福山ゴルフ - ゴルフクラブ試打日記

福山ゴルフ

2011年06月09日
        

福山ゴルフ TR-1 ドライバー

                 
福山ゴルフ TR-1 ドライバー 
今日はこのゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは 福山ゴルフ TR-1 ドライバー です。



FUJIKURA SHAFT SKYWARD-TOUR

シャフトは FUJIKURA SKYWARD-TOURです。

ロフトは9度、クラブ長さは46インチ、シャフトフレックスはS、クラブ総重量は318gです。



正面

二度目の福山ゴルフのドライバーです。


まだ経験は浅いですが、


福山ゴルフ=飛ぶ


という図式が私の中で成り立ちつつあるので、このドライバーを手にすることができて、とても心が躍りました。



側面

かなり『シャロー』な感じのするヘッドです。


私はどちらかというと、立体的で厚みがあり、叩けそうなヘッドに魅力を感じるのですが、これまでもシャローヘッドで高性能なドライバーにたくさん出会ってきたので、このドライバーにも打ちやすそう・・・。というプラスイメージは持ちながらも、頼りなさそう・・・。というマイナスイメージは持ちませんでした。


F-1 FORGED

『F-1 FORGED』とあります。


何か特別の工夫が施されているのでしょうか?


先日試打した『SKYWARD 450Ti ドライバー』も、そうですが、福山ゴルフとF-1は、切っても切れない関係にあるのでしょうか?



TR-1 SUPER DRIVE

『SUPER DRIVE』とあります。


よく飛びそうなネーミングですし、その印象をプレイヤーに与えてくれています。


目に見えないところに、かなりの工夫やハイテクが施されているのでしょうか?



顔

今ではやや珍しい感じの『トライアングルヘッド』です。


数年前はよく見かけましたが、最近はめっきり見なくなりました。


これまでいくつかのメーカーが発表してきましたし、私も実際に手に取ることが出来ていたので、この形状のヘッドの大よその感じはつかめそうな気がしました。


ただ、私は美しい形状のヘッドだと自然とテンションが上がってしまうのですが、この形状を見て、少し落ち着いた感じがしました。


実際に構えてみないと解りませんが、こうして見る限りフェースが被っているように見えたので、要注意だと思いました。



振り感

素振りをしてみた感じは、シャフトにもう少し『重量感』と『しっかり感』があると、もっと振りやすいのかな?と思いました。


このドライバーは『310gオーバー』のクラブなので、決して『軽量』とはいえないと思うのですが、実際に振ってみると、やや軽めな感じがしました。


『46インチ』という長さも、最近では珍しくなくなりましたし、私も少しずつ経験値を積んできているので、最初の頃のような苦手意識は無いですが、今日は少し長さを感じてしまいました。


せめて『45.5インチ以下』がベストなのかな?と思っていたのですが、今は『長尺化』が『トレンド』といった感じもしますし、仕方のないことなのかもしれません。



構え感

ボールを前にして構えてみると、やはりすごく左へ行きそうな感じがします。


数年前に出会ったことのある、『トライアングルヘッド』+『フックフェース』が組み合わさったドライバーだと思いました。


苦戦していた頃の記憶が蘇ってきました。


そういった苦い記憶は早く忘れ去ったほうがいいと思うのですが、私はそういったことばかりをよく覚えています。


野球のピッチャーがバッターを三振にとったことよりも、ホームランを打たれた時の記憶のほうがよく覚えていることと同じ感じでしょうか?


