キャロウェイ - ゴルフクラブ試打日記。
モウダス


在庫売り尽くし スコッティキャメロン専門店 Himawari

キャロウェイのカテゴリー記事一覧

メイン さらに古い記事一覧へ≫

キャロウェイ

      
2024年04月07日
PR
  

Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー

                 

Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー です。



TENSEI 50 for Callaway
シャフトは TENSEI 50 for Callaway です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は57.5g、トルクは5.0、キックポイントは中調子、クラブ総重量は305g です。



正面
キャロウェイPARADYM Ai SMOKEシリーズのニュードライバーです。

前回はMAX FASTを試打しましたが、今回はMAX Dを試打する機会に恵まれました。



側面
これまでのモデルと同じく、ラージサイズで、かなりシャロー感のあるヘッドです。

ソールの質感やデザインも、初めて見たときは珍しく思いましたが、見慣れてくると特に何も思わないですし、正直いってあまり好感を持っていません。

かなり高価なドライバーなのは分かっているのですが、ちょっとチープに見えてしまったからです。

来年のモデルでは、またデザインを大きく変えてくるのではないか?と思いました。



ウェイト
大きなウェイトが組み込まれています。

この位置に配置するということは、重心距離を深くしているということでしょうか?



MAX D
ヒール側にある、この『MAX D』という文字を見て、おそらくつかまりを重視した、フックフェースなのだろう・・・。と予測が立ちました。

MAXも、ゴルフクラブではフックを連想させる言葉ですし、Dはおそらくドローという意味だと思います。

D(DRAW)ではなく、H(HOOK)のほうがいいのでは?と思ってしまうのですが、ゴルフでは、フックはあまり好まれない言葉なので使いづらいのかもしれません。



FORGED CARBON ヒール側の凹み
ヒール側に凹みがありますが、これはどういう理由があるのでしょうか?

FORGED CARBONという文字があったので、鍛造カーボンが使われていることを知りました。

FORGEDはもちろん、ドライバーにも使われてきましたが、どちらかといえばアイアンやウェッジでよく見かけるので、それだけカーボンの質だけでなく、製法にもこだわっているようです。



トゥ側の凹み
トゥ側にも凹みがありました。



ネック長さ
ネックの長さは適度にあります。

こうして見ても、キャロウェイのドライバーだな・・・。と分かりますし、こういった全体的なところを変えないのは、メーカーのこだわりなのかもしれません。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されています。

一時期は少なくなったように思っていましたが、最近はまた採用するメーカーが増えてきたように思います。



NS
試打するのは、この『NS』のポジションです。



-1 D
-1 D


D +1
D +1


+2 N
+2 N

他にも色々なポジションがあり、いろいろな調整ができそうです。



シャロー
見慣れたシャロー形状で、ずっとこの形を見てきたように思います。

今は殆どのメーカーがシャロータイプを採用していますが、私は『シャロー』といえば、やはりキャロウェイを思い出します。

それくらい、ビッグバーサは画期的で革命的なクラブでした。

ドライバー開発に一石を投じたクラブといっても過言では無いと思います。

ビッグバーサを参考にゼクシオが誕生したのは有名な話ですが、それ以外の多くのメーカーがビッグバーサを参考にしたのではないでしょうか?

ビッグバーサは私の中で『シャローの象徴』といえますが、ブランド誕生時は、今ほどシャローではなく、むしろ今ではディープといったほうがいいのかもしれません。

ただ『易しく遠くへ飛ばす』ということを目指すようになったのは、ビッグバーサが大きく関わっているように思います。



顔
顔は、やはりフックフェースでした。

フックフェースにも二種類あって、何とかなりそうなタイプとそうでないタイプに分かれていて、このドライバーは後者です。

最初から、これだけ左を向いていたら、もうどうしようもないな・・・。と思いました。

しかし、これはフックフェースが苦手な私が感じることであり、フックフェースを好まれる方は好感を持たれるのではないでしょうか?

このフェースの被り具合も、計算され尽くしてのことだと思います。

キャロウェイはフィーリングよりも、『データ重視』の印象があります。



フェース面のデザイン
この手の込んだ綺麗なフェース面はお馴染みです。

かなり研究されているようで、これがAIの出した答えなのでしょうか?



Ai SMART FACE
ソール付近には『Ai SMART FACE』という文字があり、AIの賢いフェースということのようです。

AIはこれからまだまだ進化してく分野なので、さらに高性能化していくのではないでしょうか?



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップはとてもカッコいいですね。

握ったフィーリングも、いい感じです。



振り感
素振りをしてみた感じは、まずまずです。

軽量タイプのシャフトではありますが、結構いい感じで、しっかりついてきてくれました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、やはり苦手意識が芽生えてしまいました。

フェースが、かなり左を向いているのが分かりますし、ヘッド後方が伸びているので、スイング中にアジャストしづらい感じがします。

普通に振っても、フェースの向きのまま飛んでいくな・・・。と思いましたが、これまでも他のメーカー含め、たくさん試打しているので、おおよその球筋は予想できました。

フッカーの私にはかなり手強い顔をしていますが、スライサーの方には、『絶対右に行かない』という安心感をもたらしてくれるのではないでしょうか?



試打を開始しました


フェース面
『打感』は良いです。

ソフトでありながら、心地良い球の質感を感じることができました。



打球音
『音』も好感を持ちました。

小気味良い音で、耳に優しい音です。

この音なら、インパクトが緩むことなく、気持ちよく振り抜いていけます。



トゥ側
球はあがりやすく、イージーです。

最近は10度前後のロフトでも、結構タフなドライバーもありますが、このドライバーはこれまで通りあがりやすくなっていて、タフさとは無縁な感じがします。

ただ、これまでのイージー系のように、やみくもにあがりやすいタイプではなく、多少叩く感じで打っていったほうが、良い弾道になるように感じました。

しっかり高さが出せるドライバーではありますが、スピンはやや抑えられている印象を受けました。



バックフェース
『安定性』は高く、シビアさは感じません。

スイートエリアも広めで、少々ミスヒットしても、弾道はブレにくいのが特徴です。

私が普通に打つと、ほぼ100%フックという感じですが、スライサーやフェードヒッターの方にはちょうどいいような気がします。

球のつかまりが良く、右に抜けにくいので、多くの支持を集めるのではないでしょうか?



操作性
『操作性』という点では、それほど優れているとは思いません。

右に行きにくく、左に行きやすいのが、このドライバーの特徴で、そういう意味では『名前通り』といっていいと思います。

左右に操るタイプではなく、良い意味で少しアバウトに打っていくのが、いいように感じられました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかいい感じではありますが、これまでのモデルと比べて進化したとは思いません。

飛距離よりも、スライサーの方が真っ直ぐ打つための秘策がたくさん詰められている印象を受けました。

高い弾道で、スピンが少し抑えられていて、効率よく飛ばしていけるドライバーです。

ただ『弾き感』はそれほど感じませんでした。

HS40以上のフェードヒッターの方には、頼もしい相棒になってくれるのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
今はシャロー系でラージサイズが主流で、つかまりの良いドライバーが好まれる時代です。

そういう意味では、このドライバーは多くのニーズに応えたクラブといえます。



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー
『飛距離性能』よりも『安定性』『大らかさ』が秀でているドライバーです。

そういった意味では、先日試打したPINGのドライバーや、テーラーメイドのドライバーと似たような印象を受けました。



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー
PING・テーラーメイド、そしてこのキャロウェイ。

それぞれ外見は異なりますが、共通点は多いように感じます。

もう飛距離は頭打ちで、これからはこの大らかさがドライバーのトレンドとなるのでしょうか?



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー
店員さんの話によると、このドライバーは様々な試打データを元に、AIによって作られたドライバーということなのだそうですが、正直、まだまだ改善の余地があるといいますか、性能がアップしていくように感じました。

試打していて、何かこう『物足りなさ』を感じ、満足感が得られなかったからです。

実際に打ち比べていないので詳しいことは分かりませんが、同じ海外メーカーの中で、私はコブラ・PING・テーラーメイド・キャロウェイの順番で好感を持ちました。



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX D ドライバー
このドライバーは既に大人気なのだそうですが、私は次のモデルに期待しています。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝しています。

ラブキャロウェイ

キャロウェイ キャディバッグ

キャロウェイ トートバッグ

キャロウェイ メンズアクセサリー

キャロウェイ ヘッドカバー

キャロウェイ クラブケース
                         
        

                         
      
2024年04月02日
PR
  

キャロウェイ X FORGED STARアイアン

                 



キャロウェイ X FORGED STARアイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャロウェイ X FORGED STARアイアン の7番 です。



N.S.PRO 950GH neo
シャフトは N.S.PRO 950GH neo です。

ロフトは29度、クラブ長さは37インチ、シャフト重量は98g、トルクは1.7、キックポイントは中調子、クラブ総重量は418g です。



正面
久しぶりに出会った、キャロウェイ X FORGEDアイアンです。

ステンレス素材のイメージが強いキャロウェイアイアンですが、数年に1回、フォージドアイアンを発表しています。

以前も書きましたが、私はキャロウェイが日本に登場してから、ずっとアイアンを苦手にしていました。

それは海外メーカーらしい、独特の形状がどうしても合わず、苦戦していたからです。

キャロウェイとPINGのアイアンには昔から苦手意識を強く持っていて、手にすることもためらっていました。

機能的なデザインかもしれないですが、どうしても大雑把な印象もあり、日本メーカーの繊細さを感じさせるデザインが好きな私はキャロウェイの寸胴で頭でっかちなアイアンを好きになれませんでした。

質感も好きになれず、ニューアイアンを見ても、手にすることなくスルーすることも多かったです。

そういった苦手意識が強かったキャロウェイアイアンですが、X FORGEDの初代モデルに出会い、その印象はガラリと変わりました。

軟鉄で、日本的な形状と質感で一気に好きになりましたし、ワクワクしていたのを覚えています。

このアイアンの登場により、キャロウェイアイアンへの好感度が高まり、その後継モデルということで、このアイアンにもすごく興味をもちました。



X FORGED
実際に見比べてみないと分かりませんが、デザイン的に少しギュッと凝縮されたと言いますか、短くなったような印象です。

男梅』を思い出しました。

やっぱり軟鉄の質感はいいな・・・。と思いましたし、このアイアンの素材はS20Cだと聞いたのですが、それまではS25Cが多く、S20Cはキャロウェイやプロギアが早く採用した印象があります。

軟鉄の長所は素材が安価で加工しやすいということです。

なので、何度も書きましたが、ロフトやライ角の調整がしやすいというのはステンレスにはない、大きなメリットです。

最初からカスタムオーダーで、その人の体格(身長や手の長さなど)を計測して、一本一本厳密に作るのであれば、ステンレスもアリだと思いますが、それは一般アマチュアには現実的ではないので、軟鉄しか選択肢が無いような気がします。

私の知るところ、海外メーカーで微調整に力を入れているメーカーはPINGだけです。

自分にマッチしていないクラブを使い、ミスしていることに気づかないゴルファーが意外と多いのではないでしょうか?



★STAR★
ヒール側の★STAR★も懐かしいです。

何代目のX FORGED STARでしょうか?



側面
これまでのXフォージド同様、オーソドックスな形状で、大きさも標準的です。

こうして見る限り、過去のモデルと変わったところは見られません。



彫りの深さ
彫りの深さも適度にあり、ノーマルキャビティといっていいように思います。

こうして見ていると、昔のツアステアイアンを思い出しました。

過去のX FORGEDと同じような形状で、X FORGEDアイアンは、これで決まりというメーカーの意思が伝わってくるようです。



トップライン
トップラインの厚さは少し厚く見えましたが、今のアイアンの中では標準的といっていいように思います。



ソール幅
ソール幅はノーマルです。

ちょっと前までワイドタイプが多かったように思いますが、最近はこのようにノーマルか、やや狭いタイプも見られるようになりました。

やはり、これは流行のように時代と共に繰り返すのだと思います。



ソール形状
ソールは、かなり丸っこいです。

ここの部分が過去のX FORGEDと大きく変わったところのように感じました。

抜けが良さそうな形状です。



リーディングエッジ
リーディングエッジは少し削られていて、丸みを帯びています。



トレーリングエッジ
トレーリングエッジのほうが、大きく削られていて、これは今のアイアンに共通する部分です。



ネック長さ
ネックの長さは標準的で、特に長いとか、短いということはありません。

これよりもネックが太くなってしまうと、少しボテッとしているといいますか、『ファットアイアン』な印象をもってしまいますが、これくらいであれば好感が持てます。

今は昔のように『首長(くびなが)美人』のアイアンに出会うことが少なくなりました。

高重心のアイアンは敬遠されているのでしょうか?



ミーリング無し
フェース面にミーリングは無くシンプルで、特に変わった工夫は見られません。

昔から、キャロウェイのアイアンはスコアラインの間隔が狭く、数が多い印象があるのですが、このアイアンのスコアライの数は13本で、私の好みです。

13本でなければいけないということではないのですが、私は昔から13本が好きなので、親近感を覚えました。

こういったところからも、キャロウェイは海外メーカーでありながら、このアイアンに関して言えば、『日本的』に感じる部分です。



オリジナルグリップ
キャロウェイのロゴが入った、オリジナルグリップがとてもカッコいいです。

私が大好きなツアーベルベットであることも、さらに好感度があがりました。

そして、最近はバックライン有りが多かったのですが、このアイアンはバックラインが入っていなかったのもポイントが高いです。

バックラインがあったほうがいいという方はたくさんいらっしゃると思いますが、私は無いほうが好きなので、このグリップには好感が持てますし、もし私がこのアイアンを購入したら、グリップ交換の必要性は無くなります。

バックラインがあると打ちづらいということはないのですが、以前も書いた通り、『限定』する感じがして嫌なのと、バックラインがあると、どうしても握ったときに隙間ができる感じがして、昔から使っていません。

グリップと指との密着感はとても大切です。



振り感
軽量感はあるものの、シャフトは適度にしっかりしていますし、何度も試打しているシャフトなので、素振りを数回繰り返して感覚をつかむことができました。

できれば、もう少し重量のあるシャフトを試打したかったのですが、これ一本しか試打クラブが無いということで、このまま試打することにしました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、なかなかいい感じです。

見とれるようなことはないですが、今のアイアンの中では、かなりの美顔です。

少しグースが利いているように見えましたが、これも今のニーズに応えた形でしょうか?

『小ぶり』というよりは、少しだけ『面長』に見えたのですが、苦手意識が芽生えることはありませんでした。

独特の光沢感があり、タイトリストのアイアンを思い出しました。

いい顔をしていますが、7番アイアンを構えている感覚はなく、5番という感覚でした。

7番アイアンに欲しい、フェースに乗って、そこから駆け上がっていくイメージが湧いてきません。

しかしこれは今に始まったことではないので、あまり気にせずスルーしていくしかない・・・。と思いました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はとても良いです。

金属の柔らかさと厚みが融合した、ソフトフィーリングといったらいいでしょうか?

質感の良さに合致した、グッドフィーリングです。

ただ、『乗っかり感』がありながらも、球離れも速く感じられ、これはロフトが立っているからかもしれない・・・。と思いました。

この絶妙な弾き感も、ユーザーから支持されているのかもしれないですし、これが『現代風フォージドアイアンフィーリング』なのかもしれません。



トゥ側
ロフトが立っているせいか、『球のあがりやすさ』という点では、少し低めといいますか、抑えられた感じがしました。

決してタフなアイアンではないですが、中空やポケキャビのような『お助け機能満載』のアイアンとは違う、正直さのようなものを感じました。

人によっては球があがりにくい・・・。と感じられるかもしれません。



バックフェース
『安定性』という点では、フルキャビティらしい大らかさがあり、シビアさは感じませんでした。

カッコいいアイアンですが、易しさとの両立はできていると思います。

安定性は様々な要因が絡み合っていて、大きさはバックフェースの形状だけでなく、ウェイトなどの異材の有無。

そしてシャフトによるところも大きいです。

ミスに寛容なアイアンですが、オートマチックタイプという印象はもちませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』という点では、このアイアンで楽に高さを出していける方でしたら、易しく飛ばしていけると思います。

ある程度HSが必要なのは明らかで、だいたいではありますが、最低でも(ドライバーで)43以上くらいは必要になってくるのではないでしょうか?

しっかりと高さが出せない・・・。という方には、キャリー不足で飛距離が伸ばせないかもしれません。

こういったところも、『お助け機能』があるアイアンとの大きな違いだと思います。

これはどちらがいいとか悪いというものではなく、あくまでも『その人の好み』によるところが大きいと思いますが、私はこのような正直なタイプのほうが好きです。

このアイアンに『5』という刻印がされていたら良かったのにな・・・。と思いましたが、それはマーケティング上できないと思うので、仕方ありません。

ロフトを昔のように『寝かしたまま』での、本当の意味で『ディスタンス系アイアン』は未だに存在していません。

飛ばすには、まずはロフトを立てることが大前提になるのだと思います。

以前も書きましたが、アイアンだけが14本のクラブのうち、ロフトがクラブに表示されていません。

いずれ表示される時代がやってくるのかもしれないですし、その頃にはアイアンという形状のクラブが無くなっているのかもしれません。

それくらい、今は本数が減っているように感じます。

これはボールの低スピン化が大きく関わっているのかもしれません。



操作性
『操作性』は、なかなかいい感じで、左右へも普通に曲げられました。

日頃、オートマチック系のアイアンを試打することが多く、なかなか意図的に曲げられないな・・・。と感じることが多かったのですが、今日はいい感じです。

私はフッカーなので、左へ曲げることのほうが易しく感じましたが、スライスも打つことができました。

反応の良さは『なかなか良い』です。



試打後の感想


ヒール側
やっぱりXフォージドはいいな・・・。と思いました。

数年に一度しか発売されませんが、それはこのような軟鉄ワンピースタイプであれば、仕方ないことだと思います。

『もうこれ以上やりようが無い』というのが、メーカーの本音ではないでしょうか?



Callaway X FORGED STARアイアン
メーカーとしては、設計自由度の高い中空で勝負していきたいところだと思いますが、中空にも欠点がありますし、必ずしも中空やポケキャビがいいというわけではありません。

野球は90度の範囲で打てばいいですが、ゴルフはそうはいきません。

方向性が求められます。

そしてアイアンには方向性にプラスして、『距離感』が求められます。

正確な距離を刻むためのクラブがアイアンだからです。

それにはフィーリング性能は決して無視できません。

プレイヤーの意図する距離に運んでいくには、プレイヤーの感覚を大切にしてくれるクラブでないと、安心して使うことができません。



Callaway X FORGED STARアイアン
そういったときに、このようなシンプルでベーシックなタイプのアイアンが求められるのではないでしょうか?

ただ先ほども書きましたが、このアイアンはロフトが立ちすぎているので、距離感を出していくのは難しいような気がします。

いくら開発技術が進化して、クラブが高性能化しても、ロフトが立てば飛距離が出やすくなっても、距離感を出していくのはむずかしいのが現実です。

長所と短所は表裏一体です。



Callaway X FORGED STARアイアン
なので、待望のキャロウェイニューアイアンではありますが、私がこのアイアンを購入することはありません。

それと、以前試打したX FORGED STARアイアンの記憶を蘇らせながら試打したのですが、正直大きく変わったとは思いませんでした。

変わったな・・・。と感じられたのは、ソールの形状と『スタンディングロフト化』したことによる飛距離性能です。

明らかに飛ぶようにはなっていますが、おそらくそれほど大きな支持は得られないのでは?と思いました。

それは先ほども書きましたが、ロフトが立っていることによる、『あがりにくさ』があるからです。

このロフトでも問題なく上げられる方であれば、何の問題も無いですが、球があがらない・・・。と感じられる方はたくさんいらっしゃると思います。

それと実際に打ってみて、7番アイアンに欲しい、『グリーンを上から攻める』イメージが出せなかったというのも、私がこのアイアンを購入しない理由になります。

理想をいえば、7番アイアンから下の番手のクラブは、パラシュートでグリーン上に落下させるイメージが欲しいのですが、このアイアンは『真上』ではなく、『斜め上』から落としていくイメージで、『ミドルアイアンそのもの』でした。

もちろん、昔のミドルアイアンと比べると明らかに打ちやすくなっていると思いますが、相棒に迎えたくなるアイアンではありません。



Callaway X FORGED STARアイアン
全体的にバランス良く整った性能だとは思いましたが、どこか中途半端な印象をもってしまいました。

しかしそれはこのアイアンが良くないということではなく、私がこのアイアンの魅力に気づけなかったということに過ぎません。

このアイアンに魅力を感じられる方はたくさんいらっしゃると思います。

飛ぶクラブで飛ばすのは当たり前ですが、飛ばないクラブで飛ばす、あるいは正確に距離を刻んでいく美学・・・。といったらいいでしょうか?

