muziik - ゴルフクラブ試打日記。
モウダス


在庫売り尽くし スコッティキャメロン専門店 Himawari

muziikのカテゴリー記事一覧

メイン

muziik

      
2024年03月25日
PR
  

muziik On The Screw DU 2 HEAVEN ユーティリティ

                 

muziik On The Screw DU 2 HEAVEN ユーティリティ
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
muziik On The Screw DU 2 HEAVEN ユーティリティ の3番 です。



TURFRIDER TR-6
シャフトは TURFRIDER TR-6 です。

ロフトは21度、クラブ長さは40.5インチ、シャフトフレックスはS、バランスはD0、クラブ総重量は348g です。



正面
muziik On The Screwのユーティリティです。

とても個性的なデザインですが、見慣れてきましたし、以前試打したクラブに良い印象をもっているので、このクラブにも親近感が湧きます。



側面
こうして見ても、様々な機能が注ぎ込まれた、ハイテクタイプのユーティリティであることが分かります。

ソールにはいろいろな工夫がされていて個性的ですが、構えたときにそれを感じさせないところが魅力的です。



ソールのウェイト
ソールにある、この大きなパーツに目が行き、一目でmuziikと分かるほどの認知度を高めていると思います。



Three
番手を表す、この『Three』という文字がオシャレですね。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されています。



On The Screw
トゥ側には『On The Screw』の文字。

ホント、いつも芯を食って100%パワーを伝えるインパクトをしたいものです。



装着されているグリップ
装着されているグリップはmuziik純正です。



グリップエンド
グリップエンド
グリップエンドにmuziikのロゴがあります。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。



STD
試打するのは、この『STD』です。



DRAW -1
DRAW -1

+1 DRAW
+1 DRAW

STD +2
STD +2

他にも、いろいろなポジションがあります。

メーカーによっては、ドライバーだけ調整システムを搭載して、FWやUTには搭載していないこともありますし、ドライバーやFWにはあってもUTには無いこともありますが、このmuziikのオンザスクリューはユーティリティにも搭載されていて、それだけ大きな効果を発揮するということなのではないでしょうか?



セミディープ
セミディープといっていいでしょうか?

最近はこのように少しずつ厚みのあるクラブが復活してきたように思います。

薄すぎるクラブはシビアで難しいところがあります。



顔
オーソドックスでシンプルな顔です。

クラウンが艶消しというところも好感が持てます。

最近はドライバーだけでなく、ユーティリティも『つかまえ顔』が多いですが、このクラブはそこまで極端でないのが良いです。

バルジは真っ直ぐに近く、『中立系』ですが、フェース面は少しだけ左を向いているように見えました。



カーボンの模様なし
クラウンにカーボンの模様は見られませんでした。

おそらく、カーボンではないと思うのですが、最近はカーボン模様が見えにくいものもあるので、一概には言えません。



フェース面のデザイン
フェース面もシンプルで美しいです。

特に変わった工夫は見られません。



振り感
シャフトがなかなかいい感じで、すぐにタイミングを整えることができました。

結構『加速系』に感じたのですが、先が暴れることなく、安定しているのがいいです。



構え感
変なクセが無く、構えやすいです。

どちらかというと、つかまるイメージが浮かびましたが、フッカーの私でもほとんど気にならないレベルです。

今はフッカーにとって『冬の時代』といいますか、つかまりが良すぎて構えづらいものが多いように思うのですが、このクラブは好感がもてましたし、安心感がありました。

頭の中がモヤモヤしないので、楽な気分で構えられたのがとてもいいです。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はソフトで、好感が持てました。

フェース面のデザインに見合う、グッドフィーリングです。



打球音
『音』も静かで、とても良く、気持ちよく振っていくことができました。

最近は『異音』を発するクラブが少なくなり、音のレベルが上がったように思うのですが、その中でも、かなり好感が持てます。



トゥ側
『球の上がりやすさ』という点では、普通といっていいと思いますが、どちらかというと『しっかりめ』で、ある程度HSがある方のほうが扱いやすいと思います。



バックフェース
『安定性』という点では、普通です。

特別曲がりにくいとか、ミスに寛容という印象はありません。

シビアでもなく、あくまでも普通です。



操作性
『操作性』は、なかなか良いです。

最近は曲げにくいクラブが多いですが、このクラブは左だけでなく、右にも曲げることができました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、とても優れています。

スピンが抑えられ力強い弾道です。

ドライバーやFWを試打しているので、このユーティリティにも期待していましたが、期待通りハイレベルでした。

『軽い』とか『重い』ということを抜きにして、いろいろなクラブを試打していると、『パワフル』に感じるものと『非力』に感じるものがあるのですが、このクラブはパワフルでポテンシャルの高さを感じます。

ゴリゴリの『ハードヒッター向け』という感じはしないですが、かなり飛距離性能に長けたクラブであることは間違いありません。



試打後の感想


ヒール側
フィーリングの良さと、力強い弾道が強く印象に残りました。



muziik On The Screw DU 2 HEAVEN ユーティリティ
オーソドックスで整った顔をしていますが、小顔というほどでもなく、『セミラージサイズ』といっていいと思います。

なので、小顔が苦手な方にも親しみやすいのではないでしょうか?



muziik On The Screw DU 2 HEAVEN ユーティリティ
『HEAVEN』って、いい名前を付けたな・・・。と思いました。

カッコ良くてフィーリングが良く、飛距離性能も高い・・・。

まさに天国です。



muziik On The Screw DU 2 HEAVEN ユーティリティ
シャフトとの相性も良く、さすがグリップだけでなく、ヘッドとシャフトを扱っているメーカーだな・・・。と思いました。

今はヘッドメーカーとシャフトメーカーが同じではないことが殆どで、muziikはそういう意味で少数派といっていいのかもしれませんが、それだけクラブ全体にこだわっているということではないでしょうか?

ヘッドとシャフト・グリップ・・・。

クラブの三要素を満たしています。

ヘッドだけでなく、シャフトにも力を入れ、総合的に考えているメーカーなのだと思いました。



muziik On The Screw DU 2 HEAVEN ユーティリティ
量販店などでは見かけないメーカーですが、いいクラブなので、多くの方に手にして試してもらいたいです。


構えやすさ・・・☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝しています。


muziik キャディバッグ

muziik グリップ

muziik ゴルフボール

muziik ヘッドカバー

ムジーク公式オンライン楽天市場店
                         
        

                         
      
2024年03月18日
PR
  

muziik On The Screw 6121 PUTTER

                 
muziik On The Screw 6121 PUTTER
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
muziik On The Screw 6121 PUTTER です。



オリジナルスチールシャフト
シャフトは オリジナルスチールシャフト です。

ロフトは4度、クラブ長さは34インチ、バランスはD9、クラブ総重量は540g です。



muziik On The Screw 6121 PUTTER
muziikのシンプル且つ機能的でカッコいいパターです。

先日試打したドライバーなどもそうですが、muziikのクラブは機能的で高性能というイメージがあるので、このパターにも期待が膨らみます。



muziik On The Screw 6121 PUTTER
クランクネックで、ピン型のパターですが、トゥ側が盛り上がっているのが特徴です。

決して珍しいものではなく、他のメーカーでも何度か見たことがあります。

こうして見ていると、靴(木靴)を思い出しました。

トゥ(つま先)、ヒール(かかと)。

まさに靴と同じです。



顔
オーソドックスなPING顔です。

時代と共にゴルフクラブは大きく変化していきましたが、ピン型のパターが出て、もう数十年が経っています。

それでも今もこうして残っているというのは、それだけ高性能だということだと思います。

以前、雑誌か何かで、『ピン型のパターこそ、20世紀最高の発明だ』という記事を読んで、私もその通りだと思いました。

今はネオマレットと呼ばれる巨大なパターの人気も高いですが、そういったラージサイズのパターではなく、このようなオーソドックスな昔からあるパターのほうが易しくて好きだ・・・。という方は多いのではないでしょうか?



ソールのパーツ
ソールには特殊なパーツが組み込まれていて、これはウェイトなのでしょうか?

ロフトが4度ということで、普通ですが、今は3度のほうが少し多いような気がします。

ロフトが立てば立つほどいいというものではなく、逆に寝ていればいいというものでもなく、だいたい3~4度が一般的で、昔から変わりません。

パターの大きさや形状に関心はあるけど、ロフトにはあまり関心がなく、『どれも同じでしょ』と思っておられる方には、是非いろいろなロフトのパターを試していただきたいです。

きっと、ご自身に合ったロフトが見つかると思います。

ロフト3度よりも、4度のほうが易しい・・・。と感じる方のほうが多いかもしれません。

少し寝ていて、微妙にキャリーが出るから、芝目などグリーンのライに影響されにくくなります。



トゥ側のウェイト
トゥ側

ヒール側のウェイト
ヒール側

トゥ側とヒール側にはウェイトなのか、普通のビスなのか分かりませんが、組み込まれていました。

六角レンチがあれば、簡単に取り外せそうです。

6121と言う数字はどんな意味があるのでしょうか?



トゥ側のウェイト

ヒール側のウェイト
トゥ側とヒール側に配置されているのは、明らかにウェイトだと分かります。

数字が刻印されていないので、重さは分からないですし、専用の工具を使わないと外せないようです。



フェース面のデザイン
フェース面のデザインが個性的です。

昔のパターはフラットといいますか、何も刻まれていないものが多かったのですが、最近はミーリングなどいろいろな工夫が見られるようになりました。

このフェース面のデザインにも、大きな理由があるのではないでしょうか?

こうして見ていても、すごく柔らかくてタッチが出しやすそうな感じが伝わってきました。



muziik 赤いオリジナルグリップ
muziikといえば、優れたグリップメーカーということもあり、当然ながら、このパターにも装着されています。

太さは標準的で、ソフトなフィーリングです。

数年前から『極太グリップ』が流行っていて、私も試してみましたが、どうもタッチが出しづらく、ノーマルな太さに戻ってしまいました。

パッティングは振り子のように打て・・・。と昔から言われてきたことですが、いったいどれくらいの人がそれを実践しているでしょうか?

それはあくまでも方法のひとつであって、絶対的なものではなく、自分に合わなければ無理矢理振り子のようにして打つ必要は無いと思っています。

『パットに形なし』といわれるように、自分に合ったスタイルというものが必ずあり、それを極めていくことがパッティング名人への道ではないでしょうか?



構え感
ボールを前にして構えてみても、好感が持てました。

トゥ側が浮いて(近くに)見えるので、球を捕まえやすいイメージが自然と浮かんできます。

特にパターで球をつかまえきれず、右にプッシュしてしまう方には、とても良いイメージが出せるのではないでしょうか?

『カット軌道』や、ループしてしまうのを抑える効果もあると思いますし、少しトゥ側を浮かせて構えておられる方は多いような気がします。

パッティングでは、スライスラインだろうと、フックラインであろうと、『真っ直ぐ打ち出す』ことが一番大切だと、教わったことがあり、私も全くその通りだと思うのですが、このパターだと、そのイメージが浮かびやすいです。

特にネオマレットのような大型パターが苦手な方には、このようなパターが合いやすいのではないでしょうか?



試打を開始しました。
フェース面
『打感』はソフトで、やや軽めな打感です。

繊細なタッチが出しやすく、好感が持てました。

『金属の柔らかさ』といったらいいでしょうか?

樹脂インサート系のフィーリングが苦手な方には合いやすいかもしれません。

柔らかくて軽めではありますが、『タッチ』がぼやけていなくて、しっかり出せるので、こちらの意思が伝わりやすい感じがします。

『クリアな打感』だな・・・。と、グラスに注がれた透明な水を連想しました。



トゥ側
『球の転がり』という点では、いい感じではありますが、平均的といいますか、普通といっていいと思います。

『球足』の長いパターだという感覚はなく、あくまでも普通で、そこに『自分なりの味付け』ができるタイプのパターです。



操作性
『操作性』も高く、傾斜など様々な場面でも構えやすく、実戦向きです。

ドライバーと違い、パターは直接地面(グリーン)に触れるクラブで、『ポテトチップスグリーン』のような、アンジュレーションがきついグリーンだと、大型では構えづらくなることがあります。

昔から『大は小を兼ねる』と言われますが、ゴルフにおいて、それが当てはまらないこともあり、逆に『小は大を兼ねる』ほうが正しい場面もあるのが面白いところです。

どんな格言や常識といわれるようなことでも、必ず例外は存在するということです。

易しいといわれる特徴が、逆に難しい要因となってしまうところが、ゴルフの奥深いところなのかもしれません。

そういった意味でも、このパターは『万能型』といいますか、易しすぎない分、様々な場面で活躍してくれる頼もしさがあります。

パターを床に置くと自然に傾きますが、ネオマレットだと、フェース面が真上を向き、ピン型は45度に傾くことが多く、この直角の半分、つまり45度の傾きが絶妙なバランスをとってくれているのではないでしょうか?

ボールを捕まえるときも、つかまえ過ぎないようにするときも、敏感に反応してくれます。

敏感に反応してくれるという点では、昔から『L字パター』がありますが、スイートエリアが狭く、かなりシビアです。

その点、ピン型はキャビティバック構造になっていて、寛容さも持ち合わせています。

こういった『いいとこ取り』の優れた形状を開発したPINGはすごいメーカーだと、改めて感心させられますし、私たちゴルファーは大きな恩恵を受けてきました。



距離感
タッチが出しやすく、距離感も合いやすいです。

タッチが出しやすい=打ち出しスピードが出しやすい。

打ち出しスピードが出づらいパターだと、なかなか距離感が出せませんが、このパターはすぐに出せました。

球の質感を大切にしてくれるパターです。

パッティングはボールをカップに沈めることが目的で、その為に『黒子』に徹してくれるパターだな・・・。と思いました。

高性能なパターでありながら、自らを主役にせず、主張し過ぎていないところがいいです。



バックフェース
先ほども書きましたが、安定性もあって、イージーなのもピン型パターの特徴です。

ネオマレットのように『大型船』のような大らかさは無いかもしれませんが、だからこそ絶妙な距離感が出せたり・・・。といった、『プレイヤーの感覚』を大切にしてくれるところに好感が持てます。



ヒール側
私はドライバーなど、長いクラブを打つのも好きですが、それよりも小技のほうが好きです。

特にグリーン周りのアプローチやバンカー練習が大好きで、多くの時間を割いています。

練習というよりは、半分以上遊び感覚なのですが・・・。

当然、パッティングの練習も大好きで、このパターで楽しい時間を過ごさせてもらいました。

天気も良く、青空に映える美しいパターです。



muziik On The Screw 6121 PUTTER
いろいろなパターを試打していると、『湿り気』といいますか、何かこう『ジメッとした』感覚を覚える物もあるのですが、このパターはそんなことはなく、乾燥していてカラッとした印象をもちました。

全体的な雰囲気もそうですが、フェース面の工夫によって、乾いたタッチが出せたからだと思います。



muziik On The Screw 6121 PUTTER
先日、あるメーカーのパターを借りて転がしてみたのですが、あまり好感が持てなかったので、記事にも書かなかったのですが、今回はとても楽しめました。



muziik On The Screw 6121 PUTTER
これからもmuziikには期待したいですし、パターは初めてでしたが、パターも優れていることを知ることができ、大きな収穫でした。

また試打する機会があれば、何度でも試打したいです。


muziik キャディバッグ

muziik グリップ

muziik ゴルフボール

muziik ヘッドカバー

ムジーク公式オンライン楽天市場店
                         
        

                         
      
2024年03月08日
PR
  

muziik BLACK XSPIRE フェアウェイウッド

                 

muziik BLACK XSPIRE フェアウェイウッド
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
muziik BLACK XSPIRE フェアウェイウッド の5番 です。



2HEAVEN MH-5
シャフトは 2HEAVEN MH-5 です。

ロフトは19度、クラブ長さは43.25インチ、シャフトフレックスはS、バランスはD3、クラブ総重量は314gです。



正面
muziikの新しいフェアウェイウッドです。

ドライバーは前回試打したのですが、今日はフェアウェイウッドで、このクラブもドライバー同様、美しくて高級感があるな・・・。と思いながら見ていました。



側面
シャロー感の強いFWです。

私はもう少し厚みがあってもいいと思うのですが、今はこのようなシャローが多くなりました。

全体的な質感が良く、チープさは全くありません。



Designed by muziik JAPAN Intelligence Technology
ソールには『Designed by muziik JAPAN Intelligence Technology』という文字があり、ムジークの高い技術が注ぎ込まれているようです。



ヒール側のウェイト
ヒール側に3つも配置されているウェイトがよく目立っています。

数字が刻印されていないので重さは分かりませんが、これだけウェイトが『密集』しているということは、重心距離の短さにこだわって開発されたのでしょうか?

ドライバーと違って、FWはそれほど多くウェイトが使われていないように思うのですが、これだけ配置されているということは、それなりの理由があるのではないでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さは適度にあります。

最近のFWでは、明らかに長い部類に入りますし、珍しい感じもしますが、これにもメーカーの狙いがあるのではないでしょうか?