『フックボール』には、実戦で苦い経験をたくさんしてきたので、その記憶が体に染みついているのかもしれません。


スクエアやオープンだと、かなり楽な気分で構えることができますし、余計な細工をしなくて済むので、自然な感じで構えることができるのですが、こうして左へ行きそうな雰囲気がプンプン匂ってくると、無意識に色々と細工をしてしまいそうになります。


ただ、これはあくまでも『フッカー』であり、なかなかその悪い癖を克服できない私が苦手に感じているだけで、フェード系の方や、左への恐怖心を持っておられない方には、それほど構えづらくはないのかもしれません。


ヘッドの『投影面積』も大きく、球がよく上がりそうな感じもしました。


以前流行った、いわゆる『ハイドロー設計』ドライバーなのかな?と思いました。




試打を開始しました。

バックフェース

一球目から、やはり『フックボール』を打ってしまいました。


やはり悪い予感は当たってしまうものだと思いました。


悪いイメージを持ってしまっても、それを克服できるだけの『心の技術』が私にあればいいのですが、今日はそれが出来ずに、私自身のメンタルの弱さとスイングの未熟さを痛感しました。


実際のラウンドでも、『左はOB』だから絶対に打ってはいけない・・・。と意識し過ぎると不思議と球はそのイメージした通りにフックしてOBになる・・・。という苦い経験を私はたくさんしてきました。


クロスバンカーや池が気になり過ぎると、不思議とそこに吸い込まれるように球が向かってしまうのと同じ感覚です。


実戦、特に日本のコースでは、スライスよりもフックのほうが、圧倒的に危険度が大です。


これがもしコースだったら、完全にOBだったな・・・。と思いました。


しかし、2球目からはすぐに修正することができました。


昔のような一方向にしかボールが飛ばない『頑固な異形ヘッド』ではないと思いましたし、私自身も少しは『異形ヘッド』の扱い方を憶えてきたのかな?と思いました。



フェース面

『打感』は、とてもいい感じがしました。


俗に言う『つかまえた感触』を味わえるドライバーだと思います。


右へ逃げて『プッシュ』しやすい感じの打感ではないので、しっかりとつかまえてボールを運んでいける感じがしました。


球をよく弾いてくれているようでした。



打球音

『音』も、決して大きすぎず好感を持つことができました。


最近のドライバーに共通しているところだと思いますし、以前に比べ、多くのドライバーの音が良くなってきているので、すごく打ちやすく感じます。


音が良くないと、一球打つたびにストレスを感じてしまったり、周りの雰囲気を壊してしまっているんじゃないか?と思うことがよくあるのですが、今日はそんな感じが一切しませんでした。



トゥ側

『球のあがりやすさ』という点でも、かなりの高性能です。


シャローヘッドの実力をいかんなく発揮してくれています。


『福山ゴルフ』ということで、私はつい『ドラコン仕様』と思っていたのですが、このドライバーは『ヒッタータイプ限定』という感じはしませんでした。


重量は結構ありますが、それほど重さを感じなかったですし、スインガータイプの方の中にも打ちやすく感じられる方がたくさんいらっしゃるのではないでしょか?


正直、私にとっては上がり過ぎの感が否めなかったですし、その弾道の高さが『9度』というロフトの高さには見えなかったのですが、これだけ弾道が高く『キャリー』が稼げると、多くのゴルファーにとってメリットがあるように思います。



飛距離性能

『飛距離性能』という点では、正直、私ではなかなかいい感じをつかむことができませんでした。


勿論、このドライバー自体が持つ本来の性能はとても高いと思うのですが、それを打ちこなしていけない私自身のスイングの未熟さからくるところが大きいように思いました。


弾道も高すぎましたし、ちょっと気を緩めてしまうと、途端にフックが出そうになるので、なかなかいいパフォーマンスを発揮させてあげることが出来ませんでした。


こういったタイプのドライバーは、これまでもたくさん経験していますし、初めての頃よりも、かなりコツをつかんできたような感じがしていたのですが、今日はこれまでの経験を活かしきれていない感じがしました。


まだまだ修行が全く足りていない・・・。と反省しました。



操作性

『操作性』という点でも、やや苦戦してしまいました。


とりあえず左に注意しながら打っている時はまだいいのですが、ちょっとでも油断してしまうと、思っていた以上に大きなフックを打ってしまい、冷や汗を何度もかいてしまいました。