そんなものを感じながら試打していました。



Callaway X FORGED STARアイアン
もう昔には戻れないのかもしれないですが、昔のような『ノーマルロフト』のアイアンに出会いたいな・・・。と思いました。

このモデルが出たら、また数年はX FORGEDに出会えず、これまで通りステンレス素材のディスタンス系ばかりが発表されるのかな・・・?と思うと、フォージドアイアンが好きな私は寂しい感じがしますが、これも時代の流れや今のニーズに合わせたことであれば仕方ありません。

クラブは常に進化していくものだと思いますが、このアイアンは過去のモデルと変わっていないところも多く、『変わらない良さ』を感じました。

これからもキャロウェイのアイアンには期待していきたいです。


構えやすさ・・・☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離・・・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝しています。

キャロウェイ キャディバッグ

キャロウェイ トートバッグ

キャロウェイ メンズアクセサリー

キャロウェイ ヘッドカバー

キャロウェイ クラブケース
                         
        

                         
      
2024年02月23日
PR
  

キャロウェイ PARADYM Ai SMOKE MAX FAST アイアン

                 



キャロウェイ PARADYM Ai SMOKE MAX FAST アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャロウェイ PARADYM Ai SMOKE MAX FAST アイアン の7番 です。



TENSEI 40 for Callaway
シャフトは TENSEI 40 for Callaway です。

ロフトは26度、クラブ長さは37.25インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は47g、トルクは5.5、キックポイントは中調子、クラブ総重量は357g です。



正面
シンプルでカッコいい、キャロウェイ スモークシリーズのニューアイアンです。

先日PARADYM Ai SMOKEアイアンを試打しましたが、今日はその姉妹モデルを試打する機会に恵まれました。



側面
オーソドックスな形状でラージサイズのアイアンです。

姉妹モデルであっても、デザインがちょっと違います。



トゥ側のウェイト
トゥ側にあるのはウェイトでしょうか?



彫りの深さ
彫りの深さは標準的で、全体的にステンレスの質感があります。



トップライン
トップラインの厚さは標準的です。



ソール幅
ワイドソールを予想していたのですが、今のアイアンの中では明らかに狭く、意外でした。

昔の標準的な広さです。

最近は他のメーカーでも、『脱・ワイドソール』が進行しているような気がします。

ソールの広さは人によって好みが分かれるので、どの広さがベストとはいえないのかもしれません。

ソールを見て、テンションがあがることがありますが、今日はあがらず淡々としていました。



ソール形状
ソールは緩やかに丸みを帯びていて、よく見かけますし、特に変わった工夫は見られません。



7
この『7』という数字の形が変わっていて、正直、好みの形ではありません。

あえてこうしているのだと思いますが、もうちょっと見せ方に工夫があってもいいのでは?と思いましたし、少し表現が良くないかもしれませんが、チープに見えてしまいました。



顔
グースがきつくなく、いい顔をしています。

この顔も、ちょっと意外でした。

もっとクセのある顔を予想していたからです。

そういえば、最近はクセのきついアイアンが少なくなったような気がします。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは見られません。

ごく普通のフェース面に見えたのですが、このフェースはAIフェースということで、見えないところに大きな工夫がされているのだと思います。



オリジナルグリップ
キャロウェイのロゴが入ったグリップがオシャレです。



CALIBRATE
強めのバックラインがあり、『CALIBRATE』という文字があります。



振り感
軽めのカーボンシャフトが装着されているので、いつも以上に素振りを繰り返しました。

軽いからといって手だけでなく、大きな筋肉も使って、タイミング重視です。

スチールのほうが安心するのでスチールシャフト装着モデルを探したのですが、このクラブひとつしか無かったので、このまま試打することにしました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、予想していたよりもいい感じです。

グースタイプではありますが、きつすぎず違和感もありません。

これなら普通に打っていけそうです。

ヘッドが大きいので、安心感をもたれる方は多いのではないでしょうか?

シャープというよりは、穏やかな雰囲気を醸し出しています。

ただ、ロフトの見え方など、7番アイアンを構えているようには見えないのが今のアイアンらしい特徴です。

大顔の5番に見えてしまったのですが、今はこういうことが当たり前なので、目をつぶらなければならないのかもしれません。

技術的にかなり難しいことだと思いますが、ロフトを立てず、昔のような36度や37度で今の飛距離が出せたらなぁ・・・。と思いますが実現は厳しいような気がします。

何となくですが、『大味な打感なんだろうな・・・。』と思いながら見ていました。



試打を開始しました


フェース面
打つ前に、打感のイメージがあまり湧かなかったのですが、ややしっかりめでした。

少し硬く感じましたが、それほど嫌な感じはしません。

アイアンやウェッジは距離をコントロールするクラブなので、『乗っかり感』が欲しいですが、このアイアンは『乗っかり感』よりは『弾き感』のほうが強いです。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、普通といったところでしょうか?

球があがりやすくなるような工夫がされていると思いますが、かなりロフトが立っているので、その工夫は少し消されちゃった感じがします。

弾道も少し抑えられていて、7番アイアンに欲しい、『グリーンを上から攻める』イメージが湧いてきません。

やはり7番というよりは、5番から4番に近い弾道に見えました。

飛ばしていって転がりなどを気にせず、とにかく届けばいい・・・。というのであれば、このままでもいいのかもしれませんが、『止める』ということになると、かなり苦戦するような気がします。

飛距離を出すために、ドライバーは『低スピン化』が進んでいますが、アイアンにも同じことがいえるでしょうか?

スピンはやや少なめに感じました。



バックフェース
『安定性』は高く、キャビティらしい易しさが感じられました。

方向性も出しやすいですし、ラージサイズの大らかさを持ち合わせたアイアンです。

ミスヒットに強く、シビアさは感じませんでした。



操作性
高い安定性があり、あまり曲がらないタイプのアイアンです。

ほぼストレートに打っていけるアイアンで、メーカーもあえて曲がりにくいように作っているのではないでしょうか?

顔が、それほどクセがないので、もう少し曲げられるかな?と思っていたのですが、左右とも大きく曲げるのが苦手なアイアン・・・。という印象をもちました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、かなり優れています。

キャロウェイはどの番手のクラブでも飛距離を追求しているように感じますが、このアイアンも同様の印象をもちました。

ほぼ4番アイアンのような飛びです。

『易しい4番アイアン』といったほうがいいかもしれません。

『7』という刻印がありますが、私は『4』。

あるいは『4.5』というほうがしっくりきます。

先ほども書きましたが、ロフトを立てずに飛ばしていけるアイアンが登場して欲しいです。

イージー系のアイアンだと思いますが、かなりロフトが立っているので、球があがりきらない・・・。と感じられる方がいらっしゃるかもしれません。

意外とタフなアイアンで、ロフトを立てればいい・・・。というものでもないのだと、このアイアンが伝えてくれたような気がしました。



試打後の感想


ヒール側
すっきりしてカッコいいデザインで、穏やかな雰囲気を醸し出していますが、クラブのもつ性格は尖ったところがあります。



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX FASTアイアン
『飛距離』という大きな目標のために、他の部分が犠牲になっているように感じます。

何球か打ってみて、結構『当たり外れの差』があるように感じました。

打感でどこにヒットしたかつかみづらかったのですが、球は真っ直ぐ遠くに飛んでいき、感覚的に慣れるのに、時間が掛かりそうです。



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX FASTアイアン
飛びに特化した分、デメリットも当然ながら生じています。

それは飛びすぎて距離感が出しづらいので、距離の打ち分けが難しいということです。



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX FASTアイアン
安定性が高いので方向性への不安は無いですが、縦の距離感を出していくのは、かなり難しいような気がしました。

このようなタイプのアイアンで距離の打ち分けをすることや、グリーン上に止めるボールを打つには、かなり高い技術が求められそうです。



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX FASTアイアン
発表するクラブによって、そのメーカーの個性というか、『思い』のようなものが伝わってきますが、キャロウェイはとにかく『飛距離』にこだわっているようです。

それにプラスして方向性。

確かに今のニーズはその2つなのだと思います。

ドライバーに限らず、アイアンでも『飛んで曲がらない』のが一番なのかもしれません。

そういった意味でも、今のニーズにしっかり応えたアイアンです。



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX FASTアイアン
これから、どんなアイアンが登場してくるのか、キャロウェイには期待していきたいと思います。



構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2024年02月04日
PR
  

キャロウェイ PARADYM Ai SMOKE アイアン

                 



キャロウェイ PARADYM Ai SMOKE アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャロウェイ PARADYM Ai SMOKE アイアン の7番 です。



TENSEI 50 for Callaway
シャフトは TENSEI 50 for Callaway です。

ロフトは28度、クラブ長さは37.25インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は54.5g、トルクは4.3、キックポイントは中調子、クラブ総重量は367g です。



正面
キャロウェイ PARADYM Ai SMOKEシリーズのアイアンです。

比較的シンプルな形状で、好感が持てます。

色使いも落ち着いた感じでシブいですね。



ソールのウェイトのようなもの
ソールにはおそらくウェイトだと思いますが、大きなパーツが組み込まれているのが分かりました。

ワンピースタイプではなく、これだけ思いっきり異材を組み込むことができるのが、キャロウェイの凄いところだと思います。

打感を軽視しているわけではないと思いますが、まずは物理的な性能を最重要視しているということなのかもしれません。

ドライバーのように設計自由度が高くないアイアンは、外見だけでおおよその性能を把握しやすいですが、中空タイプや、このアイアンのように大きなウェイトが組み込まれていると、重心(高さや長さ)なども変わってきますし、見た目とは違うことも多いです。



側面
小ぶりということはなく、セミラージサイズといっていいでしょうか?

形状はオーソドックスな感じです。

ステンレスの質感があるので、キャロウェイなど海外メーカーはステンレスを相変わらず推しているな・・・。と思いました。

もちろんXフォージドのように軟鉄タイプも発売していますが、ステンレスタイプが多いように思います。

ステンレスアイアンといえば、PINGが一番イメージが強いですが、キャロウェイ・テーラーメイドのアイアンもステンレスを多く採用しています。

逆にタイトリストはステンレスもありますが、軟鉄アイアンがあまりにも素晴らしいので、そのイメージが強いです。

軟鉄・ステンレス、どちらがいいというものではないですが、私はステンレスということで、購入リストからは除外しています。

その理由はこれまで述べてきた通りです。



中空のような膨らみ感
こうして見ると、少しプクッと膨らんで見えたので、ひょっとしたら中空なのかな?と思いましたが、実際の所は分かりません。

昔の中空はもっと『ボテッと』したものが多かったのですが、このアイアンは比較的引き締まって見えます。

ただ、やはり中空だろうな・・・。と思いながら見ていました。

最近はポケキャビのニューモデルに出会う回数が減り、中空を見かけることが多くなったような気がしますが、中空が今の流行りなのでしょうか?

私はゴルフ雑誌を読まないので、どんなクラブが今の流行なのか、全く分かりません。

それでもゴルフはエンジョイできていますし、昔は興味津々でしたが、今はゴルフクラブやスイング理論の流行りに興味をもたなくなりました。

情報の詰め込みすぎは逆効果になることを私は経験しています。



トップライン
トップラインは少し厚く見えますが、これくらいであれば、特に問題はありません。



ソール幅
ソール幅は『ややワイド』ですが、広すぎず、いい感じに収まっています。

これが大きなウェイトの効果なのでしょうか?



ミーリング無し
フェース面にミーリングは無く、ごく普通です。

ヘッドのあらゆるところに工夫がされているのに、フェース面にはこだわっていないようです。

表現は良くないかもしれませんが、少しチープに見えましたし、テンションも下がってしまいました。

フェース面を見て、フィーリングやスピンをイメージすることがあるのですが、それができません。

しかし、これはあくまでも私の好みによるものであって、このフェース面が優れていないということではありません。

むしろ、このシンプルなスタンプ式のフェース面に好感を持たれる方はたくさんいらっしゃると思いますし、フェース面なんて気にしないよ・・・。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?



オリジナルグリップ
これまでも見てきましたが、このキャロウェイのロゴが入ったオリジナルグリップがカッコいいですね。

フィーリングも良く、いい感じです。

私はアイアンやウェッジには必ずツアーベルベットを採用していますが、このグリップはツアーベルベットほどのしっとり感は無いものの、穏やかな感じで好感が持てます。



振り感
ヘッドはまずまずなのですが、カーボンシャフトが挿してあるので、いつもとは違う感覚で素振りを繰り返しました。

これはあくまでも私の感覚ですが、アイアンにスチールシャフトが挿してあると、シャフトのしなりをイメージするといいますか、シャフトをしならせる感じで積極的に振っていきますが、カーボンだと逆に『しならせないように』といいますか、全『くしならない棒』をイメージして振っています。

シャフトに仕事をさせすぎない感じ・・・。といったらいいでしょうか?

昔カーボンシャフトを挿したアイアンでラウンドし、大失敗してしまったことがあるので、その記憶が今も抜け切れていないのかもしれません。

しかしそれはカーボンシャフトのせいでなく、あくまでも私の技量不足・経験不足によるものですし、今はカーボンシャフトもすごく進化しているので、気にしすぎる必要は無いと思います。

ただ『しなり量』よりも、『軽さ』には注意していかなければならないので、手打ちにならないよう気をつけてゆっくりと素振りを繰り返しました。



構え感
最新モデルでありながら、クラシカルな顔をしていて、懐かしい感じがしました。

グースもきつくなく、大顔過ぎないので、思っていたよりも『大味』な感じはしません。

見とれるようなことは無かったのですが、方向性への不安はありません。

ただ、フェース面の傾き(ロフト)が、かなり立っているように見えました。

7番アイアンはSWを開いて構えたときのように、『真上』とまではいかなくても、かなり高く斜め上に飛んでいく感じで、ボールがフェース面を駆け上がっていくイメージが欲しいのですが、このアイアンではそれができません。

斜め上に飛んでいくイメージではなく、5番アイアンのように『横に飛んでいく』イメージのほうが近いです。

今はロフトが立っているアイアンが多いので、このように感じることが普通になってきていますが、なかなか慣れないですし、慣れたくない自分がいます。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、まずまずです。

一球打って、やはり中空なんだということが分かりましたが、今はこういうタイプが多いですし、この打感こそが『今のトレンド』なのかもしれません。

私がアイアンに求めたい打感ではないですが、これも機能性を重視するために仕方ないのかな・・・。と思いました。

ただ、クラブの打感や顔などは、ゴルフを始めたときに、どのようなクラブに接してきたかで好みも分かれてくると思うので、最初から中空でゴルフを始められた方には、とても好感のもてる打感なのではないでしょうか?



トゥ側
構えたときに、かなりロフトが立っているように見えましたが、タフなタイプではなく、球はあがりやすいです。

一見タフそうに見えながら、実は易しい・・・。というのが、中空アイアンの最も優れたところだと思いますが、このアイアンはまさにそんなタイプだと思います。

ソールにある大きなウェイトが効果的だと思いますし、ヘッド内部にも色々な工夫がされているのではないでしょうか?

比較的シンプルな外見なので、難しそう・・・。と敬遠される方がいらっしゃるかもしれませんが、かなり機能的で親しみやすい性能をもっているので、多くの支持を集めるのではないでしょうか?



バックフェース
『安定性』も高いです。

スイートエリアも広く、シビアさは全く感じません。

昔の中空もそうですし、『大きすぎるヘッド』だと、構えたときにイメージしづらいせいか、打点がブレてしまうことが多いのですが、このアイアンは比較的まとまっていました。

これがもっと大きくなりすぎると、違う難しさ(ターンのしづらさ・遅さ)などが出てくると思います。

大きければ大きいほどいいというものではありません。

特に直打ちするクラブはヘッドが大きくなりすぎると、メリットよりもデメリットのほうが大きくなると感じています。



飛距離性能
『飛距離性能』は、かなり優れています。

ずっと前からですが、キャロウェイはドライバーだけでなく、アイアンにも飛距離性能に力を入れているのが分かります。

この飛びの凄さはキャロウェイアイアンらしいな・・・。と、飛びすぎる弾道を目で追いながら思いました。

今はアイアンにも飛びが求められているので、メーカーとしてもしっかり応えています。

昔のディスタンス系アイアンは確かに飛ぶけど、不格好で構えづらく違和感を覚えるものがたくさんありましたが、このアイアンのように最近はかなり絞られていてシュッとした見た目のクラブが多くなりました。

そういったところも、メーカーは気を遣っているのではないでしょうか?



操作性
『操作性』は、まずまずです。

どちらかというと、『マニュアルタイプ』ではなく、『オートマチックタイプ』だと思いますが、ヘッドが大きすぎないせいか、左右にも少し曲げることができました。

構えたときに、インテンショナルに打っていくイメージは浮かばず、できるだけ『無難』に打っていきたい気持ちが湧いてきたのですが、左右どちらにも対応してくれました。

ただ、どちらかといえばドローヒッターよりもフェードヒッターのほうが合いやすいような気がします。



試打後の感想


ヒール側
『Ai SMOKE』という、新しいシリーズのアイアンですが、『既視感がある』といいますか、過去のモデルと大きく変わったところは無いな・・・。というのが率直な感想です。

もちろん、大きな進化を果たしていて、それを敏感に感じ取られる方もいらっしゃると思いますが、私はそれを感じ取ることができませんでした。



Callaway PARADYM Ai SMOKE アイアン
あくまでも『マイナーチェンジ』という感じで、これまでのキャロウェイアイアンの殻を破った感じはしません。

デザインが少し変わったかな・・・。というくらいです。



Callaway PARADYM Ai SMOKE アイアン
しかしそれは、このアイアンが優れていないということではなく、これまでのキャロウェイアイアンのレベルの高さをしっかりと継承しているということです。

キャロウェイファンの方の『変えて欲しくない』というところを変えずに、新たな提案をしていく・・・。という感じでしょうか?

このアイアンも『Ai』が使われていると思うのですが、それがどこに採用されているのか、分かりませんでした。

何となくですが、次のモデルは『SMOKE』でなくなるような気がします。



Callaway PARADYM Ai SMOKE アイアン
シュッとしてカッコいいデザインにして、易しさや飛距離を追求したアイアンで、そこが一番メーカーが主張したかったところではないでしょうか?