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されていて、ドライバーと同じです。



STD
試打するのは、この『STD』ポジションです。


DRAW -1
DRAW -1

+1 DRAW
+1 DRAW

STD +2
STD +2

他にもいろいろなポジションがあり、複雑な調整ができそうです。



フェース面のデザイン
フェース面はシンプルで、とても綺麗です。



シャロー
こうして見ても、かなりシャローなのが分かります。

この薄さに親近感をもたれる方は多いのではないでしょうか?

多くのメーカーに採用されている形状です。



顔
顔は、まずまずです。

ヘッド後方が伸びていて、今どきのFWだな・・・。と思いました。

見とれるようなことはないですが、比較的穏やかな印象です。



カーボンコンポジット
ドライバー同様、このクリークも『カーボンコンポジット』になっています。

カーボンコンポジットでも、カーボンの模様を目立たないようにしているクラブもありますが、muziikはドライバー同様、ひと目で分かるくらいはっきりして、むしろカーボンであることをアピールしているように見えました。

均一的にそろっていて、きれいです。



オリジナルグリップ
装着されているグリップはソフトなフィーリングで、好感が持てます。



グリップエンド
グリップエンドには、しっかりとmuziikのロゴがありました。



振り感
素振りをしてみた感じは、まずまずです。

やや軽量タイプで、シャフトは走るタイプに感じられましたが、特に苦手意識は芽生えず、普通に振っていくことができました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、フックフェースが強調されていて、フッカーの私には構えづらいところがありましたが、これまで同様のクラブをたくさん試打しているので、対処できるだろうと思っていました。

同じフックでも、ディープだったら少し右に逃がしていける・・・。といいますか、融通が利くところがありますが、シャローはあがりやすい分、そういったところは『頑固』である場合が多いです。

なので、このFWもそうなのではないかな・・・?と思いました。



試打を開始しました


muziik BLACK XSPIRE Fairway Wood
構えづらく頭がモヤッとしたまま打ったせいか、少し薄めの球を打ってしまいました。

左へのミスを気にしすぎて、2球連続ミスしてしまったのだと思います。

これは完全にクラブのせいではなく、私の打つ前の準備ができていないまま打ってしまったせいです。



一旦打席を外し、素振りからやり直し気持ちを整えることに専念し、再び試打を開始しました。
フェース面
『打感』はソフトで、いい感じです。



打球音
『音』も『おとなしめ』で良いです。

この音なら、いくら振っても気になりません。

何となくですが、シャローフェースっぽい音だな・・・。と思いました。

少し淡泊といいますか、主張しない音です。



トゥ側
球はとてもあがりやすく、見た目の印象通りでした。

ボールをよく拾ってくれて、打ち出しも高いです。

シャローらしく、直打ちでも高いパフォーマンスを発揮してくれました。

むしろ、ティアップしないほうが易しいのではないかな・・・?と感じるほどです。



バックフェース
『安定性』も高く、球のつかまりが良い、イージー系FWです。

フックフェースとヒール側にあるウェイトの相乗効果でしょうか?

右に抜ける球は出にくく安定しています。

スライサーの方には、とても易しいのではないでしょうか?



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかいい感じです。

速めのHSよりも、普通から、ややゆっくりめのHSに合いやすいクラブだと思います。

球のつかまりが良く、キャリーもしっかり稼いでくれるFWです。



操作性
『操作性』という点では、私はフック系のほうが易しく感じましたし、普通に打っても左へ飛んでいきました。

先ほども書きましたが、シャロータイプのクラブは球があがりやすかったり、安定性が高いところがありますが、融通が利きづらいところがあります。

それを、このクラブにも感じました。

右にも曲げてみようとしましたが、なかなか曲がりません。

こういったところは今のクラブの特徴のように思います。



試打後の感想


muziik BLACK XSPIRE Fairway Wood
クラブの流行って、大手メーカーも地クラブメーカーも関係無いんだな・・・。と思いました。

もちろん全てのメーカーが流行に乗っているということではないのですが、これだけカーボンクラウンを見ると、そう感じてしまいます。

プロギアはカーボンコンポジットの先駆者であり、私もTR DUOやDUO HITを愛用していて、その性能の高さにたくさん助けられていたのですが、クラウンがカーボンだからすごく飛ぶとか、よくあがるという印象はありませんでした。

クラウンのカーボンにすることのメリットを実感していなかったのですが、これだけ多くのメーカーが採用しているのだから、それなりにメリットはあるのだと思います。



ヒール側
このクラブはカーボンクラウン以外にもたくさんの技術が注ぎ込まれているのが見て分かります。

細かなところまでメーカーのこだわりが感じられ、『技術の飽和状態』のように感じられました。



muziik BLACK XSPIRE Fairway Wood
これだけ小さなヘッドにたくさんの工夫がされていて、それらが全て、飛距離や方向性につながっているかは、正直疑問です。

試打してみて、もう少しディープだったらな・・・。という思いが残りました。

厚みがあるほうが、もっと高いパフォーマンスを発揮してくれたように感じた・・・。というのが正直なところです。

しかし、今はディープはあまり歓迎されないので、このようなシャローになっているのだと思います。

ドライバー同様、このBLACK XSPIREも素晴らしいですが、私はOn The Screw DF2 HEAVENのほうが気に入りました。



muziik BLACK XSPIRE Fairway Wood
それでもハイレベルなクラブであることは間違いないですし、これからのmuziikのクラブには期待していきたいです。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝しています。
                         
        

                         
      
2024年03月01日
PR
  

muziik On The Screw DD 2 HEAVEN ドライバー

                 

muziik On The Screw DD 2 HEAVEN ドライバー
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
muziik On The Screw DD 2 HEAVEN ドライバー です。



DOGATTI GENERATION Beryl40
シャフトは DOGATTI GENERATION Beryl40 です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS、バランスはD2、クラブ総重量は303gです。



正面
とても個性的でカッコいい、muziikのドライバーです。

この前はクリークを試打しましたが、今回はドライバーで、ほぼ同じデザインで統一感があって好感が持てます。

ひと目でmuziikだと分かる、個性的なデザインです。

今は、このようにひと目でメーカーが分かるような個性的なクラブが少なくなりました。



側面
いろいろなパーツが組み合わさって機能性を感じさせますが、チープさが無く、逆に高級感があるのがさすがです。

質感がいいので、所有欲を満たしてくれますし、テンションも上がります。



ヒール側のアクセサリー
ヒール側にある、このアクセサリーのようなものが、よく目立っています。

この位置にあるということはウェイトなのかな?と思いましたが、実際のところはわかりません。

単なるアクセサリーに過ぎないのかもしれません。



ソールのウェイト
このパーツの存在感は大きいです。

フェアウェイウッドを既に試打しているので、だいたいこんな感じかな・・・?などとフィーリングや弾道などの予想をしていました。



DD PLUS DISTANCE PERFORMANCE
ソールには大きな溝があり、『DD PLUS DISTANCE PERFORMANCE』という文字がありました。

『DD』というのはどういう意味なのか分かりませんが、飛距離に直結する溝なのだと思います。

以前も書きましたが、『DD』というと、私はデビッド・デュバル選手を思い出します。

サングラスプレイヤーの先駆け的な存在で、ルックアップ打法が印象的でした。

真似しようとしたこともありましたが、全く当たらず、すぐに断念しました。

デビッド・デュバル選手やアニカ・ソレンスタム選手は男女でワールドランキング1位にもなった名選手で、あの打法をものにできているということは特別な才能があるのだと思います。



溝の深さ
溝は深くありません。

この幅と溝がベストなのでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されています。



STD
試打するのは、この『STD』ポジションです。

他には、



DRAW -1
DRAW -1

+1 DRAW
+1 DRAW

STD +2
STD +2

というポジションがあり、いろいろな調整ができそうです。



フェース面のデザイン
フェース面のデザインはシンプルで好感が持てます。

色の違いはありますが、BLACK XSPIREと同じく、『Uの字』になっていますが、これには何か大きな理由があるのでしょうか?



セミディープ
セミディープバック形状です。

最近は、このように適度な厚みがあるものが増えてきて、これも周期のようなものがあるのかもしれません。

私は円盤のように薄すぎるドライバーは苦手に感じることが多いので、この厚みはいい感じだな・・・。と思いながら見ていました。

シャローは球があがりやすくなるというメリットもありますが、球があがりすぎたり、コントロールしづらくなったり・・・。と、意外と難しいところもあります。

メリットとデメリットは表裏一体ですね。



顔
顔はまずまずです。

美顔というほどではないですが、苦手なタイプではありません。

むしろ得意はほうで、昔からある顔です。

独特な艶消し感が懐かしくもありますが、できればもう少し質感が良くなればいいな・・・。と思いました。

これまで同じような質感のドライバーをたくさん手にしてきましたが、このタイプは傷がつきやすく、それが目立ってしまうという欠点があります。



カーボンコンポジットではない
クラウンを近くでじっくり見たのですが、どうやらカーボンクラウンではないようです。

こういったところは、BLACK XSPIREと違います。



振り感
素振りをしてみると、タイミングがとりづらく、難しく感じました。

BLACK XSPIREと同じシャフトなのですが、私との相性はあまり良くないようです。

ブルーがとても綺麗で印象的なのですが、親しみづらいな・・・。と感じました。

いろいろなクラブを試打していると、ヘッドよりもシャフトが難しいな・・・。と感じることも多いですが、そういったときはなるべく自分に合ったシャフトが挿してあるモデルを探すか、それができない場合は念入りに素振りを繰り返します。

なので、今回も素振りをいつも以上に繰り返しました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、なかなかいい感じです。

フェースが被っておらず、方向性への不安はありません。

もう何年もドライバーはほとんどがフックフェースだったので、この顔は珍しいです。

バルジは直線過ぎず丸すぎず、自然な感じで好感が持てます。

フックフェースを好まれる方は違和感をもたれるかもしれません。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はソフトというよりは、ややしっかりめですが、硬すぎず『後味』が良いです。

そしてボヤけた打感ではなく、『芯』を感じることができ、好感が持てました。



打球音
『音』は、やや高めではありますが、大きすぎず良いです。



トゥ側
『球の上がりやすさ』という点では、ロフト10.5度のドライバーの中では、結構タフな印象をもちました。

軽量感がありますが、幅広い層に対応しているタイプではなく、明らかに『使い手を選ぶ』タイプのドライバーです。

少なくともHS43以上は必要になってくるのではないでしょうか?



バックフェース
『安定性』は、なかなか高いです。

ミスヒットに対するシビアさはあまり感じず、見た目の印象以上に大らかさを感じました。

ソールにあるウェイトやバックフェースに組み込まれているアクセサリーのようなものが、上手く作用しているのでしょうか?

寛容さはありますが、球が自然につかまるタイプではないので、スライサーの方にはつかまりきらず、右に抜けやすいかもしれません。

しかし、このドライバーには調整システムが搭載されているので、ある程度は改善されるような気がします。



飛距離性能
『飛距離性能』は、かなり高いです。

低スピン性能に優れていて、かなり効率よく飛ばしていけます。

ロフト10.5度でありながら、高~くあがって途中から大きく失速する打球ではなく、ライナー系の強い球が打てるドライバーです。

かなり初速が出ていて、ボールがまるでピンポン球のように弾け飛んでいきました。

これまでの経験上、この飛び方は『高反発』に近いな・・・。と思ったのですが、SLEルールに適合しているようです。

かなりギリギリまでフェースを薄くしているのではないでしょうか?

何年か前は、各メーカールールギリギリの反発係数を競っていたことがありますが、今はそれをあまり感じません。

ひとつでも違反が出れば、回収しなければならいので、メーカーとしてはそれを避けたいのだと思いますし、実際そういうことも何度かありました。

私がいつもお世話になっているクラフトマンが、大手メーカーや地クラブメーカーの反発係数を計測したら、大手メーカーのほうが圧倒的に反発係数の上限に余裕があったそうです。

つまり微差でありながらも、反発係数が低いということです。

しかし、それが大きな飛距離の違いにつながるかは疑問ですが、それだけ多くのロット数を捌かなければならない大手メーカーの苦悩といえるのかもしれません。

そしてあるメーカーは、同じモデルでロフトなど全く同じスペックであっても、その反発係数にバラツキがあって、『当たり』を引けばいいパフォーマンスを発揮してくれるけど、『ハズレ』だと少しパフォーマンスが落ちるそうです。

このドライバーはかなり弾きがいいので、限りなく高反発に近い適合モデルといっていいように思いました。



muziik シャフト
ただ先ほども書きましたが、装着されているシャフトが私に合わなかったみたいで、難しく感じてしまいました。

私は『当たり負けせず、ボールを後ろからロスなく力強く押してくれる』シャフトが好きなのですが、このシャフトはちょっと違います。

何かこうフワフワしている・・・。といいますか、つかみどころがない感じです。

連続して、いい球を打つのが難しく、頭の中がモヤモヤしていました。

しかし、それはこのシャフトの性能や品質が良くないのではなく、あくまでも私が使いこなせていないだけです。

私の技術の未熟さ・対応能力の低さによって、このシャフトのもつポテンシャルを最大限発揮できませんでした。

もっと時間を掛けて球数をこなしていけば・・・。と思ったのですが、できれば違うシャフトで試してみたいな・・・。と思いました。



操作性
『操作性』は、まずまずです。

見た目以上に大らかさをもつヘッドで、曲がりにくさを感じましたが、とりあえず少しではありますが、左右にも曲げることができました。

普段は左へ行きすぎないように気をつけながら試打することが多いのですが、今日はそんな心配は不要でした。

ただ先ほども書きましたが、スライサーの方には易しいドライバーとはいえないかもしれません。

ミスヒットに対するシビアさは感じませんが、球を『強制的に』つかまえてくれるドライバーではないので、つかまりのいいドライバーを使い慣れておられる方には親しみづらいところがあるかもしれません。



試打後の感想


ヒール側
こうして見ても、カッコ良く力強さを感じさせてくれます。

そして実際の弾道も力強く飛距離性能に長けたドライバーです。



muziik On The Screw DD 2 HEAVEN DRIVER
前回試打したBLACK XSPIREは高性能で魅力的ではありますが、どちらかひとつ選ぶとするならば、私はこのDD 2 HEAVEN ドライバーを選びます。

これは迷うこと無く即決でした。

BLACK XSPIREが劣っているのではなく、それだけ、このDD 2 HEAVENが優れているということです。

かなりハイレベルな争いとなりました。

もちろん、BLACK XSPIREのほうがいい・・・。という方もたくさんいらっしゃると思います。



muziik On The Screw DD 2 HEAVEN DRIVER
いろいろなパーツが組み込まれていて、華やかな印象もありますが、全てのアクセサリーに理由があって、単なるデザインではないように感じました。

意味の無い、見せかけだけのパーツなら最初から無いほうがいい・・・。と私はずっと思っています。

そんな余裕があるのなら、1ミリでも遠くへ飛ばせるように・・・。

安定感を高めるようにして欲しいです。



ムジーク オンザスクリュー DD2 ヘヴン ドライバー
そういったことを含め、このドライバーにはいろいろなパーツが組み込まれていて、シンプルさとは真逆のデザインですが、その全てに理由があるように感じました。

ドライバーには寛容さを求めながらも、円盤のようなシャロー感があって、投影面積の大きいタイプは苦手だ・・・。という方には、是非試していただきたいです。

大らかさがありながらも飛距離性能が高いので、心強い相棒になってくれるのではないでしょうか?



muziik On The Screw DD 2 HEAVEN DRIVER
まさに『オンザスクリュー』。

いつも『真芯』で捉えたときのような『剛球』を打たせてくれるドライバーです。

私は良いクラブに出会うと、仲間達に知らせたくなるので、早速このドライバーのことを紹介してみよう・・・。と思いました。

彼らの喜ぶ顔が浮かんできます。

このドライバーに出会えたおかげで、気分良く練習場を後にすることができました。


構えやすさ・・・☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝しています。


muziik キャディバッグ

muziik グリップ

muziik ゴルフボール

muziik ヘッドカバー
                         
        

                         
      
2024年02月27日
PR
  

muziik BLACK XSPIRE ドライバー

                 

muziik On The Screw BLACK XSPIRE ドライバー
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
muziik BLACK XSPIRE ドライバー です。



DOGATTI GENERATION Beryl_40
シャフトは DOGATTI GENERATION Beryl40 です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は50g、トルクは4.0、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は301gです。



正面
muziikのニュードライバーです。

試打した回数はまだ少ないですが、いい印象をもっています。

最新技術を使いながら独自性もあって、質感がいいのも魅力的です。



側面
ラージサイズですが、シャロー感はそれほど強くなく、適度に立体感があります。

ヘッド全体が黒で硬派な感じがするのもポイントが高いです。

白いヘッドもいいですが、私はどちらかというと、オーソドックスな黒やパーシモンカラー、ブルーなどが好きなので、このドライバーの色は好感が持てます。

黒は『重さ』をイメージしやすいのも好きなポイントです。



ヘッド後方のウェイト
ヘッド後方にウェイトがひとつ配置されています。

数字が刻印されていないので重さが分からないですし、交換するタイプではないように見えました。

プラスチックのような質感ですが、特に不満はありません。



BLACK XSPIRE
独特なカーボンの模様があるので、ソールにカーボンが使われていることが分かりました。

最近はクラウンだけでなく、ソールにもカーボンが採用されているものが多くなり、『ほぼカーボンヘッド』が、これから流行るのではないでしょうか?



