです。


ツアーベルベットを期待していたのですが、違いました。


しかし、このグリップにも特に不満はありません。


適度にグリップ力があり、滑りにくくなっています。


グリップの場所によって、『パターン』が違うのも特徴的です。



構え感
ボールを前にして構えてみると、かなり好感が持てました。


ヤマハ顔の男前です。


ストレートネックで、逃がすイメージが出しやすいのも、ヤマハフォージドアイアンの特徴です。


ヤマハアイアンには、この顔の良さと絶妙な打感の良さがあるので、一度使うとなかなか変えられません。


今はどちらかというと『つかまえ顔』のアイアンが多いような気がするのですが、このような『逃がし顔』のアイアンだと、私たちフッカーは安心できます。


大顔タイプではないですし、つかまえるイメージが欲しい方には、合いづらいところがあるかもしれません。


また、グースタイプを好まれる方にも、そしてセミグースタイプを好まれる方にも、この『ストレート顔』は、ちょっと構えづらいところがあるような気もします。


しかし、私は大好きな構え感なので、いいイメージが湧いてきましたし、リラックスできました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで、とても良いです。


期待通りのグッドフィーリングです。


『球当たりの柔らかさ』といったらいいでしょうか?


独特のマイルド感が味わえます。


ヤマハのアイアンには、これまでもたくさん打感を楽しませてもらいましたが、このニューモデルも、その期待に応えてくれました。


球を打ちながら、ちょうどいい『振動数』だな・・・。と感じていました。


どういうことかといいますと、インパクトしたときのフェースの振動がちょうど感じで、ボールに力が伝わり、また反対方向というべき、私の手にも、その微妙な振動が伝わってくるという感じです。


『振動数』というと、普段はシャフトの硬さを示す値をいいますが、このアイアンを試打しながら、『フェースの振動』をイメージしていました。


波立っていない静かな池の水面に石を投げ入れて、その波紋が広がるような感じ・・・。といったらいいでしょうか?


それくらい心地良いといいますか、穏やかなフィーリングを全体で感じさせてくれるアイアンです。


見るからに柔らかそうな感じが伝わってくるアイアンですが、実際に打ってみても、その通りでした。


一球打つ度に私のテンションはどんどんあがっていきます。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、普通といった感じがしますが、今のアイアンの中ではタフなほうかもしれません。


今のアイアンの多くが、様々な工夫によって自然に球があがるように工夫されていますが、このアイアンにはそういった工夫は感じられませんでした。


全ては自分のヘッドスピードと適正な入射角であげていく感じ・・・。といったらいいでしょうか?


誰にでもあがりやすいタイプではないですし、ヒッター向けなのは明らかですが、ナチュラルな打ち出しで、『7番アイアンらしい』打ち出しの高さと弾道を打たせてくれるアイアンです。


7番アイアンからは、グリーンを横(手前)からではなく、『真上から攻めるイメージ』が欲しいのですが、このアイアンはその条件にピッタリと合致していました。



バックフェース
『安定性』という点では普通といいますか、標準的な印象をもちました。


キャビティらしい寛容なところもありましたし、気難しいタイプだとは思いませんでしたが、『易しさ機能』といいますか、易しさを最優先して作られていないので、ハードルが高いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。


しかし昔から、こういうタイプのアイアンはたくさんありますし、特別変わったとか珍しい感じはしません。


よくあるアイアンのひとつといったところでしょうか?



飛距離性能
『飛距離性能』は標準的で、特別よく飛ぶというタイプではありません。


最新モデルではありますが、だからといってその全てが飛距離にこだわって作られていないというのが面白いといいますか、クラブ開発の奥深さのような気がします。


ユーザーによってニーズが分かれるからだと思います。


『距離』ということにおいて、『飛ばす』ということよりも『正確に刻む』ということを重視しておられる方に使って頂きたいアイアンです。


なので、アイアンにも飛びを求めておられる方には、あまり適さないかもしれません。



操作性
『操作性』は抜群です。


『端正な顔』と『適度な大きさ』から、この扱いやすさは予想できていましたが、その予想通りの『手の延長』として働いてくれるアイアンです。


操作性は高いですが、キャビティらしい易しさも持ち合わせているので、そのバランスの良さに魅力を感じる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?


左右へ曲げるのも易しいですし、フェードヒッターにもドローヒッターにも同じように対応してくれるアイアンです。


変なクセのようなものは全く感じませんでした。



ヒール側
久しぶりに出会った、ヤマハの軟鉄アイアンですが、いい意味で『変わっていない』という印象をもちました。


もちろん、見えないところにいろいろな工夫がされていると思うのですが、それをあまり感じさせないほどの圧倒的な『美』と『フィーリグの良さ』があり、ヤマハファンを裏切らないアイアンに仕上がっています。



YAMAHA 020 アイアン
このキャビティアイアンもいいですが、ヤマハのアイアンといえば、マッスルバックのイメージもあるので、ラインアップされているのであれば、是非そちらも試してみたいです。



YAMAHA 020 アイアン
ドライバーの素材はパーシモンからメタルやカーボン・アルミなどが使われ、今はチタンが主流ですが、アイアンは今でも『鉄(軟鉄)』が主流です。


チタンのアイアンもありますが、私は軟鉄のほうが圧倒的に好きです。


ステンレスのアイアンも昔からありますが、私はこれからも軟鉄しか使わないと思います。



YAMAHA 020 アイアン
今日、偶然このアイアンに出会い、とても楽しい時間を過ごすことができました。


ヤマハには、これからも素晴らしいクラブを世に送り出して欲しいです。

                         
        
                         
      
2018年10月03日
  

ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー

                 
ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー です。



TMX-419D
シャフトは TMX-419D です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は53g、バランスはD3、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は286g です。



正面
ヤマハインプレスの新しいドライバーです。


ヤマハらしい落ち着いた感じのセンスあふれるデザインです。


前のモデルとデザインがよく似ているので、それだけ好評だったということではないでしょうか?



側面
今の主流ともいうべき、シャロー&ラージサイズのドライバーです。


ラージサイズではありますが、ゴチャゴチャしたところはなく、すっきりしています。


ちょっと前までは、このようなラージサイズには色々な物が組み合わさったり、ソール形状に工夫があったりと、機能的なところがありましたが、このドライバーはそれらとはちょっと違います。


シンプルですが、それだけ基本性能に自信をもっているということではないでしょうか?



UD+2
ソールには『UD+2』の文字があります。


ウルトラディスタンスで、プラス2番手の距離が出せるということなのだと聞いたのですが、ドライバーの2番手上って・・・?と思いました。


しかし、それくらいよく飛ぶということだと思います。



シャローヘッド
予想はしていましたが、かなりのシャローヘッドです。


前のモデルもシャローでしたが、さらにシャロー化が進んでいるように見えます。


デザインは似ていても、機能が大きく違うのかもしれません。



顔
顔はちょっとクセがありました。


フェースが被っているというのではなく、オフセットが利いている感じです。


あまり見ない顔ですが、これまでも出会ってきているので、驚くようなことはありませんでした。


正直、私はあまり好きな顔ではないのですが、この顔を見てつかまりそうだと感じる方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?



フェース面のデザイン
フェース面のデザインはとてもシンプルです。


ヤマハらしい美しいフェース面で、いかにも弾きが良さそうです。


フェース面には、『球の重さ』を感じさせるデザインがあれば、逆に『軽さ』を感じさせるものもあります。


このドライバーのフェース面は後者のほうで、球質が軽そうな印象を受けました。



オリジナルグリップ
装着されているグリップはシンプルなタイプで好感が持てます。


よく見られるグリップです。



振り感
素振りをしてみると、かなり軽量で、シャフトもビュンビュンしなり、先が動きます。


かなり走るタイプのシャフトです。


フレックスは『S』ですが、あまり考えないほうがいいほどの軟らかさがあります。



構え感
ボールを前にして構えてみると、正直違和感があったのですが、これまでの経験を活かして打っていくことにしました。


オフセット感があるので、どうしても遅れてしまいそうな感覚があるのですが、あまり気にしないようにしようと心がけました。


私が好む構え感ではないですが、大型ヘッドで球をつかまえたいけど、フェースが被って見えるのは嫌だ・・・。という方には、好感を持ちやすいのではないでしょうか?


フェース面がよく見えて、球もあがりやすそうです。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、程よい手応えがありながらも、硬くなく好感が持てました。


フェースに乗るというよりは、明らかに球離れが早くバーンと弾く感じがしますが、これは今の多くのドライバーに共通するところです。



打球音
『音』も、はっきりしていて心地いいです。


インパクトが緩むこともなく、気持ちよく振ることができました。



トゥ側
球はとてもあがりやすくて、高弾道でした。


一時期、スピンレスドライバーが流行りましたが、このドライバーは真逆といった感じで、スピンもしっかり感じられました。


ちょっと強く振ると吹き上がる感じがしました。


タフさは全く感じられない、ハードルの低いタイプです。



バックフェース
『安定性』は高いです。


構えてみると、ちょっとクセのある感じがしますが、かなり寛大でオートマチック性があります。


スイートエリアも、かなり広そうです。


このようなラージサイズだと、私はトゥ寄りに外して打ってしまうこともあるのですが、それでもこのドライバーは右にフケることなく、しっかりとつかまりラインを出してくれました。


このドライバーの顔が気にならないという方には、かなり心強い相棒となってくれるのではないでしょうか?



飛距離性能
『飛距離性能』という点では、メーカーがかなりユーザー層を限定してきているように感じます、


そのHSに入る方には、高いパフォーマンスを期待できます。


私にはちょっと合いづらいところもあったのですが、このドライバーのポテンシャルが低いとは全く思いませんでした。


『速い』とは違うヘッドスピードでも、弾きが良くなるようメーカーが、かなり研究しているようです。



操作性
『操作性』という点では、完全に『オートマ系』で操るタイプではないのですが、曲げてみることにも挑戦してみました。


なかなか思うようにはいきませんでしたが、球のつかまりがいいので、私はフック系のほうが易しく感じました。


ヘッドもそうですしシャフトも、操るにはあまり適してはいないような気がします。



ヒール側
誰もが飛ばしていけるというタイプではなく、ある一定のHSをもった方にとって、高い飛距離が望めるように開発されたドライバーといっていいように思います。



YAMAHA inpres UD+2 DRIVER
ヤマハらしい美しさと易しい飛びが、このドライバーの魅力です。

                         
        
                         
      
2018年09月11日
  

ヤマハ インプレス UD+2 アイアン

                 
ヤマハ インプレス UD+2 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ インプレス UD+2 アイアン
の7番 です。



N.S.PRO ZELOS 7
シャフトは N.S.PRO ZELOS 7 です。

ロフトは26度、クラブ長さは37.75インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は77.5g、バランスはD0、キックポイントは先調子、クラブ総重量は379g です。



正面
ヤマハ インプレス UD シリーズのニューアイアンです。


とはいっても、2年前に試打したモデルと瓜二つで、どこが変わっているのだろう?と思いました。


新たな工夫がされているのは間違いないですが、『マイナーチェンジ』であることに変わりありません。



側面
ラージサイズのアイアンです。

UDシリーズらしい特徴です。


こうして見ていても、大きさがあるからなのか、重量感があります。


私はもっと小ぶりなほうが好きですが、この大きさが安心感をもたらしてくれる・・・。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?