易しさや飛距離・構えやすさなどのいい塩梅でバランスがとれているように感じました。

ただ、やはりキャロウェイはアイアンよりも、フェアウェイウッドやドライバーなど、『ウッド系』に強みをもったメーカーだな・・・。と再認識しました。

それはライバルメーカーである、テーラーメイドと共通するところです。



Callaway PARADYM Ai SMOKE アイアン
違うタイプのアイアンもラインアップされているようで、そちらにも期待したいです。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2024年02月02日
PR
  

キャロウェイ PARADYM Ai SMOKE ユーティリティ

                 



キャロウェイ PARADYM Ai SMOKE ユーティリティ
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャロウェイ PARADYM Ai SMOKEユーティリティ の4H です。



TENSEI 50 for Callaway
シャフトは TENSEI 50 for Callaway です。

ロフトは21度、クラブ長さは40インチ、シャフトフレックスはS、キックポイントは中調子 です。



正面
キャロウェイPARADYM Ai SMOKEシリーズのユーティリティです。

先日、ドライバーとフェアウェイウッドを試打したのですが、今日はユーティリティを試打する機会に恵まれました。



側面
メカニカルでカッコいいデザインです。

このようにメカニカルな構造で、カッコいいデザインにすることにおいて、キャロウェイは世界屈指のメーカーだと思います。

いろいろなものが付け加えられると、ゴチャゴチャしたり、チープさが目立ってしまったりすることがありますが、このクラブはチープさが無く、むしろ高級感があり好感が持てました。

仕上げの丁寧さや質感などは、ボールを打つということに対する直接的な影響は無いのかもしれませんが、打つ前にやる気が起きるか起きないか大きな違いがあります。

そういった意味でも、このクラブには良い印象をもちました。

今はFWもUTもソールにいろいろな工夫がされるようになりましたが、ソールの最も重要な性能は『抜けの良さ(滑りやすさ)』です。

これを無視して、ただ単にいろいろなパーツを組み合わせたクラブには好感が持てません。

直打ちすることが多いクラブは、いかにして『芝やラフと仲良くするか』ということが大切になってくると思います。



ソールのウェイト
ソールには青くて綺麗なウェイトが配置されていてカッコいいです。

フェース寄りにあるので、浅重心になっていて、球があがりにくいタイプなのかな?と思いましたが、最近は必ずしもそうでないように感じますし、ウェイトの重さも関係しているのだと思います。

このウェイトには数字が見られないので、重さは分かりません。



ネックの長さ
ネックの長さは適度にある、好感が持てます。

この角度から見ても、美しいフォルムだな・・・。と思いながら見ていました。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されています。

先日試打したドライバーフェアウェイウッドには搭載されていなかったので、ちょっと意外でした。

同じシリーズのモデルだからといって、必ずしも全てが一致というわけではないようです。

科学的なデータに基づいて開発されているキャロウェイのクラブなので、これには大きな理由があるのではないでしょうか?



NS
試打するのは、この『NS』ポジションです。

これがデフォルトで、クラブ最大の性能を引き出せるポジションだと思います。



綺麗なフェース面
とても綺麗なフェース面で好感が持てました。

私はフェース面がチープなクラブには魅力を感じませんが、このクラブはとても魅力的です。

ボールとの唯一の接点なので、フェース面のデザインや仕上げには手を抜いて欲しくありません。

今はフェース面のデザインも多様化してきましたが、このクラブはシンプルで弾きが良さそうに見えました。



Ai SMART FACE
トゥ寄りには『Ai SMART FACE』の文字があり、このフェース面はAIによって設計されたものなのでしょうか?



シャロー過ぎない
シャロータイプではありますが、今主流といっていい、『シャロー過ぎる』タイプではないので、好感が持てました。

私は薄すぎるクラブには苦手意識をもつことがあるのですが、このクラブにはそれがありません。



顔
なかなかいい顔をしています。

もっとクセのきつい顔を予想していたのですが、違いました。

フェース面が左を向いているように見えましたが、今はほとんどがこうなっているので、これが今の正解ということなのでしょうか?

しかし私はその流れに乗りたいとは思いません。

クラブのトレンドに流されず、あくまでも自分の感覚を最優先してクラブを選びたいと思っています。



カーボンクラウンではない
カーボンクラウンでないのも意外でした。

ドライバーやフェアウェイウッドがカーボンクラウンだったので、ユーティリティもそうなっているだろうと思っていたのですが、違いました。

ヘッドの大きさも違いますし、ユーティリティにはカーボンにする必要が無いということなのでしょうか?

この『艶消し』の、『コールタール感』のあるクラウンは好感が持てます。



オリジナルグリップ
装着されているグリップはキャロウェイのロゴがあって、カッコいいです。

グリップのパターンも独特で握りやすく、ハイテクタイプのグリップだと思いました。



振り感
素振りをしてみた感じは、まずまずです。

軽量タイプではありますが、頼りない感じはしません。



構え感
ボールを前にして構えてみると、『顔』として見ていたときよりも、好感が持てました。

『つかまえ顔』ではありますが、それほど強調されてはいないですし、方向性への不安は大きくありません。

ただ、少し右を向いて回していくイメージで構えました。

フェードヒッターの方やスライサーの方には構えやすいと思いますが、もっとつかまえ顔のほうがいい・・・。という方もいらっしゃるかもしれません。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、ややしっかりめですが硬くなく、いい感じです。

最近は、このような打感が多くなってきたような気がします。



打球音
『音』は、小気味良い金属音ですが、高すぎず、いい感じです。

スイングにブレーキが掛からず、気持ちよく振り抜いていくことができました。

もっと高めで大きい音のほうが好きだ・・・。という方がいらっしゃるかもしれません。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、普通だと思います。

特別タフなクラブではないですが、もっとあがりやすいUTはたくさんありますし、そういったクラブに慣れておられる方には、少しハードに感じられるかもしれません。



バックフェース
『安定性』は高く、ヘッドの大きさや形状のわりには曲がりにくく、直進性が高いクラブです。

打点のブレにも寛容で、シビアさは感じません。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れています。

力強い弾道で、二段ロケットのように、『グン』『グン』と伸びていきました。

幅広い層をターゲットに・・・。というよりは、43以上のHSを対象にしたクラブなのではないでしょうか?

フェース寄りにウェイトが配置されていますが、浅重心という感じはしませんでした。



操作性
『操作性』は、まずまずです。

構えたときの印象よりも直進性が高く、曲がりにくさを感じましたが、左右にも少し曲げることができました。

球のつかまりがいいクラブで、フェードヒッターの方に合いやすいのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
キャロウェイらしいメカニカルなデザインでハイテク感たっぷりですが、基本性能はこれまでと大きな違いは無いように感じました。

ただフィーリングが少し変わってきているような気がしたのですが、大きな違いではありません。



Callaway PARADYM Ai SMOKEユーティリティ
試打しながら、このクラブは『中間』を狙って開発されたのではないか?と思いました。

どういうことかといいますと、『バランスがとれている』ということです。

性格的に尖ったところはなく、穏やかなクラブだな・・・。という印象をもちました。

このクラブにも姉妹モデルがラインアップされているようなので、それらは尖った部分があるのかもしれません。

機会があれば、是非試打してみたいと思っています。



Callaway PARADYM Ai SMOKEユーティリティ
これからもキャロウェイには期待しています。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝しています。
                         
        

                         
      
2024年01月27日
PR
  

キャロウェイ PARADYM Ai SMOKE MAX フェアウェイウッド

                 



キャロウェイ PARADYM Ai SMOKE MAX フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャロウェイ PARADYM Ai SMOKE MAX フェアウェイウッド の5番 です。



TENSEI 50 for Callaway
シャフトは TENSEI 50 for Callaway です。

ロフトは18度、クラブ長さは42.5インチ、シャフトフレックスはS、トルクは5.0、キックポイントは中調子 です。



正面
キャロウェイAi SMOKEシリーズのFWです。

先日ドライバーを試打しましたが、今日はクリークを試打する機会に恵まれました。

ドライバー同様、ソールのデザインに特徴があり、これは人によって好き嫌いがはっきりするかもしれません。



ウェイト
ソールには青くて綺麗なウェイトが配置されています。

数字が無いので重さが分からないですし、おそらく交換するタイプではないのだと思います。



側面
大きさは標準的で、シャロー感のあるヘッドです。

今はほとんどが、このようなタイプで、個性が感じられなくなりました。

結局は、この形に落ち着くということなのでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さはたっぷりあって、まるでキャロウェイのクラブとは思えないほどです。

デザイナーが変わったのでしょうか?

ドライバー同様、ネックには調整システムが搭載されていません。



フェース面のデザイン
綺麗なフェース面で、細かなミーリングのようなものが施されています。

ドライバーとは少しデザインが違いますが、美しく高級感のあるフェース面です。

パーシモンの頃は、ドライバーを小さくして、ロフトを寝かせたものがブラッシーやスプーン、バフィ、クリークといったところがありましたが、今は技術が進んで、ただ小さくするだけでなく、その番手によって最善の研究がされているのだと思います。



超シャロー
見慣れた『超シャロー』です。

今はほとんどがこの形ということもあり、特別驚くようなことはありませんが、かなり薄いので、上手く当たるだろうか・・・。と、つい思ってしまいます。

これだけ薄いので、ボールにヒットさえすれば自然とあがっていく・・・。というイメージが浮かんできます。

ディープタイプで、『上から潰す』のではなく、シャローなのでボールの真横を『平行移動』させるイメージで打っていく感じです。

私は上から潰すほうが簡単なのですが、レベルのほうが簡単だという方もいらっしゃると思いますし、今はそれが主流なのかもしれません。



顔
顔はまずまずです。

予想していたよりもクセがきつくないですが、フェースが被っているのが分かりました。

バルジも、先日試打したドライバーとは異なります。

カーボンコンポジットなのはドライバーと同じです。



振り感
素振りをしてみると、軽くて『線が細い』感じがしますが、これも今のスタンダードといえるでしょうか?

昔のFWはドライバーよりも『骨太』といったところがありましたが、今は違うようです。

シャフトは軽くて軟らかいですが、先が走りすぎる・・・。といった変なクセは感じませんでした。



構え感
ボールを前にして構えた感じもまずまずです。

つかまりそうな感じがしますが、極端ではないので、特に不安はありません。

強いフックフェースが苦手なフェードヒッターの方には、構えやすいのではないでしょうか?



試打を開始しました


フェース面
『打感』はソフトというよりは、ややしっかりめで、『重さ』を感じさせました。

キャロウェイは打感にこだわるイメージが無いですが、この打感もキャロウェイなりの答えなのかもしれません。

すごく魅了される打感ではないですが、まずまずといった感じです。



打球音
『音』は、やや高めで小気味いい感じの『カチッ』という金属音で、これまでたくさん耳にしてきました。



トゥ側
球はよくあがってくれ、タフな感じは全くしませんが、今のクリークの中では普通といったところでしょうか?

それだけ、今のFWはあがりやすくなっていて、タフなものが少なくなりました。

フェース寄りにウェイトが配置されているので、浅重心でタフなFWなのかな?と打つ前は思いましたが、実際に打ってみると違いました。

ただ、適度なスピン性能になっているのか、昔からあるシャロー形状ではありますが、球はかなり強くなっているようです。



バックフェース
『安定性』も高いですが、この易しさも標準的な感じがしますし、前のモデルと大きく変わっていないように感じます。

寛容なタイプでシビアさは全く感じません。



飛距離性能
『飛距離性能』は高く、さすがFWの海外トップメーカーでもあるキャロウェイだな・・・。と思いましたが、正直前のモデルよりも飛距離が伸びた感じはしません。

もちろん、それはこれまでハイレベルを維持し続けているということになるのですが、『性能の進化』ということは感じませんでした。

前のモデルと打ち比べてみたいですが、おそらくほとんど変わっていないのではないでしょうか?

何球打っても安定して飛んでいて、こういうところが最新クラブのいいところだと思います。

ミートにおいての『当たり外れ』の『外れ』の部分を極力ミスにしないよう『底上げ』ができているように感じました。



操作性
どちらかというとオートマチックタイプだと思うのですが、左右にも曲げてみて、つかまりがいいので、私はフック系のほうが易しく感じました。

右に曲げようと、かなりカットに打ってみましたが、少し右に曲がるくらいで、大きくは曲げられませんでした。



試打後の感想


ヒール側
デザインも性能も落ち着いた感じのクラブだな・・・。と思いました。

このSMOKEには、どのような意味が込められているのでしょうか?



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX フェアウェイウッド
シャローでつかまりがいいタイプのFWです。

今のニーズに合ったクラブだと思いますが、もっと重量を増してディープにすれば、さらに強いインパクトで打っていくことができ、飛距離を伸ばしていけるだろうな・・・。と思いました。



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX フェアウェイウッド
寛容さがあって球もあがりやすく、安定した飛距離を稼いでいけるFWです。

ただ、表現が良くないかもしれませんが、ちょっと『ひ弱』な印象をもちました。

しかし姉妹モデルにはもっとしっかりしたスペックのクラブがあるということなので、チャンスがあれば、そちらを試打してみたいと思います。



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX フェアウェイウッド
キャロウェイはドライバーもFWもUTも同時にたくさんの姉妹モデルを発表してくれているので、そちらも楽しみです。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝しています。


                         
        

                         
      
2024年01月25日
PR
  

キャロウェイ PARADYM Ai SMOKE MAX FAST ドライバー

                 



キャロウェイ PARADYM Ai SMOKE MAX FASTドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX FAST ドライバー です。



TENSEI 40 for Callaway カーボンシャフト
シャフトは TENSEI 40 for Callaway カーボンシャフト です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は45.5g、トルクは5.9、キックポイントは中調子、クラブ総重量は272g です。



正面
キャロウェイの新しいドライバーです。

『ハイテク』という言葉が一番相応しいメーカー、キャロウェイのニューモデルに新年早々出会うことができました。

一時期、秋にニューモデル登場が偏っていましたが、今は一年を通じて出会えるようになったので、ゴルファーとしては嬉しいところです。



独特なソールデザイン
ソールの質感が独特で、前のモデルと大きく変化しています。

最初はニューモデルなので、ソールに傷が付かないよう、シールのようなものが貼られているのかな?と思いましたが違いました。

このデザインもAiが導き出したものなのでしょうか?

人によって好みが分かれると思います。



側面
こうして見ても、独特な感じがします。

大きさや形状は、これまで通りラージサイズでシャローなのですが、やはりソールのデザインが独特です。

ギタリストの布袋寅泰さんのファンの方なら、おそらくご存じだと思いますが、布袋モデルのギターで『コンクリートモデル』というものがあったのですが、そのギターを思い出しました。

メーカーがこのデザインにしたのには、どのような意図があるのでしょうか?



青くで綺麗なウェイト
ソールにはウェイトがひとつだけ配置されています。

『4』という数字があるので、おそらく4gということでいいのだと思いますが、他にもいろいろな重さのウェイトが用意されているのでしょうか?

これまでのドライバーからすると、ウェイトがやや軽量な気もするのですが、あまり重すぎると重心が深くなって良くないということなのかもしれません。



ネック長さ
ネックは短めですが、今のドライバーの中では見慣れた長さです。

調整システムが搭載されていないのが、ちょっと意外でした。

このドライバーには必要ないということなのでしょうか?



フェース面のデザイン
フェース面は細かな工夫がされていて、とても綺麗です。

これは過去のモデルにも見られました。

下部に『Ai SMART FACE』という文字があり、このフェースを人工知能が開発したということになるのでしょうか?

AIは多くの分野で活用されていますが、ゴルフクラブではキャロウェイが先駆者というイメージがあります。



シャローヘッド
見慣れたシャローヘッドです。

『Ai SMOKE』という文字があったので、ソールの独特なデザインは、ひょっとしたら『煙』をイメージしたのではないかな?と思いました。

『煙』には、どのような意味が込められているのでしょうか?

煙のように高くあがるということなのでしょうか?

『スモーク』というと、以前試打したテーラーメイドのアイアンを思い出しました。



カーボンクラウン
クラウンの殆どがカーボンコンポジットになっています。

これもAiが導き出した答えなのでしょうか?

メーカーにとって、ちょっと意地悪かもしれませんが、カーボンとクラウンの『継ぎ目』をじっくり見てみたのですが、その間隔が不均一でところどころ少しムラが見られました。

クラブの性能とは直接関係ないと思いますし、こういったことは他のメーカーでも見られるので気にする必要は無いと思うのですが、以前クラウンのカーボンが外れて飛んでしまったのを見たことがあるので、どうしても気になってしまいます。



オリジナルグリップ
キャロウェイのオリジナルマークがあり、とてもカッコいいグリップです。

グリップのパターンも独特で、滑りにくいところに好感が持てました。

私は普段、黒色のグリップが好きで愛用しているのですが、このようなグレーもいいな・・・。と思いました。

私は、ヘッドの色は黒やブルー、パーシモンカラーなどオーソドックスなものを好みますが、グリップやシャフトはカラフルでも問題ないと思っていますし、昔『青マナ』や『DI-7』を愛用していたことがあるので、ブルーやオレンジ色のシャフトも好きです。



振り感
ヘッドを見ただけでは分かりづらいですが、素振りをしてみると、かなり軽く感じます。

この軽量化は今年始まったものではありませんが、シャフトも40g台が当たり前となった時代になったのでしょうか?

今でもシャフトの重さは『60g台』の印象が強い方は多いと思います。

これだけ軽量化するのは、明らかにターゲットとなるゴルファーの高齢化だと思うのですが、本当にこの軽さを多くのゴルファーが求めているでしょうか?

若くて体力がある方には明らかに軽すぎると思いますし、今日一緒に練習場に来た、60代の方にも打ってもらったのですが、軽すぎる・・・。と仰っていました。

もちろん軽すぎるのであればリシャフトすればいいだけの話ですし、おそらくカスタムシャフトも用意されているとは思うのですが、もったいないな・・・。という思いがあります。

『超』がつくほどの軽量シャフトでフレックスも『R』ということもあり、かなり軟らかく感じましたが、シャフトはしなやかにしなる感じで遅れることなく、ついてきてくれました。

こういうところは昔のシャフトから大きく進化したところだと思います。

昔の軽量シャフトは『返り』が遅いものが多く、タイミングをとるのが難しいものが多かったのですが、最近はそうでもないようなきがしますし、私が少し軽量シャフトに慣れてきたのかもしれません。

こういう軽量シャフトはとにかく『手打ち』にならないよう、『前の筋肉』ではなく、『後ろの筋肉(背筋)』を意識して、ゆったりと大きく振っていくイメージで素振りを繰り返しました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、意外とクセが無く、いい感じでした。

見とれるような男前ではないですが、特に苦手意識は芽生えません。

手に取る前は、ちょっとクセのある『異型』を予想していたのですが、違いました。

フェース面だけにフォーカスすると、少し左を向いているように見えますが、バルジはそう見えないように工夫されています。

特にトゥ側が主張し過ぎていないのがいいな・・・。と思いました。

結構バルジに気を遣っているように見えて、まるで国内メーカーのドライバーを見ているようでした。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、まずまずで、『爽快感』というよりは、やや『こもった感じ』の打感です。

打つ前は、硬くて『ゴツい』感じの打感をイメージしていたのですが、違いました。

ソフトな打感ではないですが、この打感も『アリ』だと思いますし、好まれる方も多いのではないでしょうか?

フェースに『乗る』というよりも、『弾き感』のある打感です。



打球音
『音』も意外でした。

打つ前は甲高い感じの、いわゆる『キャロウェイサウンド』を予想していましたが、違いました。

はっきりとした音で、余韻が残るというよりは、小気味良い感じの音で、インパクトが緩むことなく、しっかり振っていくことができました。

Aiが弾道だけでなく、音も計算していたのかもしれません。



トゥ側
球はあがりやすくイージーですが、スピンは結構抑えられているように感じました。

昔のドライバーだと、かなり吹き上がるイメージがありますが、最近のドライバーは本当によく研究されています。

スピンは抑えられている感じがしますが、『明らかな低スピン性能』というほどではなく、平均的なヘッドスピードの方にちょうど合うように設計されているのではないでしょうか?

普段なら『叩きに』いきたくもなりますが、今日は『ヘッドとシャフト』に合わせるような感覚で打っていきました。



バックフェース
『安定性』は高く、かなり大らかなドライバーです。

大らかすぎて、フェース面のどこでヒットしたかが分からなかったのですが、後で見たら中央付近でとらえられていたので、いい感じで打てたのだと知ることが出来ました。

大きなクセが無く、ややつかまえ系の顔ではありますが、ラージサイズなので上手く中和されて、少しフェード気味になるのかな?と思いましたが、ややドローで飛んでいきました。

フックというほどではなく、実戦でも使える球筋でした。

極端なフックフェースではないですが、球のつかまりはいい感じなので、フックフェースが苦手なフェードヒッターの方に合いやすいのではないでしょうか?