ULTIMATE MULTI COMPOSITE WOOD
『ULTIMATE MULTI COMPOSITE WOOD』という文字があります。

究極のマルチコンポジットウッドということでしょうか?

『アルティメット』という言葉を使うあたり、かなり自信がありそうです。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されています。



STD
試打するのは、この『STD』ポジションです。



DRAW -1
DRAW -1


+1 DRAW
+1 DRAW


STD +2
STD +2

他にもいろいろなポジションがあり、弾道や球筋を変えられそうです。



オリジナルグリップ
muziikのロゴが入った、このオリジナルグリップはソフトなフィーリングでとても良く、好感が持てました。



グリップエンド
他のメーカーでは、グリップメーカーの名前があることが多いですが、muziikはグリップも作っているので、グリップエンドにもmuziikのロゴがありました。

ドライコンパウンドタイプのグリップのようです。



フェース面のデザイン
フェース面のデザインはシンプルで、ミーリングのようなものは見られません。

弾きが良さそうなフェース面です。

スコアラインは全て『溝』になっていて、フルフラットではありません。



セミディープ
セミディープ形状です。

今はまだシャロー全盛といっていいと思いますが、少しずつこのように厚みのあるヘッドが見られるようにました。

これからどんどん増えていくのでしょうか?

ゴルフクラブはファッションと同じで、流行があるようです。

それを繰り返しながら、また新たな技術が誕生していく・・・。というのが自然な流れのような気がします。



顔
顔は正直いって、好みではありません。

異型というわけではないのですが、少し残念に思いました。

フェースの被り具合とバックフェースとのバランスがとれていなくて、不安定な感じがします。

それと、バルジと『カーボンとチタンの境』の『平行感』がとれておらず、チープに見えてしまいました。

いろいろなドライバーを試打していると、顔にすごくこだわって作られたものと、そうでなくてとにかく機能性を重視したと思われるものが見られ、このドライバーは後者です。

違和感があるということは無いのですが、もうちょっといい顔だったら良かったな・・・。と残念に思いました。

しかし、これはあくまでも私の好みであって、この顔が好きだという方はたくさんいらっしゃると思います。



カーボンクラウン
カーボンクラウンだということが分かりました。

最近はクラウンとソールがカーボンになっているものが増えてきて、その表面積の比率がチタンよりも多くなっています。

これからもチタンとカーボンの複合型が続くのでしょうか?



振り感
素振りをしてみると、シャフトが合わず、なかなかコツがつかめません。

かなりの軽量シャフトですが、これまでたくさん出会ってきていて経験も積んでいるのですが、このシャフトは感覚的に合わず、難しさを感じました。

何となくですが、『実態がつかめず雲のようにフワフワした感じ・・・。』といったらいいでしょうか?

なんだかモヤモヤした感じです。

できれば違うシャフトで試してみたい・・・。と思ったのですが、それができなかったので、このまま試打するしかありません。



構え感
ボールを前にして構えてみると、まずまずです。

顔として見ていたときよりも、こうしてボールと一緒に構えたほうが、良い印象をもちました。

大らかそうな感じが伝わってきましたが、ヘッド後方のヒール側のボリュームがそれほど無いので、つかまるイメージを出しづらい・・・。という方は多いのではないでしょうか?

特にテンションがあがることもなく、淡々と見ていました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、ややしっかりめですが、硬くなく好感が持てます。

このフェース面を見て、テーラーメイドの『V STEEL』を思い出しました。

Vスチールは『Vの字』でしたが、このドライバーは『Uの字』に見えます。

どのような意味が込められているのでしょうか?

無難なデザインではありますが、もうちょっとカッコ良ければ、さらに魅力的だな・・・。と思いました。



打球音
小気味良い音です。

高すぎず大きすぎず、気持ちよく振っていくことができました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、思っていた以上に低スピン性能が高く、叩けるドライバーだと感じました。

今のドライバーの中ではディープなほうなので、ひょっとしたらタフな部類なのかな?と思うところもあったのですが、何となくあがりやすくて、高めの弾道を予想していました。

10.5度なりの高さは出せましたが、スピンが抑えられ、推進力のある強い球で飛ばしていけるドライバーです。

スピンが多めの方には、かなり頼もしいドライバーといえるのではないでしょうか?

ソールとクラウンにカーボンが使われていることや、見えない部分にも、この低スピン性能の理由が隠されているのだと思います。



バックフェース
『安定性』も結構高く、どちらかといえば『オートマチック系』といっていいと思いますし、シビアさは感じません。

構えたときにフェースが左を向いていたので、フックを警戒していたのですが、思っていたよりもつかまり過ぎず、ラインを出していくことができました。

私はフッカーなので、少し左へ飛んでいきましたが、フェードヒッターの方には、かなりイージーに感じられるのではないでしょうか?

ただし、高い直進性があって、スライスを撲滅してくれるドライバーではないので、スライスに悩んでおられる方は右に曲がってしまうかもしれません。

しかし、ネックに調整システム搭載されているのが心強いですし、シャフトを選べば、かなりスライスが軽減されるのではないでしょうか?



飛距離性能
『低スピン性能』が高く、叩いていけるドライバーなので、ポテンシャルの高さを強く感じました。

HS47以上のハードヒッターの方に、是非試していただきたいドライバーです。

見た目硬派な印象をもちましたが、飛距離性能においても、そのままで、パワフルな弾道を放ってくれました。

メタル時代にカーボンが一時登場して、私もカーボンヘッドのドライバーを愛用していたことがありますが、どちらかいえばカーボンは『イージー』でアンダースペック的な印象がありましたが、今は全く違います。

これからはカーボンが主役になり、チタンが端に追いやられる時代が、すぐそこまでやってきているのかもしれません。

このドライバーのロフトは10.5度ですが、昔の10.5度のような高~い弾道ではないので、人によってはあがりづらくてキャリーを伸ばせないということもあると思います。

幅広い層に対応し、易しく飛ばしていけるタイプではないですが、ポテンシャルの高さはトップレベルなのは間違いありません。



DOGATTI GENERATION Beryl40
ただ、装着されているシャフトがどうしても私には合わず、ナイスショットを続けることが難しかったです。

たまにナイスショットは出るのですが、不満の残るショットのほうが多く出てしまいました。

ヘッドとシャフトの理想のバランスは『50:50』ですが、今日は『ヘッド70:シャフト30』という感じで、シャフトが負けてしまっていました。

シャフトには不満が残りましたが、これはあくまでも私の感覚なので、このままの組み合わせがベストという方もたくさんいらっしゃると思います。

私は違うシャフトのほうがもっと距離が伸ばせたように思いますし、確実性もあがったと思います。

もしまた試打する機会があれば、違うシャフトでも試してみたいです。



操作性
『操作性』という点では、安定性が勝ってしまい、良い意味でそれほど秀でていないと思います。

左右に打ち分けるタイプのドライバーではないですし、それが今の主流です。

先ほども書きましたが、私はフッカーなので、左のほうが自然に感じられ、右に曲げるのが難しく感じました。

球がつかまりやすく、右にフケにくいので、それも飛距離に直結しているのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
かなりポテンシャルの高いドライバーだな・・・。と思いました。

シャローヘッドに慣れておられる方は、このディープは受け入れにくいかもしれません。

確かに幅広い層をターゲットにして開発されてはいないと思います。



ムジーク オンザスクリュー ブラック エクスパイア ドライバー
調整システムを使って、自分に合うように調整するのは大きなメリットです。

しかし『最高の飛距離』を望むのであれば、あえてこの便利なシステムを封印して、『ワンスペック』で臨む方法もあります。

調整システムをあえて採用せず、その人にベストマッチした『カスタム仕様』にしたら、もっと飛ぶだろうな・・・。と思いました。

まだまだ伸び代があって、可能性を秘めているドライバーです。



muziik On The Screw BLACK XSPIRE ドライバー
クラブの進化によって、低スピン&強弾道が簡単に手に入る時代になりました。

シビアさは無く、当たり負けしにくいドライバーなので、安心して振っていけます。

海外メーカーの人気が高いですが、日本の地クラブメーカーのレベルの高さを強く感じました。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝しています。

muziik キャディバッグ

muziik グリップ

muziik ゴルフボール

muziik ヘッドカバー
                         
        

                         
      
2024年02月21日
PR
  

muziik On The Screw DF2 HEAVEN フェアウェイウッド

                 

muziik On The Screw DF2 HEAVEN フェアウェイウッド
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
muziik On The Screw DF2 HEAVEN フェアウェイウッド の5番です。



2HEAVEN MH-5
シャフトは 2HEAVEN MH-5 です。

ロフトは19度、クラブ長さは43.25インチ、シャフトフレックスはS、バランスはD3、クラブ総重量は314gです。



正面
とても個性的なデザインの、muziikフェアウェイウッドです。

このデザインは一度見たら忘れません。

以前試打したDFというフェアウェイウッドを思い出します。

DFはとても素晴らしいFWで、その年の私の中でのフェアウェイウッド・オブ・ザ・イヤーに輝きました。

とても印象深いクラブで、初めて試打してから7年も経ったのかと思うと、すごく早く感じます。

このクラブは大人気ですぐに売り切れになったと知人から聞きました。

そのDFとネーミングや見た目が似ていることから、おそらく後継モデルなのだと思います。



側面
こうして見ても、かなりDFと似ていて、実際に見比べてみないと違いが分からないほどです。

DFはすごく気に入っていたので、このクラブを見て懐かしさもあり、期待感が膨らんできました。



ソールにある特徴的なパーツ
何と言っても、このソールに組み込まれている大きなパーツが目立っています。

おそらくウェイトではないかな?と思うのですが、実際のところは分かりません。

他のメーカーでは#5というように、数字であることが多いのですが、このクラブのようにクリークとなっているのが珍しくて面白いな・・・。と思いました。

数字のほうが『一目瞭然』ではありますが、クリークでもすぐにピンと来るので、コースに出ても迷うことはありません。



ネックの長さ
ネックの長さは標準的です。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されています。



STD
試打するのは、このSTDポジションです。

他には



DRAW -1
DRAW -1

+1 DRAW
+1 DRAW

STD +2
STD +2

がありました。



シンプルで綺麗なフェース面
シンプルで綺麗なフェース面です。

これまで、数々の名器と呼べるクラブに出会ってきましたが、それらと同じ雰囲気が漂っています。

ボールとの唯一の接点でもあるフェース面を見ただけで、やる気が出たり出なかったりしますが、このクラブはやる気満々でテンションを上げてくれました。

ミーリングはありません。

最近は溝の無い、フラットなフェース面も増えてきましたが、このクラブのスコアラインはしっかりと『溝』になっていました。



ディープバック
ヘッド全体を見ると、それほどディープな感じはしませんが、今はシャローバックや超シャローバックが多いですし、このクラブはセミディープバックといっていいと思います。

実際は必ずしもそうだとはいえませんが、シャローバック(特に超シャロー)だと、どうしてもバランスを崩しインパクト後フェースが上を向きすぎてしまいそうなイメージが湧いてきますが、このように適度な厚みのあるディープバックだと、インパクト後もフェースの向きが安定して上を向きすぎない感じがするので好きです。

シャローは球があがりやすい反面、意外と気難しいところがあり、神経を使います。



顔
小ぶりで男前です。

多くのメーカーのクリークは、『出っ歯感』が強すぎて(下顎が出過ぎていて)、それが不満なのですが、このクラブはちょうどいい感じです。

出っ歯が嫌だからといって真逆のグースタイプになると、違う難しさが出てしまいますが、このクラブはバランスがとれていて好感が持てます。

少しだけフェースが左を向いているように見えましたが、かなり微妙ですし、小ぶりなのでスイング中に調整ができます。

これがラージサイズになってしまうと、もうどうしようもなくなってしまいますが、このクラブは融通が利きそうです。

『艶消しクラウン』なのでカッコ良さが増しています。

これなら直射日光が差し込む場面でも気になることはなさそうです。



カーボンコンポジットではないよう
最近は多くのメーカーがカーボンクラウンを採用しているので、このクラブはどうなのかな?と近くで見てみましたが、カーボンの模様が見られなかったので、おそらくカーボンクラウンではないと思います。



太いネック
顔はいいのですが、ネックの太さが気になりました。

小顔な分、余計目立っています。

調整システムが登場したての頃は多くのメーカーのクラブが、このように太くなっていて不満でした。

新たな技術を投入したものの、まだ技術が確立されていなかったのだと思います。

しかし各メーカーが研究を重ねたのか、最近の調整システム付きクラブはシュッとしていて、構え感を邪魔しないものが多くなりました。



スパイン
このクラブの調整システムは特別なタイプで、シャフトが回らないようになっているようです。

多くのメーカーは調整システムを使うとシャフトも一緒に回ってしまうので、装着されているグリップはバックライン無しになっていますが、ムジークはそれらと違う方法を採用しているようです。

調整したのはいいけど、シャフトが回ってしまい、せっかく合わせていたスパインが狂ってしまっては元も子もありません。

自分に最適なポジションにして、それから二度と変えない・・・。というポジションに固定して向きを合わせる(スパイン調整する)のならいいのですが・・・。

スパインって何?そんなの気にしないよ・・・。という方はたくさんいらっしゃると思います。

多くのメーカーはもちろん、工房もスパイン調整しないまま組むことが多いようです。

それははっきりいって『めんどくさい』から。

一本一本丁寧に計測してデータをとって組んでいくのはすごく手間が掛かるからです。

私は量販店の中にある工房や、個人経営の工房にいくつか行って、スパイン調整しているか尋ねたことがあり、多くの工房がやっていないということでしたし、スパインという言葉を知らない店員さんもいらっしゃいました。

カーボンシャフトだとメーカーによってはロゴとスパインを合わせてくれているところもありますし、クレイジーなどのようにシャフトのバット部分(太い部分・グリップを装着する箇所)にマジックで白い線を引いて示してくれているところもあります。

大手有名シャフトメーカーでも、メーカーのロゴとスパインが合っていないことも珍しくありません。

私はすごく気になるので、全てのクラブでスパイン調整してもらっています。

いつも苦も無く作業してくれている、私の友人でもあるクラフトマンには本当にお世話になりっぱなしです。

彼が組んでくれたクラブだから信頼度が全然違いますし、ミスショットをしたら100%自分の責任だと割り切れるところが気に入っています。

ミスをクラブのせいにしてはキリが無いですが、自分にフォーカスしておくと、原因を見つけやすいです。

それくらい、彼が組んでくれるクラブを信頼しています。

私は信頼できる素晴らしいクラフトマンに出会うことができて、とても幸せなゴルファーです。



装着されているグリップ
装着されているグリップはソフトなフィーリングで適度に滑りにくくなっているので好感が持てます。



muziik
どこのメーカーのグリップかな?と思ったのですが、muziikはグリップも有名です。

グリップエンドのところにmuziikのロゴを見つけました。

muziikのグリップは私も大好きで、マイドライバーにずっと挿し続けています。



振り感
素振りを数回繰り返して、タイミングをつかむことができました。

ハードなシャフトではないですが、結構しっかりしていて無難な印象です。



構え感
ボールを前にして構えてみると、いい感じではありますが、やはりこのネック部分の太さが目に入りました。

せっかく顔がいいのにもったいない・・・。と思いましたが、構えづらいというほどではありません。

昔はこういうタイプが多かった・・・。と懐かしさがこみあげてきましたが、やはり細くてシュッとしているほうが好きです。

ちょっとボテッとした感じがありました。

しかしこれは慣れていくしかないのかもしれません。

おそらく多くの方が最初から気にしないか、気にしても慣れていくと思うのですが、私はおそらくずっと慣れないような気がします。

それは私に『適応能力』が欠けているからです。

ちょっと意味合いが変わってくるかもしれませんが、『結婚する前は、相手のことを両目でしっかりと見て、結婚したら片目をつぶれ』という格言といいますか、教訓のようなものがありますが、私はクラブに対して、時には片目をつぶることをしたほうがいいのかもしれません。



試打を開始しました


飛距離性能
まず感じたのが素晴らしい飛距離性能です。

前のモデルのDFを経験しているので、おそらくこのクラブも『ディスタンス系』だろうと予想を立てていたのですが、その通りでした。

一球目から、いきなり強い球が打ててズバ抜けているな・・・。と思いました。

かなり強く、そして速い球です。

パワーとスピードが融合した弾道・・・。といったらいいでしょうか?

高~くあがるというよりは、ライナー系の強い球で、明らかに飛距離に特化したフェアウェイウッドです。

前のモデルのDFもそうでしたが、このクラブもメーカーが飛距離にこだわって開発したのではないでしょうか?

同じFWでもスプーンが苦手な方。

もっといえばドライバーが苦手な方にとって、このクリークはとても頼りになる相棒になってくれるのではないでしょうか?