改めて私の心の弱さを痛感しました。


右方向へ曲げてみようと試み、何とか曲げることができましたが、なかなか実戦では使わないような極端な感じのスイングになってしまい、『現実味のある練習』ができていない感じがしました。


普段練習しているのは、あくまでも『実戦(試合)の為の練習』でなければならないと思うのですが、今日は『練習の為の練習』になってしまったような気がしました。



ヒール側

決してこのドライバーのせいではないのですが、今日はあまり密度の濃い練習が出来なかったような気がします。


久しぶりにこのようなタイプのドライバーに出会い、少しとまどってしまった感もあるのですが、改めて自分自身の『技術の引き出し』の少なさに失望してしまいました。


色々なクラブを試打していて感じることなのですが、私自身の対応能力の低さは、なかなか向上していきません。



Fukuyama Golf TR-1 DRIVER

まだ二本目の『福山ゴルフ』のドライバーでしたが、私にはこの『TR-1』よりも、先日試打した『SKYWARD 450Ti ドライバー』のほうが易しく感じました。


ただ、この『TR-1』も、私には難しかっただけで、品質自体はとても高いものを感じました。


『地クラブ』=『高性能』『高い飛距離性能』というイメージがありますが、このドライバーもそういったイメージを持つことのできるドライバーなのだと思います。



福山ゴルフ TR-1 ドライバー

もし、このヘッドのフェースが被っていなければ、おそらくこの形状から見て、球がつかまり切らずに右へ抜けてしまいやすいのではないかな?と思いました。


これまで、フックフェースでありながら、それをあまり感じさせないドライバーもたくさんありましたが、このドライバーは、はっきりと感じ取ることができました。


『出っ歯ウェッジ』は得意ですが、『出っ歯ドライバー』は、どうも苦手です。


今年になって、テーラーメイドの白いヘッドのドライバーがブレイクしていますが、もし白い色のような『膨張色』で『異形ヘッド』だと、より鮮明にその形が浮かび上がってくるのではないでしょうか?


幸い『R11』も『バーナー スーパーファスト 2.0J』も、異形ヘッドではないので、親しみやすいドライバーだと思います。


しかし、いずれ『白いヘッド』で『異形ヘッド』なタイプのドライバーが登場してくるかもしれません。


もしそうなったら、私はかなり苦戦するだろうと思いました。



福山ゴルフ TR-1 DRIVER

まだ二度目の福山ゴルフのドライバーで、今回の『TR-1』は、私にはやや難しいタイプのドライバーでしたが、これからも手にする機会があれば、是非試打してみたいと思いました。


ここ数年、『地クラブの魅力』にすっかりハマってしまった私は、これからも色々なメーカーのクラブに出会いたいと思いましたし、まだ知らないメーカーのクラブもたくさんあると思うので、いろいろと試打していければ・・・。思いました。

ZIPANG STUDIO 琉球ごるふ キャディバッグ ZSCB-82G

ZIPANG STUDIO 琉球ごるふ キャディバッグ ZSCB-81G

AX
                         
                                  
    
2011年04月23日
        

福山ゴルフ SKYWARD 450Ti ドライバー

                 
福山ゴルフ SKYWARD 450Ti ドライバー 
今日はこのゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは 福山ゴルフ SKYWARD 450Ti ドライバー です。



FUJIKURA SKYWARD-TOUR

シャフトは FUJIKURA SKYWARD-TOURです。

ロフトは9度、クラブ長さは45インチ、シャフトフレックスはS、クラブ総重量は317gです。



正面

初めて手にする福山ゴルフのドライバーです。


手にするのは初めてですが、このメーカーのことはずっと前から知っていました。


『KAMUI』などと共に、『地クラブの雄』ともいえる老舗メーカーです。


特にドライバーは、その飛距離性能の高さが有名です。


『地クラブ』は、やはりその『土地』と深く関わりがあると思いますし、その地名が名前の中に組み込まれているのは、とても素晴らしいことだと思っています。



福山ゴルフ SKYWARD450Ti

実現は難しいと思いますが、駅や空港で購入するお土産物のように、全国各地の地名などが入った地クラブにたくさん出会えると、また面白いな・・・。と思いました。


例えば、

『JBEAM』=『東京JBEAM』

『EPON』=『新潟EPON』

『本間』=『山形HONMA』

『KAMUI』=『富山KAMUI』

『三浦技研』=『兵庫MIURA』


など、考えてみただけで楽しくなります。


同じ『メイドインジャパン』でも、もっと掘り下げてみると、また違った面白さがあるのではないでしょうか?