一口にアイアンといっても、今は昔よりもはるかに多様性があります。


このクラブは昔ながらのオーソドックスなアイアンというよりは、ユーティリティに近いタイプです。



彫りの深さ
彫りの深さも、かなりあります。


この角度から見ても、やはり前のモデルとの違いが分かりませんでした。


今度機会があれば、見比べてみたいです。


そうすると、細かな違いが見られるような気がします。



トップライン
トップラインは、やや厚めですが、極端ではありません。



ソール幅
ソールの幅も、たっぷりあります。



FRIC OFF SOLE
ソールには『FRIC OFF SOLE』と表示されていました。


これは前のモデルにもありました。


やはり同じコンセプトで開発されている、『姉妹モデル』といった感じがします。


もちろん、今年のモデルが2歳下の『妹』です。


姉妹モデルは普通、同時期に発売されたものをいうのだと思いますが、このアイアンに関しては2年違いの、まさに姉妹という感じがします。


しかも、時期はずれていながら、『一卵性双生児』といえるほど、そっくりです。



ネック長さ
ネックは短めです。


ネックが太く、頭でっかちな『寸胴タイプ』です。


こうして見ていても、グースがよく効いているのが分かります。


このようなタイプでストレートにするのは得策ではないということでしょうか?



FORGED
ホーゼルには『FORGED』のモデルがあり、意外でした。


このようなタイプのクラブがフォージドというのは珍しいように思います。


易しさだけでなく、フィーリングや調整機能にもこだわっているのでしょうか?


何となくではあるのですが、2年前のモデルよりも仕上がりが美しいような気がします。


ラージサイズのイージー系ですが、チープさは感じられませんでした。



ミーリング無し
フェース面にはミーリングは見られず、ごく普通でした。


下のスコアラインが白く塗られているのが一本ではなく、二本なのも珍しくなくなりました。


この目的は明らかにターゲットに対して構えやすくすることですが、私にはこの白い線は不要ですし、そもそもこのような形状では構え感が違うので、白い線が無い方がいいような気もします。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、これまでも何度も試打してきた標準的なタイプです。


適度なソフトさとグリップ力があり、滑りにくくなっています。



振り感
素振りをしてみると、やや軽量タイプではありますが、このようなタイプでは普通だと思います。


小さくて鋭く振るというよりは、ゆったりめで大きく振っていく感じがちょうどいいような気がします。



構え感
ボールを前にして構えてみると、かなり面長感がありました。


このようなタイプでは普通ですが、この面長が抑えられていると、もっと構えやすくなるのにな・・・。と思ってしまいます。


そして、グースがもっと抑えられているといいのですが、大型にするにはグースは必要ということなのだと思います。


トップラインも真っ直ぐではなく、カーブを描いているので、包み込むイメージを出しやすい・・・。という方も多いのではないでしょうか?


このクラブは『7番アイアン』ということですが、私は『ユーティリティアイアン』という認識をもって構えていました。


こうして見ても、『フェース高』が低いのが分かります。


上から潰して打っていくタイプではなく、横からはらって打つタイプのクラブに見られる特徴です。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、しっかりめでした。


ソフトということはありませんでした。


フォージドタイプですが、期待していた柔らかさはあまり感じませんでした。


乗っかり感も無く、ガツンと強く弾く感じです。


『バネ』を感じさせる打感といったらいいでしょうか?



トゥ側
球はよくあがりました。


普通に打っている限り、あがらないということにはならないのではないか?と思えるほど、ほぼ自動的にあげてくれました。


このようなワイドソールなタイプは、やはりソールを使って、多少ダフらせて打っていく感じがちょうどいいような気がします。


グースタイプではありますが、きつすぎないので、球を拾いづらい・・・。ということはありませんでした。



バックフェース
『安定性』は高いです。


かなりスイートエリアが広くて、『面』を最大限活用して打っていけるタイプです。


どこに芯があるのだろう?と探りながら打っていたのですが、なかなかそれを把握することができませんでした。


フィーリングをつかみづらいところはありますが、かなり大らかなタイプです。



飛距離性能
『飛距離性能』は、かなり優れていました。


前のモデル同様、よく飛ぶ7番アイアンです。


UD+2シリーズは、その名の通り『2番手上の飛び』を目指して開発されていると思うのですが、今日の感じでは、それ以上の飛びがあるように感じました。


26度というロフトは7番アイアンでは考えられません。


4番と5番の間くらいです。


ちょっと前まで、7番アイアンはだいたい『36度前後』が主流だったので、それより10度も立っているということになります。


『番手感覚』は完全に無くなった感じもしますが、ロフトを立てた分、あがりやすさをかなり追及していて、タフな感じがしないのが、このアイアンの長所だと思います。


かなりゆっくり振っていく感じがちょうどいいように感じました。



操作性
『操作性』という点では、難しく感じました。


得意ではないタイプだと思います。


『オートマ性』が高いので、なかなか思うように細工はできませんでした。


このアイアンのもつ、いい意味での鈍感さを利用したほうがいいのかもしれません。


細工するかしないかは、構えたときの感覚で決まることが多いのですが、今日は細工をしたいとは全く思いませんでした。



ヒール側
かなり性格がはっきりしているので、ユーザーも決めやすいと思います。


こういうタイプが苦手だという方もいらっしゃると思いますし、逆にこういうタイプを好んで使っておられる方も多いと思います。



YAMAHA inpres UD+2 IRON
ゆっくり振って最大限の飛距離が稼げるように、メーカーも色々な工夫を取り入れているのではないでしょうか?


前のモデルとよく似ているな・・・。と思いましたし、飛距離性能も健在でした。



YAMAHA inpres UD+2 アイアン
『飛距離』『安定性』『あがりやすさ』の3点が非常に優れているアイアンですが、特に飛距離性能が高いです。


強くではなく、優しく振って距離を稼いでいきたい方には、ピッタリのアイアンといえるのではないでしょうか?



YAMAHA inpres UD+2 アイアン
このアイアンは『UD+2』という名前がついていますが、私は『UD+2.5』くらいがちょうどいいんじゃないか?と思いました。


小数点が付いて少し中途半端な感じもしますが、それくらいの飛距離性能をもっています。

                         
        
                         
      
2018年09月07日
  

ヤマハ インプレス UD+2 FW

                 
ヤマハ インプレス UD+2 FW
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ インプレス UD+2 FW の5番 です。



TMX-419F
シャフトは TMX-419F です。

ロフトは17度、クラブ長さは42.75インチ、シャフトフレックスはSR、シャフト重量は50g、バランスはD0、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は301g です。



正面
ヤマハインプレスシリーズの新しいフェアウェイウッドです。


先日試打したBSやスリクソンなどをはじめ、ヤマハのニューモデルに出会うことができるようになって、夏が終わったんだな・・・。と思います。


クラブのニューモデルは秋に出ることが一番多いです。



側面
ヤマハらしい、落ち着いた感じのデザインです。


派手さはないですが、目を引きます。


前のモデルも試打していて、このモデルがニューモデルだとは最初気づきませんでした。


それくらいデザインがよく似ています。



ネック長さ
ネックは、やや短めですが、今では平均的な長さといっていいと思います。


調整機能は搭載されていませんでした。



フェース面のデザイン
フェース面のデザインはシンプルです。


仕上げも綺麗で、ヤマハらしいです。


ヤマハのクラブは美しくなければなりません。



顔
顔はちょっとクセがあって、意外でした。


オフセットがよく効いているのと、フェースが左を向いているように見えました。



シャローヘッド
かなりのシャローヘッドですが、今は多くがこのような形状なので見慣れました。


最新モデルではありますが、こうして見る限り、大きな変化は見られません。


見えないところに工夫がされているのかもしれません。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、ラバータイプで適度なソフトさがあり、好感が持てます。


滑りにくいタイプで、場所によってグリップのパターンが違います。


このグリップは、これまでも出会ったことがあります。



振り感
素振りをしてみると、軽量感がありましたが、それよりもシャフトがかなり軟らかくて、タイミングを合わせるのが少し難しく感じました。


シャフト全体が大きくしなるというよりは、『動く』感じでした。


全体的な線が細い印象です。



構え感
ボールを前にして構えてみると、正直あまり好感を持つことができなかったのですが、これまでも同じようなタイプを試打したことがあるので、その経験を活かしていくことにしました。


球はよくあがりそうに感じたのですが、方向性に対する不安がありました。


頭の中が少しモヤモヤしてしまいました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は好感が持てました。


ややしっかりとした打感ですが、硬すぎず適度なソフトさもありました。


この打感は、これまでもヤマハのクラブで経験しています。



打球音
『音』は、はっきりとした金属音ですが、大きすぎずいい感じでした。


インパクトは緩むこともなく、しっかりと振っていくことができました。



トゥ側
球はあがりやすいです。


見た目(シャロー)通りのあがりやすさです。


タフなタイプではありません。


直打ちで試してみたのですが、充分あがっていきました。



バックフェース
『安定性』は、まずまずでした。


ヘッド自体はイージーなタイプだと思うのですが、シャフトが合いづらく、少し散らばってしまいました。


球は逃げることなく、つかまりやすいです。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかいい感じです。


前のモデルを試打しているので、ある程度の飛距離性能を期待していたのですが、その期待通りでした。


大きく飛距離が伸びたとは思いませんでした。


あくまでも『マイナーチェンジ』といった感じです。



操作性
『操作性』という点では、普通だと思いました。


それほど長けているようには感じませんが、今はこういったタイプが多いので、珍しさはありません。



ヒール側
イージー系のFWです。


ヤマハらしいセンスあふれるデザインも魅力です。



YAMAHA inpres UD+2 FW
顔に特徴があり、それが一番印象的でした。

                         
        
                         
      
2018年04月03日
  

ヤマハ RMX FW FOCUS

                 
ヤマハ RMX FW FOCUS
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ RMX FW FOCUS
の5番です。



Speeder Evolution IV 70 FW
シャフトは Speeder Evolution IV 70 FW です。

ロフトは18度、クラブ長さは42.5インチ、シャフトフレックスは70-S、シャフト重量は76g、バランスはD2、キックポイントは中調子、クラブ総重量は341g です。



正面
ヤマハのとてもカッコいいFWです。


カッコいいですが、これは以前試打したことがあるな・・・。と思っていました。



FOCUS
しかし、ヒール側に『FOCUS』の文字がありました。


前のモデルにはありませんでした。


これが一番の違いだと思いますし、名前の由来になっています。


何をフォーカスしているのだろう?


打感かな?飛距離かな?などと考えていたのですが、こうして見ている限り、特に違いは無いような感じがします。



側面
シャロータイプのFWです。


これは前に試打したモデルと同じです。



ネック長さ

シャローヘッド
ネックの長さも適度にあり、シャローバックタイプであることも同じです。


外見ではなく、ヘッド内部の見えないところに新たな工夫がされているのでしょうか?