操作性
『操作性』という点では、オートマチックなタイプですし、シャフトも操るタイプではないので、少し難しいですが、一応左右にも曲げてみました。

やはり右には曲がりにくく、私は左へ曲げるほうが易しく感じられました。

ただ大きくは曲がりづらいので、これがこのドライバーの最大の長所だと思います。



飛距離性能
『飛距離性能』も優れています。

このような軽量タイプでありながら、弾道は頼りない感じはしません。

スーッと一本の綺麗な糸で引っ張られているかのような、曲がり幅が小さく効率の良い飛びだな・・・。と思いました。

HS40前後の方には、とても高いパフォーマンスが期待できるのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
打つ前の印象よりも、打った後のほうが良い印象をもちました。



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX FAST ドライバー
キャロウェイのクラブなので当然ですが、かなり深く研究されているドライバーです。

軽量タイプのドライバーですが、この軽さがあるからこその弾道なのではないか?と思いました。



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX FAST ドライバー
程よい低スピン性能も魅力ですが、最大の魅力は『大らかさ』『曲がりにくさ』です。

これだけ安定感があると、スタートホールのティショットなど、緊張感のある場面でも大きな力となってくれそうです。

軽量タイプは安定性に欠けるところがありますが、そうならないよう、メーカーの企業努力がうかがえます。

ここまでまとめるのに、たくさんの試行錯誤があったんだろうな・・・。と思いました。



Callaway PARADYM Ai SMOKE MAX FAST ドライバー
クセのない顔と高い直進性があって、ティショットに自信を持てるドライバーです。

かなりのハイテクタイプのドライバーですが、全体的にすっきりしたデザインも好感が持てました。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
感謝しています。


                         
        

                         
      
2023年06月21日
PR
  

Callaway PARADYM ◆◆◆ドライバー

                 

Callaway PARADYM ◆◆◆ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
Callaway PARADYM ◆◆◆ドライバー です。



TENSEI 55 for Callaway
シャフトは TENSEI 55 for Callaway です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は55g、トルクは4.3、キックポイントは中調子、クラブ総重量は308g です。



正面
キャロウェイ PARADYMシリーズのドライバーです。

以前、MAX FASTというドライバーを試打しましたが、この◆◆◆はその姉妹モデルのようです。

通常、同時に発売される姉妹モデルは2~3個くらいが普通だと思いますが、他にもたくさんあるようで、それだけ、このPARADYMというモデルにメーカーが自信をもっているという表れではないでしょうか?



側面
キャロウェイらしい機能性溢れるデザインです。

しかし、近未来的でカッコ良く、好感が持てます。



バックフェースのウェイト
バックフェースには大きなウェイトが配置されています。

『14』という数字があったので、そのまま14gということでいいと思うのですが、かなり重量のあるウェイトです。

最大レベルまで重心深度が深くなるように設計されているのでしょうか?



フェース寄りのウェイト
フェース寄りにもウェイトが配置されていて、こちらは『2』という数字があります。

14:2ということで、やはり重心が前ではなく、後ろにあるドライバーということが分かりました。

ウェイトの近くには『JAIL BREAK AI』という文字があります。

単体ではなく、たくさんの技術が複雑に絡み合っているようです。



ネックの長さ
ネックの長さは適度にあって、こうして見る限り、キャロウェイのドライバーとは思えません。

私は未だにスルーボアのイメージが抜けないですが、時代が変わればクラブも変わるものなので、この形状は当たり前だと思います。

しかし、それだけスルーボアのインパクトが強かったということです。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されていて、最近少しずつこのシステムが多くなったような気がします。

それだけ、ユーザーからの要望が大きいということではないでしょうか?

ネックに調整システムを搭載すると、ヘッドのバランスを保つのが難しくなるので、設計家の腕の見せ所だと思いますが、キャロウェイは世界トップレベルのハイテククラブなので、そういった課題はしっかりクリアしているのだと思います。



NS
試打するのは、この『NS』ポジションです。



-1 D
-1 D


D +1
D +1


+2 N
+2 N

他に3つのポジションがあります。



フェース面のデザイン
フェース面のデザインがとても凝っています。

これは以前試打したMAX FASTでも見られましたが、微妙にデザインが違います。

クラブの特性に合わせて、フェースデザインを変えているのでしょうか?

トゥ側には『FORGED TI』の文字があります。



キャロウェイシャロー
『力感あふれる』シャロー・・・。といったらいいでしょうか?

ただ単に薄っぺらいのではなく、力強さをイメージさせます。

シャローバックではあるものの、クラウンが盛り上がっていて、ディープ感があるのが魅力的です。

私はシャローバックでもいいですが、シャローフェースは苦手に感じるので、このフェース高は安心感につながります。



顔
個性的な顔です。

最近ではほぼ見られなくなった、『三角顔』で、ヘッド後方が伸びています。

これまでの経験から、球が曲がりづらそうなイメージが浮かんできました。

クラウンがツートンで、おそらくカーボンコンポジットだと思います。



FORGED CARBON
ソールに『FORGED CARBON』という文字があるからです。



オリジナルグリップ
キャロウェイのロゴが入った、このオリジナルグリップがオシャレです。

キャロウェイファンなら、テンションがあがりますね。



振り感
素振りをしてみた感じは、まずまずです。

振り感が、『やや細い』印象ですが、タイミングを合わせるのはそんなに難しくありません。



構え感
ボールを前にして構えてみると、最近なかなか見ない構え感なので、少し意外でした。

昔は結構ありましたが、今は見かけません。

フェースが被っているというよりは、フェースが上を向いて、『お尻が重たい(ヘッド後方に重心がある)』感じで、高いボールをイメージできました。

『クローズ』というよりは、『オープン』な顔で、フェース面もよく見えます。

ヘッドが黒いからでしょうか?

『顔』として見ていたよりも、ヘッド後方の伸びも『三角顔』も気になりません。

見とれるような美しい顔ではないですが、違和感なく普通に構えることができました。



試打を開始しました


トゥ側
まずは、このスピンを抑えた中弾道が意外でした。

バックフェースに重めのウェイトが配置されていますし、構えたときもフェースが上を向いているように見えたので、かなりの高弾道を予想していましたが実際は違っていて、弾道が低めです。

これはいい意味で意外でした。

私は『叩ける』タイプが好きなので、この弾道は『どストライク』です。

ただ、明らかにヒッター向けのドライバーなので、球があがりづらい・・・。と感じる方がたくさんいらっしゃるかもしれません。

見た目はスインガー向け、実際はヒッター向けのドライバーです。

外から組み込まれているウェイト以外にも、この低スピンになる工夫が見えないところにされているのではないでしょうか?



フェース面
『打感』は良いです。

ソフトというよりは、しっかりめの打感ですが硬くなく、嫌な衝撃も残りません。

しっかりしたクリア感・・・。といったらいいでしょうか?

後味の良い打感で、またすぐに次が打ちたくなります。



打球音
『音』も好感が持てました。

昔のビッグバーサに代表される、あの甲高い『キャロウェイサウンド』ではありません。

私は大きくて甲高い音は好きではないのですが、ビッグバーサだけは許せます。

それは以前も書きましたが、これまでたくさん助けられてきましたし、良い思い出がたくさんあるからです。

このドライバーの音は、こもった感じではなく、はっきりしていて高めの音ですが、インパクトが緩むこともなく、気持ちよく振り抜いていくことができました。



バックフェース
『安定性』はかなり高く、曲がりにくいドライバーです。

ミスにも寛容なドライバーですが、寛容というよりは『頑固』なまでに曲がりにくい・・・。といったほうがいいかもしれません。

これは見た目通りの性能で、ヘッド後方にある、『14g』というウェイトがよく効いているのではないでしょうか?

私は昔から『フェースターン』を大きく使いたいタイプなので、このようなドライバーはあまり得意ではないのですが、フェースターンを極力使わず、シンプルに打っていきたい方にはとても頼もしい相棒になってくれるような気がします。



飛距離性能
オールマイティなタイプではないので、『飛距離性能』は、かなり好みが分かれるのではないでしょうか?

スピンが抑えられているので、それに魅力を感じる方がいらっしゃると思いますが、逆に球があがりきらずドロップして距離が稼げない・・・。という方もたくさんいらっしゃると思います。

先日試打したMAX FASTとは、明らかにタイプの異なるドライバーです。

高~い弾道ではなく、やや抑え気味なライナー系の弾道なので、これがハマる方には頼もしい相棒になってくれるのではないでしょうか?



操作性
『操作性』という点では、高い直進性が邪魔をして、秀でているようには思いません。

外見から、操るタイプではないのが分かっていましたが、それに対抗するように、無理矢理曲げてみました。

つかまえ顔のドライバーではないですが、いい感じのドローボールを打たせてくれました。

ラージヘッドは球のつかまりが悪い・・・。というのは昔の話で、今はつかまりのいいドライバーがたくさんあります。




試打後の感想


ヒール側
一番強く印象に残ったのは、見かけと違う性能です。

ドライバーは設計自由度が高いので、見た目の印象と実際の性能が違うことは珍しくないですが、今日は久しぶりにそれを実感しました。



Callaway PARADYM ◆◆◆ドライバー
メーカーもあえて、性能を大きく変えて、いろいろなゴルファーに対応しているのではないでしょうか?

ちょっとタイプは違いますが、昔試打したBIG BERTHA ALPHAを思い出しました。



キャロウェイ PARADYM ◆◆◆ドライバー
こうして見ていると、かなりシャロー感がありますが、それがマイナスに感じません。

昔と違って今は『頼れるシャロー』がたくさんありますし、このドライバーはその筆頭格といっていいような気がします。

スピンを抑えたパワフルな弾道で、吹き上がりを気にせず叩いていけるドライバーです。



キャロウェイ PARADYM ◆◆◆ドライバー
それだけでなく、打感や音が素晴らしいのが印象的でした。

これまで、キャロウェイは物理的な機能性を重視していながら、フィーリングは『後回し』的なイメージも持っていたのですが、このドライバーは違います。

『叩ける低スピン性能』と、『叩くための打感と音』が備わっていて、メーカーもこの組み合わせにするのに苦労したんじゃないかな・・・?と思いました。

装着されているシャフトはハードなタイプではないですが、ヘッドが『ハードめ』なので、ちょうどバランスがとれているのかもしれません。



キャロウェイ PARADYM ◆◆◆ドライバー
人によって好みが分かれると思いますが、私は以前試打したMAX FASTよりも、この◆◆◆のほうが好きです。

ちなみに、◆◆◆って、どういう意味があるのでしょうか?


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2023年06月03日
PR
  

キャロウェイ JAWS RAW ウェッジ

                 



キャロウェイ JAWS RAW ウェッジ
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャロウェイ JAWS RAW ウェッジ です。



N.S.PRO 950GH neoスチール
シャフトは N.S.PRO 950GH neoスチール です。

ロフトは50度、クラブ長さは35.5インチ、フレックスはS、バランスはD1、キックポイントは中調子、クラブ総重量は447g です。



正面
キャロウェイの新しいウェッジです。

軟鉄の質感がとても良く、柔らかそうな印象を与えてくれました。

キャロウェイのアイアンやウェッジはステンレスのイメージが強いですが、このように軟鉄のウェッジやアイアンもラインアップされていて、幅広い層に対応できるように企業努力が感じられます。

ウェッジにはシンプルなベーシックタイプもあれば、このウェッジのようにハイテクタイプもあります。

キャロウェイは間違いなく、世界トップクラスの『ハイテク』企業です。



ソールのウェイト
ソールにウェイトのようなものが組み込まれています。

ここをくり抜いて空洞にし、重心を高くするというのが昔からよく見られましたが、このウェッジは逆にウェイトを組み込んで重心を下げているのでしょうか?

ウェイトではなく、実は鉄よりも軽い素材を組み込んで、穴を開けたときと同じ効果を狙っているのかな?とも思いましたが、こうして見る限り、ウェイトのようです。



JAWS RAW
ヒール側には『JAWS RAW』の文字が。

『生のアゴ』?

よく分かりませんが、とにかく『食いつき』が良くて、スピンが強そうな印象を受けました。



側面
形状や大きさはオーソドックスなタイプです。

ハイテクにこだわるあまり、肝心の大きさや形が崩れてしまっているクラブはこれまでたくさん見てきましたが、このウェッジにはそんなことはなく、普通に見えるところに好感が持てます。



シャープな形状
トップラインが『テーパー』になっているウェッジが今は多くなりましたが、このウェッジは違いました。

やはり重心を高くすることにこだわっていないようです。



彫りの深さ
最近はシンプルなベーシックタイプのウェッジを試打することが多かったせいか、このウェッジのハイテク感が際立ちます。



トップライン
トップラインの厚みは標準的で、丸みがあり、角張っていません。



ソール幅
ソール幅は標準的です。

ロフトが50度ということで、AWという認識でいいのだと思います。

私はPW=48度。

AW=52度。

という固定概念のようなものが私にはあり、そういう意味では、このウェッジはPWとAWの間ということになるのですが、今はアイアンのロフトが立ったことにより、ウェッジのロフトバリエーションが豊富になりました。

私は50度や54度のウェッジを試打することはあまり無いのですが、今回はせっかくのチャンスなので、試打させていただくことにしました。

今はウェッジをロフトで呼ぶ方も多いですし、SWやAW・PSといった呼び方にこだわっておられない方が過半数を占めるのかもしれません。

しかし私はどうしてもSWやAW・PWという意識が抜けないですし、これからもそしていこうと思っています。



ソール形状
ソールは全体的に、微妙に丸みを帯びています。



リーディングエッジ
リーディングは大きく削られていません。

SWとは違うからでしょうか?

軽く面取りされている程度です。



トレーリングエッジ
トレーリングエッジのほうが丸みがあって、今はこのようなウェッジが増えています。



ネック長さ
ネックの長さは標準的で、ロングではありません。

少し太く見え、そして部分的にキュッと絞り込まれているのが分かりました。



R
ホーゼルには『R』と刻印されています。

たまに見かけますが、私はこのRの意味を知りません。

どういう意味なのでしょうか?



かなり細かなミーリングあり
フェース面にはかなりの工夫が見られます。

キャロウェイのアイアンやウェッジはこれまで、『メッキ感』が強くありましたが、このウェッジにはそれがありません。

以前試打したテーラーメイドのウェッジのような雰囲気があります。

指で触ってみたのですが、ゴツゴツするとか、凹凸感が強い・・・。というのではなく、『やや細め』のサンドペーパーで磨いたような触感です。

かなりフェース面に力を入れているのではないでしょうか?



オリジナルグリップ
このキャロウェイオリジナルロゴがあるグリップがとてもカッコいいですね。

キャロウェイファンの方にはたまらないのではないでしょうか?

ソフトなフィーリングで、ウェッジには適していると思います。

私が愛用しているツアーベルベットとはまたちょっと違うフィーリングですが、このグリップにも好感が持てました。



構え感
とてもいい顔をしていて、構えやすいです。

バックフェースを見ると、かなりのハイテク感があって、近代的なデザインですが、顔は穏やかなベーシック顔です。

ボールとの大きさの対比も良くて、バランスがとれています。

ウェッジはSW、つまり58度や56度を試打することが多いですが、久しぶりに違うロフトを構えてみて新鮮な気持ちになりました。

リーディングエッジからトップラインの見せ方。

ネックの絞りも、いい感じです。

いいイメージしか浮かんできません。



開きやすさ
SWほど大きく開くことは無いですが、一応少し開いて構えてみましたがいい感じです。

少し軽めの球質で、ポンポンと跳ねながら転がっていくイメージが浮かんできました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はソフトで構えたときのイメージそのものでした。

心地良い感触がしばらく残り、曖昧さが無いので、精度を高められます。

こういう打感を味わっていると、アプローチに限らず、どのショットでも『フォローから先』が重要なのだと築かせてくれます。

球離れが早いウェッジだと、一瞬で終わってしまうので、インパクトが点になってしまいますが、このような球持ちのいいウェッジだと『線』で送り出していけるのがいいです。



スピン
『スピン性能』は、かなり高く、ボールにブレーキが掛かり、よく止まってくれました。

キャロウェイJAWSシリーズのウェッジは食いつきが良く、ボールに強烈名スピンを掛けてくれるイメージがありますが、このウェッジもまさにそんなタイプです。

これだけしっかり止めてくれるのなら、攻めのアプローチができます。



バックフェース
顔がいいのでラインも出しやすく、不満はありません。

オートマタイプのウェッジのような大らかさは無いかもしれませんが、大らかさの代わりに『イメージを具現化』する力が強いように感じます。



距離感
『距離感』も出しやすいですが、私の好みとしては、もう少し重量があって、低く出せるシャフトだと、さらに良いと感じましたが、それは贅沢な悩みなのかもしれません。

このままでも充分だという方は多いのではないでしょうか?

距離感を出すには、出球の『高さ』と『スピード』が重要ですが、このウェッジにはそれがありました。

ファストボールではなく、『スローボール力』といったらいいでしょうか?

いかに遅いボールで寄せられるかが勝負になりますが、このウェッジはいい感じです。



操作性
『操作性』は高く、微妙な打ち分けにも対応してくれました。

マニュアル系の美しい顔をしていますが、実際の性能もその美しい顔とピッタリ合致する懐の深さがあります。

頑固なタイプではなく、融通が利くタイプなので、こちらの思い(イメージ)をしっかりと汲み取ってくれました。



試打後の感想


ヒール側
カッコいい外見はもちろんですが、様々な工夫が見られました。



Callaway JAWS RAW ウェッジ
ハイテクタイプのウェッジでありながら、そのハイテクが嫌みになっていないところが見事です。



Callaway JAWS RAW ウェッジ
打感良し、スピン性能高し、操作性も高い。



Callaway JAWS RAW ウェッジ
すぐにでも実戦投入してみたい、魅力的なウェッジです。


構えやすさ・・・・・☆☆☆☆☆
打感・・・・・・・・☆☆☆☆☆
スピン性能・・・・・☆☆☆☆☆
あがりやすさ・・・・☆☆☆☆
安定性・・・・・・・☆☆☆
距離感・・・・・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・・・☆☆☆☆☆

※(100P満点)
☆1つ=0~20P
☆2つ=21~40P
☆3つ=41~60P
☆4つ=61~90P
☆5つ=91~100P

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2023年03月10日
PR
  

キャロウェイ JAWS FULL TOE ウェッジ

                 



キャロウェイ JAWS FULL TOE ウェッジ
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ JAWS FULL TOE ウェッジ です。



N.S.PRO MODUS3 WEDGE
シャフトは N.S.PRO MODUS3 WEDGE です。

ロフトは58度、クラブ長さは35インチ、シャフト重量は135g、トルクは1.3、キックポイントは中調子 です。



正面
キャロウェイのウェッジです。

キャロウェイらしい美しいデザインと、軟鉄の柔らかそうな雰囲気がたまりません。



側面"
バックフェースのデザインが特徴的ですが、センスの良いデザインです。

名前に『FULL TOE』という文字があるように、少しトゥ側が伸びているように見え、テーラーメイドの『HI-TOE』と同じようなタイプではないでしょうか?



ソールの穴
ソールにある、この穴も、もうお馴染みです。

それほど多くは無いですが、他のメーカーでも採用されています。



バックフェース形状
JAWSという名前なので、どうしてもサメを連想してしまいますが、そもそもJAWSは『両アゴ』という意味があるのだと教えてもらいました。

確かにボクシングでアゴのことをジョーといいますし、その複数形ということで、上顎と下顎。

つまり『両顎』ということなのだと思います。

それだけ食いつきがいいということをアピールしているのでしょうか?

食いつきで言うなら、顎もいいですが、牙などもいいのではないか?と思いました。

サーフィンをやられる方ならご存じだと思いますが、ハワイの大きな波をジョーズという名前がついています。



彫りの深さ
完全なフラットバック形状ではないですが、キャビティというほどではありません。



トップライン
トップラインの厚みは標準的です。



ソール幅
ソール幅も標準的で、ワイドなタイプではありません。



ソール形状
ソールは全体的に丸みを帯びていますが、特にトレーリングエッジが大きく削られています。



トレーリングエッジの丸み
こうして角度を変えてみても、それがよく分かりますし、抜けが良さそうで、開いて使って欲しい・・・。というメッセージが込められているように感じられました。



ネック長さ
ネックは適度な長さがあって、好感が持てます。



FULL TOE
ホーゼルには『FULL TOE』と刻印されていました。



ミーリングあり
フェース面には、かなりはっきりしたミーリングが施してあり、指で触ってみたのですが、かなりザラザラしています。

そして、フェース面のほぼ全てにスコアラインとミーリングが刻まれていて、キャロウェイでもテーラーメイドでも見られました。

これからは、こういうタイプが主流となってくるのでしょうか?