また、車のように『寒冷地仕様ドライバー』など、地域の特性に合わせたクラブ作りも面白いかもしれません。


北海道と沖縄のゴルフでは、違うところも多いのではないでしょうか?


特にボールに大きなメリットがあるような気がします。



側面

とてもすっきりとした形状になっています。


最近は『シャロー化』と『ディープ化』に分かれるように思いますが、このドライバーは明らかに『ディープ化』したヘッドだと思います。


機能的に見えるドライバーが多い中、こういったシンプルなデザインのドライバーには、すごく魅力を感じます。


あまりにもたくさんの機能をクラブに持たせるよりも、あくまでもイニシアチブはプレイヤーに持たせてくれているようなクラブのほうが長く付き合っていけるのではないでしょうか?



ウェイトのような物

ヘッド後方にウェイトのような物が組み込まれています。


こういったところは、これまで出会ってきた他のメーカーのドライバーと共通しているところだと思います。


最近は交換できるものが多いですが、このドライバーの物は取り外しができないようです。



F-1

『F-1』と表示されています。


どのような意味があるのでしょうか?


『F-1』といえば、先日試打した『WILLIAMS』のドライバーを思い出します。



顔

『顔』も、変なクセがなくて、すごくいい顔をしています。


『福山ゴルフ』は昔から『ドラコン仕様』として有名ですが、やはり飛距離を稼いでいくクラブほど、こうした『顔』にはこだわらなければならないのではないでしょうか?


ドライバーは他のクラブと比べ、距離が稼げる分だけ、ちょっとしたミスが大きなミスにつながりやすいクラブです。


そういったときに構えやすくて、自分のイメージを作りやすいクラブというのは、それだけでリスクが減ります。


ゴルフには『結果オーライ』も多いスポーツではありますが、やはり自分のイメージした通りに飛ばしていけた時の喜びというのは、何物にも代えがたいものがあります。


ゴルフをしていて、とても楽しいときです。


そういったことを考えてみても、このドライバーは、『顔』という点で、とても素晴らしいと思いました。


すごくモチベーションが上がってきました。



振り感

素振りをしてみても、すごく振りやすくて心地いい感じがしました。


結構ディープヘッドのドライバーではありますが、振っている限り、それほどタフな印象は持ちませんでした。


シャフトも特に大きなクセがなくて、無難についてきてくれ、タイミングが取りやすく感じられました。


このドライバーは『長尺仕様』があるのですが、私は45インチで試打してみて正解だと思いました。


私の未熟なスイングでは、まだ、なかなか長尺に対応しきれていないところがあります。



構え感

ボールを前にして構えてみても、やはりすごくいい感じがしました。


安心して構えることができます。


ただ、『9度』というロフトの割には、ややフェース面が見え過ぎのような気がしました。


いわゆる『リアルロフト』とは違うのでしょうか?


大手有名メーカーの多くが違っていることが多いので、それほど驚くことはないですし、私の目の錯覚で、実際はリアルロフトなのかもしれません。


地クラブは大手有名メーカーよりも『リアルロフト』の割合が高くあって欲しいと思っているのですが、実際はそうでもないようです。


この『福山ゴルフ SKYWARD 450Ti ドライバー』が、実際のところ、どうなのかは解りませんが、こうして構えているときに、私の目にはややフェース面が見え過ぎな感じがしました。


私は高く上がり過ぎる弾道を嫌うので、こう思ったのかもしれないですし、高く上げていきたいと思っておられる方には、このドライバーの『構え感』には、すごく魅力を感じられるのではないでしょうか?