シャフト以外、特に違いは見られませんでした。



フェース面の仕上げ
フェース面のデザインが違っていることに気づきました。


前のモデルよりもオーソドックスで、シンプルになっています。


これには何やら秘密がありそうです。



顔
ヤマハらしい、いい顔をしています。


男前なFWです。


前のモデルも男前でしたし、同じような顔の印象があります。


見比べてみると違いが分かるのかもしれませんが、今の段階では顔の違いがよく分かりませんでした。


今度機会があったら、見比べてみたいと思います。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、場所によってパターンの異なる、機能的なタイプです。


最近よく見かけます。


メーカーが違っても、このグリップが採用されているということは、それだけ人気があるということなのだと思います。



振り感
素振りをしてみると、いい感じです。


元々、ヤマハのFWは軽量感があって、少し物足りないと感じることがありました。


ヘッドはいいのに、シャフトが軽すぎなのと軟らかすぎで、ヘッドのポテンシャルを活かしきれていないと感じていました。


バランスが取れていなくて、物足りなさがありました。


しかし、このヘッドには相性の良さそうなシャフトが挿してあります。


タイミングも取りやすいです。



構え感
ボールを前にして構えてみても、とてもいいです。


いい顔をしていますが、決して『寄せ付けない』とか『ハードルが高い』という印象を与えない親しみやすさがあります。


シャロー感があるので、球があがりやすそうです。


クリークということもあると思うのですが、小顔感があって、ボールとのバランスもいいです。


ティアップして打つクラブならば、多少『大顔』であっても打っていけそうですが、直打ちするクラブはそういうわけにはいきません。


ヘッドの大きさが、そのまま『難しさ』へと繋がってしまうこともあります。


その点、このクラブはちょうどいい大きさですが、コンパクトなタイプなので、小さく感じる方もいらっしゃるかもしれません。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで良いです。


ソフトですが、ボヤけた感じはなく、球の質感をはっきりと感じとることができました。


程良い感触が残りました。



打球音
『音』は、高めの金属音でした。


やや大きめで高い音ですが、この音はよく耳にしていましたし、ヤマハらしい音で馴染みがあります。


高いですが、甲高い感じではなく、インパクトが緩むこともありませんでした。


打つ前から予想していた打感と音でした。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点でも、いい感じです。


クリークらしい打ち出しの高さとビッグキャリーが魅力です。


シャフトは結構しっかりしていますが、タフな感じはしませんでした。


直打ちでも充分あげてくれました。



バックフェース
『安定性』という点では、それほど『寛容さ』のあるタイプではないかもしれません。


易しすぎない、普通のタイプといっていいような気もします。


ある程度の正直さをもっていると思いますが、構えやすいのでラインも出しやすく、実戦向けな感じがしました。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れていました。


今のクリークの中でも、確実に飛ぶ部類に入ると思います。


出だしが速く力強いです。


球の弾きの強さも魅力的です。



操作性
『操作性』という点では、なかなかいい感じで、左右へも素直に反応してくれました。


ほぼ真っ直ぐに近いバルジが『中立性』を感じさせてくれますが、実際に打ってみても、その通りでした。


クセが無いので、自然に自分の球筋で勝負していけるように感じました。


今のFWはつかまりのいいものが多いですが、このFWもどちらかといえば、そのようなタイプに入るのかもしれません。



ヒール側
ヤマハの高性能なFWです。


シンプルですが、ポテンシャルの高い、ハイレベルなFWです。



YAMAHA RMX FW FOCUS
タフなタイプではないと思いますが、明らかにヒッタータイプの方に合いやすいFWといえるような気がします。


見た目の良さと基本性能の確かさが印象に残りました。



YAMAHA RMX FW FOCUS
装着されているシャフトやフェース面のデザインの違いは分かりましたが、それ以外は正直よく分かりませんでした。


今度、前のモデルと打ち比べてみたいと思います。

                         
        
                         
      
2017年11月09日
  

ヤマハ RMX ユーティリティ

                 
ヤマハ RMX ユーティリティ
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ RMX ユーティリティ です。



Speeder Evolution IV 70 FW
シャフトは Speeder Evolution IV 70 FW です。

ロフトは22度、クラブ長さは39.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は76g、バランスはD2、キックポイントは中調子、クラブ総重量は361gです。



正面
ヤマハRMXシリーズのユーティリティです。


ヤマハらしい、男前なデザインが特徴的です。



側面
形状的にはオーソドックスなタイプです。


ソールにあるヤマハのマークが目立ちますが、とてもシンプルなデザインです。


ゴチャゴチャした感じはなく、すっきりしています。



ネック長さ
ネックの長さは適度にありました。


調整機能は搭載されていませんでした。



ノーマルな厚さ
ノーマルな厚さです。


シャローでもなく、かといってディープなタイプでもありませんでした。


今はシャロータイプが圧倒的に多いせいか、このように適度な厚みがあると、逆に新鮮に感じられます。



フェース面の仕上げ
フェース面の仕上げも美しいです。


ヤマハらしい特徴です。


打感が柔らかそうな印象を受けました。



顔
顔は、なかなかいい感じでした。


私の中でのストライクゾーンのど真ん中ではなかったのですが、見慣れた感じがしますし、苦手意識などは芽生えてきませんでした。


可も無く不可も無くといった感じでした。


小顔タイプではなく、少し大きめでした。


面長なのではなく、全体的に大きく見えました。


出っ歯なところが目立っていました。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、これまで試打したモデルと同じです。


ソフトなフィーリングで好感がもてます。



振り感
素振りをしてみると、いい感じでした。


最近のクラブにしては、しっかりしたスペックだな・・・。と思いました。


装着されているシャフトは純正なのでしょうか?


それともカスタムなのでしょうか?


結構骨太な感じがしました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、まずまずでした。


特に気持ちが入り込むことも、逆に逃げてしまうこともなく、淡々として構えていました。


出っ歯タイプなので球を拾いやすそうですが、できればもう少し出っ歯が抑えられていればいいな・・・。と思いました。


変なクセは見られなかったので、方向性に対する不安はありませんでした。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、ややしっかりめでした。


打つ前は、もうちょっとソフトな打感を予想していたのですが、実際はもっとしっかりしていて、球の質感を感じとることができました。



打球音
『音』は、はっきりした金属音です。


それほど多く耳にする音ではないのですが、大きすぎず高すぎず、なかなかいい感じでした。



トゥ側
球のあがりやすさという点では、普通だと思いました。


最近はとてもあがりやすいUTがたくさんありますが、このUTにはそれほどお助け機能は付いていないように感じました。


どちらかといえばヒッタータイプの方に合いやすいUTだな・・・。と思いました。


あがりやすさ最優先で作られた感じはしませんでした。



バックフェース
『安定性』は、まずまずでした。


ラインも出しやすいですし、難しく感じることはなかったのですが、ヘッドの大きさからくる大らかさといいますか、寛容さはあまり感じませんでした。


球はよくつかまってくれましたが、正直なところがあるな・・・。と思いました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかいい感じでした。


フェースの弾きも良く、ボールが勢いよく飛び出していきました。


キャリーも稼げましたし、途中からおじぎすることなく、気持ち良くスーッと伸びてくれました。



操作性
『操作性』は、普通でした。


左右に曲げることは難しくなかったですが、あまり操作したい感じはしませんでした。


細工をせずに、自然に振り抜いていきたいUTです。


こういったところは、今のクラブの共通した特徴のように思います。



ヒール側
シンプルでカッコいい、ヤマハの硬派なユーティリティです。

                         
        
                         
      
2017年10月27日
  

ヤマハ RMX 218 アイアン

                 
ヤマハ RMX 218 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ RMX 218 アイアン の7番です。



N.S.PRO RMX95
シャフトは N.S.PRO RMX95 です。

ロフトは30度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は98g、バランスはD1、キックポイントは中調子、クラブ総重量は408gです。



正面
ヤマハRMXシリーズのアイアンです。


見た目のインパクトはありますが、派手すぎず落ち着いたデザインで好感がもてます。


ヤマハらしいセンスの良さが感じられます。



側面
ラージサイズのポケキャビです。


これまでたくさん見てきた形です。


ヤマハのアイアンは、軟鉄のイメージが強いのですが、このようなイージータイプのアイアンの人気も高いです。


多くのゴルファーに対応できるよう、上手く住み分けができているように思います。



彫りの深さ
彫りの深さはたっぷりとありました。


最近は浅めの物も目にするようになりましたが、このような深いタイプを好まれる方も多いのではないでしょうか?


重心も深そうですし、極端にいえば『当てるだけ』で球があがっていきそうです。


こういうタイプを初めて見たときは、かなり驚きましたが、今は見慣れましたし、一般化してきました。


ポケットタイプのアイアンのほうが、今は多いように思います。



トップライン
トップラインは、やや厚めでしたが、輪郭が丸すぎず、適度にシャープなところに好感がもてました。



ソール幅
ソール幅はワイドでした。


ワイドではありますが、ワイド過ぎないところがいいな・・・。と思いました。



ソール形状
ソールの丸さが目立っていました。


これまで試打してきた、今年のモデルに共通する部分です。


かなり抜けが良さそうな感じがします。


今は、アイアンのソール形状もバリエーションが富んできました。


リーディングエッジの削りも大きいです。


この削りを見ていたら、ダウンブローではなく、レベルブローに近い感じをメーカーが推奨しているのかな?と思えてきました。


低重心系のアイアンにはマッチしているのかもしれません。



ネック長さ
ネックは短めです。


太くて、いわゆる『寸胴タイプ』です。


これも、今のアイアンの特徴といえるでしょうか?


徹底的に低重心にこだわっているように見えます。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、ソフトなフィーリングで好感がもてます。


今はかなり機能的なグリップが多くなりましたが、このグリップは比較的シンプルなタイプです。


バックラインがありました。


調整機能の付いていないドライバーなども含め、どの番手のクラブを試打していても、バックライン有りが殆どです。


それだけニーズが高いのだと思います。



構え感
ボールを前にして構えてみると、予想していたよりもクセが強くなく好感がもてました。


私がアイアンに求めたい構え感とは違う部分もあるのですが、無難な感じで構えづらさはありませんでした。


ラージサイズですし、ラージサイズには『付きもの』といっていい、グースも利いていますが、それが強調されすぎていないのがいいな・・・。と思いました。


程良い『さじ加減』が出来ているといったらいいでしょうか?


ヤマハらしい特徴のように思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は厚みがあるというよりは、完全に薄い感じでしたが予想通りでした。


フェースに乗るというよりは、弾く感じの打感ですが、今はこのような打感が増えてきました。


このフィーリングを好まれる方も多いのではないでしょうか?



トゥ側
球はとてもあがりやすくて、弾道も高めです。


最近のイージー系アイアンの中では、弾道が高めなほうだと思いました。


しっかりとキャリーを稼ぐことができました。


見た目通り、タフなタイプのアイアンではありません。



バックフェース
『安定性』も高く、完全にオートマチック系のアイアンでした。


少々のブレには動じない、大らかさがこのアイアンにはありました。


ヘッドの大きさとバックフェースやソールなどの工夫が、よく効いているのだと思います。


球もプッシュする感じはなく、しっかりとつかまる感じです。



飛距離性能
『飛距離性能』も優れていました。


『ファー&イージー』タイプのアイアンといっていいでしょうか?


今のニーズに合ったアイアンだと思います。


よく飛びますが、他の『飛びすぎる』アイアンとは少し違うように思いました。


今のアイアンの中では、『やや飛び』といえるでしょうか?


飛びは重視しているけど、距離感も無視できない・・・。という方には親しみやすいアイアンといえるのかもしれません。


とはいっても、私の中での『7番アイアンの飛びの感覚』からは大きく離れているので、やはりディスタンス系だという認識をもちました。



操作性
『操作性』という点では、オートマチック性が強くて敏感に反応する感じはあまりなかったのですが、何とか左右に曲げることもできました。


あまり操作するタイプではないので、極端なことをし過ぎると大きなミスにつながりそうだったので、自重しました。


大まかな感じといいますか、あまり細かいことを考えずにドーンと打つ感じがちょうどいいのかもしれません。


先ほども書きましたが、ラージサイズでありながら球のつかまりもいいので、易しく感じられる方も多いのではないでしょうか?