テーラーメイドのウェッジのフェース面はノーメッキでしたが、このウェッジは通常のメッキタイプのようです。

ノーメッキのほうがスピンが高いのでは?と思いがちですが、実際は大きな違いはないということを聞いたことがあります。

しかし、これまでの経験則として、若干ノーメッキのほうが食いつきが良く、滑りが抑えられているように感じています。

普通は製造工程が増えれば増えるほど、価格もあがってくるものだと思うのですが、ウェッジでは何故かノーメッキのほうが高価なのが不思議です。



構え感
ボールを前にして構えてみると、独特な顔で、正直あまり好きではありません。

とはいっても、初めてではないですし、驚くようなことはありませんが、テンションはあがりません。

いくら『ツアーモデル』とか『プロも使っている』と言われても、好みでない顔は好きになりません。

そして『ツアーモデル』や『プロ仕様』というだけで、売れる時代はとっくの昔に過ぎました。

ただ顔の好みや打感は『慣れ』というものも大きく関係してくると思いますが、私は慣れたくないですし、このようなウェッジばかりになったら、新しく購入することはないと思います。

ウェッジで一般的になれば、いずれアイアンもこのようになってくるかもしれません。



開きやすさ
フェースを開いて構えてみたのですが、特に邪魔するものも無く、とても開きやすいです。

やはり開いて使うのを前提として作られたウェッジだな・・・。と思いました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、いい感じです。

軟鉄の柔らかさと、『密』な感じ。

そして、かなり食いつき感を感じます。



トゥ側
球は拾いやすく、よくあがってくれます。

出球の高さもあって、ロブ系のショットに強いウェッジだという認識をもちました。



スピン性能
スピン性能は、かなり高いです。

フェース面のミーリングがよく利いているのは間違いありません。

ボールがよく止まってくれました。



バックフェース
独特な顔をしていますが、ラインも普通に出しやすいです。

これがもしグースがきついタイプだと、かなり苦戦したと思いますが、逆にグースを好まれる方には物足りないところかもしれません。



距離感
『距離感』は、最初のうちは少しイメージよりも短めにキャリーしたのですが、何球か打ってみて合わせることができました。

どうも、構えたときのイメージがいつもと違っていたからなのか、少し前後のバラツキがありましたが、それはこのウェッジに原因があるというよりは、私がこのような顔のウェッジに不慣れだからだと思います。

使い慣れておられる方には、何の問題も無く、狙った距離を刻んでいかれるのではないでしょうか?



操作性
『操作性』は高く、完全に『テクニシャンタイプ』の方に使っていただきたいウェッジです。

開いてもバンスが邪魔しないので、かなり開いて、しかもカットに打っていけるのがいいな・・・。と思いました。



試打後の感想


ヒール側
過去に同様のウェッジを試打したことがあるので、新鮮さは感じませんでしたが、スピン性能が高く、実戦でも役立ちそうなウェッジです。


構えやすさ・・・・・☆☆
打感・・・・・・・・☆☆☆☆
スピン性能・・・・・☆☆☆☆☆
あがりやすさ・・・・☆☆☆☆
安定性・・・・・・・☆☆☆☆
距離感・・・・・・・☆☆☆
操作性・・・・・・・☆☆☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


                         
        

                         
      
2023年02月20日
PR
  

キャロウェイ PARADYM MAX FAST ユーティリティ

                 




キャロウェイ PARADYM MAX FAST ユーティリティ
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
Callaway PARADYM MAX FAST ユーティリティ の5番 です。



SPEEDER NX 40 for Callaway
シャフトは SPEEDER NX 40 for Callaway です。

ロフトは24度、クラブ長さは39.5インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は45g、トルクは4.9、キックポイントは中調子、クラブ総重量は334g です。



正面
キャロウェイ PARADYMのユーティリティです。

先日試打したドライバーやフェアウェイウッド同様、メカニカルなカッコいいデザインで好感が持てます。

こういったセンスのいいデザインも、キャロウェイの特長といえるような気がします。

キャロウェイといえば、とにかくハイテクのイメージが強いので、そのハイテクさの中から、カッコいいデザインを選択してもらいたいです。

機会でなく人が使う以上、やはりクラブというのは目で楽しませてくれなければなりません。

球を打つだけがクラブの性能ではありません。



側面
オーソドックスな形状です。

ソールには大きな凹みがありますが、これは空気力学によるものなのでしょうか?

それとも接地面積を減らして抜けを良くするためでしょうか?

少し重心を前(フェース寄り)にしているのかもしれません。



JAIL BREAK AI
JAIL BREAK AIが、このユーティリティにも搭載されています。

見たところ、普通のウェイトのようですが、他にも違う機能があるのかもしれません。



ネック長さ
ネックの長さは標準的で、すごくいい味を出しています。

雰囲気も良くて、思わず目尻が下がってしまいました。



ノーマルシャロー
見慣れたシャロー形状です。

ノーマルシャローといっていいのかもしれません。



顔
キャロウェイらしい顔ですが、かなりフックフェースに見えたので、苦手意識が芽生えてしまいました。

今は、このような顔が大半を占めているので、珍しくはないのですが、左へのミスが常に気になる私には親近感を持てません。

ドライバーのようにヘッドを大きくしてしまうと必然的につかまりづらくなるので、フックフェースも仕方ないのかな・・・?と思うところもありますが、ユーティリティのようにそれほど大きくないヘッドでは、このようにフックフェースにする必要はないのでは?と思ってしまいます。

しかし、この左を向いたフェースに安心感をもたれる方はたくさんいらっしゃると思いますし、メーカーもそのような方を対象にして設計しているのかもしれません。



オリジナルグリップ
装着されているグリップはこれまでも出会ってきた、好感の持てるタイプです。

キャロウェイのロゴがカッコ良く、ファンの方にはたまらないのではないでしょうか?



フェース面のデザイン
シンプルで綺麗なフェース面です。

最近はいろいろなタイプのフェース面が見られるようになりましたが、世界トップクラスの科学技術を用いて作られているキャロウェイのクラブがこのシンプルなフェース面を採用しているということは、これで充分ということなのでしょうか?

インパクトはほんの一瞬なので、あまり意味がないのかもしれません。

シンプルなフェース面でも、チープで好感が持てないものもありますが、このクラブのフェース面はシンプル且つ綺麗なので好感が持てますし、こうして見ているだけで気持ちも持ち上がってきます。



振り感
素振りをしてみると、結構動く感じで、しかも軽く、なかなかヘッドのポジションを感じ取れません。

実際に球を打つ前に、少し素振りの数を増やして、この軽さとシャフトの動きに慣れていけるようにしました。

テークバックからトップまで、プレイヤーが上げるのではなく、『ヘッドが天に引っ張られる感覚』が理想なのですが、このように軽量でヘッドの位置を感じにくいと難しいです。



構え感
ボールを前にして構えてみると、「今時の顔だな・・・。」と思いました。

オフセットが利いていて、おまけにフックフェース。

どうやっても右には行かせない・・・。というメーカーの気合いのようなものが感じられました。

ロフトが24度もあるので、フェース面がよく見えます。

ロフトが24度というと、私の感覚では4番アイアンなので、構えてからのフェース面の見え方については大差ないと思うのですが、これだけあがるイメージが出るというのは、ヘッドの形状が大きく関係しているように感じられました。

野球経験者の方には理解していただけると思うのですが、バッティングで重心移動をして左足(右バッターの場合)に体重が行き過ぎると詰まってゴロになりやすく、軸足(右足)に体重が残っていると懐も深くなり、球に角度がついてあがりやすくなります。

絶対ではありませんがホームランバッターは軸足体重が多いそうです。

私自身の経験でもあるのですが、レッスン書などにやたらと『体重移動』と書かれてあるので、それを実践すべく練習していて、なかなか上手くいきませんでした。

もちろん、それで上手くいっておられる方はたくさんいらっしゃると思いますが、私には合いませんでした。

飛ばしに体重移動が欠かせない・・・。という考えもあると思いますが、私の場合は体重移動よりも『体の捻転』です。

体重移動を気にするあまり、スイングがすごく窮屈になっていたと思いますし、体重移動ばかりに意識がいっていたように思います。

そんなことが続いていたとき、あるプロの『右足体重のままでいい』という言葉を聞き、開眼しました。

私は体重移動を意識していなくて、意識しないまま自然に起きるものと理解しています。

メジャーリーグの年間ホームラン記録保持者のバリー・ボンズさんは左バッターですが、軸足に体重を残してバットを短く持ち、コンパクトなスイングでホームランを量産していきました。

あまりにも場外ホームラン(スプラッシュヒット)をたくさん打つので、AT&Tパーク外の海に船を浮かべてホームランボールを取り合っている光景を見られた方はたくさんいらっしゃると思います。

『世界のホームラン王』王貞治さんもそうですが、ホームランバッターでも意外とバットを少し短く持っている選手が多いですし、それはゴルフにも当てはまるのではないでしょうか?

野球は90度の範囲に打てばOKですが、ゴルフはそうはいきません。

ホールにもよりますが、わずか10度狂うだけでも、OBやロストボールの確率は高まります。

そういったことを考えても、少し短く持つことはとても有効ではないでしょうか?

話が少し横に逸れましたが、重心深度が浅く、ヘッドの体積が小さいアイアンは高くあがるというよりも、前に飛ぶ・・・。というイメージが湧きやすいですが、ユーティリティのようにヘッドが大きく(ヘッド後方が膨らめば膨らむほど)なると、あがりやすそうな印象を受けます。

これはデータ云々ではなく、経験によるところも大きいのかもしれません。

今時の顔だな・・・。と思いつつも、私の好みの顔ではないので、淡々と見ていました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、いい感じです。

以前、フェアウェイウッドを試打しているので、この打感は予想していました。

球の質感が感じられ、『隙間の無い、つかまった』打感です。



打球音
『音』もはっきりしていますが、大きすぎず高すぎず、いい感じです。

キャロウェイというと、どうしてもあのビッグバーサの音の印象が強いのですが、今はもう全く変わっているようです。

とはいっても、高めの音が無いわけでもないですし、あの頃の音を恋しがる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私は音が大きいタイプはあまり得意ではないので、このクラブの音は好感が持てます。



トゥ側
球はとてもあがりやすいですが、今のユーティリティ(ハイブリッド)の中では、普通といったところでしょうか?

今はあがりにくいクラブを探すほうが大変です。

直打ちでも充分あがってくれました。

ソールがよく滑ってくれるので、いい意味でアバウトに打っていけます。

ボールだけでなく、ボール付近の芝もそのままそぎ落としていくイメージ・・・。といったらいいでしょうか?

『点で打つ』のではなく、『ゾーンで運ぶ』といったイメージが合いやすいクラブです。



バックフェース
『安定性』も高く、オートマチックなタイプだと思いますが、装着されているシャフトが私には難しく、少し暴れてしまいました。

『いつも通り』ではなく、かなりゆっくり振っていくイメージでちょうどいい感じです。

構えたときの印象よりも、左へつかまり過ぎる度合いが大きくない感じがして好感が持てました。

シビアさは全く感じません。



飛距離性能
キャロウェイらしく、飛距離性能も優れていますが、過去のモデルと比べて特別飛距離が伸びたという印象はありません。

しかし昔の4番アイアンで『当たるか当たらないか』で、ややギャンプル的に使っていた4番アイアンの代わりを、今はこのような優秀なクラブが担っています。

『一発の飛び』というよりは『安定した飛び』が進化したという表現が正しいのではないでしょうか?

高確率で、しかも易しく打っていけるのが、今のクラブの特長です。



操作性
『操作性』という点では、私がフッカーだからなのか、左へ行くほうが自然な感じがしました。

最初からフック系の球が出ましたが、スライサーの方やフェードヒッターの方には、程よくつかまるので易しく感じられるのではないでしょうか?

球のつかまりは良いものの、一時期のクラブのように、それが極端になっていないのがいいです。

昔のクラブは『一極集中』といいますか、『そこだけ』を重点的に開発していて、性能的に『逃げ』の部分が無かったように思いますが、今のクラブはそれが出来ているものが多く、極端なものが少なくなったような気がします。



試打後の感想


ヒール側
球があがりやすく、つかまった球の打てるユーティリティです。

つかまえ顔でありながら、それが極端でないところがいいな・・・。と思いました。



Callaway PARADYM MAX FAST ユーティリティ
イージー系のユーティリティといっていいと思いますが、シャフトがもうちょっとしっかりしていたら、もっと易しいだろう・・・。と感じました。



Callaway PARADYM MAX FAST ユーティリティ
今度違うスペックを試打することがあれば、そちらも試してみたいです。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


                         
        

                         
      
2023年02月12日
PR
  

キャロウェイ PARADYM MAX FASTアイアン

                 



キャロウェイ PARADYM MAX FASTアイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
Callaway PARADYM MAX FASTアイアン の7番 です。



SPEEDER NX 40 for Callaway
シャフトは SPEEDER NX 40 for Callaway です。

ロフトは26度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は40g、キックポイントは中調子、クラブ総重量は360g です。



正面
キャロウェイの新しいアイアンです。

PARADYMシリーズはドライバーフェアウェイウッドを先日試打しましたが、今日はアイアンに出会うことができました。

すごく綺麗なデザインで、タイプは違うものの、昨年試打したヤマハのアイアンを思い出しました。



側面
セミラージサイズといっていいと思いますが、それほど大顔感が強調されていなくて自然な感じです。

この角度から見て、昔大人気だった、J'sのアイアンを思い出しました。

ハイテクな雰囲気がありながら、シンプルな外見に好感が持てます。

少し膨れているので、中空なのかな・・・?と思いました。



MAX FAST
ヒール側には『MAX FAST』の文字があり、先日試打したドライバーと同じです。

この文字があるだけで、このアイアンがディスタンス系だと推測することができます。

今はどのメーカーもアイアンの飛距離性能アップに力を入れていますが、キャロウェイはその最たるメーカーだと思っています。



TUNGSTEN
トゥ側には『TUNGSTEN』の文字があります。

アイアンに限らず、ドライバーなどでも今は必須の素材ですね。

こうして見る限り、その大きさは分かりませんが、トゥ側など部分的に配置されているのでしょうか?

それともヘッド全体に配置されているのでしょうか?



彫りの深さ
彫りは浅く、ハーフキャビティのように見えます。

こうして見ても、やはりJ'sのアイアンを思い出しました。



トップライン
トップラインは、やや厚めですが、今のアイアンでは普通です。



ソール幅
ソール幅も普通で、意外でした。

もっとワイドなソールを予想していました。



ネック長さ
ネックの長さも普通で、極端な低重心ではないのかもしれません。



FORGED 455
ホーゼルには『FORGED 455』と刻印されていました。

455は素材の名前で、その鍛造というのが容易に想像できます。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは無く、特に変わった工夫は見られません。

先日試打したドライバーやフェアウェイウッドには綺麗なミーリングが施されていましたが、このアイアンには無いので、同じシリーズでも番手によって違いがあるようです。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは現代風のグリップパターンがあり、キャロウェイのロゴもあってカッコいいです。



構え感
ボールを前にして構えてみた感じは、まずまずでした。

やや面長な顔ではありますが、大きすぎないですし、グースタイプではあるものの、極端ではありません。

フェース面やトップラインに独特な光沢感があり、キャロウェイアイアンらしい特徴も見られます。

見とれるような顔ではないのですが、苦手意識などは芽生えませんでした。

ただ『フェースの見え方』には少し違和感があります。

こうして構えてみても、7番アイアンには見えません。

5番アイアンあるいは4番アイアンのような顔をしていて、このアイアンが7番アイアンということを忘れてしまいそうです。

今のアイアンは『番手感覚』を失っているので、今さら驚くようなことはないですし、こういったことにこだわりをもたない方もたくさんいらっしゃると思います。

しかし、私は違和感がありましたし、『出球のイメージ』も合いません。

7番ということを忘れ、ただ試打することだけに意識を向けました。

方向性への不安はありませんが、高さのイメージはアバウトです。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、まずまずです。

やや薄めの打感で、『球乗り感』はありません。

逆に『弾き感』があり、球離れの速い打感です。

これが今のアイアンの特徴といえるでしょうか?



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、タフさは感じないものの、やや低めに抑えられている弾道です。

ベーシックな7番アイアンが放つ、あのフェースにグッと乗ってスピンが掛かり『めくれあがる』ような弾道ではありません。

7番アイアンといえば、グリーンを上から攻めたいクラブですが、このアイアンはそのイメージが湧いてきません。

グリーンを上から攻めて止めるのではなく、ユーティリティアイアンのようにグリーンを手前(横)から攻めるようなイメージです。

キャリーで攻めるのではなく、ランも含めて計算しなければならないような気がしました。

かなりの軽量タイプですし、スインガータイプの方のためのアイアンといっていいのではないでしょうか?



バックフェース
『安定性』は高く、ノーマルキャビティのような易しさがあります。

気難しさのようなものはなく、ヘッド内部に様々な工夫がされているのではないでしょうか?

昔のラージサイズのアイアンは、トゥ側でヒットすると『当たり負け』することも少なくなかったですし、右にプッシュすることも普通にありました。

しかし今は研究が進んで、そういうマイナスが改善されているようです。



飛距離性能
『飛距離性能』は凄くて、このアイアン最大の長所といっていいように思います。

はっきりいって『飛びすぎ』のアイアンで、一体どこまで飛んでしまうんだろう?と思ってしまうほどです。

このアイアン(7番)で、ロングアイアンの距離をカバーできます。

キャロウェイのテクノロジーを使って、徹底的に飛距離にこだわって開発されているのではないでしょうか?

今はディスタンス系アイアンの性能が高いですが、その中でも、このアイアンは間違いなくトップクラスです。

アイアンの飛距離にこだわりたい方には、ぜひお勧めしたいアイアンです。



操作性
『操作性』はそれほど高くはないですが、左右にも曲げることができました。

しかし、いい意味での『鈍感さ』があり、曲げにくいことが長所ともいえます。

大らかで、現代風のオートマチックアイアンといっていいと思います。



試打後の感想


ヒール側
最初見たときは、シンプルでカッコいいアイアンだな・・・。と思っていたのですが、試打してみると、その凄まじい飛距離性能に驚かされました。

明らかにディスタンス系アイアンです。



Callaway PARADYM MAX FASTアイアン
これだけ飛んで、距離感をシビアに出せるのであれば、かなり武器になると思います。



Callaway PARADYM MAX FASTアイアン
よく飛ぶけど、止まりにくそうだな・・・。と弾道を目で追いながら思いました。

グリーン上で止まるイメージが出てきません。

私のホームコースは砲台グリーンが多いので、特に止めるイメージは重要です。



Callaway PARADYM MAX FASTアイアン
これは実際にコースで試してみないと分からないことですが、距離感が合いづらいのと、実際にグリーンをキャッチしても、そのままグリーン奥にこぼれてしまいそうに感じられました。



Callaway PARADYM MAX FASTアイアン
長所が短所にもなり得るということです。

それがこのアイアンのはっきりとしたマイナス点といっていいでしょうか?

私がアイアンに求めたい打感ではないですが、この打感が好きだという方は多いのではないでしょうか?



Callaway PARADYM MAX FASTアイアン
この新ブランド『PARADYM』は、姉妹モデルもラインアップしているようなので、また機会があればそちらも試してみたいです。

キャロウェイが『飛びに本気』になったアイアンといっていいように思います。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2023年02月05日
PR
  

キャロウェイ PARADYM MAX FASTドライバー

                 



キャロウェイ PARADYM MAX FASTドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
Callaway PARADYM MAX FASTドライバー です。



SPEEDER NX 40 for Callaway
シャフトは SPEEDER NX 40 for Callaway です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は46g、トルクは5.6、キックポイントは中調子、クラブ総重量は276g です。



正面
キャロウェイの新しいドライバーです。

先日、フェアウェイウッドを試打しましたが、今日はドライバーを試打することができました。



側面
PARADYMという名前になってデザインが一新され、カッコ良くなりました。

EPICも良かったですが、このPARADYMもいい感じです。

キャロウェイのクラブはシンプルでベーシックな美しさというよりは、機械的でメカニカルな美しさがあります。

新しい名前のクラブですが、ヘッド自体はラージサイズでシャロー感があり、過去のモデルと変わったところは見られません。



バックフェースのウェイト
バックフェースには大きなウェイトがあり、『5』という数字が見えたので、おそらく5gなのだと思います。

他にも、いろいろな重さが用意されているのでしょうか?



max fast
『MAX FAST』ということなので、最大の速さということでしょうか?