あとは特に変わったところもなく、すごくいい印象を持ち続けることができました。


左右に曲げてみる・・・。というよりは、叩いていけそうだ・・・。という感じがしました。





試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、柔らかい感じがして、とても好感を持つことができました。


この打感ならば、叩くことを躊躇させません。


いくらでも叩いていけそうなフィーリングです。


アイアンとは違い、ドライバーは『飛距離を稼いでいくクラブ』なので、アイアンとは違った意味での打感が重要になってくるように思います。


ドライバー=叩ける打感(インパクトが緩まない打感)

アイアン=距離感をつかみやすい打感


といったらいいでしょうか?


クラブの役目や目的に合った打感というのが必要だと思います。


そういった点で考えてみても、このドライバーの打感には、すごくいい印象を持ちました。



打球音

『音』という点でも、好印象でした。


叩いていっても、何の不満もありませんでした。


耳に優しい音だと思いました。


こういった音を聞いていても、やはり『飛ばし』の為のドライバーだということがよく解るような気がします。



トゥ側

『球のあがりやすさ』という点でも、見た目の印象よりも、よく上がる感じがしました。


ディープな感じのドライバーですが、それほどタフな感じはしませんでした。


普通に叩いていけるドライバーですし、かといって弾道が低すぎる感じでもありませんでした。


昔からよくあるタイプのドライバーだと思いました。


スインガータイプの方には、多少タフに感じられるかもしれませんが、ヒッタータイプの方には、いい感じで球が上がっていくように感じられるのではないでしょうか?


『ドラコン仕様』というと、いかにもタフそうな印象もありますが、それもやはりスペックなどでも大きく変わってくるので、試してみることが大切だと思いました。



操作性

『操作性』という点では、なかなかいいと思いました。


細かいスペックが解らないのですが、結構『重心距離』も短めで、球がつかまりやすくなっているのではないでしょうか?


実際に打ってみても、すごく球がつかまりやすい感じがしました。


それでいながら、引っかかり過ぎないので、私は安心して打っていくことができました。


スライス系もすごく打ちやすく感じました。


ドライバーに『脱・スライス』を求めておられる方には、やや合いづらい部分があるかもしれません。



飛距離性能
 
『飛距離性能』という点でも、やはりすごくいい印象を持ちました。


初めての福山ゴルフのドライバーですが、評判通りの性能の高さだと思いました。


ただ、私が試打したのは『45インチ』のモデルなので、もっと長尺だと、まだまだ飛距離が伸ばせそうな気がします。


私がコースで使っていくには、これくらいまでの長さがベストのような気がするのですが、まだまだポテンシャルは秘めているようです。


誰にでも大きな飛距離が稼げる・・・。というタイプではないですし、かなり苦手に感じられる方もいらっしゃると思います。


そういった意味では『使い手を選ぶクラブ』と言えるのかもしれませんが、敷居は決して高すぎる感じはしませんでした。


叩いていきたい方には、かなりいいパフォーマンスが期待できるのではないでしょうか?



バックフェース

『安定性』という点でも、比較的高いと思いました。


普通に打っている限り、なかなか球筋が乱れる感じがしませんでした。


すごく『オーソドックス』な感じがしました。


ここ数年見られるような『超・シャローヘッド』で『超・ワイドスイートエリア』といったドライバーとは、全く異なるタイプのドライバーですが、それほどシビア過ぎる感じはしませんでした。


ただ、最近のドライバーのように、ミスを感じさせないタイプのドライバーではないですし、『ミスに対する許容量の大きさ』を求めておられる方には、多少難しく感じられるかもしれません。