ヒール側
バランスの取れたイージー系アイアンという印象をもちました。


寛容さ・飛距離が優れていますが、構えやすさや打感など、フィーリングが極端に落ちていないところがいいですし、ヤマハらしいと思いました。



YAMAHA RMX 218 アイアン
これまでのモデルから大きく変わったという感じはしなかったのですが、それがまたいいのかもしれません。


これまでもヤマハユーザーの方はもちろん、初めてヤマハのアイアンを使ってみようかな?と思っておられる方にも、是非試していただきたいと思いました。


                         
        
                         
      
2017年10月20日
  

ヤマハ RMX 118 ドライバー

                 
ヤマハ RMX 118 ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ RMX 118 ドライバー です。



Diamana RF 60
シャフトは Diamana RF 60 です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.25インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は65g、バランスはD1、キックポイントは中調子、クラブ総重量は313g です。



正面
ヤマハRMXシリーズの新しいドライバーです。


RMXドライバーといえば、初期モデルの印象がやはり強いです。


効果的に配置されたウェイトが印象的でしたし、飛距離性能が抜群でした。


このニューモデルは、さらにすっきりしたデザインですが、きっとたくさんのハイテクが搭載されているのだと思います。



側面
ヤマハらしい、センス溢れるデザインです。


シンプルでとても美しいです。


最近では珍しい、シャロー感をあまり感じさせない形状です。


『叩けそうな』雰囲気があります。



ネック長さ
ネックの高さは適度にありました。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されていました。


最近は少しずつ減ってきているように思いますし、最盛期はかなり複雑化していったように思いますが、今はシンプルなものが多くなりました。


微妙に調整しすぎることへのデメリットがあるのかもしれないですし、色々と調整してみたところで大きく変わらないと感じておられる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?


このドライバーは調整というよりは、簡単にシャフトを交換できるシステムのように見えます。



フェース面の仕上げ
フェース面のデザインはオーソドックスです。


最近は色々なデザインが見られるようになってきましたが、このドライバーはシンプルで美しいです。


最新モデルで、このシンプルなデザインが採用されているということは、これで充分といえるのかもしれません。


外よりも中に、色々な工夫がされているのかもしれません。


フェース面の仕上げが雑に見えるドライバーにもたくさん出会ってきましたが、このドライバーは丁寧で美しいです。


ヤマハのいいところです。


この丁寧さ・美しさが、ブランドイメージを高めます。



ディープヘッド
ディープタイプのヘッドです。


最近では珍しいです。


シャロー系が圧倒的に多いので、ディープに見えますが、昔のドライバーからすればシャローな感じもあります。


昔だと、セミディープというカテゴリーに入ると思います。



顔
ヤマハらしい、いい顔をしています。


最近はクラウンに工夫がされているドライバーを見かけるようになりましたが、このドライバーにはありませんでした。


クラウンマークも無いですし、とてもシンプルです。


必要最低限のものだけ搭載して、あとはプレイヤーに委ねるといったところでしょうか?



オリジナルグリップ
オリジナルグリップはラバーのソフトさと、適度なしっかり感があって、好感がもてました。


場所によってグリップのパターンが違うので、機能的な感じもします。


最近はこのようなグリップが増えてきました。


素手で握る右手と、グローブをはめて握る左手で、グリップのパターンを変えてきているのでしょうか?


それとも違う狙いがあるのでしょうか?


効果があるのであれば、こういった工夫はどんどん取り入れて欲しいです。



振り感
素振りをしてみても、いい感じでした。


タイミングも取りやすいです。


シャフトは頼りない感じはしませんが、結構先が走る感じがしました。


中調子ということですが、私は先中調子くらいに感じられました。


ただ、このキックポイントもかなり『幅』があるところなので、それほど気にしなくてもいいのかな?と思いました。


粘るタイプではなく、『先走り系』に感じられました。


シャフトも一時期に比べ、今は粘るタイプよりも走るタイプのほうが多くなったように思います。


ヘッドだけでなく、シャフトもつかまりが求められているのかもしれません。



構え感
ボールを前にして構えてみても、いい感じでした。


オーソドックスな顔が安心感を与えてくれます。


左右へのクセは感じられず、中立的な印象をもちました。


フェース面がよく見えました。


ロフトが10.5度ということもあると思うのですが、よく見えるし球があがりそうだな・・・。と思いました。


おそらく『リアル』ではもっと寝ているだろう・・・。12度に近いのではないかな?と思いました。


私はもっとフェース面が立って見えるほうが好きで、このようなディープ系のドライバーだとライナー系をイメージしていきたいのですが、ライナー系というよりは、やや高めの弾道のイメージが浮かびました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで良いです。


ボヤけた感じはなく、適度に手応えがあるのがいいです。



打球音
『音』は比較的おとなしめな感じですが、小気味いい音で好感がもてます。


叩きにいっても、インパクトが緩むことはありませんでした。


気持ち良く振っていけます。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、しっかりしていて、明らかにヒッター向けのドライバーだと思いました。


構えたときにフェース面がよく見えたので、弾道が高そうな印象だったのですが、実際に打ってみると、結構しっかりしていました。


幅広い層を狙ったモデルではなく、明らかにターゲットを絞り込んでいる感じがします。


ヤマハはツアーモデルが毎回登場しますが、このドライバーは名前に付いていませんが、ツアーモデルということでいいのでしょうか?



バックフェース
『安定性』という点では、シビアさは感じませんが、今の寛容なドライバーとは明らかに一線を画す感じがします。


オートマチックタイプではありませんでした。


ミスヒットにも正直に反応するので、難しく感じられる方はいらっしゃるかもしれません。



飛距離性能
『飛距離性能』は高いです。


明らかにヒッター向けですが、弾道が力強く初速がとても速いです。


中弾道系といっていいと思います。


10.5度のロフトでも頼りない感じはせずに、しっかりしたものを感じました。


幅広い層に対応したモデルではありませんが、このモデルがピッタリと合う方には、たまらない魅力があるのではないでしょうか?


初期モデルからの高性能をしっかりと継承している感じがしますが、初期モデルよりはハードルは低いような気もします。



操作性
『操作性』は、いい感じです。


左右へもしっかりと反応してくれました。


シャフトがすごく主張している感じで、私はフック系のほうが易しいと思いました。


中立的な顔をしていますが、球のつかまりはとてもいいです。


いわゆる『スライス抑制ドライバー』ではありませんが、クセのなく大きすぎない顔が好きで、シャフトの性能でつかまえて飛ばしていきたい方には合いやすいのではないでしょうか?



ヒール側
今はオートマチック系のドライバーが主流なので、このようなマニュアルタイプは珍しいですが、全く無くなったわけではなく、いくつかのメーカーが発表してくれています。


アイアンはマッスルバックやハーフキャビティを使っていても、ドライバーはオートマチック系を使っておられる方はとても多いように思います。


私の周りでもよく見かけます。



YAMAHA RMX 118 DRIVER
それだけ、ドライバーには曲がりにくさ・直進性が求められているのだと思います。


なので、こういうマニュアル系は珍しいと思いますが、魅力を感じておられる方も多いのではないでしょうか?


昔のドライバーほどシビアでもないですし、大らかさもあるので、神経質になることもありません。



YAMAHA RMX 118 DRIVER
ドライバーショットを絶対に曲げたくない方や、操作するよりも、できるだけ真っ直ぐに飛ばしていって方向を気にしたくない方には合いづらいところがあるかもしれません。


真っ直ぐよりも、自分の持ち球で勝負していきたい方や、真っ直ぐではなくて、持ち球を打っていったほうが狙いも定めやすいし、いいところに運んでいけるという方には親しみやすいのではないでしょうか?



YAMAHA RMX 118 DRIVER
使い手を選ぶドライバーといえるのかもしれませんが、高いポテンシャルをもったドライバーだな・・・。と思いました。

                         
        
                         
      
2017年10月06日
  

ヤマハ RMX FW

                 
ヤマハ RMX FW
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ RMX FW
の5番です。



FUBUKI Ai II FW 55
シャフトは FUBUKI Ai II FW 55 です。

ロフトは17度、クラブ長さは42.5インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は53.5g、バランスはD2、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は316g です。



正面
ヤマハの新しいフェアウェイウッドです。


これまでのモデル同様、シンプルでとても美しいデザインに仕上がっています。


こういった美しさは、ヤマハの特徴といっていいと思います。


第一印象がとてもいいです。



側面
ディープというよりは、明らかにシャローなFWです。


ソールも滑りが良さそうです。


ウェイトのような物は見られませんでした。


見えないところ(ヘッド内部)に、いろいろな工夫がされているのではないかな?と思いました。



ネック長さ
ネックの長さは普通です。


調整機能は搭載されていませんでした。



シャローヘッド
シャローバックタイプのFWです。


前のモデルと同じような感じがします。


シャロー系でありながら、全体的な形は崩れていなくて、むしろキュッと引き締まっている感じがして好感がもてました。


ヤマハらしいな・・・。と思いました。



顔
いい顔をしています。


これまでたくさん出会ってきたヤマハ顔です。


見慣れた感じがします。


今はクラウンに色々な工夫がされているFWが多くなりましたが、このクラブには見られませんでした。


違うコンセプトで開発されているのだと思います。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、これまでも出会ってきたタイプです。


ソフトで好感がもてます。



振り感
素振りをしてみると、外見よりもソフトスペックに仕上がっているように感じましたが、予想していたので、特に驚くようなことはありませんでした。


クリークとしては少し軽量で、シャフトも軟らかく感じました。


こういうタイプはとにかくコンパクトに振っていくに限るな・・・。と思いながら、タイミングを計りました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、好感がもてました。


ヤマハらしい男前でありながら、シャロー感もあって球がよくあがりそうです。


シャープな顔をしていますが、ハードさは感じさせず、むしろ親近感をもちやすい構えやすさです。


シャロー感はありますが、投影面積が無駄に大きくなるのではなく、適度なコンパクト感があるのがいいな・・・。と思いました。


今のFWは、構えたときに何番か分かりにくいようなタイプも見られるようになりました。


フェースの見え具合(ロフト)も幅ができてきましたし、大きさもバリエーションが増えてきたように思います。


構え感の『シームレス化』といえる状態がずっと続いているように思います。


それは特にアイアンに多いのですが、FWでも増えてきました。


しかし、このクラブはすぐにクリークと判別できるスタンダードな顔をしていたので、とても好感がもてました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は良いです。


ソフトなのですが、程良い手応えがあって好感がもてました。


球の質感も充分感じられました。



打球音
『音』は小気味よく、好感がもてました。


大きすぎず高すぎず、耳にも優しく周りを気にせず集中できます。


この音は、これまでもヤマハのクラブで耳にしてきました。


『ヤマハ音』といっていいように思います。



トゥ側
球はあがりやすいです。


タフな感じはしませんでした。


クリークということもあると思いますが、球はよくあがってくれ、弾道も高めでした。


直打ちでも充分球を浮かせてくれました。



バックフェース
『安定性』は平均的な感じがします。


高い直進性があって曲がりにくいというタイプではありませんが、構えやすくてラインも出しやすいので易しいと思いました。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れています。


これまで出会ってきたモデル同様、高いポテンシャルを感じました。


クリークで、しかも直打ちでここまで飛ぶのだから、セッティングが楽になるだろうな・・・。と思いました。


性格の尖った飛びではなく、丸みのある飛びといったらいいでしょうか?


ハードなFWではないので、易しく飛ばしていきやすいと感じられる方も多いのではないでしょうか?