このFWのスプーンをドライバー代わりにティショットで使うのもアリだと思います。

それくらい飛距離に特化したクラブです。

苦手であまり使いたくないクラブをバッグに入れておくよりも、得意なクラブや安心して任せられるクラブをバッグに入れておくほうが、スコアメイクにおいても有利なのは間違いありません。

14本以内というルールがあるので、苦手なクラブやほとんど使わないクラブを入れておくのは得策ではありません。

全て違う番手にする必要は無く、例えばスプーンなど同じ番手で異なるタイプを入れておくのもアリです。

私がまだ90台をウロウロしていた頃、ドライバーが絶不調になっていた時期があり、ドライバーを抜いてずっとスプーンを使っていたことがあり、キャディさんから「ドライバーが無いですけどいいんですか?」とよく尋ねられました。

スコアメイクは『グリーン周りが大事』とよく言われますし、その通りだと思いますが、それ以前に『OBやロストボール』を打たないことが大切です。

ドライバーが苦手であれば、無理に入れておく必要はありません。

充分、他のクラブで代用できます。



フェース面
『打感』はとても良いです。

ソフトでありながら、ボヤけた感じはなく、適度にしっかりしていて『球の質感(重さ)』を感じ取ることができました。



打球音
『音』もとても良いです。

小気味良く爽快感があります。

高くなく、ややおとなしめで心地良く、好みの音です。

フェース面の美しさにピッタリと合致した音だな・・・。と思いました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、クリークとしては、今のクラブの中でも、結構タフなほうだと思います。

かなり高いポテンシャルをもっていますが、その反面幅広い層に受け入れられるタイプではないかもしれません。

それくらい、今は球があがりやすい(あがりやすすぎる)クリークがたくさんあります。

そういった『超シャロー系』のクリークに慣れておられる方には、ハードで球があがりづらい・・・。と感じられるかもしれません。

ティアップすれば多少あがってくれると思いますが、直打ちだとHS40以下(あくまでも目安)だとちょっと厳しいような気がします。

インパクト後、フェースが上を向かないクラブです。



バックフェース
『安定性』という点では、今のFWの中で普通といったところでしょうか?

気難しさは感じないですが、高い直進性があってどんなミスをしても見逃してくれる・・・。というタイプではありません。



操作性
『操作性』は、まずまずです。

小ぶりなのでもっと大きく曲げられるような気がしていたのですが、イメージしていたほど大きく曲げられませんでした。

自然に打つなら私の場合、ドロー系なのですが、この小顔が気にならない方であれば、フェードヒッターの方にも扱いやすいのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
飛距離性能が凄いですが、これまでのムジークのクラブ同様、すごく丁寧に細かいところまで配慮して作られているな・・・。とクラブをまじまじと見ながら思いました。



muziik On The Screw DF2 HEAVEN フェアウェイウッド
ヘッドにいろいろな工夫がされていて、明らかに『ベーシックタイプ』というよりは『ハイテクタイプ』なのですが、『ゴチャゴチャ感』や『チープさ』はありません。

機能面だけでなく、見た目にも気を配って設計されているクラブだな・・・。と思いましたし、そこが日本メーカーの良いところだと思います。



ムジーク オンザスクリュー DF2 HEAVEN フェアウェイウッド
ハードルが低く、どのHS帯にも対応しているクラブではありません。

なので、ユーザー層はある程度絞られてくると思いますが、ピッタリ合致した方には『鬼に金棒』といえるのではないでしょうか?



ムジーク オンザスクリュー DF2 ヘヴン フェアウェイウッド
ドライバーだけでなく、FWでも飛距離を稼いでいきたい方には、是非試していただきたいです。

今回はクリークを試打しましたが、もし機会があればスプーンやバフィも試してみたいです。



muziik On The Screw DF2 HEAVEN フェアウェイウッド
飛距離などの基本性能はもちろん、フィーリングにおいても、高いレベルで仕上がっています。

機会があれば、ムジークのクラブをもっとたくさん試してみたくなりました。


構えやすさ・・・☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝しています。

muziik グリップ

muziik キャディバッグ

muziik ゴルフボール

muziik ヘッドカバー

muziik サングラス

muziik 帽子

muziik ゴルフグローブ
                         
        

                         
      
2023年08月11日
PR
  

muziik Deep MuscleⅡForged アイアン

                 

muziik Deep Muscle ⅡForged アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
muziik Deep Muscle Ⅱ Forged アイアン の7番 です。



ダイナミックゴールド
シャフトは ダイナミックゴールド です。

ロフトは30度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはS200、キックポイントは手元調子です。



正面
思わず見とれてしまうほど美しいアイアンです。

初めてムジークのアイアンを試打する機会に恵まれました。

最初、パッと見て、そのあまりに美しいデザインにため息が出てしまいましたが、まさかmuziikだとは思いませんでした。

muziikといえば、グリップやドライバーフェアウェイウッドの印象が強く、今回初めてアイアンを試打することができ、グリップやドライバーだけでなく、アイアンも素晴らしいことに気づきました。

ゴルフクラブメーカーの傾向といいますか、特色はドライバーよりもアイアンに出ると、私は感じています。

ドライバーに力を入れてはいるけど、アイアンやウェッジはもうひとつ・・・。というメーカーは少なくありません。

それは有名メーカーであってもそうです。

私はmuziikのクラブに接した経験がまだ少ないですが、このアイアンに出会って、さらに好感度が増しました。



側面
質感が良く、シャープでカッコいいマッスルバックアイアンです。

マッスルバックは敬遠されることも多いですが、まずはこの美しさで目を癒やし、厚みのある打感を多くの方に体感していただきたいといつも思います。

確かに気難しく親しみづらいところがあるかもしれませんが、慣れてしまえばどうってことないと思いますし、打感や美しさを実感することで、ゴルフの楽しみが倍増するのではないでしょうか?

ゴルフの楽しさはスコアメイクであったり、ゴルフ場の美しい風景を楽しんだり、人との交流などもありますが、『クラブを楽しむ』ということもあるのではないでしょうか?

私はゴルフを始めて、数え切れないほどたくさんの素晴らしいクラブに出会って、ゴルフの楽しさが何倍にもなりました。

ゴルフというスポーツは、ゴルフ場への興味もありますが、それ以上にゴルフクラブという相棒への興味が尽きません。



彫りの深さ
オーソドックスなタイプのマッスルバックアイアンです。

最近はマッスルバックでも、少しずつ形状の異なるものが見られるようになりましたが、このアイアンはクラシカルなタイプで、昔はよく見られました。

ハンドメイド感のあるアイアンもいいですが、このアイアンのように『CNC』という言葉が浮かんでくる、機械的なアイアンもいいものです。

今はCADでクラブデザインをする時代で、おそらくこのアイアンもそうだと思いますが、美しいな・・・。と思いながら見とれていました。



トップライン
トップラインは薄く、かなりシャープで私好みです。

最近は丸っこいものが多かったり、少し厚みのあるものが多かったように思うのですが、この薄さは昔ながらといった感じがします。

この薄いトップラインも、あえてメーカーがそうしたのではないでしょうか?

厚みのある丸っこいトップラインのほうが安心感があって好きだという方もいらっしゃると思いますが、私は昔からこのようなタイプが好きですし、構えたときもイメージしやすいといいますか、イメージに『雑味』が無いので好きです。



DEEP FORGED
ヒール側には『DEEP FORGED』という文字があります。

どういう意味なのでしょうか?

『厚みのある鍛造』ということでいいのでしょうか?

それとも『濃い鍛造』という意味なのでしょうか?

よく分かりませんが、最近はシャローばかりがもてはやされている感じがして、久しぶりにディープという文字を見たような気がします。



ソール幅
ソール幅は標準的です。

こうして見ても、かなり変わった形状なのが分かります。

『三日月型』といったらいいでしょうか?

個性的な形状で、見た目のインパクト大です。



ソール形状
ソール全体は平らに近く、微妙に丸みを帯びていますが、トレーリングエッジ(特にヒール側)の削りが多いことに気づかされます。

最近はアイアンだけでなくウェッジでも、リーディングエッジよりもトレーリングエッジの削りが大きいモデルが増えてきたように感じるのは私だけでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。

ホーゼルはストレートではなく、ちょっと『テーパー』になっていて、根元といいますか、ソケットに近くなるにつれて、少し太くなっています。

こういう形状は珍しいですが、重心位置を綿密に計算して、適切に設計されたのでしょうか?



ホーゼルのmuziik
ホーゼルに『muziik』の刻印があり、これを見て、muziikのアイアンだということを知ることができました。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは無く、ノーマルです。

このアイアンの質感の良さから、おそらくミーリングがあるだろうと思っていたのですが違っていて、少し残念でした。

ミーリングがあればいいというものでもないですが、バックフェースのデザインが凄く凝っていて手間が掛かっているのだから、おそらくフェース面にも力を入れているだろう・・・。と予想していました。

ノーマルなフェース面ですが、少しチープに見えてしまい残念です。

ミーリングは無くてもいいですが、もう少しフェース面の見せ方があってもいいだろう・・・。と思いますし、質感を高めて欲しかったなぁ・・・。と思いました。



ツアーベルベット
装着されているグリップはツアーベルベットで最高です。

アイアン(ヘッドだけ)の性能とは直接関係ないかもしれませんが、このグリップが挿してあるだけで好感度がアップしますし、やる気も出てきます。

ツアーベルベットは比較的安価に購入できたグリップですが、今はショップに行ってもかなり高価になってきました。

以前はひとつが数百円で購入できたのに、今は1500円くらいするようになって、困っていますが、アイアンやウェッジにはこのグリップ以外考えられないので、もちろん購入します。

ただ、今はもう少しだけ予備をもっているので、当面はしのげそうです。

早く、昔のような価格に戻って欲しいのですが・・・。



振り感
素振りをしてみても、いい感じです。

使い慣れたシャフトということもあり、タイミングの取り方も自然に行えます。

適度に重量のあるシャフトなので、『重力に任せて落とす』感覚で振っていけるのがいいです。

スイングは円運動ではありますが、あくまでも感覚的にボールに対して、直線的にとらえていける感覚が私には心地いいです。

これが軽量シャフトだと、こちらの仕事も増えてくるので、少し難易度があがるような気がします。



構え感
予想通り、素晴らしい構え感です。

予想していたとはいえ、この美しい顔に見とれてしまいました。

初めて試打したアイアンですが、このような顔は以前も見たことがあり、クラシカルなタイプです。

一口にマッスルバックといっても、顔のバリエーションは様々で、ほとんどが美顔でありながら、個性が溢れていますし、時代の流れもあるような気がします。

このトップラインの薄さを見て、昔試打したことのある、ウィルソンのアイアンを思い出しました。

ムジークは日本のメーカーですが、少し洋風な雰囲気も感じられます。

厚くてボテッとした顔のアイアンだと余剰重量も多く、『重さ』をイメージさせますが、このように研ぎ澄まされた形状で大きすぎない顔は逆に軽量感があります。

クラブ全体は適度な重さがあるのですが、顔(構え感)で軽量感を醸し出しているアイアンです。

これも人によって好みが分かれるところだと思いますが、私はこのような顔は大好きで、昔の感覚が蘇ってきました。

ラージサイズでボテッとしたタイプのアイアンだと、少しぼやけてしまうことがあるのですが、マッスルバックはその研ぎ澄まされた形状から、かなりはっきりとシビアにいろいろなものが伝わってきて、このアイアンは7番アイアンにしては、少し立って(ロフトが)見えました。

マッスルバックにしては少し珍しい感じもしますが、これも時代なのでしょうか?

もう少し寝ていたほうが、フェースを上から被せるといいますか、包み込むイメージが湧きやすいので易しく感じられます。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は素晴らしいです。

軟鉄の柔らかさがあるのは勿論ですが、マッスルバックがもつ『厚み』のある打感が魅力的です。

マッスルバックらしく、厚みがあって、『乗っかり感』のある打感がたまりません。

この乗っかり感があるからこそ、球をホールドする感覚が味わえますし、コントロール性能も増します。

これが弾き系のアイアンだと、ホールドする前に飛んでいっちゃう感じで、なかなか思うようにコントロールできません。

球離れが速いアイアンにもメリットはあると思いますが、私はこのように『球持ち感』のある打感のほうが好きです。

芯で捉えたときの打感はたまらないですし、ミスヒットしても、それを瞬時でつかむことができるので安心感があります。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、ある程度HSがあったほうがいいかもしれません。

そういった点で言えば、見た目通りです。

誰にでもあがりやすくなるような、ハードルの低さは感じないですし、きっちりとダウンブローで捉えていける方向けのアイアンといっていいと思います。

イージー系のアイアンで『軽く流すように打つ』というよりは、『上からしっかりと速めのスピードで打っていく』というタイプのアイアンです。



バックフェース
『安定性』という点でも、マッスルバックらしくシビアで、寛容さを求めておられる方には親しみづらいところがあるかもしれません。

スイートエリアは広くないですが、それをカバーするシャフトの安定性。

そして、この広さ(狭さ)に慣れてしまえば、どうってことないと感じるのではないかな・・・。と思いました。

ボールをスイートエリアに集める能力。

吸い込ませるように集めるミート力。

といったらいいでしょうか?

数値には表せない感覚・技術が、普段から使っているクラブによって磨かれていくものですが、このアイアンはそういったことができるように感じます。

易しすぎない優しさ・・・。といったらいいでしょうか?

今だけでなく、未来も見据えたアイアンといっていいのかもしれません。



飛距離性能
『飛距離性能』は、『やや飛び』といった感じです。

あくまでも感覚的に一番手は違うように感じますが、今はこれくらいが当たり前になっています。

球も比較的あがりやすくなっているようで、それもこの飛びに関係しているのかもしれません。

アイアンは『飛ばさない』『飛ばしすぎない』のも性能の一部だと思いますが、このアイアンは少し飛ぶ感じで、これも今のニーズに合わせているような気がしてきました。

アイアンに飛距離性能を求めると、必ずといっていいほど『歪み』が生まれてくるものですし、これまで無かった難しさも顔を出してきます。

このアイアンもそのようになってくるのかもしれませんが、これはコースではっきりと見定めたいと思いました。



操作性
『操作性』は素晴らしく、最高です。

程よい大きさと男前。

そして使い慣れた高性能なシャフト。

これだけで高い操作性が約束されたようなものですが、球持ちが良く頭に浮かんだイメージをそのまま描いてくれる『描写力』といったらいいでしょうか?

それはこのアイアンにはあります。

いつも、どんなときでも球を曲げず真っ直ぐ打っていきたい・・・。という方には馴染めないところもあるかもしれませんが、私は直線ではなく、曲線でイメージしていきたいので、このアイアンのもつ描写力には心を動かされました。



試打後の感想


ヒール側
久しぶりのマッスルバックということで、最初からずっと心躍っていました。

イージー系では無いですが、マッスルバックにはマッスルバックの良さがあるものだと再認識しましたし、時が流れてもそれは変わりません。



muziik Deep MuscleⅡForged アイアン
ひと目で『CNC』という言葉が浮かんでくるほどのデザイン。

ハンドメイド感は無く、『マシンメイド感』がありながら、冷たさは感じず、どこか温かみも感じていました。



muziik Deep MuscleⅡForged アイアン
機械的でありながら、ゾディアを真っ先に思い浮かべました。

それはこの削りにあります。

ゾディアのウェッジの削りは均一でなく、やや不均一でそこがまたハンドメイド感があって魅力的なのですが、このアイアンは均一感があり揃っています。

しかし、この大胆な削りはゾディアを彷彿とさせます。

『大胆な削り』も、このアイアンの魅力の一部です。



muziik Deep MuscleⅡForged アイアン
先ほども書きましたが、ドライバーよりもアイアンやウェッジに、そのメーカーの傾向といいますか、特色のようなものが出ると、私は常々思っています。

ドライバーは凄く研究されているのに、アイアンにはその工夫が見られず、手を抜いているとまではいいませんが、チープさがあり、ドライバーとの力の入れように大きな差があるように感じることがあります。

もう何年も(何十年も)そうなのだから、それがそのメーカーのコンセプトなのだと思います。

ドライバーとアイアンやウェッジとのバランスが高いレベルでとれているメーカーのひとつが、大手有名メーカーでいえば、タイトリストです。

ボールも素晴らしいですし、このメーカーには欠点のようなものが見当たりません。



muziik Deep MuscleⅡForged アイアン
アイアン好きの私としては、ムジークというメーカーに対して良い印象をもちました。

しっかりとアイアンにも力を入れてくれているのが分かったからです。

『易しい』『難しい』はひとまず置いといて、まずは『美しい』クラブを発表して欲しいと思っています。

それから今のニーズに合わせるように『易しさ』を追加していくのであって、最初から『易しさ』ありきで、見た目度外視したクラブには魅力を感じません。

クラブに対して、どこに『易しさ・難しさ』を感じるかは人それぞれだと思いますが、私の場合、その比重が大きいのが『構え感』です。

構えたときに良いイメージが浮かんでこないクラブは、いくらヘッドが大きくてスイートエリアが広かろうが難しく感じます。

これまで、あまりにも構えづらく、テークバックがとれず固まってしまったクラブもありました。

そういったクラブはとても苦手で、二度と試打することはありません。

逆にとても構えやすかったり、打感が良く、距離感の出しやすさ・操作性が高いクラブは初めて試打した後も何度も試打することがありますし、他のクラブと打ち比べなどもやっています。