先日試打したFW同様、このドライバーにも『FORGED CARBON』という文字があります。

『JAIL BREAK AI』もFWと同じです。



ネック長さ
ネックの長さは、やや短めですが、今のドライバーの中では標準的といっていいように思います。

ネックに調整システムが搭載されていないのがちょっと意外でした。



フェース面のデザイン
フェース面のデザインがとても変わっています。

とても細かく、綺麗なミーリングのような模様が刻まれていて、これにはどんな効果が期待できるのでしょうか?

殆どのメーカーが、ここの部分にはあまり手を加えていないなか、このような工夫がされているのはとても好感が持てます。



FORGED Ti
トゥ側には『FORGED Ti』という文字があり、フェース面が鍛造チタンということなのでしょうか?

ライバルメーカーのテーラーメイドがカーボンフェースなので、それに対抗しているのかもしれません。



シャローヘッド
見慣れたシャローヘッドです。

『薄い』というよりは、『垂れている』といったほうがいいかもしれません。



顔
顔は正直、好きになれませんでした。

これまでも目にした顔であり、キャロウェイらしいところもあるのですが、私はあまり好きではありません。

一番目が行ったのはバックフェースの膨らみで、特にヒール側が目立ちます。

『垂れ目』といいますか、『タヌキ顔』といったらいいでしょうか?

フック系のイメージが出やすい顔です。

対して、トゥ側が膨らんでいればカットのイメージが出しやすく、『つり目』といいますか、『キツネ顔』といっていいように思います。

私はフックのイメージが出やすいのは苦手で、タヌキ顔よりはキツネ顔のほうがいいですが、それよりもニュートラルな顔が一番好きです。

ツートンタイプで、カーボンコンポジットなのが分かります。

カーボンコンポジットは最近よく見かけますが、とても綺麗で自然に見えるものと、その逆で不自然でチープに見えてしまうものがあります。

このクラブは残念ながら、後者です。



カーボンコンポジットの接合部分
先日、フェアウェイウッドを試打したときも感じたのですが、今回も同じく残念に思いました。

それはカーボンクラウンの『接合部分』です。

接着のムラが見えます。

しかも、よく見なくても、普通に見ているだけで分かるほどはっきりしていて、それが残念でなりません。

こんな細かいところまで・・・。とおっしゃる方がいらっしゃるかもしれませんが、こういったところはとてもデリケートな部分なので、メーカーにはもっと力を入れて欲しいです。

手を抜いているということではないですが、『製造』『仕上げ』『検品』において、全力でないのが分かります。

私はゴルフクラブを生産している会社に勤めているわけではありませんが、結構精度が求められる仕事をしていて、これでは私の会社ではOKを出さないですし、クラブメーカーによっても、検品の差が見られます。

検品に行くまでの第一段階で『不可』です。

以前、私の友人がプレー中、あるメーカーのカーボンクラウンが飛んでいってしまい、慌てて拾って、プレー後ショップに行って修理を依頼しました。

しかし、メーカーの保証期間が過ぎていて有料修理になるということで、お金を出して修理するくらいなら違うドライバーを買い替えたほうがマシだと言って手放しました。

そのクラブに全く愛着がもてず、中古ショップに売りに行ったのですが、買い取ってもらえなかったそうです。

そういう光景を間近で見ているので、今大流行のカーボンコンポジットは少し冷めたといいますか、厳しい目で見ています。

このドライバーがそうなるとは限らないですし、おそらく大丈夫だとは思いますが、どうしても気になってしまいます。

ラウンド中、プレイヤーのミスでクラブが壊れたのなら、自分が悪いと諦めることができますが、プレイヤー側に全く落ち度が無く、クラブの品質が良くなくて、壊れてしまえばテンションは下がりますし、もうそのクラブを使いたくなくなります。

今は円安の影響もあると思いますし、円安が無くても、かなりクラブが高価になっています。

昔は海外製で価格を抑えるということがありましたが、今は国産でも海外製でも値段が変わりません。

安ければチープでもいいということにはなりませんが、せっかく何万円も出して購入するのだから、メーカーにはしっかりと対応して欲しいです。



オリジナルグリップ
装着されているグリップはキャロウェイのオリジナルロゴが入っていて、カッコ良くて好感が持てました。

以前も書きましたが、キャロウェイなのに『C』ではなく、『V』なので何故だろう?と思ってしまいます。

メーカーはゴルフプライドのようです。



振り感
ヘッドのデザインは大きさからすると、装着されているシャフトはとても軟らかくて軽く、『線が細い』感じがします。

40g台のシャフトでフレックスがRということで、かなりソフトスペックになっていて、このスペックがこのドライバーの標準スペックということになるのでしょうか?

クラブの軽量化・シャフトの軟化は、これからも続きそうです。



構え感
ボールを前にして構えてみても、やはりテンションがあがりませんが、動きが固まってしまうというほどではありません。

普通に、淡々と構えていました。

ロフトは10.5度ということですが、こうして構えているとフェース面がよく見えたので、12度以上はあるように見えます。

ちょっとロフトの立ったスプーンか、ブラッシーといったところです。

高弾道のドローというよりは、フックのイメージが湧いてきたので、少し右に向き直して構えました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、まずまずです。

ソフトではなく、ややしっかりめですが、硬すぎず特に嫌な感じはしません。

ただ、少し『雑』な打感だな・・・。と思いました。

ムラがあるようにも感じました。

弾きはいいのですが、何かこう五感に訴えてくるものがありません。

気持ちも盛り上がらず、今年のニューモデルはこんなものか・・・。と思ってしまいました。

実際に打ち比べてみないと詳しいことは分かりませんが、先日試打したフェアウェイウッドのほうが、打感が良かったように思います。

同じシリーズのクラブでも、番手が変われば、『別物』となってしまうのがゴルフクラブというものです。



打球音
『音』は、やや大きめですが、高すぎず大きすぎず、特に問題はありません。

キャロウェイは元々、高音をウリにしてきたところがあって、もっと高い音もありましたが、このドライバーはそれほどでもなく、『キャロウェイサウンド』の中では、比較的落ち着いた音といっていいような気もします。



トゥ側
球はよくあがってくれました。

あがりすぎるくらいあがってくれ、それが、このドライバーの特徴ではないでしょうか?

新しいデザインでカッコ良く、それでいて球はあがりやすくて親しみやすい・・・。

そんなクラブだと思います。

このようなクラブなので、叩きに行かず、むしろ『ドロップ気味』な球が打てないかな・・・。と何度かトライしたのですが、どうしても球は浮いちゃう感じです。

ドライバーでありながら、この球のあがりやすさ・弾道の高さは、やはりFWと同等・・・。といった印象をもちました。

ヘッドの大きなスプーン、あるいはブラッシーといったところでしょうか?



バックフェース
『安定性』は高く、ほぼ同じ球しか出ない、オートマチック系『一方通行』ドライバーです。

球もすごくよくつかまり、初球からフックを打ってしまいました。

構えたときに浮かんだイメージ通りで、フッカーの私には難しいドライバーです。

スイートエリアは広く、シビアさは感じません。

このドライバーのもつ、つかまりの良さを味方にできる方にとって、かなり頼もしい相棒となってくれるのではないでしょうか?



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかいい感じだとは思いますが、スインガータイプの方に合いやすいドライバーという印象をもちました。

ヒッタータイプの方には合いづらいドライバーだと思います。

キャロウェイのドライバーは飛距離性能に長けたものが多いので、その多くを経験している私はこのドライバーを試打して、特に驚くことはありませんでした。

それは、このドライバーが見劣りするというのではなく、その素晴らしいクラブたちと肩を並べるほどの性能をもっているということです。

私はこれまでキャロウェイのドライバーをたくさん試打してきて、飛びにおいて、特に印象深いのが、

1.HYPER ERC(高反発でしたが)。

2.BIG BERTHA ALPHA ドライバー

の2本です。

他にも素晴らしいドライバーはたくさんありますが、特にこの2本のドライバーの印象が強く残っています。

キャロウェイは世界トップクラスの『ハイテクメーカー』で、そのハイテクがピッタリと合致すれば、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれますが、そうでないクラブの時には、全く合わない・・・。といったことにもなりかねません。



操作性
『操作性』は難しいです。

どう打っても左にしか行かない感じですし、シャフトも軟らかく、なかなか思うように打てません。

見た目から、完全にオートマ系であることが分かっているのですが、それでも何とかトライしても、上手くコントロールすることができませんでした。

ヘッドもシャフトも、私にはハードルが高いように感じられました。

まだまだ修行が足りません。

とにかく練習あるのみです。



試打後の感想


ヒール側
最新モデルでデザインも一新されカッコ良くなっていますが、このクラブはかなり軽量で球もつかまりやすくてあがりやすいので、多くのゴルファー(特にシニア層や女性ゴルファー)にも支持されるのではないでしょうか?



Callaway PARADYM MAX FASTドライバー
つかまりの良さと弾きの良さで飛距離を稼いでいくタイプだと思います。

私にはつかまり過ぎるので、合いづらいところがありますが、スライサーの方には頼もしい相棒となってくれるのではないでしょうか?

右に曲げようと思っても、なかなかそうさせてくれない頑固さがあります。



Callaway PARADYM MAX FASTドライバー
待望のキャロウェイニュードライバーでしたが、私には合いづらく残念でした。

ただ、姉妹モデルもラインアップされているということで、次回はそちらを試してみたいです。



Callaway PARADYM MAX FASTドライバー
最新モデルであり、様々な工夫がされていますが、『基本路線』は変わらず、過去のモデルと同じような特徴をもっているな・・・。と思いました。

しかし、それが今のニーズなのかもしれません。

球が右に逃げずつかまりやすくて、あがりやすい・・・。

これが今のドライバーのトレンドなのではないでしょうか?

同じようなタイプのドライバーがたくさんあるので、そう思います。

飛ばす為にシャフトを長くし、それによって下がってしまうミート率を補う為にヘッドを大きくし、ヘッドを大きくすると球がつかまりにくくなるので、つかまりを良くする・・・。

そういったことをひとつずつ解決していくと、このような形に行き着くような気がします。



Callaway PARADYM MAX FASTドライバー
クラブの軽さなども含め、今回は私にとって合いづらいドライバーでしたが、これからもキャロウェイには注目していきたいです。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆
音・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


                         
        

                         
      
2023年01月30日
PR
  

キャロウェイ PARADYM フェアウェイウッド

                 



キャロウェイ PARADYM フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャロウェイ PARADYM フェアウェイウッド の5番 です。



VENTUS TR 5 for Callaway
シャフトは VENTUS TR 5 for Callaway です。

ロフトは18度、クラブ長さは42.5インチ、シャフトフレックスはS、キックポイントは中調子 です。



正面
キャロウェイの新しいフェアウェイウッドです。

すこくカッコいいデザインになっていて、このクラブを設計したデザイナーはセンスいいな・・・。と思いました。

キャロウェイはメカニカルなデザインが特徴的で、近未来的でカッコいいクラブが多いです。

やはりクラブは『まず目で愛でるもの』なので、こうして見て楽しめるクラブは好感が持てますし、期待感も膨らみます。

一瞬見ただけでテンションが上がらないクラブもありますが、このクラブはすごく上がりました。

『PARADYM』という名前で、もうEPICやROGUEは終わりなのでしょうか?

名前は変わっても、クラブ自体はそれほど大きく変わっていない・・・。ということはよくあることですが、このクラブはどうなのでしょうか?



PARADYM FORGED CARBON
『PARADYM』という単語を知らなかったので、『パラダイス』に近い言葉なのかな?それとも造語なのかな?と思いましたが、ポーランド語で『パレード』という意味があるようです。

パレードといえば、あのテーマパークを思い出すのですが、また違う意味があるのかもしれません。

『FORGED CARBON』という文字があります。

鍛造カーボンということなのでしょうか?

鍛造といえば、『炭素鋼(カーボンスチール)』とセットになっているような感じがしますが、これまでに無い新たな技術が採用されているのかもしれません。

キャロウェイは世界トップクラスの『ハイテクメーカー』です。



側面
ソールは『平ら』というよりは、適度に丸みがあって、『接地面積の少なさ』をイメージさせます。

こういったところはあの名器『ビッグバーサ』と通ずる部分かもしれません。

ソールにはいろいろな工夫が見られますが、ゴチャゴチャしてなくて、好感が持てました。

ドライバーと違って、直打ちすることの多いFWはソール形状がとても大切で、その形状を見て、いろいろなイメージが浮かんできますが、このクラブはいい感じです。

やはりキャロウェイのFWはいいな・・・。さすがFWにおいて、世界のトップメーカーだな・・・。と思いながら見ていました。

ビッグバーサをはじめ、キャロウェイのFWにはとてもお世話になっているので、安心感のようなものがあるのかもしれません。



JAIL BREAK AI
ソールのフェース寄りに大きなパーツがあるので、ウェイトかな?と思いましたが、『JAIL BREAK AI 』という文字があり、EPICの技術が採用されているようです。

やはりEPICの後継モデルということなのでしょうか?

それとも時期を経てEPICのニューモデルが登場するのでしょうか?

先ほども書きましたが、名前自体、あまり大きな意味をなさないので、特に考える必要はないのかもしれません。



ネック長さ
ネックは適度な長さがあって、好感が持てました。

キャロウェイはどうしてもスルーボアのイメージがありますが、私はスルーボアよりも、これくらいの『ノーマルネック』のほうが好きです。

太くボテッとしていないのがいいです。

キャロウェイといえば、ライバルメーカーのテーラーメイド同様、『調整システム』の印象が強いですが、このクラブには搭載されていません。



フェース面のデザイン
フェース面のデザインはちょっと変わっています。

白いスコアラインだけでなく、細かなミーリングのような薄い模様のようなものがあり、これはどういう効果があるのでしょうか?

ヒッティングエリアの部分は『網目状』になっていて、スコアラインの両端の部分は、スコアラインと平行に薄く刻まれています。

いろいろなクラブが登場するけど、フェース面に気を遣っていないな・・・。とか、工夫が見られないな・・・。というクラブが多いなか、このような斬新なデザインは好感が持てます。

特別大きな理由はひょっとしたら無いのかもしれませんが、これはどういう意味なんだろう?と考えさせてくれるだけでも嬉しいです。

いろいろなクラブを試打していると、『マンネリ感』を感じることが少なくありません。



キャロウェイシャロー
シャロータイプのFWです。

キャロウェイのFWにはよく見られる薄さなので、『キャロウェイシャロー』といったらいいでしょうか?

今はディープを見かけることが殆ど無くシャロー全盛ですが、同じシャローでも、メーカーによって個性が見られます。



顔
コンパクトでいい顔をしていました。

もっとクセのある顔を予想していましたが、違っていて、いい意味での予想外です。

キャロウェイらしい顔で馴染みがあります。

まるで『金型』でもあるかのように、『基本の型』を崩さないようなこだわりがあるのかもしれません。

最近の流行りなのか、このクラブも『ツートンタイプ』になっているので、おそらくカーボンコンポジットだろうと思い、近くで見たら、やはりカーボンのような模様が見られました。



オリジナルグリップ
装着されているグリップはキャロウェイのロゴが入っていて、カッコいいです。

グリップに力を入れていないということではないと思いますが、キャロウェイのように自社ロゴを入れているメーカーが今は少なくなりました。

実際はゴルフプライドなど、グリップメーカーの製品であっても、そこにクラブメーカーのロゴが入っているだけで、ファンは嬉しいものです。



振り感
素振りをしてみると、なかなかいい感じです。

軽量タイプでシャフトも軟らかめではありますが、シャフトが『軟体動物』のような『骨抜き感』は無く、しっかりと一本の背骨が入っている『脊椎動物』のような振り感です。

このようなタイプは挙動をつかみやすいので、少々軟らかくても素振りを何度か繰り返していけば、すぐにコツをつかむことができます。



構え感
ボールを前にして構えてみても、いい感じでした。

最新モデルではあっても、この構え感は過去に何度も経験しているので、その良い記憶が蘇ってきます。

クリークらしい小ぶり感。

フェース全体で見れば、少し被っていますが、クラウンでそれを目立たせないようにしています。

ネックの長さもしっかりあるので、アイアンのように少しハンドファーストで構えやすくなるのもいいです。

ドライバーのようにティアップしている空中のボールを打つのとは別に、地面にあるボールをクリーンに、しかも上げやすくするには、ハンドファーストで打つのが一番シンプルで易しいと、私はキャロウェイのビッグバーサに教えてもらいました。

綺麗に、水平に打とうと思うから難しい。

少々ボールの手前をダフり気味にヘッドが入ってもいいから、ソールの滑り性能を信じて上から打つことを覚え、私のフェアウェイウッドに対する苦手意識が無くなりました。

もし、ビッグバーサに出会っていなければ、私はまだフェアウェイウッドに対する苦手意識が払拭されていなかったかもしれません。

クラブが進化していくのはいいけど、この顔はずっと保ち続けて欲しいな・・・。と思いました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、いい感じです。

適度にしっかりしていますが、硬すぎず、心地よい感触を楽しむことができました。

ソフトという打感ではないですが、このしっかりして『球の質感』を感じられるフィーリングが、多くのキャロウェイファンに支持されていると思いますし、私もたくさん経験して良い思い出がたくさんあるので懐かしさもあります。



打球音
『音』も、はっきりしていて、やや大きめですが、高すぎず好感が持てました。

ビッグバーサほどの高い音ではないですが、私はこれくらいのほうが好きです。

こうして何年も年月が経っていても、意外と音って覚えているものだな・・・。と思いました。

これは脳が記憶しているのではなく、『耳』が記憶しているのかもしれません。

ピアノやギターなど楽器を演奏される方には共感していただけると思うのですが、コードやメロディを弾くときに、頭で考えなくても、指が覚えていて自然と音が出せるものです。

いちいち手元を見なくても楽譜を見れば、自然とそこに指が動きます。

ギターではコードを覚えるときに、最初の難関がローコードの『F』と『B7』だと思いますが、一旦覚えてしまえば、後は勝手に指がポジショニングしてくれます。

昔たくさん演奏して『完コピ』した曲でも、長い間弾いていないと忘れてしまうこともありますが、『最初の音』を出すことさえできれば、あとは『芋づる式』に音が次から次へと出てくる感じ・・・。といったらいいでしょうか?

実際は脳が記憶しているのだと思いますが、耳や指など末端の器官に、まるで脳があるかのような錯覚を覚えることがあります。

頭で考えていると、どうしても遅れてしまいますが、考えるよりも勝手に動いてくれるので遅れずにタイミング良く演奏することができます。

映画『ドラゴンへの道』での、名優でありアクションスターだった、ブルース・リーさんの名言『Don't think.Feel.(考えるな、感じろ。』といったところでしょうか?



トゥ側
『球の上がりやすさ』という点では、普通といいますか、特別あがりやすいということもなく、予想通りでした。

シャロー感の強いFWですが、昔のシャローのように、球は上がるけど弱々しい・・・。ということはなく、適度に浮いて強い球が打てるクラブです。

この強い球はビッグバーサの名残なのかもしれません。

クリークなので、かなりあがりやすくなっていると思いますが、このクラブはどちらかといえばヒッター向けといっていいように思います。

ティアップしたら浮きやすくても、直打ちでは球があがりづらい・・・。と感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

普通のクリークのように最初の打ち出しから高~くあがっていく・・・。という高弾道ではなく、少し抑えられたライナー系です。

構えたときはクリークでも、実際の弾道はスプーンに近いものを感じました。



バックフェース
『安定性』は高く、イージーですが、こういったところは昔のクラブと変わっていないようです。

最新のクラブだから、スイートエリアも過去最大で寛容さが上がっている・・・。ということはありません。

これまで通りの親しみやすくて、易しいFWです。

顔がいいので、ラインも出しやすく、左右にぶれることはありません。



飛距離性能
『飛距離性能』は、かなり高く、さすがFWが得意なキャロウェイだな・・・。と思いました。

球に勢いがあって、それがなかなか弱まりません。

『前重心』といいますか、重心が結構浅いのではないでしょうか?