操作性
『操作性』は、なかなかいい感じでした。


左右にも対応してくれました。


ただ、どちらかといえばあまり細工をするタイプではなく、自分の持ち球を活かして自然に振っていくのがいいように感じました。


クリークとしては、やや軽めのスペックだと思ったのですが、弾道は力強くやや重めでしっかりしている感じがしました。



ヒール側
ヤマハらしい、ハイレベルなFWです。


これまでのモデルが素晴らしく印象が強いので、今日試打していて驚くようなことはなかったのですが、その素晴らしい性能をきちんと引き継いでいるように思います。



YAMAHA RMX FW
いい意味で、性能はあまり変わっていないように感じました。


一番の違いは易しさ(あがりやすさ)かな?と思いましたが、すごく変わったという感じはしませんでした。


飛びも優れていますが、大きく伸びたという印象は正直ありませんでした。



ヤマハ リミックス フェアウェイウッド
試打をしてとても気に入ったので買おうと思ったけど、予想以上にモデルチェンジが早く買うことが出来なかった・・・。ということは、おそらく多くの方が経験していると思います。


私はたくさん経験してきました。



ヤマハ リミックス フェアウェイウッド
このクラブの場合は、前のモデルを購入できずに諦めかけていたけど、ニューモデルがその性能をきちんと引き継いでいるので、とても喜ばしいことになるのではないかな?と思いました。


カッコいいクラブですが、ハードルの高いクラブではありません。


むしろ、私たち日本人ゴルファーに親しみやすくなるように、様々な工夫がされているように感じました。


それを外見で見せるのではなく、見えないところで勝負しているように感じました。



ヤマハ リミックス フェアウェイウッド
カッコ良さフィーリングの良さ。


そして易しさ・飛びが加わった、ハイレベルなFWです。

                         
        
                         
      
2017年10月02日
  

ヤマハ RMX 018 TOURMODEL アイアン

                 
ヤマハ RMX 018 TOURMODEL アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ RMX 018 TOURMODEL アイアン
の7番です。



ダイナミックゴールド120
シャフトは ダイナミックゴールド120 です。

ロフトは35度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはS200、シャフト重量は118g、バランスはD2、キックポイントは元調子、クラブ総重量は433gです。



正面
とてもカッコいい、ヤマハの軟鉄アイアンです。


シンプルでありながら、目を引くデザインになっています。


軟鉄の風合いも、とてもいいです。



側面
精悍さのあるアイアンです。


先日試打したモデルとは、また違う雰囲気があります。


TOURMODELとなっているので、このモデルが一番正直なタイプになるのでしょうか?


マッスルバックにも見えなくないですが、ハーフキャビティのほうが近いようにも見えます。



ソール幅
ソール幅は、やや狭いです。


今はアスリートモデルでもワイド化が進んでいるように思いますし、このソール幅の狭さは希少な感じがします。


昔は、これくらいが普通でした。



ソール形状
ソール幅の狭さも特徴的でしたが、それよりも形状に目が行きました。


かなり丸みを帯びています。


特にリーディングエッジの削りの大きさが目立っていました。


これは先日試打したアイアンと同じです。


これが、一番の変化ではないかな?と思いました。



ネック長さ
ネックの長さは少し短く見えましたが、今はこれくらいが標準といえるように思います。


ロフトの『スタンディング化』を除けば、アスリートモデルアイアンの昔と今では、ソール形状とネック長さが一番の違いではないでしょうか?



彫りの深さ
彫りも浅く、ほぼマッスルバックに近い感じがします。


これまでのモデルから、バックフェースの形状は微妙に変えてきていますが、性能は大きく変わっていないような気がします。



トップライン
トップラインの厚さは標準的でした。


これくらいの幅ならば、しっかりとイメージが出せるだろう・・・。と思いました。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


先日試打したモデルもそうでしたが、これからもミーリングは採用されないのかもしれません。



オリジナルグリップ
オリジナルグリップは、なかなかいい感じです。


よく見かけるタイプです。


バックラインがありました。



振り感
素振りをしてみても、タイミングが取りやすくいい感じでした。


暴れることなく、しっかりと振っていくことができました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、とてもいいです。


構えやすいです。


ヤマハのアイアンですし、ツアーモデルなので構えやすいのは予想できていましたが、予想通りの構えやすさで安心しました。


ツアーモデルとなっていますが、それほど『小顔感』はありませんでした。


ノーマルな大きさです。


『厚み』があるな・・・。と思いました。


この厚みは『横』ではなく『縦』の厚みです。


つまり『フェース高』が高いということです。


最近はシャローフェース系のアイアンを試打することが多くなったせいか、このように感じることは少なくなりましたが、今日ははっきりと『高さ』を感じることができました。


シャローフェースのアイアンだと『横からはらう』イメージが出しやすいですが、このように適度な高さがあると、上からとらえるイメージが出しやすいです。


私はゴルフ雑誌を読まないので、今はどのように書かれているか分かりません。


横からはらうのが主流なのか、それとも昔と同じように上から打つのが主流なのか・・・。


アイアンの低重心化などもあって、横からということが多くなってきているのかも分かりませんが、私は昔から『上派』です。


上から拾っていくイメージでないと、上手く打てません。


横からだとダフってしまいそうで、難しく感じます。


ワイドソールタイプのアイアンを好まれる方は、横からのイメージのほうが易しいのではないでしょうか?


私はワイドソールを苦手に感じることもあるせいか、上からのほうが易しく感じます。


上からのほうがボールにバックスピンが掛かって飛んでいくイメージも出しやすいです。


いつも通りの感覚で構えることができたということもありますし、ヤマハアイアンに対する信頼性もあってか、とてもリラックスして構えることができました。


過ごしやすい気候になったということもありますし、この美顔を見ていたら、鼻歌でも歌いたくなるような気分でした。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はとても良いです。


ソフトで球の乗りもいいです。


薄くバーンと弾くような打感ではなく、厚みがあってしっかり乗ってくれる打感です。


この一瞬の間が、方向性を出しやすくし、操作性を高めるように思います。


アイアンには持っていて欲しい『球持ちの良さ』が、このアイアンにはありました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点でも、いい感じです。


最近では珍しいすごく自然なあがりやすさです。


7番アイアンらしいあがりやすさといったらいいでしょうか?


ハイテク感を感じさせるあがりやすさではなく、自然なあがりやすさでした。


出球のイメージも合いやすく、ターゲットに対して『上から攻めるイメージ』が出しやすいアイアンです。


今はあがりやすくなるような工夫がたくさん組み込まれているアイアンも多いですが、このアイアンはそれらとは違うと思いました。



バックフェース
『安定性』という点では、正直なタイプです。


スイートエリアが広いという感じはしませんでした。


イージー系ではないですが、しっかりとした『打点』をもっておられる方にとっては、とてもまとめやすいアイアンといえるのではないでしょうか?


当たり負けせずに押していけるので、力強さが安定しています。



飛距離性能
『飛距離性能』という点では、それほど期待はできないのかもしれません。


『飛距離偏重時代』といったら語弊があるかもしれませんが、今は大多数のアイアンが飛距離に重点を置いて開発されています。


そういった意味でも、このアイアンは少数派といっていいように思います。


飛び系のアイアンではないですが、それを補ってあまりある『距離感』を出していけるアイアンです。


『距離感重視』のアイアンといって間違いありません。


何と言っていいのか分かりませんが、『駅とバス停の距離感』といったらいいでしょうか?


電車の停車駅は、バスの停留所に比べ多くの方が利用しますが、その変わり『目的地(会社や自宅など)』からは離れていて、そこからまたバスを利用したり、徒歩や自転車を使ったりと、まだまだ時間がかかることもあります。


その点、バス停はかなり細かく整備されているので、自宅や会社がより近くなります。


もちろん、自宅や会社(勤め先)が駅のすぐそばという方もたくさんいらっしゃると思いますが、そうでない方のほうが圧倒的に多いと思います。


駅と駅の間の区間にいくつのバス停があるか考えてみれば、その距離の違いが分かりやすいと思います。


ひとつの駅を作るよりも、いくつものバス停を作るほうが予算的にもやさしいと思います。


そういう距離感を出しやすいアイアンだな・・・。と、このアイアンを試打しながら感じていました。


短く持って打てば距離を短くすることができますし、微妙なニュアンスも出しやすいです。


ディスタンス系のアイアンでは、こういったことがとても難しいです。


飛ばさないように打っても、どうしても飛んで行ってしまうアイアンが多くなりました。



ヤマハ RMX 018 TOURMODEL アイアン
私がまだアベレージの殻を破れなかった頃、師匠であるレッスンプロに、フルショットばかり練習するな。一球一球強弱をつけろ。同じ球を打つな。と教わりました。


練習場でいくらいい球を打っても意味が無い。いつも実戦を想定して練習するように・・・。と言われました。


イメージ力を働かせろ・・・。とも言われました。


その時はあまり理解できなかったのですが、今ではそれがよく分かります。


また、ひとつの距離を3本以上のアイアンで打てるようになれれば、スクラッチプレイヤーになれると、ラウンドレッスン中に言われたこともありました。


例えば100ヤードをAWだけで打つのではなく、9IやPWでも打てるようになれ。状況によって使い分けるようにならなければだめだ・・・ということでした。


その教えが、今ではすごく活きていると思います。


そういったことも、このような『距離感重視』のアイアンでは易しく感じます。



操作性
『操作性』はとても高いです。


左右に曲げやすいです。


とても反応がいいので、球を打っていても楽しいです。


オートマチック系に無い、マニュアル系クラブがもつ、『心のこもった球筋』といったらいいでしょうか?


こちらの気持ちをクラブがしっかりと読み取って、ボールに伝えてくれているように感じました。


変なクセは無いので、ドローヒッターの方にもフェードヒッターの方にも合いやすいように思います。


グースは弱いので、グースタイプを好まれる方は扱いづらいところがあるかもしれません。


球がつかまりきらず、右にプッシュするかもしれません。



YAMAHA RMX 018 TOURMODEL アイアン
しかし、こういった『適度な大きさ』のアイアンは修正がしやすいというところもプラスポイントだと思います。


オートマチック系では、なかなかこういったことができませんが、マニュアル系では少しずつ修正していって球筋を整えやすくなりますし、それがスイングレベルを上げることにもつながるのではないでしょうか?


自分の今の状態や足りないところを把握しやすいのは、とても大きなことだと思います。



ヒール側
これまでのヤマハのツアーモデルアイアンと大きな違いは見られませんでしたが、それでもいいところがしっかりと継承されているので、いいアイアンだな・・・。と思いました。


一番の違いはソール形状で、リーディングエッジの削りの大きさが目立っていました。


今日は練習場のマットの上からだったのでよく分かりませんでしたが、おそらく実際の芝の上でも突き刺さらずに、上手く抜けてくれるだろう・・・。と思いました。



YAMAHA RMX 018 TOURMODEL アイアン
ヤマハらしい、とてもいいアイアンだな・・・。と思いました。


試打をしていると、練習場だけで終わってしまうクラブもあれば、コースでも使ってみたいと思えるクラブもあります。


このアイアンは後者でした。


コースで使ったら、とても楽しいだろうな・・・。と思いました。


打感の良さ・距離感の出しやすさ・微妙なニュアンスの出しやすさ・操作性の高さが、このアイアンの大きな長所です。


アイアン好きの私にはたまらない魅力がありました。


試打するのが楽しくて、あっという間に予定の球数と時間をオーバーしてしまいました。

                         
        
                         
      
2017年09月21日
  

ヤマハ RMX 118 アイアン

                 
ヤマハ RMX 118 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ RMX 118 アイアン の7番です。



N.S.PRO RMX95
シャフトは N.S.PRO RMX95 です。

ロフトは31度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は98g、バランスはD1、キックポイントは中調子、クラブ総重量は421g です。



正面
久し振りに出会った、ヤマハの軟鉄アイアンです。


前のモデルの116を試打したのが2年前なので、ずいぶん長く感じます。


117というモデルが発売されるのでは?と期待していたのですが、出会うことはありませんでした。


今日は久し振りに出会うことができて、とても嬉しく思っています。



ヤマハマーク
このアイアンの特徴といえば、フルキャビティタイプであることと、このトゥ側にあるヤマハのマークです。


これはウェイトではなく、単なるマークだと思います。


あくまでも私の好みとしては、このマークは、このように端っこにあるのではなく、中央にあって欲しいです。


そのほうがすっきりしていますし、打感に厚みをもたせるイメージが欲しいです。


アイアンをトゥ側でヒットすると、大きなミスにつながりやすいですが、そのイメージをもたせないようなデザインであって欲しいと思っています。


キャビティ形状は大歓迎ですが、ヒッティング部分の厚みがキープされていると嬉しいです。


薄くてバーンと弾くのではなく、厚みがあってその厚みで押していけるイメージが欲しいです。



側面
オーソドックスなフルキャビティアイアンです。


ヤマハらしく、センスのいいデザインに仕上がっています。


奇をてらったところは全く見られません。



彫りの深さ
彫りの深さは充分あります。


見慣れた感じのフルキャビです。


最近はポケキャビが多くて、このようなキャビティは少ないような気もしますが、私はこのタイプのほうが好きです。


ポケットの効果を必要としていないということもありますし、何より掃除がしやすいというのが大きいです。



ヒール側の凹み
ヒール側には大きな凹みがありました。


この位置だけにあるのは珍しいですが、これも適正な重量配分によるものなのでしょうか?