大顔でワイドスイートエリアのクラブが、小顔で芯の小さいクラブに『易しさ』という点で負けてしまうこともあるのです。



muziik Deep MuscleⅡForged アイアン
初めて出会ったムジークのアイアンですが、とても気に入りましたし、このアイアンに出会ったことにより、ムジークというメーカーのイメージもアップしました。

ただ単に数値上の易しさや飛距離だけを追い求めるのではなく、『感性』に訴えかけてくるクラブというのはとても魅力的ですね。


構えやすさ・・・☆☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆
飛距離・・・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2020年05月21日
PR
  

muziik TurfRider TITANIUM FORGED 480 Hi C.O.R ドライバー

                 

muziik TurfRider TITANIUM FORGED 480 Hi C.O.R ドライバー
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブmuziik TurfRider TITANIUM FORGED 480 Hi C.O.R ドライバー です。



muziik turfrider
シャフトは muziik turfrider です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は50g、トルクは4.1、キックポイントは中調子です。



正面
久しぶりに出会った、muziikのドライバーです。

muziikのクラブを試打した経験はまだ少ないのですが、どれもインパクトのあるものばかりで、いい印象が残っています。

特にFWはとても素晴らしく、今でも惹かれています。

男前で、かなり飛距離性能の高いクラブです。

私はmuziikのクラブを購入したことがまだ無いのですが、自分のドライバーにmuziikのグリップを挿していて、とても気に入っています。



側面
ラージサイズでシャロータイプのヘッドです。

このような形状は、これまでもたくさん出会っているので、特に珍しい感じはしません。

オーソドックスなシャローといったところです。

このデザイン(色使い)を見ていると、以前試打した、キャロウェイのレガシーブラックというドライバーを思い出しました。



撃速
ソールには『撃速』の文字があって、とてもカッコいいです。

クラブには英語が表記されるのが一般的で、漢字はなかなか見られませんが、過去にもありましたし、カッコ良くて好感が持てます。

『和の雰囲気』が感じられ、親近感も湧きます。

撃速というくらいだから、かなり弾道が速いんだろうという予想が立ちますが、聞くところによると、このドライバーは高反発仕様なのだそうです。

最近はルール適合モデルばかりでなく、高反発モデルも発売されるようになっていて、私は安全性がきちんと担保されているのであれば、いいことだと思っています。

それは以前も書きましたが、ゴルファーは競技に出場する人だけでないからです。

むしろ競技に出場しないで、プレイベートで楽しむ方のほうが多いように思います。

USGAやR&Aが決めたルールが全てではなく、人によってゴルフの楽しみ方があっていいからです。

老若男女が同じフィールドで、同じ時間を共有して楽しむことができるスポーツはそう多くありません。

なので競技よりも、むしろプライベートで楽しむことのほうが重要なのではないかとさえ思っています。

私はルール適合モデルしか使うことはありませんが、私の周りにもルール非適合モデルを使う人も増えてきました。

それと、このドライバーは反発係数だけでなく、大きさ(ヘッド体積)も、ルール非適合なのだそうです。

ルールでは460cc(上限10ccオーバーまで可)までと定められていますが、このドライバーは480ccのヘッド体積があるそうです。

ラージサイズだな・・・。とは思いましたが、そう聞くまで480だとは思いませんでした。

180ccのヘッド体積のヘッド体積が200ccになったら大きく感じるかもしれませんが、460ccが480ccに変わったくらいでは気付きにくいように思います。

例えば体重40㎏の人が5㎏痩せたら、かなり見た目が変わると思いますが、130㎏の人が5㎏痩せても気付きにくいのと同じことなのかもしれません。

高反発モデルは珍しくないですが、大きさも非適合というのはあまり見られません。

もちろん、これまでもありましたが、数はまだ少ないです。

こういったことも、ルールにとらわれないでいいことだと私は思います。

競技に出場しないで、安全にゴルフが楽しめるのであれば、クラブに対する選択肢がもっと広がるべきです。



スリクソンのドライバーを思い出したデザイン
ソールにある、この凹みのようなものが目立っています。

色使いなどが違いますが、以前試打したスリクソンのドライバーを思い出しました。

このソール形状には、どのような効果が期待できるのでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さも結構あります。

昔はこのようなタイプだと、ショートタイプが多かったのですが、今は結構長めの物も普通に見られます。

これもコンピューターの緻密な計算による設計の賜物なのでしょうか?

ネックに調整システムは搭載されていません。

最近は搭載されていないクラブのほうが多くなってきたような気がするのですが、調整システムを望まれる方には不満が残るところかもしれません。

しかし、私は重視していないので、このままでもいいです。



フェース面のデザイン
質感が良く、綺麗なフェース面です。

スコアラインに溝はありません。

オールフラットなフェース面です。

高反発だから、強度を保つために溝を入れていないのでしょうか?

限りなくフェースを薄く削っているのかもしれません。



セミシャロー
セミシャローといっていいでしょうか?

今はもっと薄いタイプもありますが、このドライバーはそこまでではないように思います。

今はシャローヘッドのバリエーションも増えてきましたが、このドライバーは見慣れた感じです。



顔
顔はまずまずです。

オーソドックスで大顔タイプです。

丸顔というよりは、やや『三角顔』に近い感じです。

このようなタイプも、これまでたくさん出会ってきました。

当然ながら、やや『つかまえ系』の顔をしています。



muziik TurfRider TITANIUM FORGED 480 Hi C.O.R ドライバー 振り感
素振りをしてみると、軽量タイプではありますが、シャフト自体は頼りない感じではなく、結構しっかりしています。

硬いというのではないのですが、軟らかくしなりながらも、芯があってブレにくい印象です。

何度か素振りを繰り返し、タイミングを整えました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、なかなかいい感じです。

かなり大顔に見えましたが、構えづらいということはありません。

私はどちらかというと小ぶりなほうが好きなのですが、この大きさでも特に不満はありません。

つかまりやすそうな顔をしているので、ハイドロー系のイメージが出ました。

このドライバーはロフトが10.5度ということですが、必要以上にフェース面が見えすぎないのもいいです。



試打を開始しました


打球音
まず感じたのが、このドライバーの発する高音です。

一球打って、「ウワッ。」と思わず叫んでしまいました。

かなり高くて大きい音です。

久しぶりに異音を発するドライバーに出会いました。

昔は『高反発=異音』というのがセットのようになっていて、苦手意識が芽生えていたのですが、最近の高反発モデルは必ずしもそうではありません。

むしろ、落ち着いた感じの音を発する高反発ドライバーのほうが多いくらいです。

なので、このドライバーの音に対する警戒感が最初から無く、ちょっと油断していたのかもしれません。

普通に構えて普通に打ったのですが、音にやられたといいますか、気持ちがシュッと沈んでしまいました。

好まない音を耳にしてしまうと、自分の打ち方が悪いんだ・・・。きっと芯を大きく外したから、このような音になってしまったのだろう・・・。と思うことがあり、今日も打ち直してみたのですが、やはり同じような異音を発してしまいました。

これでは練習場で注目の的になってしまいますし、他に練習している方の集中力をそいでしまうかもしれません。

私は打ち続けることができませんでした。



フェース面
『打感』はソフトというよりは、ややしっかりしていますが、堅くなく手に嫌な衝撃が残ることもなく、普通に打てました。

好感が持てる打感です。



ヒール側 あがりやすさ
球はあがりやすく、10.5度らしい、弾道の高さがあります。



バックフェース
『安定性』も高く、ラージサイズらしい大らかさがあります。



飛距離性能
高反発ということで、かなり飛距離も望めると思うのですが、私は気持ちよく打っていけなかったこともあり、このドライバーのもつパフォーマンスを最大限に発揮することはできませんでした。

なので、満足できる検証ができていません。



操作性
『操作性』という点でも、オートマ性を感じ、あまり曲がるタイプではないように感じたのですが、数球打っただけですぐに試打を止めたので、詳しいことは分かりません。



試打後の感想


muziik TurfRider TITANIUM FORGED 480 Hi C.O.R ドライバー
私はこのドライバーの発する音に全く馴染めずに、すぐに試打を中止してしまいました。

このドライバーは高反発モデルだから、あえてメーカーも、このような音にしているような気もします。

ルール適合モデルもあるそうなので、そちらではまた違う音になるのかもしれません。

私はこのドライバーの音を耳にして、ヘッドの中に消音材を入れたらどうなるんだろう・・・。と思っていました。



muziik TurfRider TITANIUM FORGED 480 Hi C.O.R ドライバー
高反発モデルを愛用しておられる方の中には、大きくて高い音を好まれる方は多いのではないでしょうか?

だからメーカーもあえて、このような音になるように作っているのではないでしょうか?

私は強く叩くこともなく、かなり緩めに打って、この強烈な音を耳にして、打つ気力が無くなってしまい、試打をすぐにやめることにしました。

やはり私は苦手な音を発するクラブは馴染めません。

インパクトも緩んでしまいますし、気持ちよく振っていけません。

ボールに気持ちを乗せることもできません。

しかし、これはあくまでも私の好みによるものなので、このドライバーの高くて大きい音を好まれる方もいらっしゃると思います。

私は周りが気になってしまいますし、私自身集中力を維持できないので、予定よりも早く試打を終えました。



muziik TurfRider TITANIUM FORGED 480 Hi C.O.R ドライバー
このドライバーには馴染めませんでしたが、またこれからもmuziikには期待していきたいです。
                         
        

                         
      
2018年03月25日
PR
  

muziik On The Screw ウェッジ

                 
muziik On The Screw ウェッジ
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは muziik On The Screw ウェッジ です。



K's-wedge HW120
シャフトは K's-wedge HW120 です。

ロフトは56度、クラブ長さは35インチ、シャフトフレックスはS、キックポイントは中調子、クラブ総重量は469g です。



正面
muziikのカッコいいウェッジです。


以前、50度のメッキタイプを試打したことがあるのですが、今日は黒いタイプの56度に出会えたので、思わず手に取ってみました。



側面
オーソドックスな形状です。


キャビティタイプということを除けば、ごく普通のウェッジに見えます。



3つのウェイト
3つのウェイトがありました。


以前試打したウェッジは2つだったのですが、このウェッジは3つです。


ロフトによって、ウェイトの数が変わるのでしょうか?


この黒い『本体』に、青のウェイトが映えて見えます。


この青は『muziik』の『iの点』と色を合わせているのかな?と思いました。


メッキタイプのときには、そういったことを考えませんでした。



彫りの深さ
キャビティタイプではありますが、かなり浅いので、違和感なく普通のウェッジとして見ることができます。



トップライン
トップラインの厚さは標準的です。


構えたときに、いいイメージが自然と湧いてきそうです。



ソール幅
ソール幅は、ややワイドですが、今のSWとしては普通といえるでしょうか?


最近はアイアンでもよく見られますが、トゥからヒールにかけて、テーパーになっているのではなく、ストレートに近いタイプです。


テーパーになっていると、『フェースの開閉』をイメージしやすいのですが、このようなタイプだと、あまり開閉せずにストレートに使っていくようなイメージが出ます。


アイアンでは多くなりましたが、ウェッジではあまり見かけません。


こういったところも、メーカーのこだわりがあるのでしょうか?



リーディングエッジ
リーディングエッジは削られていました。


それほど大きい削りではありませんが、目立っていました。


やはり、黒という色は、色々なものを浮き立たせる性質があるな・・・。と思いました。


一見、色の中で一番暗く地味な印象もありますが、光りの当て具合などで、その性質や見え方なども変わってきます。


逆に白やメッキなどでは光りに反射して、本来のものが見えにくくなることもあります。


色は奥が深いです。



バンス
バンスは大きくなく、むしろ控えめな感じです。


最近はハイバンスタイプが多くなったような気がしますが、このウェッジはそういうタイプではありませんでした。


いわゆる『ローバンスタイプ』です。


こうして見ていると、SWということを感じさせません。


PWのような膨らみ方です。


ローバンスタイプに苦手意識をもっておられる方も多いと思いますが、私は昔のハイバンスタイプに苦手意識をもっていて、ローバンスタイプが出たときに、すぐに飛びつきました。


今はハイバンスタイプも研究が進み、易しくなっていますが、昔はメリットよりもデメリットのほうが強く感じていました。


ローバンスタイプは確かにバンスが小さいので、難しく感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、開いて構えると自然とバンスは利いてきますし、バンカーの砂も弾きやすくなるので、意外と易しいな・・・。と感じる方も多いのではないでしょうか?


フェースの開閉を使わず、なるべくシンプルに打っていきたい・・・。という方には、今の研究が進んだハイバンスタイプのほうが合いやすいのかもしれません。



ネック長さ
ネックの長さも適度にありました。


ロングというタイプではなく、標準的な感じがしますが、ウェッジには最低限維持して欲しい長さがありました。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


この落ち着いた感じのフェース面は、何ともいえない雰囲気を醸し出していました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、好感がもてました。


自然な感じで構えることができました。


少しグースが利いているようにも見えたのですが、強すぎないので苦手意識はなく、普通に構えることができました。


グースがきつすぎると、ダフりそうに感じたり、カットに入れにくく感じたりすることもあるのですが、このウェッジにはそういったことがありませんでした。



開きやすさ
フェースの開きやすさは、まずまずでした。




試打を開始しました。

muziik On The Screw WEDGE
『打感』はソフトで良いです。


ボールへの『食いつき感』もありました。



ムジーク オンザスクリュー ウェッジ
『スピン性能』も、いい感じでした。


ボールがよく止まってくれました。


『強烈』なスピン性能というよりは、『やや強烈』といった感じです。


今のウェッジは角溝でなくても、メーカーの研究が進み、高いスピン性能をもったものがあります。


そういうタイプは『止まりすぎて難しい』と感じておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?


このウェッジはそういった方にも、試していただきたいと思いました。


『程良い』スピン性能といえるかもしれません。



トゥ側
球も拾いやすいですし、いい感じであがってくれました。


出球の高さも安定していました。



バックフェース
『安定性』は、なかなか高いです。


ウェッジとしては高いほうだと思います。


バックフェースのキャビティ構造とウェイトがよく利いているのでしょうか?


大らかさのあるウェッジです。


精悍でカッコいいウェッジですが、マニュアルタイプというよりは、どちらかというとオートマチックタイプに近い印象をもちました。



距離感
『距離感』も合いやすく、落としどころを限定できました。


いい顔のウェッジと、安定感抜群のシャフト。


そして、全体的に適度な重さのあるウェッジは、『安定感』というプレゼントをくれます。


縦の距離が安定しているので、シビアな場面でも活躍してくれそうです。



操作性
『操作性』は、なかなかいい感じでした。


易しくて『オートマ性』を感じていたのですが、決して細工をしづらいタイプではなく、色々と遊ぶことができました。



ヒール側
全体的に、『易しい』というキーワードをもったウェッジという印象をもちました。


『構えやすさ』『球の拾いやすさ』『適度なスピン量』『打感の良さ』『安定性』など、バランスがとれているように感じました。



muziik On The Screw WEDGE
先日試打したメッキタイプのウェッジもいいと思いましたが、私はこちらのほうが興味をもちました。


やはり『黒いウェッジやアイアン』というものは特別感があって、惹かれてしまいます。



muziik On The Screw WEDGE
少しグースが利いているタイプではありますが、日頃ストレートタイプを使っておられる方も、それほど気にならず打ちやすいと感じられる方も多いのではないでしょうか?


逆に、同じグースタイプを使っておられる方でも、強いグースを愛用しておられる方には、グースの利きに不満をもたれるかもしれません。


もっとグースが強いほうが易しいと感じられるかもしれません。


このウェッジはグースタイプではありますが、ややストレートに近い性能をもっているのかな?と思いました。



muziik On The Screw WEDGE
とてもカッコいいウェッジですが、決してハードルが高くて気難しいタイプではなく、見た目以上に易しいというところも魅力の一部だと思います。


マニュアル性よりもオートマ性のほうが強く感じられる、ハードルが高くない、親近感のもてるウェッジです。


                         
        

                         
      
2017年10月01日
PR
  

muziik On The Screw DF フェアウェイウッド

                 
muziik On The Screw DF フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは muziik On The Screw DF フェアウェイウッド の4番です。



LOOP prototype FW seven
シャフトは LOOP prototype FW seven です。

ロフトは17度、クラブ長さは42.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は75g、トルクは3.4、クラブ総重量は344gです。


正面
ムジークの新しいFWです。

ムジークのクラブはあまり試打したことがないのですが、いい印象が残っているので、今日出会えたことをとても嬉しく思いました。

ひと目で分かるほど個性的なデザインですが、高性能な物に出会ってきました。

見た目の奇抜さだけで勝負しているクラブではなく、きちんと実力で勝負しています。



側面
かなりメカニカルなデザインです。

近未来的な感じもします。

今のクラブは、このように機能性を感じさせる物と、昔ながらのシンプルな物に二分できるように思います。

シャロー感はそれほどなく、適度に厚みがあるように見えました。

今はドライバーだけでなく、FWもシャロータイプが圧倒的に多いですが、このFWは違いました。



ソール中央の丸
ソール中央にある、この丸い物も特徴的です。

ムジークの象徴といっていいでしょうか?