『マニュアルタイプ』と『オートマチックタイプ』のどちらかといえば、明らかに『マニュアルタイプ』だと思います。



ヒール側

初めて出会った福山ゴルフのドライバーですが、これまで抱いていたイメージ通り、すごくいい印象のまま試打を終えることができました。


今日は球を打っているのがすごく楽しくて、ついつい予定よりも多く打ってしまいました。


ここ数年『地クラブ』と呼べるクラブにたくさん出会えるようになって、よく思うことですが、それはやはりそれぞれのメーカーのレベルの高さです。


今、私はそういったメーカーの魅力にどっぷりと浸かっているような気がしています。


大手有名メーカーのクラブは、確かにその品質の高さなどから、安心感を持ちますが、有名でなくても、品質や性能で決して劣っていないメーカーがたくさんあると思います。


それどころか、優れているところも多いような気がします。



福山ゴルフ SKYWARD450Ti

ゴルフクラブもファッションなどのように、『流行』というものがあるように思いますし、その流行はゴルファーよりも、メーカーやゴルフ雑誌などに誘導されているように思うところがあります。


私はゴルフ雑誌を全く読まないので、そういった誘惑には乗らなくなったのですが、ゴルフを始めて間もない頃は、殆どの雑誌を読んでいたので、その宣伝文句などを読んでいるだけで、何本も欲しいクラブがありましたし、実際に購入していました。


流行があるということは、当然『流行り廃り』があるわけで、ゴルファーもそれに敏感になっているように思います。


古いクラブが決して劣っているわけではなく、むしろ優れている物もたくさんあるのですが、ゴルファー心理として、やはり新しいクラブを使っていたい・・・。というのがあると思います。


メーカーとしては、常に新しいクラブを買い替えてもらうほうが、都合がいいのだと思いますが、『最新のクラブ』が必ずしも『最高のクラブ』ではないので、やはり慎重にならざるを得ません。


私は色々なクラブを試打していて、


「前のモデルのほうが良かったな・・・。」とか、「今回のモデルはあまり良くないな・・・。」


と思うことがあります。


勿論、確実に『バージョンアップ』している物も多いです。



福山ゴルフ SKYWARD450Ti

こういった『地クラブ』といえるメーカーのクラブは、大手有名メーカーのクラブと比べて、『賞味期限』が長いような気がします。


大手有名メーカーのクラブは、たくさん製造して、プライスダウンしている物も多いです。


それはそれで、とても嬉しいことなのですが、やはり違ったタイプのクラブにも魅力を感じます。


『機動戦士ガンダム』でいえば、『量産型ザク』と『シャア専用ザク』または『ジム』と『ガンダム』の違いといったところでしょうか?


希少性が、またその物の価値を高めてくれることもあるように思います。


最新のクラブは確かにカッコいいですし、注目を集める部分もありますが、『飽き』が来るのも早いのかもしれません。


私のゴルフ仲間に、新しいモデルのクラブを買って、数か月で下取りに出して、それで得たお金と、また新たにお金を足して新しいクラブを買い替える・・・。といったサイクルをずっと続けている人がいます。


考え方は人それぞれなので、色々な選択肢があっていいと思うのですが、私はクラブに愛着を持つほうなので、なかなか彼のような行動には出られません。


ある程度長く使っていって、練習場やコースで同じ時間を過ごしていかないと、解らないことも多いように思います。


以前も書きましたが私の場合、これまでベストスコアを更新したり、競技でいい成績が収められた時は、必ずといっていいほど『ニュークラブ』ではなく、使い慣れた『長年の友』と言えるようなクラブです。


ゴルファーとクラブとのお互いの信頼関係が良くないと、上手くいかないことも多いと思うのですが、その大切な信頼関係をこういった『地クラブ』といえる、素晴らしいクラブで築いていきたいと思っています。


私はまだ『地クラブ』と呼べるメーカーのクラブをそれほど多く経験していませんが、まだまだ素晴らしいメーカーがたくさんあるように思います。


これからもそういった素晴らしいメーカーのクラブにもっともっと出会っていきたいと思いました。

Titleist 909 D Comp Driver

Wilson FG62 Iron

Wilson FG Tour Iron

Wilson Di11 Iron

Wilson Ci9 Iron

AX