トップライン
トップラインは少し厚めでしたが、気になるほどではありませんでした。



ソール幅
ソール幅はノーマルでした。


ワイドタイプではありませんでした。



リーディングエッジ
それよりも、この『削り』に目が行きました。


リーディングエッジが、かなり削り込まれています。


これは抜けを良くする為だと思いますし、最近は削り込まれているアイアンが多いですが、ここまではっきりと大きく削り込まれているアイアンは珍しいように思います。


平らというよりは、完全に丸みを帯びたソール形状です。


これが、このアイアンの一番の特徴ではないかな?と思いました。



ネック長さ
ネックの長さはノーマルでした。


ロングタイプではなく、かといってショートでもなく、普通な感じがします。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


ヤマハのアイアンはミーリングのイメージがありますが、最近は採用されていません。



オリジナルグリップ
オリジナルグリップは、なかなかいい感じです。


よく出会う、オーソドックスなタイプのグリップです。


バックラインがありました。


今は圧倒的にバックライン有りが多いように感じます。


それだけ多くの方がバックライン有りを求めておられるのだと思います。



構え感
ボールを前にして構えてみた感じは、まずまずでした。


セミラージサイズで、グースも少し目立っていました。


大らかそうな印象を与えてくれますが、違和感なく構えられるのは、これくらいが限界かな?と思いました。


このような『大顔』タイプだと、グースも『セット』になるのが普通のような気がします。


私がアイアンに求めたい顔とはちょっと違うのですが、このようなタイプを好まれる方はたくさんいらっしゃると思います。


大らかそうな印象を与えながら、決して形が崩れていないところがヤマハらしいな・・・。と思いました。


ヤマハのクラブは構えやすくなければならない・・・。と、私は勝手に思い込んでいます。


グースの利きも目に入りますが、引っ掛かりそうな感じもしなかったですし、強い苦手意識は芽生えてきませんでした。


小顔でストレートタイプだと、小回りが利くといいますか、小気味よく振っていける感じがしますが、このように少し大きいタイプだと、ゆっくりと穏やかに振っていく感じが合いやすいかな?と思いました。


軟鉄のいい風合いがあって、落ち着いて構えることができました。




試打を開始しました。

打感
『打感』は、なかなかいい感じでした。


軟鉄らしいソフトさもありましたが、すごく乗っかるというよりは、少し早く飛び出す感じです。


キャビティらしいフィーリングです。


これまでもたくさん経験してきました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は、なかなかいい感じでした。


タフなタイプのアイアンではないと思いました。


最近のメカニカルな感じのアイアンと比べると、シンプルな感じもしますが、あがりやすくなるように色々な工夫がされているのだと思います。


ソールが引っ掛からずスッと滑って早く駆け抜けてくれるので、あがりやすさが増しているのかな?と思いました。



バックフェース
『安定性』は高いです。


フルキャビティらしい、大らかで易しいアイアンだと思いました。


ヒッティングポイントを『点』ではなく、『面』で意識できるアイアンだと思いました。


横の範囲も広く感じました。


やや大顔な感じのするアイアンですが、球はしっかりとつかまってくれました。



飛距離性能
『飛距離性能』は高く、完全に一番手以上違う感じがしましたが、今はこういうアイアンのほうが多いので、特に目立つ感じはしません。


ノーマルなディスタンス系アイアンといったところでしょうか?


これからは、こういうタイプがもっと増えて、いずれ『ノーマル』といえるようになるのかもしれません。


7番アイアンのロフト=『36度から34度』が、『32度以下』が常識となるのかもしれません。


私の感覚では、6番アイアンよりちょっと上の飛びをもったアイアンという印象でした。



操作性
『操作性』は、まずまずでした。


左右にも曲げることはできましたが、少し大らかさのほうが勝ってしまっている感じがしました。


あまり操作するタイプではないような気もします。


オートマチック性を感じました。



ヒール側
ヤマハのアイアンというブランド力。


軟鉄の美しい風合いと落ち着き感。


今のニーズに合う、『飛距離』と『易しさ』


それらがミックスされたアイアンといっていいと思います。



YAMAHA RMX 118 アイアン
一番印象に残ったのはソール形状で、リーディングエッジがこれだけ大きく削られているのだから、実戦でも、かなり活躍してくれるだろう・・・。と思いました。


芝とケンカしないタイプのソール形状です。



YAMAHA RMX 118 アイアン
今日は練習場のマットからの試打でしたが、今度機会があったら、実際の芝やラフ・ベアグランドでも試してみたいと思いました。


逆目の芝にも、上手く対応してくれるのではないかな?と思いました。



YAMAHA RMX 118 アイアン
易しさが強くにじみ出ているアイアンですが、落ち着いたデザインですし、フィーリングを邪魔するところもないので、上級者の方にも受け入れられやすいのではないでしょうか?


オシャレなデザインですが、気難しいタイプではないので、初めて軟鉄を使ってみたいという方にも、是非試していただきたいと思いました。


                         
        
                         
      
2016年08月18日
  

ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー

                 
ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー です。



TMX-417D
シャフトは TMX-417D です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはSR、シャフト重量は48g、バランスはD0、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は281g です。



正面
ヤマハの新しいドライバーです。


ヤマハは美しいクラブが多いですが、このモデルは紺色のインパクトが大です。


このモデルが今年の主力モデルなのでしょうか?


派手さは無いですが、印象に残りやすいデザインです。



側面
形状自体はオーソドックスなシャローといった感じがします。


調整機能も付いていないですし、シンプルなデザインです。


昔から、シンプルなヘッドは高性能な物が多いということをたくさん経験しているので、このドライバーにも期待感がもてます。



ULTRA DISTANCE
ULTRA DISTANCEという文字がありました。


とても頼もしいネーミングです。



ネック長さ
ネックは短めですが、見慣れた長さです。



シャローヘッド
このシャローヘッドも、今の主流といっていいと思います。


ニューモデルではあっても、世の中のニーズにきちんと応え、正統派を貫いているように思えてきます。


奇をてらっていないのも、ヤマハの特長だと思います。


なので、ヤマハのブランドイメージは私の中で、とても高いです。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップは、場所によってパターンが違っていました。


最近、こういうタイプをよく見かけるようになりました。



フェース面のデザイン
フェース面のヒッティングエリアは『溝無し』でした。


これもよく見かけます。


高い反発を得る為に、フェース面をギリギリに削って、強度をもたせる為に溝を無くしているのでしょうか?


ドライバーのようなロフトの立ったクラブは、フェース面に溝が無いと、ボールとの接触面積が広がり、スピンが高まりやすいと訊いたことがあるのですが、このドライバーもそうなのかな?と思いました。



顔
顔は見慣れた感じでした。


しかし、『ヤマハ顔』というよりは、キャロウェイのビッグバーサを思い出しました。


ビッグバーサによく似ているな・・・。と思いました。


今度機会があれば、見比べてみたいと思います。


ヘッドの形状もそうですし、クラウンの色から、ビッグバーサを連想しました。



振り感
素振りをしてみると、かなり軽量でシャフトもよく動きました。


ビュンビュンビュンビュン、風を切る音が耳に届いてきました。


ヘッドはオーソドックスな感じがしましたが、結構ソフトスペックに仕上がっているな・・・。と思いました。


インプレスはハード系からソフト系まで幅広いです。


ダンロップのスリクソンとゼクシオのように、いくつかのブランドが混在していてもいいのではないかな?と思いました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、ちょっと個性的だと思いました。


特にヒール部分に特徴が見られました。


ここの部分がもっと真っ直ぐになっていたほうが構えやすくなるような気もしたのですが、メーカーも敢えてこのようにしているのだと思います。


逃がすというよりは、完全につかまえ系の顔に見えました。


ヒール側で打つのはちょっとNGかもしれない・・・。


真ん中から少しトゥ側に意識をもっていったほうがいいような気がしました。


ただ、苦手意識が芽生えるというほどではありませんでした。


フェース面を上手く使っていければいい・・・。という考えでした。


まずは気持ち良く振っていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、結構『しっかりめ』でした。


ソフトというよりは、しっかりという感じでした。


やや硬めの打感です。


『球の重量感』が手に伝わってきました。



打球音
『音』は、はっきりした感じの金属音です。


気持ち良くインパクトを迎えることができました。


好感のもてる音です。


ヤマハらしい、『グッドサウンド』といったところでしょうか?



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。


タフな感じは全くしません。


10.5度というロフトということもありますし、弾道は高めでした。


もっと立ったロフトでも試してみたいと思いました。



バックフェース
『安定性』という点では、予想通りのイージー系でした。


シビアな感じはしません。


しかし、私は最初からフックボールを打ってしまいました。


最初構えたときに、つかまりやすそうだな・・・。と思っていたのですが、その印象通りでした。


フェースが極端に被っているようには見えなかったのですが、球はとてもつかまりやすいです。


球がつかまりやすくてあがりやすいドライバーが好きだけど、フックフェースは構えづらくて苦手だ・・・。という方はたくさんいらっしゃると思います。


そういった方々には、是非試していただきたいと思いました。


すごく易しく感じられるのではないでしょうか?


球が滑って右に逃げるということにはなりにくいドライバーだと思います。


フェース面がしっかりボールをとらえてくれました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかいい感じです。


最近のドライバーらしい特徴が感じられました。


高い弾道とつかまりの良さ。


そして、弾く力の強さ。


この3つのバランスがとてもいいと思いました。


ヒッタータイプの方だけでなく、スインガータイプの方にも合いやすいドライバーだと思います。



操作性
『操作性』という点では、私はフック系のボールのほうが打ちやすいと思いました。


真っ直ぐにもなかなかなりきらず、少しつかまり系の球が出やすいと思いました。


意識して逃がしているつもりでも、自然とつかまる感じがありました。


スライサーの方には易しく感じられるのではないでしょうか?