球が吹き上がること無く、ずっと一定でスピンは抑えられているような弾道です。

後ろが重たい(バックフェース重心=深重心)と、確かに直進性は高まるのかもしれませんが、自然とお尻が垂れ下がるといいますか、フェースが上を向きすぎてしまい、却って難しく感じることがあるのですが、このクラブは『スイングのまま』フェースの向きが安定しているので、少し抑えた強い球が打てるかな・・・?と思いました。

私はどちらかといえば重心の深いウッド系のクラブよりも、重心の浅いアイアン系のクラブのほうが好きなので、このクラブが易しく感じられたのかもしれません。

シャローにはシャローの難しさがありますが、今日はそれを全くといっていいほど感じなかったのは、この『あがりすぎない』性能のおかげだと思います。

見た目シンプルでカッコいいデザインですが、見えないところにたくさんの工夫がされていて、この強い弾道が生み出されているのではないでしょうか?



操作性
『操作性』は、まずまずです。

どちらかといえば、細工をするというよりは、クラブに任せてほぼ真っ直ぐの球で攻めていきたい感じがするのですが、小ぶりで球のつかまりもいいので、私はドロー系のほうが自然に感じられました。

ただ球のつかまりが強調されたクラブではないので、スライサーの方には多少右に抜けやすいかもしれません。

右にも曲げようとしたら、普通に曲げることができました。

これはヘッドが大きすぎないことと、重心が深すぎないことが関係しているのかもしれません。



試打後の感想


ヒール側
かなり、いいクラブです。

最初見たときから、すごくカッコいいクラブだな・・・。と思っていたのですが、実際に打っても、そのカッコ良さに見合う、弾道の強さがありました。



Callaway PARADYM フェアウェイウッド
飛距離性能に優れていて、コースでもかなりのアドバンテージを得られそうです。

穏やかな顔をしていますが、実際は『荒々しい』とまではいかなくても、かなり『豪快』といいますか、『瞬発系』のクラブです。

飛びに優れたクラブには『強い』と感じるクラブと『速い』と感じるクラブがあり、このクラブはその真ん中付近に位置しながら、どちらかといえば『強い』部類に入ります。



Callaway PARADYM フェアウェイウッド
このクラブを言葉でどう表現したらいいんだろう・・・?と、いろいろと思い巡らせていたのですが、『颯爽と』という言葉がピッタリなのかもしれません。



Callaway PARADYM フェアウェイウッド
タイプはちょっと異なりますが、以前試打した『BIG BERTHA BETA』を思い出しました。

あのクラブもポテンシャルが高く、かなり強い球が打てたからです。



Callaway PARADYM フェアウェイウッド
やはりキャロウェイはFWを作るのが上手いメーカーだな・・・。と思いました。

同じウッド系でも、ドライバーよりもフェアウェイウッドのほうが、印象が強いです。

いろいろを見回して、ひとつ気になるといいますか、ああやっぱりな・・・。と、残念なところがありました。

もし、今度ドライバーやまた違うモデルを試打して、同じ傾向が見られたら記事に書かせていただきたいと思います。

今回試打した、このクラブだけだったらいいのですが・・・。


構えやすさ・・・☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


                         
        

                         
      
2022年08月16日
PR
  

キャロウェイ ROGUE ST MAX OS アイアン

                 



キャロウェイ ROGUE ST MAX OS アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ ROGUE ST MAX OS アイアン の7番 です。



N.S.PRO ZELOS 7
シャフトは N.S.PRO ZELOS 7 です。

ロフトは28.5度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は77.5g、トルクは2.6、バランスはD1 、クラブ総重量は405g です。



正面
キャロウェイの新しいアイアンです。

過去のモデル同様、デザインが統一されていて、一目でキャロウェイだと分かります。

このようなデザインになったのは、レガシーブラックからでしょうか?



側面
ラージサイズのアイアンです。

キャロウェイではお馴染みといったところでしょうか?

キャロウェイはフィーリングよりも、機能性など、数字に表れやすいところを重視しているメーカーだという認識をもっているのですが、このアイアンもそのような思想のもと、設計されたように見えます。



彫りの深さ
彫りの深さはたっぷりあります。



トップライン
トップラインは厚めです。



MAX OS
バックフェースのヒール側には『MAX OS』という文字があります。

『最大のオーバーサイズ』ということなのかな?と思いましたが、真偽のほどは定かではありません。



TUNGSTEN
トゥ側には『TUNGSTEN』の文字があり、かなり大きなウェイトが組み込まれているようです。



ソール幅
ソール幅は少しワイドで、ちょっとだけ意外でした。

これまでの流れだと、かなりのワイドソールということになっていましたが、このアイアンは違います。

最近、このように『広すぎない』ソール幅が増えてきたような気がします。

私はワイドソールは苦手なので、少し親近感をもちました。



ネック長さ
ネックは短めです。

このいかにもステンレスといった質感が私のテンションを下げます。

ステンレスでも仕上げ方によっては、好感の持てるものもありますが、このアイアンの質感は正直好きではありません。

これまでもたくさん試打していますが、あまりいい思い出が無いということも大きいのだと思います。



フェース面のデザイン
フェース面の仕上げもシンプルで、特に手が込んだ感じはしません。

おそらく、かなりの工夫がされているとは思うのですが、こうして見る限り、少し雑な印象を受けました。



振り感
軽量タイプの振り感です。



構え感
ボールを前にして構えてみると、あまり好感が持てませんでした。

キャロウェイらしく、『ボテッと』した顔で、グースの利きもかなり強いです。

こういった顔はこれまでも経験していますし、予想はしていましたが、テンションが下がってしまいました。

イメージもなかなか出てきません。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は弾き系で、やや堅めです。



トゥ側
球はとてもあがりやすく、スインガータイプの方に合いやすいアイアンだと思います。

上からではなく、横から拾っていくイメージで打っていきたい方には、かなりイージーなアイアンといえるのではないでしょうか?



バックフェース
スイートエリアは広く、いい意味でアバウトに打っていけるアイアンです。

スイートエリアが広い分、いいところでヒットしたときのよ喜びも小さいですが、これは仕方ありません。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れていて、今時に『イージー&ディスタンス系』アイアンといっていいと思います。

飛距離に特化して開発されたアイアンといっていいのではないでしょうか?



操作性
『操作性』はあまり高いとは思えませんが、大らかなタイプなので、その特長を活かしたほうがいいアイアンだと思います。



試打後の感想


ヒール側
見た目通りの性能で、フィーリングよりも機能性を重視しているアイアンです。

これはキャロウェイらしいといっていいような気がします。



キャロウェイ ROGUE ST MAX OS アイアン
私は正直、あまり好感が持てなかったのですが、こういったアイアンもニーズがありますし、アリなのだと思います。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2022年06月16日
PR
  

キャロウェイ ROGUE ST MAX ユーティリティ

                 



キャロウェイ ROGUE ST MAX ユーティリティ
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ ROGUE ST MAX ユーティリティ の4H です。



VENTUS 5 for Callaway
シャフトは VENTUS 5 for Callaway です。

ロフトは20度、クラブ長さは40インチ、フレックスはS、トルクは4.2、キックポイントは中調子 です。



正面
キャロウェイ ROGUEシリーズのユーティリティです。

キャロウェイらしく、ハイテク感があって、メカニカルなデザインが特徴的です。

今回も様々な技術が搭載されているように見えます。



側面
MAXという名前がついていますが、それほど大顔感はなく普通です。

こうして見ていると、以前試打したことのある、イオンスポーツのユーティリティを思い出しました。



ネック長さ
ネックの長さは適度にあります。

最近はショートタイプよりも、これくらいの長さが増えてきたようです。

ネックの長さも流行りのようなものがあるのでしょうか?

キャロウェイは未だにスルーボアやショートネックのイメージが強くて抜けきらないので、この角度から見ているとキャロウェイではないようです。

ネックには調整システムも搭載されていません。

完全に無くなったわけではないですが、もうトレンドではないのかもしれません。



ノーマルシャロー
ノーマルシャローバック形状といったらいいでしょうか?

今はシャロー感の強いものが多いので、これくらいの『薄すぎない』形状は少数派であるものの、好感度は高いです。



顔
ちょっとクセのある顔をしています。

美顔ではないですが、科学的な研究ではトップメーカーといえるキャロウェイなので、この顔にもおそらく理由があるのではないでしょうか?

一目でキャロウェイと分かるクラウンマークも健在です。



艶消し
クラウンが艶消しになっていて好感が持てます。



フェース面の仕上げ FLASH FACE SS22
フェース面は綺麗です。

トゥ側には『FLASH FACE SS22』という文字があり、前も見たことがあります。

何か特別な工夫がフェース面に施されているのではないでしょうか?

ディープフェースというほどではありませんが、適度なフェース高があって好感が持てます。

キャロウェイらしい形状です。

ユーティリティでもフェアウェイウッドでも、シャローフェースを好まれる方はたくさんいらっしゃると思います。

しかし、私は苦手といいますか、プレッシャーを感じることが多いです。

確かにボールをフェースに当てさえすれば自然と浮いてくれるような印象もありますが、実際は難しいです。

ある程度ディープフェースで、フェース高の縦(上中下)を使えるほうが易しいと感じています。

シャローフェースだと、ボールをヒットさせる部分は一点だけしかありませんが、ディープフェースは複数あります。

そして多少下面でヒットしても、今のUTは球を浮かせてくれます。

シャローフェースだとフェース面でなく、クラウンに当たって、クラウンにボールマークがついたことが何度もあります。(ダウンブローがきつすぎるというのもあると思いますが・・・。)

綺麗なレベルブローで完全にボールを横から捉えられる人であれば、すごく易しいのかもしれませんが、私はそれが苦手です。

過去何度も失敗していて、苦手意識だけが強くなってしまいました。

しかし、それを払拭してくれたのが、同じキャロウェイのFWです。

それまでは、ゴルフ雑誌などを読んで水平に打とうとばかりしていて、なかなか上手くいかなかったのですが、アイアンと同じように上から潰すように打ってみたら、すごくいい球が打てて、FWの直打ちが苦にならなくなりました。

それは、このキャロウェイのFWのおかげです。

これがもし今のクラブのように超シャローフェースだと、おそらく無理だったと思います。

適度なフェース高があったから、上から捉えることができたのです。

ゴルフ雑誌に書かれている記事は有効なものも多いですが、全ての人に当てはまるものではなく、ときにはスルーすることも大切なのだということを学びました。

そして、その時は不必要な理論だったけど、キャリアを積んできて初めて使えることもあるということも知りました。

昔のクラブはディープフェースで重心も高めのものが多かったのですが、最近は違います。

高重心なものはほとんど見られなくなりました。

それはアイアンなども一緒です。

今も高重心なものがあるとしたら、ウェッジと一部のパターだけではないでしょうか?



振り感
素振りをしてみると、なかなかいい感じでした。

ハードなタイプのシャフトではないですが、結構『振れるタイプ』といいますか、タイミング良くブレにくい感じがします。

このVENTUSというシャフトが純正なのでしょうか?

ちょっと前まで純正のシャフトはヘッドとのマッチングが良くなく、『リシャフト前提』といったものが多かったのですが、最近の純正シャフトのレベルはすごくあがっているように感じます。

もちろん、リシャフトするのもいいですが、まずはこのまま使ってみるのがいいと思えるクラブが多くなりました。



装着されているグリップ
装着されているグリップはソフトなフィーリングで好感が持てます。

特に大きな不満もなく、無難なグリップです。



構え感
ボールを前にして構えてみると、私の好みではないのですが、これまでもたくさん経験しているので、特に不安はありません。

見とれることもなく、ちょっとだけテンションが下がりながら淡々と見つめていました。

フェース面がよく見え、球がよくあがりそうです。

私はアイアンやウェッジのような浅い重心のクラブはロフトが寝て見えるものが好きで、逆にドライバーからFW・UTのようなウッド系は『絶壁感』が欲しいです。

高くあがるイメージは不要で、むしろ低いライナー系をイメージさせてくれるクラブに魅力を感じます。

そういった意味でも、このクラブは私の好みからは外れるのですが、このようなタイプが多いということはそれだけ高い支持が得られているのだと思います。

今回もTRCの構えやすさを越えられませんでした。

フェース面が少し左を向いているように見えたのですが、これくらいであれば、特に問題はありません。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はいい感じです。

ソフトというよりは、ややしっかりめの打感ですが、硬くなく普通に打っていくことができました。

球の重さも感じられ、インパクトがぼやけないのがいいです。

『複合タイプ』の打感・・・。といったらいいでしょうか?

ピュアなタイプではなく、様々なものが組み合わさって、それがミックスされたような打感です。

うどんに例えると、ワンピースタイプは『素うどん』で、このクラブのようなタイプは、かまぼこや卵・油揚げなど、様々な具が入っている『鍋焼きうどん』といったところでしょうか?

寒さの厳しい季節に鍋焼きうどんは最高ですが、私はやはり素うどん(の打感)に惹かれます。



打球音
キャロウェイらしい、金属音がいいショットをアシストしてくれているようです。

『カチッ』という感じの小気味よい金属音ですが、昔のビッグバーサのような高くて大きい音ではなく、むしろ抑え気味です。

この音であれば、振っていっても気になりません。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、ユーティリティの4番でありながら、ヒッター向けだといっていいと思います。

すごくハードな設定で球が浮きづらいというタイプではないですが、ある程度HSが無いと球が浮ききらないかもしれません。

構えたときは、もっと球が高くあがりそうな印象をもっていたのですが、実際は少し抑え気味で、ライナー系の弾道でした。

私は高~くあがって、途中で大きく失速するよりも、ライナー系で安定して強い球で飛んで行ってくれるほうが好きなので、この弾道は好きです。



バックフェース
『安定性』は普通といったところで、特に高い直進性があるというわけでもなく、曲がらないクラブではありません。

構えたときにフェースが左を向いているように見えたので、フックが出やすいのかな?と思いましたが、実際は違っていて、右に抜けやすい性質をもっています。

スライサーの方には、やや難しいクラブといえるかもしれません。

スイートエリアも、それほど広くはなく、寛容さもそれほど高くありません。



飛距離性能
『飛距離性能』はなかなかいい感じですが、今のユーティリティ(ハイブリッド)の中では普通といえるでしょうか?

ヒッタータイプの方には飛びを実感しやすいと思いますが、そうでない方には球が浮ききらないまま失速してしまうかもしれません。

幅広い層をターゲットにしたクラブではなく、ある程度絞り込んでいるのではないでしょうか?



操作性
『操作性』も、好みがはっきりと分かれると思います。

先ほども書きましたが、それほど球をつかまえてくれるクラブではないので、スライサーの方には厳しいかもしれません。

逆にフッカーの方はいい感じで逃がしていけるので、左へのプレッシャーを軽減できるのではないでしょうか?

左にも曲げることができましたが、右に大きく曲げることもできました。

球を打つ前は今時のオートマチックタイプのユーティリティなのかと思っていましたが、実際はマニュアルタイプの性格をもったクラブといっていいように思います。



試打後の感想


ヒール側
最初から最後までずっと淡々と試打をしていました。

あまり感情が揺れ動くこともなく、特にここがすごくいいな・・・。と思ったところはありません。

しかし、それはこのクラブに良いところがないというのではなく、あくまでも私がこのクラブの良さを感じ取れなかったに過ぎません。



キャロウェイ ROGUE ST MAX ユーティリティ
おそらく様々な最新技術が注ぎ込まれていると思いますが、『既視感』といいますか、これまで出会ってきたモデルとあまり変わらないな・・・。という思いが強かったのは事実です。



Callaway ROGUE ST MAX ユーティリティ
それと、やはり顔が好みでなかったというのも大きいように思います。

もうちょっとシュッとしていて男前なら、もっと探ってみようとか、試打を楽しめたように思いますが、今日はそういう気分になれませんでした。



キャロウェイ ROGUE ST MAX ユーティリティ
いい意味で、『今時のクラブ』。

しかし、魂を揺さぶるものが無かった・・・。というのが私の率直な感想です。

ただ、先ほども書きましたが、私がこのクラブの良さを感じ取れなかっただけで、このクラブの魅力を敏感に感じ取られる方もたくさんいらっしゃるのは間違いありません。



Callaway ROGUE ST MAX ユーティリティ
このクラブは姉妹モデルがあるそうなので、今度機会があればそちらも試打してみたいです。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
音・・・・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2022年05月13日
PR
  

キャロウェイ ROGUE ST MAX FAST アイアン

                 


キャロウェイ ROGUE ST MAX FAST アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ ROGUE ST MAX FAST アイアン の7番 です。



20220513015150
シャフトは オリジナルカーボンシャフト です。

ロフトは27度、クラブ長さは37インチ です。



正面
キャロウェイローグシリーズの新しいアイアンです。

このデザインを見て、以前試打したことのある、レガシーブラックというアイアンを思い出しました。

名前は違っても、後継機種という位置づけなのでしょうか?

それとも、たまたまデザインが似ただけなのでしょうか?



側面
やや大顔タイプのアイアンです。

大顔ではありますが、大顔特有のボテッとした感じがありません。

キャロウェイらしい、ハイテクの匂いがプンプンしてきました。

これがキャロウェイの個性であり、主張なのではないでしょうか?

X FORGEDのようなベーシックタイプのアイアンもありながら、基本はこの路線のような気がします。



TUNGSTEN
ソールには『TUNGSTEN』の文字がありました。

見慣れた工夫ですが、これ全部がウェイトなのでしょうか?

だとしたら、かなり重くなってしまうので、おそらくそうではないと思います。

このようにウェイトを組み込むのはもうかなり前から行われていますが、今でも変わりません。

それくらい有効な方法なのだと思いますが、進化しないな・・・。という思いもありました。

見た目は多少変わっても、もうゴルフクラブ(特にアイアン)の開発における進化の足踏み状態がずっと続いています。



彫りの深さ
彫りの深さは普通で、ノーマルキャビティといったところです。

最近はポケキャビを見なくなりました。

しかし、これも流行のようなものがあると思うので、いずれまた復活してくると思います。



トップライン
トップラインは厚すぎず薄くもなく・・・。といった感じです。

大顔タイプでありながら、全体的に結構整っているな・・・。と思いました。



ソール幅
ソール幅は標準的です。

ちょっと前まで、ワイドソールをよく見かけましたが、最近はこのようなノーマルなタイプが多くなったように思います。

これも流行なのかもしれません。

私はワイドソールには苦手意識があるのですが、だからといって、このソールの雰囲気やネックの曲がり具合はあまり好きになれません。

やっぱりキャロウェイのアイアンだな・・・。と思いながら見ていました。

このように『クネっと』曲がったソールは好きではなく、むしろできることなら避けたいタイプです。

インパクトに『遅れ(時間差)』を感じさせ、いいイメージも湧いてきません。

魅力的に見えず淡々として、気持ちも盛り上がないまま見ていて、このアイアンとの『距離感』を感じていました。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。

光沢感があり、いかにもステンレスっぽい質感です。

同じタイプをかなりたくさん試打しているので、新鮮さはありませんが、これがひとつの答えなのかもしれません。

キャロウェイはかなり科学的なメスを入れてクラブ開発しているので、これが理想的な形と質感といっているような気もしますが、私はあまり好きではありません。

ただ、それはあくまでも私がこのアイアンの良さを理解できていないということであって、このアイアンの形状や質感などが良くないということではありません。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはなく、ごく普通です。

ああ、このアイアンもあまり手を加えられていないな・・・。と思いました。

最新モデルであっても、ここの部分は昔から変わらないものがほとんどです。

『大量生産の限界』といえるのかもしれません。

テンションがあがらず、むしろやや下がり気味になりながらも、試打するための心の準備を始めました。

キャロウェイが言いたいのは、このフェース面ではなく、バックフェースやソールにあるウェイトなどではないでしょうか?