これを見るだけで、ムジークだと分かります。

その周りにあるものはビスなのかな?と思っていたのですが、近くで見てみると小さいウェイトだということが分かりました。

専用の工具ではなく、普通の六角レンチで簡単に取り外せそうです。

数字が示されていなかったので、何gなのかは分かりませんでした。

今は大きめのウェイトがひとつかふたつ付いている物が多いですが、このように小さいウェイトが4つあるのは珍しいように思います。

これもメーカーの工夫なのでしょうか?



BAFFY
『BAFFY』という文字を見て、懐かしく思いました。

最近は見かけなくなりました。

スプーン(3W)の次はクリーク(5W)かUTが当たり前のようになっています。

本数制限がありますし、あがりやすいスプーンもあれば、距離の出るクリークもあるので、バフィ(4W)は自然と姿を消していってしまったのかもしれません。

特にクリークとUTの高性能化によって、バフィは使われなくなったように思います。

パーシモンやメタル世代の方は懐かしく感じられるのではないでしょうか?

今はFWもアイアンと同じようにロフトピッチが曖昧になってきているので、バフィとかクリークという区別はあまり意味をなさないのかもしれません。

ドライバー(1W)・スプーン(3W)・クリーク(5W)がスタンダードだと思いますが、この『奇数番手』が苦手な方は、ブラッシー(2W)・バフィ(4W)という選択があってもいいのではないでしょうか?

そういえば7Wはあっても、6Wは見たことがないな・・・。と思いました。

私はウッド系よりもアイアンやウェッジ系のクラブのほうが好きなので、FWはあまり気にしていないところがあるように思います。



ソールの溝
ソールには溝がありました。

多くのFWやドライバーに採用されているので、この効果は大きいのだと思います。



溝の深さ
溝の幅は狭く、深さもそれほどありませんでした。

この溝も、メーカーによって違いがあるので、興味深いです。

どれがベストなのか、まだ結論は出ていないのかもしれません。



On The Screw
この手書き風の『On The Screw』の文字もお馴染みです。

他のメーカーではあまり見られない個性です。



フェース面のデザイン
フェース面はオーソドックスでした。

ソールのデザインがとても個性的ですが、フェース面はノーマルな感じです。

今は色々なメーカーで様々なタイプのフェース面が見られるようになってきていますが、このクラブはとてもオーソドックスでした。

とても美しく、丁寧な感じがします。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。

ロングでもショートでもありませんでした。

調整機能は搭載されていませんでした。

今は調整機能付きのFWを作るメーカーは限られているように思います。

このクラブは調整機能ではなく、ヘッドの性能で勝負しているのではないでしょうか?



セミディープ
セミディープタイプといっていいと思います。

昔のFWを経験している者としては、決してディープという感じはしないのですが、今はかなりシャローな物が多く、それらを見慣れていると、このクラブはディープといっていいような気もします。

分厚いというよりは、懐かしい厚みがあるな・・・。という感じでした。



顔
顔はいいです。

ソールのデザインを見ていると、かなり機能性を重視していて、顔の形などはそれほど大切にされていないのかな?と思ってしまいますが、そんなことはありませんでした。

クセのない、いい顔をしています。

ソールは機能的で近未来的な感じもしますが、顔はとてもクラシカルな感じがしました。

これが逆だったら、かなりきついと思いますが、顔がいいということは構えやすさにもつながるので、易しいだろう・・・。と思いました。

構えたときに、ソールがどのようなデザインであっても見えないので、視覚的には気になりません。



振り感
素振りをしてみると、いい感じでした。

タイミングがとりやすく、親しみやすいです。

装着されているシャフト『LOOP』は、それほどたくさん試打してきたわけではないのですが、とてもいい印象が残っています。

このシャフトも適度なしっかり感がありますが、すごく自然でしなやかな感じです。

しっかりして頼れる感じのシャフトですが、ハードな感じはありませんでした。

反応が良くて、素直なシャフトだと思います。



構え感
ボールを前にして構えてみると、好感がもてました。

とても構えやすくて、リラックスすることができました。

違和感などは全くなく、親しみやすいです。

大きさもちょうどいい感じで、無駄が無いように見えました。

久し振りにバフィに出会ったけど、やっぱりバフィはいいな・・・。と思いました。

昔から、私はクリークよりはバフィのほうが、馴染みがありました。

何と言っていいかよく分からないのですが、『易しさオーラ』のようなものがずっと感じられました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで、とても良いです。

『超ソフト』といってもいいかもしれません。

あまり手応えが無く、今では珍しいような気もしますが、好感のもてるフィーリングです。

機械的なデザインで硬そうな感じがしないでもないですが、実際は違っていました。

今のFWは、はっきりした物が多いので、このクラブは珍しいと思いました。



打球音
『音』はとても静かです。

少しこもった感じもしますが、フィニッシュまで気持ち良く振り抜いていくことができ、好感がもてました。

当てにいくのではなく、どんどん速く振っていくことができました。

『構え感』『打感』『音』のフィーリング三要素のレベルがとても高く、スイングの邪魔を全くしていないな・・・。と思いました。

『躊躇』や『減速』ではなく、『加速』しながら振っていくことができました。



トゥ側
球はあがりやすいです。

いつものようにティアップせずに直打ちで試してみたのですが、じゅうぶん高さを出していくことができました。

バフィの易しさを久し振りに味わいました。

今はあがりやすいスプーンもたくさんありますが、元々あがりやすいバフィはやはりいいな・・・。と思いました。

最初の打ち出しから高く、しっかりとキャリーを出していくことができました。

他のFWと比べると、少しディープな感じもしますし、カッコいいのでタフなタイプのFWかな?と打つ前は思っていましたが、そんなことはありませんでした。

海外メーカーのFWで、確かに距離は出るけどあがりづらい・難しいと感じておられる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

もっと楽な気分で易しく打っていきたい・・・。という方もたくさんいらっしゃると思います。

そういった方々に試していただきたいと思いました。

装着されているシャフト『LOOP』との相性も抜群でした。

ヘッドもイージー、シャフトもイージー。という印象をもちました。



バックフェース
『安定性』は、まずまずといいますか、今のFWの中では普通かな?と思いました。

高い寛容性があるとは思いませんでしたが、普通に打っている限り暴れる感じはしなかったですし、まとめやすいFWだな・・・。と思いました。

シャローではなく、ややディープなタイプではありますが、気難しくてシビアなタイプではなく、親しみやすいタイプです。

構えやすく、シャフトも頼れるので、ラインも出しやすいですし、そのラインの幅から左右に大きくブレることはありませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れています。

高さもしっかり出せて、キャリーで押していける感じがしました。

インパクト直後から、フワーっと浮く感じで予想していたよりも高い弾道で飛んでいきました。

よく飛ぶけど、なかなかいいあたりが出ない。難しい・・・。というタイプではなく、易しくて親しみやすい飛びだな・・・。と思いました。



操作性
『操作性』は良いです。

左右に曲げることも簡単でした。

曲げにくいクラブではないと思いました。

直進性を求めるあまり、余計な物が付けられているな・・・。と思えるクラブは、これまでもたくさん出会ってきたのですが、このクラブはそんな感じはしませんでした。

球を拾いやすく、ソールもよく滑ってくれ、易しさを充分感じました。



ヒール側
優秀なFWです。

最初は機械的な性能ばかりが目立つクラブかと思いましたが、フィーリングも良く、飛距離も優れていてバランスが取れていると思いました。



muziik On The Screw DF フェアウェイウッド
ムジークはグリップのイメージも強いですが、このFWもそうですし、高性能なクラブも世に送り出しているメーカーです。

ソールのデザインは個性的ですが、基本性能はしっかりしていますし、頼もしさがありました。



muziik On The Screw DF フェアウェイウッド
以前試打したムジークのFWよりも、こちらのほうが気に入りました。

飛びや親しみやすさでも、優れていると思いました。



muziik On The Screw DF フェアウェイウッド
そして改めて、バフィもいいな・・・。と思いました。

昔はスプーンとクリークには性能的にも大きな開きがあり、バフィが必要でしたが、今はそれが曖昧になった部分があり、クリークがスプーンやバフィの代わりをすることもあります。

このFWにはスプーンやクリークも用意されているということなので、もし機会があれば、そちらも試打してみたいと思いました。



muziik On The Screw DF フェアウェイウッド
メーカーが作らなくなったので、バフィを使うことは無くなったけど、実はバフィに興味があってニューモデルが出ないかな?と思っておられる方もいらっしゃると思います。

そういった方に是非試していただきたいと思いました。

レベルの高いFWなので、高い支持を集めやすいのではないでしょうか?

よく飛んで、『穏やかなフィーリング性能』。

そして易しすぎず、こちらのイメージも伝えやすい・・・。

そんなクラブです。

これからはムジークのFWにも注目していきたいです。
                         
        

                         
      
2017年05月21日
PR
  

muziik On The Screw I.C.E ユーティリティ

                 
muziik On The Screw I.C.E
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは muziik On The Screw I.C.E の4番 です。



N.S.PRO MODUS3 105
シャフトは N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 です。

ロフトは24度、シャフトフレックスはS、キックポイントは元調子、クラブ総重量は392gです。



正面
初めて手にした、ムジークのユーティリティです。


ムジークのクラブを試打したことはまだ少ないのですが、ドライバーの印象は強く残っています。


ムジークはクラブもいいですが、グリップの印象も強いです。



側面
オーソドックスなタイプのアイアン型ユーティリティです。


ヘッドの大きさと膨らみから、中空タイプであることが分かります。


アイアン型ユーティリティにも色々とありますが、このクラブは『大型』です。



ソール幅
かなりのワイドソールです。


よく見るソール幅ですが、こういうところを見ると、やはりこれくらいワイドにしないと球が浮いてこないのかな?と思いました。


アイアン型ユーティリティが発売されて、かなりの年月が経ちますが、こういったところはあまり変わっていないようです。



ソールに2つのウェイト
ソールには2つのウェイトが組み込まれていました。


よく目立っています。


専用の工具を使えば取り外せそうです。


何gなのかな?と思い、近くで見てみましたが、数字は刻印されていませんでした。



ネック長さ
ネックの長さは普通でした。


ヘッドの大きさから、もっとショートタイプを予想していましたが、違っていました。


ただ、こうして見ていても、かなりグースが利いているのが分かります。


こういったところも、昔と変わりません。


これだけロフトが立った番手だと、グースを強くしないと球がつかまりきらないのかな?と思いました。



トップライン
トップラインも厚めでした。


これも、よく見られます。


アイアン型ユーティリティでは、よく見られますし、こういったところも変わっていないな・・・。と思いました。


最新モデルですし、きっといいところもたくさんあるだろう・・・。とは思っていたのですが、だんだんと気持ちの盛り上がりが下がっていきました。


それは、このクラブの外見が良くないというのではなく、あくまでも私の好みとか、期待する形状でないところからくるものです。


アイアン型ユーティリティにも色々とありますが、私は以前試打した、スリクソンタイトリストのクラブが好きです。



I・C・E TITANIUM
ヒール側には、I・C・E TITANIUMの文字がありました。


チタンを使っているんだ。珍しいな・・・。と思いました。


ドライバーやフェアウェイウッドではよく使われますが、アイアン型ユーティリティでは珍しいです。


これからはドライバーやフェアウェイウッドだけでなく、ユーティリティやアイアン・ウェッジにもチタンが使われるようになるのかな?と思いました。



ミーリング無し
フェースにはミーリングはありませんでした。


ごく普通の見慣れたフェース面です。



構え感
ボールを前にして構えた感じは、まずまずでした。


全体的な形状を見ていて、このような構え感を予想していました。


これまでも出会ったことのある構え感です。


見とれることはありませんでしたが、アイアン感覚で構えることができました。


ユーティリティブームを作ったのはPRGRですが、そのPRGRのZOOMを思い出しました。


大顔タイプでグースもよく利いています。


飛距離を出すには重心距離をある程度長めにしたほうがいいのかもしれませんが、そうすると球がつかまりにくくなるので、グースをきつめにしているのかな?と思いました。


もしそうだとすると、多少飛距離を抑えても、もう少し小振りにしてグースの利きを弱めてくれたほうが構えやすくなるな・・・。と思いました。


しかしチタンを使っていることなどからも、かなり飛距離にこだわっているのが伝わってきますし、このようなタイプを好まれる方もたくさんいらっしゃると思います。


好みの顔ではありませんが、これまでもたくさん経験しているので、特に不安に感じることはありませんでした。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はしっかりめでした。


外見から予想していたフィーリングと合致していました。


チタンということで、少し柔らかいのかな?と思うところもありましたが、しっかりしていました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は、まずまずでした。


特別あがりやすくなっているようには感じませんでした。


これまで出会ってきた同型モデルと同じような印象をもちました。


特別上がりやすくなっているようには感じませんでしたが、タフ過ぎることもなく、予想通りでした。


ソールにある2つのウェイトも利いているのだとは思いますが、特別球が浮きやすいとは思いませんでした。


この2つのウェイトはただ単に重心を低くするというだけでなく、この位置から、慣性モーメントを大きくすることに役立っているのかな?と思いました。



muziik On The Screw I.C.E
昔、横田真一選手がZOOMを使って活躍し、ZOOMが大人気になりました。


今注文しても納期が数ヶ月待ちという状態がしばらく続きました。


そして、ようやく手にした方も、思っていたよりも球があがりにくくて難しい・・・。と感じられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?


アイアン型ユーティリティを使うよりも、FWのほうが易しい・・・。と感じられた方も多いように思います。


このクラブを試打していて、そんな昔のことを思い出しました。



バックフェース
『安定性』という点では、なかなかいい感じでした。


大らかさがあり、球筋がブレにくいです。


いい意味での、『鈍感さ』のようなものを感じました。


ラージサイズタイプの特長といっていいのかもしれません。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかいい感じでした。


これくらいは飛んでくれるだろう・・・。というところまで、しっかりとキャリーで運んでくれました。


同じ番手(ロフト24度のクラブ)で、もっと飛距離を出そうとするのであれば、やはりFWのほうが有利なのかもしれない・・・。と思いました。


地面にあるボールは、できればウッド型ではなくてアイアン型で打っていきたい・・・。という方も多くいらっしゃると思います。


そういった方々には、有効なクラブといえるのかもしれません。


しかし、特別あがりやすさが特化している感じはしなかったので、あがりやすさを求めるのであれば、違う型のUTかFWを使うほうがいいのかな?と思いました。



操作性
『操作性』という点では、もうひとつだと思いました。


あまり操作するタイプではないように感じました。


左右にも曲げることはできましたが、大きく曲げづらい感じがしました。


どうしても『大らかさ』『鈍感さ』が勝ってしまいました。



ヒール側
ムジークのクラブを手にした経験はまだ少ないですし、ユーティリティは初めてでした。


ムジークのクラブは個性的で、色々な工夫がされている印象がありますが、このクラブにもそのようなことを感じました。



ムジーク オンザスクリュー アイス
このクラブにはICEという名前がつけられているので、どういったところからつけられているのかな?と思いながら試打しましたが、最後まで分かりませんでした。


氷は冷たいですが、このクラブに冷たい感じはしませんでした。



muziik On The Screw I.C.E
このクラブは最新モデルなのだそうですが、今のアイアン型ユーティリティというよりは、昔のアイアン型ユーティリティのほうが近いような印象をもちました。


あくまでも構え感や見ためにこだわるのでなく、物理的な有利性(飛距離やあがりやすさ・安定性)を求めて作られているのではないかな?と思いました。



muziik On The Screw I.C.E
アイアン型ユーティリティですが、純粋なアイアンというよりは、『中間型UT』や『FW型UT』の特徴も混ざり合っているように感じました。


クラブセッティングの中で、『ユーティリティだけは別物』という意識をもっておられる方もいらっしゃるのかもしれません。


今は様々なUTがあり、『流れ』とは違う一本をバッグに入れておられる方も見かけることがあります。



muziik On The Screw I.C.E
今は昔に比べ、UTの重要度は高まっていますし、使う場面が多くなっています。


いいUTを入れているかどうかで、スコアが決まってしまう・・・。というのも言い過ぎではないような気がします。


それくらい、今のゴルフにはUTが大きなカギを握っています。



muziik On The Screw I.C.E
私が好むタイプとは違うところも多かったので、正直それほど魅力を感じることはなかったのですが、色々な工夫がされていますし、かなり研究されていると思いました。


アイアンでは球が浮ききらないけど、ユーティリティでは浮きやすくなって易しい・・・。と感じる方もいらっしゃると思います。


最新ボールの低スピン化が進み、このような状況が続いているのかもしれません。


これからもクラブは、ゴルファーのニーズを感じながら、『ボールに合わせて』進化していくのかもしれません。


ムジークのクラブはそれほど多く接していませんが、これからもたくさん試打していきたいと思っています。


                         
        

                         
      
2015年10月06日
PR
  

muziik On The Screw DD ドライバー

                 
muziik On The Screw DD ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは muziik On The Screw DD ドライバー です。



Dogatti SIX
シャフトは Dogatti SIX です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は69g、トルクは3.0、キックポイントは中調子、クラブ総重量は314gです。



正面
2度目のmuziikドライバーです。


初めて出会ってもう3年の月日が流れたのですが、今でもあのドライバーのことはよく覚えています。


とても特徴的なデザインがインパクト大でした。


こうして見る限り、以前のモデルとすごくよく似ているように感じます。



側面
デザインもそうですし、全体的な形状もほぼ同じように見えます。


見えないところ(ヘッド内部)に新たな工夫が加えられているのでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。


こうして見ても、『ディープ感』と『シャロー感』のちょうど間(はざま)にいるような印象を受けます。


全体的にはディープなタイプだと思いますが、シャローなところも充分残っているように思います。



ヒール側のウェイト
ヒール側

トゥ側のウェイト
トゥ側

ヒール側とトゥ側には、それぞれウェイトが2つずつ組み込まれています。


前のモデルと共通するところです。


今はもっと大きめのウェイトが多いですが、このように小さなウェイトを複数配置したほうが、より微妙な重量調整ができるということなのでしょうか?