つかまえにいくと、少し難しく感じたので、私の場合はずっと逃がす感じのほうが方向性はとれるように感じました。


慣れてくると、だんだんと右に曲げることもできましたが、基本的にはかなりつかまりのいいドライバーだと思います。


大型ヘッドにありがちな『フェースターンの遅さ』『返りにくさ』というマイナス的なことは解消されていると思いました。



ヒール側
ニューモデルではありますが、正直驚くようなところはありませんでした。


ある程度『予想の範囲内』で収まっていました。


しかし、それは期待を裏切られていないということでもあり、好感のもてるところでもあります。



YAMAHA inpures UD+2 DRIVER
調整機能も付いていないですし、とてもシンプルなヘッドです。


シンプルだからといって手を抜いているということではなく、飛びの要素がギュッと凝縮していますし、『性能』にこだわっていると思います。


すっきりした感じがとてもいいです。



YAMAHA inpures UD+2 DRIVER
高性能ですが、特に変わったところも見られないですし、今回は『一回休憩』なのかな?という思いもありました。


次のモデルではあっと驚くようなことになるのかもしれません。



YAMAHA inpures UD+2 DRIVER
これからもヤマハから目が離せません。


                         
        
                         
      
2016年08月05日
  

ヤマハ インプレス UD+2 アイアン

                 
ヤマハ インプレス UD+2 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブはヤマハ インプレス UD+2 アイアン の7番 です。



N.S.PRO ZELOS7
シャフトは N.S.PRO ZELOS7 です。

ロフトは26度、クラブ長さは37.75インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は74g、バランスはD0、キックポイントは先調子、クラブ総重量は380g です。



正面
ヤマハインプレスのラージサイズアイアンです。


以前にも同じようなアイアンに出会ったことがあるので、コンセプトは大体分かっているつもりなのですが、改めて見ると凄いな・・・。と思いました。



側面
かなり個性的な形状です。


アイアンというカテゴリーに入りながら、他の部分も追求しているように見えます。


最近は、このようにクラブが『ボーダーレス化』してきたような気もします。



彫りの深さ
かなり彫りが深くて、色々な工夫が見られます。


機能性を感じさせますが、チープさはありませんでした。


こういったところがヤマハらしいと思いました。



ソール幅
超・ワイドソールです。


最初から予想していましたが、改めてみると、その広さに驚かされてしまいます。


バックフェースの部分の膨らみは後から付け足しているように見えました。



FRIC OFF SOLE
その部分には『FRIC OFF SOLE』という文字がありました。


埋め込みではないソールということでいいのでしょうか?


メーカーの工夫と自信が感じられます。


ここの部分が、このアイアンの『肝(きも)』といえるところではないのかな?と思いました。



ネック長さ
ネックは短めですが、しっかりと長さがキープされていました。


スラッとしたタイプではなく、『寸胴』に近いタイプです。


グースタイプであることも分かりました。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


やはり、アイアンには必要ないということなのでしょうか?


ノーマルなフェース面だと思いましたが、2本の白い線がよく目立っていました。


構えやすさにも気を配っているようです。


私はこの白い線の必要性を感じていないのですが、この白い線があったほうがターゲットにしっかりと構えることができるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?


それが1本ではなく2本もあるので、その効果がさらに強まっているのかもしれません。



トップライン
トップラインは、やや厚めでしたが、違和感があるほどではありませんでした。


普通に構えることができるだろうな・・・。と思いました。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップはラバータイプで、とてもいいフィーリングです。


最近のグリップによく見られるのですが、このグリップも場所によって、色々とパターンが違っていました。


これは『飛距離』というよりも、『滑りにくさ』が強化されているのではないかな?と思いました。


ルールの範囲内で、優れた機能をもたせてくれるのは、とてもありがたいことです。



構え感
ボールを前にして構えてみると、予想していたよりも好感がもてました。


もっと強いクセがあるのかと思っていましたが、そうでもありませんでした。


ラージサイズではありますが、それ以外に苦手に感じるところはありませんでした。


グースも利いていますが、強すぎないので、普通に対応していけるだろう・・・。と思いました。


面長タイプなので、インパクトの時に、少し『当たり負け』してしまうのではないかな?と思えるところがあったのですが、特に不満はありませんでした。


こういうタイプのアイアンの中では、好感のもてるほうだと思いました。


以前試打したモデルよりは、明らかにこちらのほうが構えやすさがアップしていると思いました。


色々なところがパワーアップされていると思うのですが、今のところ『構えやすさ』が一番の改善点だと思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、まずまずでした。


しっかり感と、柔らかさの両方が混在しているように感じました。


ボールがフェースに『ふんわり』と乗るというよりは、明らかに弾く感じのほうが強いです。


はっきりとした『弾き系』アイアンです。


このような打感に好感をもたれる方も多いのではないでしょうか?



打球音
『音』は結構大きめでした。


アイアンの中では、かなり大きいほうだと思います。


こういったところがアイアンらしからぬところだと思いました。


バーンと弾く感じの音です。


大きめではありますが、苦手に感じることはありませんでした。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。


何の工夫も要らないといったら大袈裟かもしれませんが、普通に球を拾っていく感じで、球は充分過ぎるほど上がってくれました。


あがりやすくなるように、色々な工夫がされているのだと思います。


『横からはらう』イメージでボールを運んでいきたい方には、とても易しく感じられるのではないでしょうか?


弾道も高いです。


スピンというよりは高さで止めていくタイプだろう・・・。と思いました。



バックフェース
『安定性』も高いです。


スイートエリアも『最大級』といっていいほど広く感じます。


構えたときに当たり負けしてしまうのでは?と思っていたのですが、そうでもありませんでした。


打点のブレにも、かなり寛容だと思いました。


『大らか』というよりも、いい意味で『鈍感』と思えるほどの易しさを感じました。



飛距離性能
『飛距離性能』はかなり優れていました。


これまでも同様のタイプを試打しているので、予想はしていたのですが、やはり凄いな・・・。と思いました。


7番アイアンとしては『規格外』の飛び性能をもっています。


このアイアンの長所は色々とありますが、明らかに飛距離に特化したアイアンといっていいと思います。



YAMAHA inpres UD+2 アイアン
アイアンというよりはユーティリティに近いイメージをもちました。


アイアンは距離を刻む物ではなく、易しく飛ばす物といった主張をしているようです。


このアイアンは『7番』ですが、『6番』や『5番』になると、どのような飛びになるのだろう?と思いました。


本数制限があるので、ひょっとしたらユーティリティやFWを入れる本数も少なくなってしまうのではないかな?と思いました。



ヒール側
元々アイアンのロフトピッチは『4度』が原則といいますか、基本だと思いますし、番手を変えることによって『10~15ヤード』くらい距離が変わっていくのが自然だと思うのですが、このアイアンの場合どうなるのだろう?と思いました。


おそらく、かなりの幅があるだろう・・・。と思いました。


飛ぶ代わりに、距離の打ち分けが難しくなるだろう・・・。と思いました。


そして、その額面通り打てるとは限らないような気もしました。



操作性
『操作性』という点では、ちょっと苦戦しました。


なかなか思うような球が打てませんでした。


かなりオートマチック性が高いと思いました。


細工をするタイプではなく、クラブに任せていくのが自然だと思いました。



YAMAHA inpres UD+2 IRON
このアイアンは単体ではなくセットですが、この7番でこれだけ凄いのだから、番手を選んで1本ないし2本をバッグに入れておくのも有効ではないかな?と思いました。


ユーティリティ代わりに使っていけると思いました。


200ヤード前後がとても易しくなるだろう・・・。と思いました。



YAMAHA inpres UD+2 アイアン
このアイアンの最大の長所は何といっても『飛距離性能』です。


今は距離のでるアイアンがたくさんありますが、ここまで特化したものはあまり無いように思います。


アイアンに飛距離を第一に求めておられる方には、是非試していただきたいと思いました。



YAMAHA inpres UD+2 アイアン
先ほども書きましたが、構えやすさが向上しているのがいいと思いました。


かなり個性的なアイアンだとは思うのですが、変な個性といいますかクセのようなものはあまり感じませんでした。


私の中でのストライクゾーンからは外れてはいるのですが、強い苦手意識のようなものは芽生えませんでした。



YAMAHA inpres UD+2 アイアン
このようなアイアンに出会うと、クラブも『個性の時代』に入ったんだな・・・。と思います。


同じようなクラブがたくさんある今、このようなはっきりとした性格のクラブがユーザーのハートをキャッチするのかもしれません。


人によって、かなり好みが分かれるとは思いますが、このアイアンの個性に魅力を感じられる方には、とても頼もしい相棒になってくれるのではないでしょうか?

                         
        
                         
      
2015年12月13日
  

ヤマハ RMX FW (3番)

                 
ヤマハ RMX FW
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ RMX FW の3番です。



Speeder EVOLUTION II FW 60
シャフトは Speeder EVOLUTION II FW 60 です。

ロフトは15度、クラブ長さは43インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は68g、バランスはD2、キックポイントは中調子、クラブ総重量は332g です。



正面
とてもカッコいいヤマハのフェアウェイウッドです。


以前、クリークを試打したことがあるのですが、すごく気に入ったので、違う番手も試打してみたいと思っていました。


今日は、その念願が叶ってとても嬉しく思いました。



側面
ディープというよりは、明らかにシャローなタイプのスプーンです。


最近は、このようなシャローなタイプのほうが多いように思います。



ウェイトのようなもの
ヘッド後方には、ヤマハマークの丸いアクセサリーのようなものがあります。


ウェイトでしょうか?


それとも単なるアクセサリーに過ぎないのでしょうか?


クリークと共通しています。


派手さは無く、落ち着いたデザインで好感がもてます。



ネック長さ
ネックの長さは、今のFWの中ではノーマルなほうだと思います。



シャローヘッド
こうして見ても、かなりのシャローヘッドです。


スプーン=ディープという昔のイメージは全くありません。


この角度から見ると、一体何番のクラブなのか解りません。



顔
顔がとてもいいのが、ヤマハのクラブの共通した特長です。


ヤマハは顔がいいのが当たり前のようなところもありますし、その伝統がこのクラブにも引き継がれています。


かなりのシャロータイプでありながら形が崩れていないところが魅力的です。



振り感
素振りをしてみても、いい感じです。


このオレンジ色のシャフトは暴れることなく、しっかりとついてきてくれました。


タイミングも合いやすいです。



構え感
ボールを前にして構えてみても、予想通りいいです。


すごく構えやすいです。


かなりのシャロータイプですし、球があがりやすそうだったので、今日は直打ちで試してみることにしたのですが、それでもすごくあがりやすそうな印象を受けます。


フェース面の見え具合はスプーンらしいところもあるのですが、球が浮きやすそうだな・・・。というのがすごく伝わってきました。


ラインもイメージしやすく、素直に振っていけばいいのだと思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで、とてもいいです。


クリークのイメージのまま打っていくことができました。


心地良い感触がしばらく手に残りました。



打球音
『音』も、いいです。


はっきりとしていますが、大きすぎず気持ち良く振っていくことができました。


インパクトをしっかりと耳で感じとることができる音です。


何といいますか、『球筋を整えてくれる音』だな・・・。と思いました。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。


直打ちでも、充分あがってくれました。


スプーンということを忘れてしまいそうでした。


タフなFWではないと思いました。


クリークを試打したときに、よくあがるな・・・。と思ったのですが、それがスプーンになってもあまり変わらない印象でした。



バックフェース
『安定性』という点では、普通だと思いました。


特別曲がりにくいというタイプではないと思いましたが、顔がいいですし、シャフトもしっかりしているので、ラインも出しやすいですし、球が乱れる気配はありませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れているな・・・。と思いました。