大きいものひとつでなく、この小さめのウェイトで2つにしているところが、メーカーのこだわりのような気がします。


おそらく、何らかの意味があるのだと思います。



ソールの丸いもの
ソールにある、この丸いものが何といっても一番の特徴だと思います。


まるで『目』のような存在感です。


前のモデルと共通するところですが、色が違います。


前のモデルはブルーでしたが、今回はシルバーになっています。


重さなどが違うのでしょうか?


それとも単なる『色違い』に過ぎないのでしょうか?



ソールの浅い溝
ソールにある、この浅い溝も、前のモデルに見られました。


ニューモデルでも採用されているということは、それだけの効果があるからだと思います。


今はソールに溝があるドライバーやFWが増えてきました。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップがとてもいいです。


マイドライバーにも、今このグリップを装着しています。


私はツアーベルベットタイプのグリップが好きなのですが、このグリップは違和感なく、すごく馴染みやすくて手にフィットします。


適度な凹凸感があって滑りにくく、雨の日でも大活躍してくれます。


ツアーベルベット同様、『耐久性』という点では、やや劣るところもありますが、それ以外はとても気に入っています。


『接地面積』の大きいグリップだという認識をもっています。


『手に触れる部分』が大きく、いわゆる『ねじれ』にも強いグリップだと思います。


海流に揺られるイソギンチャクの触手を連想します。


グリップ自体が主張し過ぎない、相手に合わせてくれるような懐の深さを感じます。


グリップにも色々あって、『手が妥協してしまうタイプ』と『グリップが妥協してくれるタイプ』があるように思います。


手が妥協してしまうタイプは硬めのグリップで、手の柔らかさを使っていかなくてはいけない感じがします。


対してグリップが妥協してくれるタイプは、グリップ自体が自然と手に合わせてくれるといいますか、イニシアチブを手にもたせてくれるように感じます。


私は後者のほうが好きです。


私はゴルフを始めたとき、コード入りのグリップを数年使用していました。


しかし、どうも馴染めずに悶々とした日々を過ごしていました。


それでラバータイプのグリップに変えてみたら、すごくフィットして練習の楽しさが倍増して、アイアンやウェッジの精度が高まりました。


ヘッドとシャフトには関心があるけど、グリップはあまり気にしない・・・。という方もいらっしゃると思います。


しかし、プレイヤーとクラブとの唯一の接点なので、とても重要なパーツです。


今はカラフルなグリップも増えてきましたが、私は昔からこのようなオーソドックスな黒が好きです。



On The Screw
『On The Screw』というのは『ボールを真芯に当てたとき』だということを、以前読者の方から教えていただきました。


とてもいい言葉だと思いますし、私たちゴルファーが常に目指していることだと思います。


いくら高性能なヘッドやシャフトを使っても、芯でヒットできなければ、そのヘッドやシャフトのもつ100%の性能は発揮できないと思います。


ヘッドスピードはとても大切ですが、もっと大切な『ボールスピード』を上げていくには『芯で捉える』ということが必要不可欠だと思います。



フェース面のデザイン
このフェース面のデザインも特徴があります。


テーラーメイドの『Vスチール』を思い出します。


このデザインは前のドライバーと同じように思います。



セミシャローバック形状
セミシャローバック形状といっていいと思います。


これも前のモデルと共通する部分です。


益々、前のモデルとの違いが分からなくなりました。


前のモデルよりは少し落ち着いた感じのデザインに見えましたが、それ以外は殆ど手を加えていないのかな?と思いました。


いずれにせよ、『マイナーチェンジ』に変わりないだろう・・・。と思いました。



顔
クセのない、いい顔をしています。


とても男前です。


ソールのデザインが奇抜な感じがするので、変な顔かな?と思ってしまいますが、顔は正統派ですごく整っています。


こういったところはすごく好感がもてます。


『裏の顔(ソールのデザイン、第一印象)』と『表の顔(構えたときの顔)』のミスマッチ感が面白いな・・・。と思いました。


ソールのデザインが奇抜で顔も奇抜なドライバーにも、これまでたくさん出会ってきましたが、あまり好感がもてませんでした。


このドライバーはとても好感がもてます。



振り感
素振りをしてみても、好感がもてました。


初めて手にしたシャフトでしたが、馴染みやすい印象をもちました。


ハードなタイプではないですが、しっかりとした芯がある感じがして、ブレにくくタイミングがとりやすいです。


素振りをしていても、『合わせにいかなければ』と思うタイプと、『期待がもてそうだな』と思うタイプのクラブがあります。


このクラブは後者でした。


ポテンシャルの高そうなドライバーだな・・・。と思いました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、好感がもてました。


とても構えやすいです。


ややつかまりそうな印象をもったのですが、トゥ側が主張し過ぎていないので、逃がしていくイメージも出せました。


『真っ直ぐ』というよりは、左右どちらかイメージしたほうが、球筋は安定しやすいように感じました。


高~い弾道というよりは、ライナー系に近い弾道をイメージすることができました。


私はライナー系の弾道が好きなので、思わず目尻が下がってしまいました。


すごくリラックスして構えることができました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで、好感がもてました。


前のモデルはもうひとつだったような印象があるのですが、このニューモデルはいい感じでした。


全体的な形状やデザインなどはあまり変わらないような気がするのですが、打感を向上させているのではないかな?と思いました。


目に見えない工夫が施されているのかもしれません。


できれば前のモデルと打ち比べてみたいな・・・。と思いました。



打球音
『音』も好感がもてました。


気持ち良くフィニッシュまで振り抜くことができました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は、まずまずだと思いました。


構えたときはもっと低めでライナー系に近い弾道をイメージしていたのですが、予想していたよりも弾道が高くて、少しびっくりしました。


もう少し抑え気味に打っていきたいな・・・。と思うほどでした。


これはヘッドよりも、シャフトの性能が影響しているのかな?と思いました。


ただ、やはりヒッター向けのドライバーであることに変わりはないと思います。


叩いていきたい方に合いやすいドライバーだと思います。



バックフェース
『安定性』という点では、普通かな?思いました。


それほど曲がりにくいタイプではないと思います。


ミスヒットに対する寛容さも、今のドライバーの中では、それほど高いほうだとはいえないのかもしれません。


『正直さ』はあるように思います。


このドライバーに書かれているように『真芯で捉えること』が重要になってくるのだと思いました。


真芯で捉えることによって、クラブの性能が最大限に引き出されていくのだと、このドライバーが主張しているように感じました。


決してシビア過ぎるタイプではないと思うのですが、それだけ今は直進性に長けたドライバーがたくさんあるということです。



飛距離性能
『飛距離性能』は、いい感じでした。


やや高めの弾道で、力強さが印象的でした。


叩いても吹き上がりにくく、しっかりと前に進んでくれました。


低スピン性能も、かなり優れているように感じました。


こういったところは、今のドライバーの特長のひとつだと思います。


クラブに合わせていくのではなく、あくまでもプレイヤー自身が主導権を握って、気持ち良く叩いていきたい・・・。という方に是非試していただきたいと思いました。



操作性
『操作性』は高いです。


左右にも曲げやすいです。


今はオートマチック系が圧倒的に多いですが、このドライバーは違っていて、マニュアルタイプのグッドドライバーです。



ムジーク オンザスクリュー DD ドライバー
ソールのデザインの奇抜さと、顔の良さのミスマッチ感が印象的なドライバーです。


これは前のドライバーと共通しています。


奇抜ではありますが、とても理に適った設計なのだと思います。


機能性を重視しながらも、決して構えやすさが犠牲になっていない、『いいとこ取り』ドライバーといっていいのかもしれません。



muziik On The Screw DD ドライバー
叩いていけるところも魅力的です。


インパクトが緩まず、しっかり振り切っていけるので、一球毎の満足度も高いです。


ヘッドとシャフトのマッチングも素晴らしいと思いました。


できればもっと重量のあるシャフトも試してみたいと思いました。



muziik On The Screw DD ドライバー
『雑さ』がなく、丁寧に作られたドライバーだな・・・。という印象をもちました。


『作り』だけでなく、メーカーの深い研究によって生み出されたのだと思います。


今は個性的なクラブが少なくなり、ひとつのメーカーがヒットを出せば、他のメーカーが後追いをすることも少なくありません。


それだけ今は、驚きをもたせるような新しい物が生み出されにくい時代なのかもしれません。


そういって意味でも、このドライバーの『個性』には好感がもてました。


理に適った個性だと思います。



muziik On The Screw DD ドライバー
前のモデルもいい印象が残りましたが、私はこのニューモデルのほうが気に入りました。


できれば打ち比べてみたいと思いますが、おそらく好感度は変わらないだろう・・・。と思いました。


フィーリングもそうですし、全体的な質感も、ニューモデルのほうが上のような気がします。


機会があれば、また何度でも試打してみたいと思いましたし、コースでも使ってみたいと思わせてくれる上質なドライバーです。

                         
        

                         
      
2015年06月07日
PR
  

muziik On The Screw ウェッジ

                 
muziik On The Screw ウェッジ
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは muziik On The Screw ウェッジ です。



N.S.PRO 950GH
シャフトは N.S.PRO 950GH です。

ロフトは50度、クラブ長さは35インチ、シャフトフレックスはS、キックポイントは中調子 です。



正面
とてもオシャレな感じのするムジークのウェッジです。


これまで、ドライバーとFWを試打したことがあるのですが、ウェッジは初めてです。


ムジークのクラブを手にした経験が浅いので、まだ特徴がつかめていません。


ただ、先日マイドライバーのグリップをムジークに変えてみたのですが、これがとてもフィットしています。


これからの梅雨シーズンに備えて、雨にも強いタイプに替えたのですが、気に入っています。



側面
形状的にはオーソドックスなタイプだと思いました。


奇をてらった感じはしません。


ムジークといえば、ドライバーのあの独特なデザインが印象的ですが、このウェッジはそれと比べると少しおとなしめです。



ウェイト
しかし、このウェイトがよく目立っています。


色がブルーなのも共通しています。


見た目のインパクトがとても強いですし、オシャレです。


ここの位置にあるということは、重心を低くする為でしょうか?


ウェッジはある程度高重心なほうがスピンもほどけにくいですし、扱いやすい感じもするのですが、あえてこうしているということは、それなりの理由があるのだと思います。


ドライバーやFWは『一つ目』だったけど、このウェッジは『二つ目』だな・・・。と思いました。



ウェイト
この凹み部分は、それほど深くありませんでした。



ソール幅
ロフトが50度ということは、私の感覚ではPWとAWのちょうど中間にあたるのですが、そういったことで考えてみると、明らかにワイドな感じがします。


何となくですが、滑りが良さそうなソールだな・・・。と思いながら見ていました。



ネック長さ
ネックの長さは、普通でした。


短くなく、しっかりとキープされていました。


ショートネックタイプかな?と思っていたのですが、違っていました。


この角度から見ても、少しグースが利いているのが解ります。



ミーリングなし
フェース面にはミーリングは見られませんでした。


ノーマルなフェース面です。


高級感のある、美しいフェース面です。



トップラインの厚さ
トップラインの厚さは、ノーマルです。


厚すぎず、ちょうどいい感じです。



リーディングエッジ
リーディングエッジが削られているのがよく解りました。


最近のウェッジやアイアンの多くが、このようなタイプだと思います。


昔は使い込んでいって、自然に削れていくものでしたが、今は最初から、購入前から既に削られています。


それだけ、クラブとの付き合う期間が短くなったのかもしれません。



構え感
ボールを前にして構えてみると、いい感じでした。


変なクセもなく、楽に構えることができました。


少し大顔に見えました。


私の感覚では『セミラージサイズ』になります。


私の好みでいいますと、できればもうちょっと小顔のほうが好きなのですが、小顔タイプがあまり好きじゃない、少し大きめがいい・・・。だけど大顔なウェッジは苦手だ・・・。という方にはちょうどいい大きさといえるのではないでしょうか?


グースの利きも少し目立ちますが、これくらいであれば特に緊張もしないですし、普通に打っていけそうだな・・・。と思いました。


『構え感』ということだけでいいますと、必ずしも私の中での『ど真ん中のストライク』ではないのですが、今はこのようなタイプの人気も高いのだと思います。


マニュアルタイプというよりは、オートマチックっぽい感じもしたので、まずは細工をせずに普通に打っていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
打感はソフトで好感がもてました。


フェース面を見たときに、これは柔らかそうだぞ・・・。と思っていたのですが、実際もその予想を裏切らないグッドフィーリングでした。



スピン性能
スピン性能は、なかなか高いな・・・。と思いました。


それほど『激スピン』という感じはせずに、少し足(ラン)がでましたが、そこそこ止めやすいタイプです。


止まりすぎると距離感が合いづらいから難しい・・・。という方には、これくらいのスピン量がちょうどいいのかもしれません。


食い付いたり、滑ったり・・・。といった一球一球の精度の違いも起こりにくいような感じがしました。


平均レベル以上の『安定したスピン』を出しやすいウェッジなのではないかな?と思いました。


『止め』で距離感を出すのではなく、多少『流し気味』で距離感を合わせやすいウェッジといえるのではないでしょうか?



トゥ側
ボールもあがりやすくて、いい感じです。


球も拾いやすいです。


私はグースタイプが苦手に感じることも多いのですが、このウェッジのグースは控えめな感じなので、特に難しく感じることはありませんでした。


ただ、これよりももっと強くなってしまうと、緊張感が増していったかもしれません。


あくまでも私の感覚ですと、ストレートタイプのウェッジでは、スコアラインの下から2本目と3本目で拾っていく感じでボールを運んでいけるのですが、グースタイプだとタイミングが少し変わってくるので、『フェース面全体』といいますか、少しアバウトに打っていきたくなります。


このウェッジは、そこまでアバウトに感じることもありませんでした。



バックフェース
『安定性』は普通だと思いました。


特に易しさが全面に押し出ているタイプではないと思いますが、難しく感じることもありませんでした。


ラインも出しやすいウェッジだと思いました。



距離感
距離感も、最初は少しばらついてしまったのですが、すぐに修正することができました。


いったん慣れてしまえば特に難しく感じることもありませんでした。


いつもよりも、少し上から潰して打ちたくなりました。


このウェッジは私が使い慣れているシャフトとは違うので、いつもの感覚で打つようにはいきませんでしたが、大きな不満はありませんでした。



操作性
『操作性』はまずまずだと思いました。


最初は細工をせずに自然な感じで打っていったのですが、球数をこなしていって慣れてきたら少し細工をしてみました。


結構いい感じで付き合ってくれました。



ヒール側
今はアイアンのロフトが立っていることが多くなったので、必然的にウェッジのロフトのバリエーションも増えてきているように思います。


このウェッジのように『中間ロフト』も、よく見かけるようになりました。



ムジーク On The Screw ウェッジ
ウェッジに『S』や『A(あるいはPS)』などといった表示がされなくなって、かなりの月日が経ちました。


ウェッジをロフトで呼ぶ時代になりました。


昔はアイアンとウェッジはセット販売が当たり前でしたが、今は別売りが当たり前になっています。


それだけウェッジに対する存在感や求めるものも大きくなっていると思います。


セットで購入するのではなく、ウェッジを別に選ぶ楽しみがあるといっていいのかもしれません。



ムジーク オンザスクリュー ウェッジ
『セミグース』『セミラージ』という、『2つのセミ』があるウェッジだと思いました。


こういったタイプが今のトレンドのような気もします。


『完全なストレート』ではなく、『ちょっとグース』。


『小顔』でもなく『大顔』でもない、『やや面長』。



muziik On The Screw ウェッジ
とてもインパクトのあるデザインですが、試打してみてすごくオーソドックスでいいウェッジだな・・・。と思いました。


よく考えて作られているんだな・・・。と思いました。


大手有名メーカーの大量販売されるウェッジとはまたちょっと違う雰囲気がありました。



muziik On The Screw ウェッジ
ピカピカ光るタイプではなく、艶消しタイプだったのも好感がもてました。


コースで使うときに眩しさを感じてしまうとイメージが出しづらいときもあるので、このような艶消しタイプのほうが、私は好きです。


もし、『黒染めタイプ』があれば、是非そちらも試してみたいと思いました。



muziik On The Screw ウェッジ
初めて手にしたmuziikのウェッジでしたが、いい印象のまま試打を終えることができました。


今はグリップのイメージが強いですが、クラブもいい感じだな・・・。と思いました。


また試打することがあれば、試打してみたいと思いました。

                         
        

                         
      
2013年06月21日
PR
  

muziik On The Screw フェアウェイウッド

                 
muziik On The Screw フェアウェイウッド 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは muziik On The Screw フェアウェイウッド の5番です。



UST Mamiya ATTAS FW
シャフトは
ATTAS FW です。

ロフトは18度、クラブ長さは42インチ、シャフトフレックスは75S、シャフト重量は73g、トルクは3.1、キックポイントは中調子、クラブ総重量は344gです。



正面
初めて出会ったmuziikのフェアウェイウッドです。


ドライバーは以前試打したことがあるのですが、フェアウェイウッドは初めてです。


とても個性的な外見で、ドライバーの印象も強く残っているのですが、初めて試打してから、もう1年以上が経過しているのかと思うと、すごく早く感じます。



側面
一度見たら忘れられないデザインです。


構えたときに邪魔にならないのであれば、個性的なデザインは大歓迎です。


ムジークというメーカーのクラブを手にした経験が私はまだ少ないのですが、これまでもこういったデザインだったのでしょうか?


メーカーのこだわりが感じられます。


おそらく量販店などでは見られないクラブだと思いますが、もし店頭に飾られていたら、大きな存在感を示していただろうな・・・。と思いました。


人を引きつけるには、まず『目立つ』ということが大切になってくるのかもしれません。


そういった意味でいえば、このクラブはとても優れていると思います。



ソール中央のアクセサリー
このソール中央の丸くて青いパーツがどうしても気になります。


ウェイトではないか?と思うのですが、詳しいことは解りません。


黒と青(正確にはみずいろ?)の組み合わせがとても綺麗です。


他にも様々なカラーバリエーションが用意されているのでしょうか?



シャローバック
予想通りのシャローバックです。


以前試打したドライバーもシャローでしたし、おそらくFWもそうだろう・・・。と思っていたので、予想通りでした。


こうして見ても、かなり球があがりやすそうに見えます。



顔
顔がとても整っていて好感がもてました。


すごくオーソドックスな感じがします。


クラウンの光沢感がとても綺麗ですし、高級感があります。


シャロー感をあまり感じさせないので、いいインスピレーションが湧きました。


バルジはやや真っ直ぐに近い感じなので、あくまでも私の好みとしては、もうちょっと曲線を描いていてもいいのかな?と思ったのですが、これくらいでも全然構いません。


FWに限らず、ドライバーなどでもそうですが、今は真っ直ぐでいいクラブがたくさんあります。



振り感
素振りをしてみても、なかなかいい感じでした。


結構しっかりと振っていけますが、決してタフな感じはしません。


この整ったヘッドに似合うバランスのとれたスイングを心がけました。


振っていて、ああ易しく感じるな・・・。と思いました。


ヘッドの挙動に気を遣いすぎることもなく、かといってハード過ぎないので、楽な気分で振っていくことができました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、とてもいい感じです。


ソールの形状はとても個性的ですが、こうして構えてみると、オーソドックスで奇をてらった感じがしません。


昔からある『クラシカル』な雰囲気があります。


適度に小顔なので、ボールが際立って見えるのがいいです。


ボールを易しく運んでいけそうな雰囲気が伝わってきました。


グースタイプのFWを好まれる方には構えづらく感じられるかもしれませんが、私はこのクラブの構え感には好感をもつことができました。


いいイメージを描くことができ、アドレスもすぐに決まりました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、まずまず・・・。だと思いました。


硬すぎず、適度な重さも伝わってきました。



打球音
『音』はすごく小さくて良いと思いました。


以前、ドライバーを試打したときに、その独特な音に馴染めなかったのをよく憶えているのですが、このFWはいい感じでした。


インパクトが緩んだり詰まったりすることもありませんでした。



トゥ側
球はとてもよくあがります。


マットからの直打ちでも、すごく易しく感じます。


試打クラブがクリークなので、このあがりやすさは当然といえるのかもしれませんが、とても親しみやすく感じました。


ドライバーだけでなく、FWでも極端なシャローヘッドを好まれる方は、この見た目から結構タフなのでは?と思っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はとてもあがりやすいので、多くの方に試していただきたいと思いました。


敷居の低いクラブだと思います。



バックフェース
『安定性』という点でも、易しく感じました。


明らかに『イージークラブ』です。


シビアな感じはしませんでした。


ヘッドもそうですが、シャフトがいいように導いてくれたような気がします。



飛距離性能
『飛距離性能』という点でも、いい印象をもちました。


クリークの中では結構飛ぶほうだと思いました。


キャリーもしっかりと稼いでいけますが、ボールがあがり過ぎず、前にしっかりと進んでいってくれました。


やはり、ソール中央にあるアクセサリーのような物が、よく効いているのでしょうか?



操作性
『操作性』という点では、標準的かな?と思いました。


もちろん、扱いやすい感じはしますが、この『整った顔』であれば、これくらいは最初から期待していたので、その分『当たり前感』があったのかもしれません。


左右にも易しく対応してくれました。


今はFWでも、結構クセのあるクラブもありますが、このクラブはそういった変なクセのようなものは感じられませんでした。


『ニュートラルタイプ』のクラブといっていいように思います。



ヒール側
見た目のインパクトがどうしても気になってしまいますが、全体的に見てバランスのとれたいいクラブだと思いました。


すごくオーソドックスな感じがしました。


見た目はすごく主張していますが、球を打ってみると、それほど主張していないように感じました。



muziik On The Screw フェアウェイウッド 
性格的に尖った部分が全く感じられませんでした。


最初から最後まで『静かな気分』で試打することができました。


『感情の抑揚』が小さく、常に一定のテンションで試打していました。


このクラブには興味津々だったのですが、気持ちはとても落ち着いていました。



ムジーク FW
最近は『飛ぶFW』が話題になっているようで、私も何本か試打してみたのですが、それらとは全く違った気分で、このクラブを試打することができました。


5Wとしては結構飛ぶほうだと思いますが、他のメーカーの『飛び系FW』と同じ番手で打ち比べてみたいと思いました。


『飛び系FW』は顔が整っていても、性格的にやや尖った部分があったりもしますが、このクラブはずっと『穏やか』といいますか『おっとりとした』印象をもちました。


私は車が好きなので、ついつい車に例えてしまうのですが、『飛び系FW』が『ハードトップタイプ』だとすると、このFWは安定感と安らぎのある『セダンタイプ』のように感じられました。


使い手を選ばないような気がします。



muziik On The Screw FW
私は『飛び系FW』もいいと思いますが、せっかくグリーンをキャッチしても、そこから踏ん張りが利かず奥にこぼしてしまうようだと、少し怖く感じます。


先日、一緒にラウンドした友人がそのような感じだったので、やはり『一長一短』があるんだな・・・。と思いました。


ドライバーとスプーンは14本のなかでも、徹底的に飛距離を追求していくクラブだと思っています。


それ以下のクラブは『止める』ということを求めていきたいと思っています。


このクラブがコースで、いったいどれくらいグリーンでボールを止めてくれるのか試してみたいと思いました。


皮膚感覚で馴染むには、まだまだ球数と時間が足りませんが、今度もしチャンスがあれば、コースでも試してみたいです。


極端に秀でたところは感じなかったのですが、それが全体的なバランスの良さにもつながっているような気もしました。


ムジークというメーカーのことを何も知らない私ですが、本当にいいメーカーがたくさんあるんだな・・・。と改めて感じました。

                         
        

                         
      
2012年06月07日
PR
  

muziik On The Screw ドライバー

                 
muziik On The Screw ドライバー 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは muziik On The Screw ドライバー です。



QUADRA FIREEXPRESS 65

シャフトは QUADRA FIREEXPRESS 65 です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはX、シャフト重量は69g、トルクは3.5、キックポイントは中調子、クラブ総重量は325gです。



正面

初めて手にした『muziik』というドライバーです。


私は全く、このメーカーのことを知らなかったのですが、新興メーカーなのでしょうか?


初めて手にするメーカーのクラブというのは、いつもドキドキします。


初めて出会ったクラブの印象が、その後も長く続くことがあるので、やはり『初対面が大事』だと思います。


ブラックとブルーの組み合わせが、とてもオシャレだと思いました。



側面

『muziik』という言葉を辞書で調べてみたのですが、載っていませんでした。


いわゆる『造語』でいいのでしょうか?


そのままローマ字読みで『ムジイク』と読むのだろうか?と思いながら眺めていました。



ソール中央のウェイトのようなもの

このドライバーの外見での特徴的なところは、まず何と言っても、このソールのほぼ中央に配置されている、真ん丸で大きな物体です。


おそらく、ウェイトの役目を果たしているのだろうと思うのですが、とても個性的です。


すぐに、以前試打したマスダ』のドライバーを思い出しました。


この丸い物体は、交換することができるのでしょうか?


近くで見てみると、真ん中に六角レンチが入りそうな穴があるので、交換できるのかもしれない・・・。と思いました。



独特なスコアライン

フェース面の『V』が、とても特徴的です。


ゴルフクラブ史上に残る、テーラーメイドの名器『Vスチール』を見ているようです。



ソールの溝

ソールのフェース面寄りに、青くて浅い溝があります。


こういったところは、ナイキやプロギアのドライバーを思い出します。


やはり、同じような効果が期待できるのでしょうか?



ヘッド後方の独特な形状
 
このヘッド後方の独特な形状も、このドライバーの大きな特徴のひとつだと思います。


以前試打した『リョーマ』のドライバーに似ていると思いました。



ヒール側のウェイト

ヒール側のウェイト


トゥ側のウェイト

トゥ側のウェイト


ヒール側とトゥ側に、それぞれ2つずつウェイトが組み込まれています。


このウェイトも交換できるのでしょうか?


こういったところも、これまで他のメーカーのドライバーで何度も経験しています。


つまり、このドライバーは、これまで出会ってきた、たくさんのドライバーの特徴が組み込まれている・・・。といってもいいのかもしれません。


それだけ、このドライバーの、この形状が優れているということなのかな?と思いました。



On The Screw

『On The Screw』とは、どういった意味なのでしょうか?


機械的な文字ではなく、いかにも手書き風なところも新鮮です。


ただ、個人的には、もっと丁寧な字体でも良かったかな・・・?と思ってしまいます。


どうせ手書き風にするなら、カタカナで『オン ザ スクリュー』とか、漢字の『当て字』で『音(おん) 座(ざ) 好(すく) 流(りゅう)』などでも面白いかな?と思いました。


今はすごく少なくなりましたが、『和風テイスト』のクラブがもっと増えてもいいような気がします。


有名な書道家やプロゴルファーの書いた文字でも面白いと思いました。


いずれにせよ、性能とは関係のないところでの遊び心があるクラブには好感がもてます。



ネック長さ

『ネックの長さ』は短めで、今のドライバーの主流といっていいのではないでしょうか?


こういった形状は、これまでもたくさん目にしてきました。



シャローバック形状

ヘッドの厚みは、どちらかというと『シャローバック形状』だと思いました。


フェース面は、まずまずのディープ感が保たれていますが、バックフェースは薄さを少し感じます。


こういったところも、今のドライバーにたくさんみられる大きな特徴だと思います。


初めて手にするメーカーのクラブではありますが、やはり『流行』といいますか、『トレンド』は大きく外してはいないのだと思いました。


このドライバーの外見はとても個性的ではありますが、見れば見るほど『既視感』を感じてしまいました。



顔

顔は比較的オーソドックスでした。


やや面長な感じで、少し重心距離も長そうです。


フェースローテーションは少し抑え気味で打っていくようになるのかな?と思いましたが、フェースも被っているようには見えなかったので、打ちやすそうな印象を持ちました。


ヘッドのいたるところに様々な工夫が見られますが、顔自体はとてもシンプルに感じられたので、好印象を持ちました。


様々な衣装やアクセサリーなどで身を飾っているけれでも、その人自身もすごく男前。という人がいますが、このドライバーも、まさにそんな感じかな?と思いました。



振り感

素振りをしてみても、なかなかいい感じです。


ヘッドは初めてでも、振り慣れたシャフトなので、感じをつかみやすいです。


様々なアクセサリーのようなものはとりあえず置いといて、『顔』と『振り感』で、だいたいのフィーリングを出していくことができました。



構え感

ボールを前にして構えてみても、良い印象を持ちました。


左へ行きそうな感じはしなかったですし、ラインを出しやすいドライバーだと思いました。


『ディープ感』を感じず、どちらかと言えば『シャロー感』が強いので、球もあがりやすそうな印象を持ちました。


このドライバーのロフト(9.5度)が、いわゆる『リアル』なのかどうか解りませんが、こうして構えたときも、フェース面が見え過ぎなかったので、私は構えやすく感じました。


ただ、これまでの経験上、少し逃がし気味に振っていくと『プッシュ系』の球が出やすいのではないかな?と思いました。


まずは、そこだけに注意して、このドライバーのフィーリングをつかんでいくことだけに集中していこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』は、まずまず・・・。といった感じでした。


特別に硬い打感だとは思わなかったですし、大きな不満は無かったのですが、もう少し『しっとり感』があってもいいのかな?と思いました。


外観の印象から、ある程度予想していた通りの打感ではありましたが、まだまだ改善できるような気がしました。


しかし、これはあくまでも私の好みによるところなので、このドライバーのフィーリングに好感をもたれる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



打球音

『音』も、正直馴染めない感じがしました。


この音だと、なかなか次の球にいけない感じがしますし、周りが少し気になってしまいます。


私は音にすごくこだわるので、このドライバーの音には好感がもてなかったですし、いくら飛んで曲がらなくても魅力を感じません。



トゥ側

『球のあがりやすさ』という点では、思っていた以上にしっかりとしていて、私はそこに好感をもちました。


このセミシャロー形状から、どちらかというと『高~くあがって終わり』という弾道かな?と思っていたのですが、実際は高くあがり過ぎずしっかりと前にボールを押し出してくれるドライバーだと思いました。


深重心過ぎないドライバーなのでしょうか?


ソール中央の大きな丸い物体の効果が表れているのでしょうか?


タフなドライバーでは決してありませんが、軟弱さを感じさせない、しっかりとしたところに頼もしさを感じました。



バックフェース

『安定性』という点でも、高いと思いました。


普通に打っている限り、暴れる感じはしませんでした。


装着されているファイヤーエクスプレスは『動きやすいシャフト』だと思いますが、『慣れ』という部分もあるのか、ラインを出していくのが容易に感じられました。


今はボールが左右に暴れにくいドライバーが求められていると思うのですが、そういった意味でも、このドライバーは親しみやすさを感じやすいドライバーといえるのではないでしょうか?



飛距離性能

『飛距離性能』という点では、なかなかいい感じではありましたが、私はこれまでたくさんの高性能ドライバーに出会っているので、このドライバーが特別にそれらと比べて秀でているとは思いませんでした。


どちらかといえば、平均的な感じかな?と思いました。


ただ、それは、このドライバーの性能が低いのでは決してなく、これまで出会ってきたドライバー達がそれだけハイレベルだからだと思います。


シャロー形状ではありましたが、思っていたよりもスピンが掛かり過ぎて吹き上がることもなく、ライナー系で飛ばしていくことができたので、『無駄の無いキャリー』を稼いでいくことができたように思います。


『ハイボール』『ビッグキャリー』『ハイドロー』仕様のドライバーではないと思いますが、このドライバーの『低すぎない敷居』に好印象を持たれる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



操作性

『操作性』という点では、まずまずだと思いました。


あまり大きく曲がる感じはしなかったのですが、とりあえずは左右に曲げることもできました。


ただ、やはりどちらかと言えば『マニュアル系』ではなく、『オートマチック系』だと思います。


打出し方向から、球が大きく逸れることはなかなか無いので、打ちたい方向をしっかりとイメージして、タイミングよく振りきっていければ、自然とラインは出していきやすいドライバーなのだと思いました。


そういったときに、このドライバーの『顔の良さ』がいいアクセントになるような気がします。



ヒール側

今のドライバーは『できるだけ幅広い層に対応できるタイプ』と『ある程度ターゲットを絞っているタイプ』の二種類に分けることができると思うのですが、このドライバーは間違いなく前者だと思います。


易しく飛ばしていけるドライバーだと思います。


構えやすさと安定性と飛距離性能が高いドライバーだと思います。


特別にひとつだけが傑出しているとは思わなかったのですが、この3つがバランス良くハイレベルな感じがしました。



muziik On The Screw ドライバー

初めて手にしたメーカーのクラブだったので、どんな感じなのかすごく興味がありましたが、特に大きく驚くようなところもありませんでした。


テンションが上がり過ぎてしまい、ついつい球数を多く打ってしまう・・・。ということもありませんでした。


予定通りの球数で試打を終えることができました。


ヘッドを様々な角度から見たときに、色々なメーカーのドライバーと部分的にイメージが被るところもあったのですが、性能的にはとてもノーマルといいますか、『今風(いまふう)』という感じがしました。


奇をてらった感じもしませんでした。



muziik On The Screw DRIVER

購買意欲が刺激されることは無かったのですが、とても印象深い面白いドライバーだと思いました。


また出会う機会があれば試打してみたいと思いますし、これからの、このメーカーのクラブには大きな期待を寄せていきたいです。