球がしっかりとあがってくれ、ドロップすることなく、綺麗な放物線を描いていきました。


キャリーもしっかり稼ぐことができました。


ティアップしてもいいパフォーマンスを発揮してくれそうでしたが、直打ちで充分だな・・・。と思いました。


これだけよく飛んでくれるのならば、『直打ち用3W』として、バッグに入れておきたいな・・・。と思うほどでした。



操作性
『操作性』は、まずまずでした。


左右どちらとも同じように反応してくれました。


敏感過ぎるタイプではなく、ある程度の大らかさのようなものをもっているように思いました。



ヒール側
ヤマハの今年のモデルはドライバーなどもいいですが、このFWもすごくいいな・・・。と思いました。


クリークもいいですが、どちらかというと私はこの3Wのほうが購買意欲を刺激されました。



YAMAHA RMX FW
このようなクラブが1本入っているだけで、すごく楽になるだろうな・・・。と思いました。


パー5のホールで、ティショットをミスしても、セカンドでこのクラブがカバーしてくれそうだな・・・。と思いました。



YAMAHA RMX FW
顔がいいのはヤマハなので、当然ですが、一番印象に残ったのは『球のあがりやすさ』です。


タフな感じは全くしませんでした。


打感や音もいいので、使っていてもストレスを感じません。



YAMAHA RMX FW
今日は練習場でしたが、機会があれば是非コースでも試してみたいです。


練習ラウンド無しで、いきなり競技で使ってみるのもアリだな・・・。と思いました。


                         
        
                         
      
2015年11月10日
  

ヤマハ RMX 116 ドライバー

                 
ヤマハ RMX 116 ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ RMX 116 ドライバー です。



ATTAS G7
シャフトは ATTAS G7 です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.25インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は65g、トルクは3.8、バランスはD2、キックポイントは中調子、クラブ総重量は315g です。



正面
ヤマハRMXの新しいドライバーです。


先日216を試打しましたが、今日は116を試打する機会に恵まれました。


216もそうでしたが、この116もヤマハらしい美しいドライバーです。


見ているだけで、やる気が出てきます。



側面

216はシャローなタイプでしたが、このドライバーは違います。


ディープといいますか、『塊(かたまり)感』のあるヘッドだな・・・。と思いました。


シャロー系も今はすごく性能が高くなっていますが、やはりディープ系にはたまらない魅力があります。


今のディープ系ドライバーは、昔ほど敷居が高くないものが多いので、敬遠する必要は全くないと思っています。



YAMAHA RMX 116 ドライバー
フェース面のデザインが216とは違います。


姉妹モデルでも、違うコンセプトで作られているのでしょうか?


ヤマハは姉妹モデルをいくつか同時に発売するイメージがありますが、こういった『フェース面の違い』は、ずっと続いているように思います。


このドライバーのフェース面はオーソドックスなタイプです。


これまでの例で考えてみますと、『ツアーモデル』という位置づけでいいのでしょうか?



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されていました。


216と同じです。


シャフトを替えるためだけのシステムといったほうがいいのかもしれません。



ネック長さ
ネックの長さはまずまずです。


すっきりしていて好感がもてます。


この角度から見ても、ヘッドに厚みがあるのが分かります。



トゥ側のウェイト
トゥ側

ヒール側のウェイト
ヒール側


トゥ側とヒール側には、それぞれひとつずつウェイトが配置されていました。


216はひとつだけだったので、ここが異なっている点です。


トゥ側には『4G』。


ヒール側には『13G』と表示されていたので、それぞれ4gと13gということでいいのだと思います。


ヒール側に重量をもってきているということは、重心距離を短くしつかまりやすくしているのでしょうか?


他にも違う重さのウェイトが用意されているのであれば、色々と試してみたいと思いました。



顔
いい顔をしています。


コンパクトで逃がし顔です。


左へのミスが怖い私には安心できる顔をしています。


ヘッド後方が少し伸びていているのが目に入ったせいか、見とれるようなことはありませんでした。


しかし、とてもいいイメージの出せる顔をしているな・・・。と思いました。



セミディープ
セミディープバック形状といっていいでしょうか?


最近のドライバーの中では、明らかに厚みがあるほうだと思いますが、ディープバックというほどではないと思いました。



振り感
素振りをしてみても、好印象でした。


最近何度か試打しているシャフトで、もうすっかり馴染んできているように思います。


『走り系』ですが、それほど暴れる感じがしないのがいいです。


昔の走り系は、ラインを出しづらく感じる物もありましたが、最近のモデルはすごく易しくなってきているように思います。


挙動が安定しているといったらいいでしょうか?


ATTAS G7は、ディープ系のヘッドとの相性が抜群のシャフトといえるのではないかな?と思いました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、いい印象をもちました。


構えやすいです。


先ほども書きましたが、逃がすイメージが出せたので、私は楽に感じました。


ディープ系ですし、ヒッタータイプの方に合いやすいドライバーだと思いますが、ヒッタータイプの方でも、日頃スライスに悩んでおられる方には、やや構えづらいところがあるかもしれません。


スクエアフェースだと訊いたのですが、トゥ側が主張し過ぎていないので、フェード系のイメージが出せました。


つかまり過ぎない感じがしたので、気持ち良く振っていけそうだな・・・。と思いました。


方向性への不安は全くありませんでした。


弾道はどちらかといえばライナー系に近いイメージが出ました。


かなり好みのタイプです。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトです。


予想していた通りのグッドフィーリングでした。


ボヤけた感じが無く、はっきりしていました。


クリアな打感といったらいいでしょうか?


ほんの一瞬ではありますが、フェースに乗っかっている感触を楽しめるドライバーです。



打球音
『音』は、予想していたよりは少し大きめだったのですが、全く問題ないです。


インパクトが緩まず、しっかり振っていくことができました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、しっかりとした印象をもちました。


高弾道タイプではありません。


ライナー系に近い感じです。


見た目通り、ややタフなドライバーだと思います。



バックフェース
『安定性』という点では、正直なタイプだと思いました。


『曲がりづらい』とか『高い直進性』があるとは思いませんでした。


シビア過ぎることもないのですが、『白は白』『黒は黒』といったように、結構はっきりしているな・・・。と思いました。


寛容さをドライバーに求めていきたい・・・。という方には、先日試打した216のほうが合いやすいように思います。



飛距離性能
『飛距離性能』は、かなり優れているな・・・。と思いました。


先日試打した216も、かなりいい印象が残っていますが、私にはこの116のほうが距離も出ていると思いました。


弾道がかなり力強いですし、無駄が無い感じがします。


初速が速くて、ボールにターボエンジンが乗っかっているようだな・・・。と思ってしまいました。


デザインや形状などはシンプルですが、かなりポテンシャルが高いドライバーだと思いました。



操作性
『操作性』は良いです。


反応が良く、左右どちらにも打っていくことができました。


構えたときに逃がすイメージが出せたので、右に曲げることも簡単でしたが、予想していたよりも球がつかまりやすいな・・・。と思いました。


装着されているシャフトも影響していると思いますし、ヒール側のウェイトもよく効いているのかもしれません。



ヒール側
今はオートマチック系のドライバーが多いですが、このドライバーは少数派といってもいい、マニュアルタイプです。


シビア過ぎる感じはしませんが、ある程度の正直さは持ち合わせているので、自分の持ち球で勝負していきたい・・・。という方に合いやすいと思います。



YAMAHA RMX 116 DRIVER
マニュアル系ということも印象深いですが、一番印象に残ったのは、その飛距離性能の高さです。


全体的な形状やデザインなどは特に変わったところが見られず、オーソドックスといいますか、むしろ控えめな感じもしますが、内部に様々な工夫がされているのかもしれません。



YAMAHA RMX 116 ドライバー
派手すぎず控えめでありながら、性能が高い・・・。


まさに、私たち日本人が好む性格をしているといってもいいのではないでしょうか?


実際に同じシャフトで打ち比べてみないと詳しいことは分かりませんが、私は216よりも、こちらの116のほうが気に入りました。


今度機会があれば、打ち比べてみたいと思います。



YAMAHA RMX 116 ドライバー
また何度でも試打してみたいですし、是非コースでも使ってみたいと思いました。


ヤマハらしい、ハイレベルなドライバーです。

                         
        
                         
      
2015年11月06日
  

ヤマハ RMX 216 アイアン

                 
ヤマハ RMX 216 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ヤマハ RMX 216 アイアン の7番です。



N.S.PRO RMX85
シャフトは N.S.PRO RMX85 です。

ロフトは30度、クラブ長さは37インチ、バランスはD0、キックポイントは中調子、クラブ総重量は397g です。



正面

ヤマハの新しいアイアンです。


先日、軟鉄アイアンを試打したのですが、このアイアンはまた違うタイプです。



側面

形状的には普通のフルキャビティといったところですが、ところどころに工夫が見られます。


『機能性アイアン』といっていいと思います。


ラージサイズのアイアンです。



彫りの深さ

彫りの深さは結構ありますが、厚ぼったくないのがいいです。



トップライン

トップラインは少しだけ厚く見えましたが、気になるほどではないと思いました。



ソール幅

ワイドソールです。



ネック長さ

ネックは短めで、いわゆる『頭でっかち』タイプのアイアンです。


最近よく見かけます。



ミーリング無し

フェース面にミーリングはありませんでした。


ごく普通のフェース面です。


ヤマハのアイアンはミーリングのイメージがありますが、このニューモデルには採用されていませんでした。



構え感

ボールを前にして構えた感じは、正直好みの顔ではなかったのですが、これまでもたくさん経験していますし、ある程度予想していました。


グースの利きも目立っていましたが、このようなラージサイズのアイアンはグースがセットになっているように思います。


『普段着感覚』ではなく『よそ行き感覚』ではありますが、苦手意識が強すぎることはありませんでした。


全体的に軽量感もあったので、まずは無難に打っていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

YAMAHA RMX 216 アイアン

『打感』は予想していたよりも良かったです。


もっと大味な感じの打感かな?と思っていましたが、そうではありませんでした。


メーカーが打感にこだわって作っているようには思えなかったのですが、大きく外れている感じがしないところに好感がもてました。


これまでのラージサイズアイアンにありがちな、ボヤけた感じでもなく、しっかりと伝わってくるものがありました。


繊細さは感じませんでしたが、大きな不満もありませんでした。



トゥ側

球はとてもよくあがりました。


低重心タイプの特徴といってもいいと思うのですが、ほぼ『自動的にあがってしまう』という感じのあがりやすさです。


タフさとは無縁のアイアンだな・・・。と思いました。



バックフェース

『安定性』も、高いものを感じました。


大らかなタイプのアイアンです。


『点』ではなく、『面』で打っていけるアイアンです。



飛距離性能

『飛距離性能』は、かなり優れているな・・・。と思いました。


球をバーンと弾いて強く飛ばしていけるタイプです。


今はこのようなタイプが多いので、このアイアンの飛距離性能もおそらく高いだろうと思っていたのですが、やはり凄いな・・・。と思いました。


今のアイアンは二極化が進んでいて、『飛びすぎないタイプ』と『飛距離を追求するタイプ』に分かれているように思います。


でも、その比率は飛距離追求タイプのほうが高いように思います。


今はアスリートモデルと呼ばれるアイアンでも、少しずつロフトが立って距離が出るようになっています。


ヤマハのアイアンは『フィーリング重視』のイメージもありますし、このアイアンのような『機能性重視』のイメージもあります。


モデルによって、はっきりしているので、私たちユーザーも分かりやすくていいのかもしれません。



操作性

『操作性』は、少し難しく感じましたが、左右に曲げることもできました。


ヘッドが大きく見えましたし、なかなかイメージが出せなかったのですが、少し強引に曲げていくことができました。


飛距離系アイアンなので、操作性よりも安定性を重視しているんだな・・・。と思いました。



ヒール側

飛距離性能にこだわったアイアンだと思います。


あがりやすさやブレに対しての強さもあって、かなり敷居の低さもありました。


今のニーズに合ったアイアンだと思います。