振り感
素振りをしてみると、軽量感がありますが、今時のアイアンとしては普通です。

ヘッドが動きすぎないように、ブレないように、タイミング重視で振っていきました。

このような軽量タイプのアイアンを振っていく、私なりのコツは『抑揚をつけない』といいますか、常に一定に振っていき、『メリハリ』をつけないイメージです。

ドライバーなど飛ばしたいクラブのときは『ジェットコースター』をイメージするといいますか、最初はゆっくりめで一気に加速していく感じで振っていますが、軽量タイプでシャフトが軟らかいと遅れたりブレたりしやすいので、なるべく『一定感』をもって振るようにしています。

飛ばそうとしなくても、飛んじゃうアイアン・・・。といったらいいでしょうか?

クラブ任せに振っていく感じです。



構え感
ボールを前にして構えてみると、予想していたよりもいい感じで好感が持てました。

もっとクセのきついタイプかと思っていたのですが、そうではありませんでした。

ややラージサイズなのとグースの利きも目に入りますが、昔のモデルほど極端ではありません。

これくらいであれば、『今の標準』といえるのではないでしょうか?

私がアイアンに求めたい顔とはちょっと違うのですが、特に苦手意識は芽生えませんでした。

あくまでも『淡々と』といいますか、『無難な感じ』で打っていけそうです。



試打を開始しました


フェース面
一球打って、「何だ、これは中空か?」と思ってしまいました。

中空独特の『空洞感』があり、『ペチャ』という打感が残念でした。

もちろん、この打感が今のスタンダードなのかもしれないですし、このようなタイプのアイアンで打感を求めるべきではないのかもしれません。

打感を犠牲にして得られるものは『寛容性&飛距離』でしょうか?

そう考えると、『今のニーズに合った打感』といえるのかもしれません。

私がアイアンに欲しい、『球持ち感』『くっつき感』は無く、パチンと弾くような感じで、インパクトが『点』になる打感です。

正直、物足りません。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。

ソールを見たときに、それほどワイドには見えなかったのですが、かなり重心を低くしているのだと思います。

横からはらって打ちたい方にピッタリなアイアンといっていいのではないでしょうか?

ヘッドの入射角を昔ながらの『V』ではなく『U』。

もっといえば、できるだけ『円』に近くて、ボールの前後を直線的に振っていきたい方のアイアンといっていいのかもしれません。

ソールにあるタングステンが、かなり仕事をしているようです。

それほど速くないHSで、ゆったりと振っていきたいけど、広すぎるソールは嫌だ・・・。という方には、魅力的なアイアンといえるのではないでしょうか?



バックフェース
『安定性』も高く、イージーです。

シブいデザインで、昔のような『ゴツさ』はないですが、明らかにオートマ系アイアンといっていいと思います。

ミスヒットを感じさせない寛容さがあり、弾きの良さでカバーしていく感じ・・・。といったらいいでしょうか?

見えないところに、メーカーによるたくさんの工夫が施されているのは間違いありません。

ヘッド自体が寛容なタイプでありながら、昔のアイアンのように構えづらさが邪魔をしていないので、その分さらに大らかさが増しているように感じました。



飛距離性能
予想通り、よく飛ぶアイアンで『番手感覚』を失わせるアイアンです。

これが今の標準の飛びといえるのだと思います。

明らかに2番手以上は飛ぶアイアンなのですが、こういうタイプが多くなったので、普通になってしまいました。

球があがりやすくてキャリーもかなり稼げますし、軽く振って距離を出したい方にはピッタリではないでしょうか?

よく飛びますが、これまでのアイアン(ディスタンス系)と比べて、特別進化しているとは思いません。

それくらい、今はアイアンの飛びが進化したということです。



操作性
オートマチックタイプではありますが、左右へも少し曲げることができました。

こういう『面長感』のあるアイアンで、インテンショナルなショットを打つのは少し勇気がいることなのですが、今日は練習場なので結果を気にする必要はありません。

面長なタイプはどうしてもヘッドの戻りが遅くなり、今日もそんな感じがしたので、なるべく開閉を小さくして打っていきました。

グースタイプで球はつかまりやすいですが、それをラージサイズでカバーしている感じです。

ソールにあるウェイトも大きく見えましたが、打っていて邪魔に感じることはありませんでした。

ただ、ヘッド全体のバランスとしてはどうなのかな?と思うところはありました。

重心がもっと前にきたほうがフェースを立てやすいですが、元々『スタンディングロフト』なので、整合性がとれているのかもしれません。

『前輪駆動』からくる操作性の良さではなく、『後輪駆動』による安定性を感じさせるアイアンだな・・・。と思いました。



試打後の感想


ヒール側
キャロウェイらしい、ハイテクが詰まったアイアンです。

いろいろな最新技術が詰め込んであると思うのですが、試打してみて、あまり変わらないな・・・。というのが率直な感想です。



Callaway ROGUE ST MAX FAST アイアン
しかし変わらないというのは、それが既に正解であるという可能性が高いということもいえます。

もう何年も前(おそらく10年以上前)のアイアンを打っているような感覚になりましたが、ゴルフクラブの進化も、そしてプレイヤーのニーズもそれほど大きく変わっていないのかもしれません。



Callaway ROGUE ST MAX FAST アイアン
私はこのアイアンの打感を好きになれなかったのですが、このアイアンが好きで距離感を出せるという方には、頼もしい相棒になってくれるのではないでしょうか?



Callaway ROGUE ST MAX FAST アイアン
キャロウェイと言えば『ハイテク』。

そのこだわりとメーカーの工夫がたくさん散りばめられたアイアンだと思いますが、試打しながらずっと『既視感』を感じていました。

既に同じようなものはたくさん出回っているからです。



Callaway ROGUE ST MAX FAST アイアン
おそらく、これまでにない新しい技術も投入されていると思いますが、感性の鈍い私はそれを感じ取ることができませんでした。

『MAX FAST』という名前がついているので、『最大限に速く』ということでしょうか?

ドライバーにはドライビングコンテストが開催されることがありますが、もし7番アイアンでも開催されると、このアイアンはいいところまでいくのではないかな?と思いました。



Callaway ROGUE ST MAX FAST アイアン
キャロウェイには、これまで以上に科学的な視点で、そして他のメーカーでまだやっていない斬新なことをやってもらいたいです。

昔のビッグバーサを経験している者としては、あの頃のような私たちゴルファーをあっと驚かせて欲しいですし、常識を打ち破るようなクラブを作って欲しいと思います。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2022年04月11日
PR
  

キャロウェイ APEX UW

                 

キャロウェイ APEX UW
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ APEX UW の21° です。



Diamana 55 for Callaway
シャフトは Diamana です。

ロフトは21度、クラブ長さは40.5インチ、シャフトフレックスはS、トルクは4.9、キックポイントは中調子 です。



正面
キャロウェイのUWという変わったクラブです。

デザイン的にレディスモデルのように見えたので、レディスモデルなら試打を諦めようと思っていたのですが、メンズ用のクラブということで試打することにしました。

ユーティリティのようにも見えますし、フェアウェイウッドのような大きさもあるので、ユーティリティウッドという意味なのかな?と思いましたが、実際のところは分かりません。

以前、APEXユーティリティを試打したことがあり、その姉妹モデルなのではないでしょうか?



側面
こうして見ると、ユーティリティというよりはフェアウェイウッドに近い感じがします。

ロフトが21°ということで、ウッドでいえば7番、アイアンでいえば3番です。

ユーティリティが登場したおかげで、クラブのカテゴリー分けが複雑になったといいますか、重複した部分が出てきましたが、それだけ私たちユーザーに選択肢が増えたということなので、いいことだと思います。

いろいろなクラブがあって、その豊富な中から、自分にピッタリのクラブを選ぶというのも、ゴルフの醍醐味のひとつです。

ゴルファーにとって、相棒となる『クラブ選び』という旅は、ゴルフを辞めるまで終わることはありません。



ネック長さ
ネックの長さは標準的で、すっきりした印象です。

キャロウェイのクラブというと、どうしてもスルーボアやショートネックを連想しますが、このクラブは違います。

このようなタイプだと何がいいかといえば、まず『上から捉えるイメージが出せる』ということです。

横から拾っていきたい・・・。という方もいらっしゃると思いますが、ティアップしているときはともかく、地面にあるボールは『上からとらえる』が基本だと私は思っています。

そのほうがクラブの構造上、そして物理的にもスピンが効いて浮きやすく易しくて理にかなっていると実感しているからです。

どのクラブにもロフトがありますが、そのロフトを活かすには、フェース面を『下に向ける(つまり立てる)』意識が必要だと思っています。

よく、フェアウェイウッドやユーティリティ、そしてアイアンでも、球があがらない・・・。という方がいらっしゃいますが、その多くがインパクト、そしてその前後でフェースを上(つまりロフトを寝かせて)とらえるイメージをもっておられるのではないでしょうか?

そういう打ち方だと、ボールをあげるのは至難の業となってしまいます。

理にかなっていない打ち方だからです。

もっとフェース面の上を使っていかなければなりません。

『レベル』でイメージしておられる方もいらっしゃると思いますが、それで球が上がらないのであれば、思い切って逆転の発想で、フェースを下に向けて(上から潰すようなイメージで)打ってみられるといいのではないでしょうか?

それで球が上がるようになると、今まで見なかった景色が見えるようになるかもしれません。

こういったことは、昔はクラブが教えてくれていたのですが、今のクラブはとにかく易しくなりすぎてしまって、教えてくれなくなりました。

易しさの弊害といっていいのかもしれません。

そういった意味でも、私は高重心のアイアンを使い続けて良かったな・・・。と思っています。



ウェイト
ソールにはウェイトがひとつだけ組み込まれています。

『7』という数字が見えたので、おそらく7gではないでしょうか?

ソールには『JAILBREAK AI BELOCITY BLADES』という、お馴染みの文字があります。

AIを初めてクラブに採用したのはキャロウェイでしょうか?



フェース面のデザイン
フェース面のデザインはシンプルで綺麗です。

弾きが良さそうな印象を受けました。



フラッシュフェース SS21
トゥ側にある、この『FLASH FACE SS21』もお馴染みです。



ノーマルシャロー
ノーマルシャローといっていいでしょうか?

シャローバックではあっても、フェース高はじゅうぶんあります。



顔
顔はまずまずです。

整った、いい形ではあるのですが、やはりフェースが左を向いているように見えました。

ソール部分を見ていたときは、どちらかというとFWの傾向が強いのかな?と思っていたのですが、こうして顔を見ると、UTの色が濃いように感じます。

大きくボテッとしていなくて、結構コンパクトにまとまっているのがいいです。



振り感
素振りをしてみた感じは、まずまずです。

軽量タイプのシャフトが挿してありますが、それほど頼りなさはありません。

何度か素振りを繰り返してタイミングを整えました。



装着されているグリップ
装着されているグリップは、色的にもちょっと残念なところがあったのですが、触感はまずまずです。

可も無く不可も無く・・・。というところですが、グリップを見たときのテンションは下がり気味でした。

グリップはクラブのパーツの中で、かなり汚れが目立つところなので、このような色は合わないような気がします。



構え感
ボールを前にして構えてみると、やはりユーティリティのような印象をもちました。

やはり『ユーティリティウッド』ということなのでしょうか?

今風の顔で、特に変わったところは見られないですが、このオーソドックスなところに、キャロウェイのハイテクがぎっしりと詰まっているんだろうな・・・。と思いました。

コンパクト感はあるものの、少しつかまえ系の顔です。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は好感が持てました。

ある意味『想像通り』の打感でした。

適度な柔らかさがありながらも、けっしてボヤけていなくて、球の質感も味わえます。

弾き感が強く、球足が速い印象をもちました。



打球音
『音』は、はっきりしているのですが、高すぎず大きすぎずで、しっかりと振っていくことができました。

キャロウェイのクラブはどちらかというと『ホット』というよりは『クール』な印象をもっていますが、そのクールなクラブから放たれるグッドサウンドといったところでしょうか?

この音は以前も耳にしたことがあります。



トゥ側
『球の上がりやすさ』という点では、普通といった印象をもちました。

しかし、この普通というのはあがりやすい普通といいますか、あがりすぎない普通といった感じです。

ちょっとややこしい表現になってしまいましたが、必要以上にあがりやすくしているのではなく、プレイヤーの感覚が届きやすくて、扱いやすいあがりやすさということです。

どちらかといえばヒッター向けなクラブだと思いますが、そのハードルは決して高くありません。

シャロー過ぎるクラブが苦手な方や、シャローフェースによる『フェースの高低』が使えないのは嫌だ・・・。という方には是非試していただきたいです。

このクラブはしっかりと上からとらえることができましたが、一時期流行ったシャローフェースだと、それがとてもシビアになって難しいので、私は苦手意識をもっていました。



バックフェース
『安定性』も高く、シビアさはいっさい感じません。

そういった意味ではとても優秀ですが、今はそういったクラブが多いので、それらの中では普通といったところでしょうか?

構えたときに左へ行きそうな印象をもったのですが、実際に打ってみるとそれほどひどく引っかけるということもなく、ドロー系の球が最初から出ました。

もう少し『先』がしっかりしていると、もっとラインが出しやすくなるかな・・・。と思ったのも事実です。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れていて、高いパフォーマンスを発揮してくれました。

弾きが良くて初速が出ています。

キャリーもしっかり出ていて、滞空時間が長い弾道でした。

ただ、どちらかといえば『ロー』ではなく、『ミドルからハイ』HSの方に合いやすいクラブだと思います。



操作性
『操作性』はなかなかいい感じで、構えたときにUTの印象をもったせいか、普段のUTのような扱いやすさを感じました。

イージー系FWがもつ、あの寛容さ・直進性の高さは無いですが、その分コントロールしやすくなっているようです。

最近は曲がりづらい・曲げづらいと感じるクラブが多くなりましたが、このクラブはそこまで極端ではなく、程よい感じで意思を伝えていけます。

普通に打つとつかまりのいいドロー系ですが、少しだけ右にも曲げることができました。

こういったところが『大顔タイプ』ではないクラブの特長といっていいように思います。

『球持ちの良さ』はありませんが、そこそこ扱いやすいクラブだという印象をもちました。



試打後の感想


ヒール側
『UW』とソールに書かれていて、どういう番手のクラブなんだろう?

最初はレディスモデルかな?と思いましたが、試打しながら、やはりユーティリティとフェアウェイウッドの『融合型』といいますか、まさにハイブリッド的なクラブだという印象をもちました。



Callaway APEX UW
カテゴリー毎の線引きが曖昧になっているように感じますが、ルールには全く違反していないですし、こういったクラブがどんどん出てきてもいいと思います。

最近はドライバーをバッグに入れず、『飛び系のスプーン』を入れておられる方も多くなりましたし、14本以内という制限の中で、自分が得意とするクラブを使うのは当たり前のことです。

昔は苦手なクラブでもあえてバッグに入れているということが普通でしたが、今はそうではありません。

コースで使わないクラブをバッグに入れておく必要はないですし、そんなのは無駄です。



Callaway APEX UW
そういった意味でも、このクラブは実戦向きといいますか、コースでも使う場面が多くなるような気がします。

どちらかといえばウッド系よりもアイアン系クラブが得意な方にメリットが大きいのではないでしょうか?

最近のフェアウェイウッドに難しさを感じておられる方や、ユーティリティのほうが好きだという方に合いやすいクラブだと思います。



Callaway APEX UW
UWということで、ユーティリティウッドということなのだと思いますが、総合的に見て、その『中間点』ではなく、『ユーティリティ寄り』のクラブだという印象をもちました。

正直、今の私にはこのクラブを今すぐ導入しなければならない・・・。ということはなかったのですが、とても面白いクラブだと思います。



Callaway APEX UW
ハイテクだけでなく、こういった自由な発想で、これからもキャロウェイには私たちゴルファーにとってメリットの大きいクラブを開発していって欲しいです。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


マスターズ限定モデル
                         
        

                         
      
2022年03月04日
PR
  

キャロウェイ ROGUE ST MAX FAST ドライバー

                 

キャロウェイ ROGUE ST MAX FAST ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ ROGUE ST MAX FAST ドライバー です。



SPEEDER NX 40 for Callaway
シャフトは SPEEDER NX 40 for Callaway です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は46g、トルクは5.2、バランスはD3、キックポイントは中調子、クラブ総重量は278g です。



正面
久しぶりのROGUEニューモデルです。

以前、ROGUEのドライバーを試打してから、ニューモデルが出なかったので、もう廃番になったのかと思っていたのですが、今年になって復活してきました。

キャロウェイはたくさんのブランドがありながら、結構消えていくといいますか、統合されるような形になることが多いので、ROGUEもそうだろうと思っていましたし、裏を返せばそれだけ強力なモデルがたくさんあるということです。

最近は見かけませんが、いずれ『ビッグバーサ』が復活するのではないでしょうか?

ゴルフクラブに革命を起こし、キャロウェイにとって決して外すことができないクラブです。

ゴルフへの入口はビッグバーサだった・・・。という方は多いのではないでしょうか?

それくらい大流行しました。

以前も書きましたが、『ROGUE』という単語の意味があまり良くないので、それを名前にするのはどうかな?と思っています。



側面
これまで通り、ラージ&シャロー形状のヘッドです。

前のモデルよりも、デザインがカッコ良くなったような気がします。

キャロウェイのクラブは合理性・機能性を重視したデザインが多いですが、このクラブもそのようです。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。

前のモデルには調整システムが搭載されていましたが、このモデルにはありません。

不要だということでしょうか?

それとも調整システムをつけるよりも、ヘッド自体の性能をあげることに注力したのでしょうか?



バックフェースのウェイト
バックフェースには大きなウェイトがあります。

ここまで大きいのは最近では珍しいような気もしますが、それだけ重心の深さにこだわっているのかもしれません。



JAIL BREAK AI
ソールのフェース寄りには『JAIL BREAK AI』の文字があります。

このドライバーもヘッド内部に柱のようなものがあるのでしょうか?



ヒール側のウェイト
ヒール側にも大きなウェイトがあります。

バックフェースのウェイトで重心深度を保ち、ヒール側にもうウェイトを配置して、重心を短くしているようです。

これまでラージサイズのドライバーでは、重心を長くするために、トゥ側に配置されているものが多かったように思いますが、最近では見られません。

どのメーカーも『球をつかまえて飛ばす』ということに重きを置いているのでしょうか?

重心距離を長くして、少しでもヘッドスピードをあげるよりも、確実につかまえて飛ばしたほうが効率的だということなのかもしれません。



シャローヘッド
見慣れたシャローです。

この形状は多くのメーカーに共通します。

シャローヘッドではありますが、クラウンが少し盛り上がっていて、『フェース高』が保たれているのが、今のドライバーの特徴です。

以前のように、シャローフェース&シャローバックタイプのドライバーは見られなくなりました。

しかし、こういったことは流行のようにまたやってくるので、いずれ見られるようになるのではないでしょうか?



フェース面のデザイン
フェース面のデザインは正直、あまり好きではありません。

少しチープに見えて、フィーリングが伝わって来ず、冷たい印象をもちました。

フェース面には細かなミーリングのようなものがありますが、それほど目立ちません。

弾きが良さそうだな・・・。とは思いつつも、このフェース面を見て、インスピレーションは湧いてきませんでした。

クラブの中でフェース面は私にとって特に興味深いところのひとつで、まじまじと見ることが多いのですが、今日はあまり見ないでさらっと流すような感じです。



FLASH FACE SS22
トゥ側には『FLASH FACE SS22』の文字があります。

これまでのモデル同様、かなり工夫されたフェース面のようです。



顔
顔は独特でした。

とはいっても、ここ数年よく見るタイプで、フェースが左を向いていますし、ヘッド後方も大きく膨らんでいます。

これが今のキャロウェイ顔ではないでしょうか?

フェースが左を向いているというだけでなく、私には『首が曲がっている』ように見えてしまいましたが、クラウンの質感が良くなっているのが好印象です。

艶消しタイプで、何ともいえない落ち着きがあり、高級感も出ています。

これまで、キャロウェイのクラブでクラウンがチープに見えてしまうものも過去にはあって、あまり好きになれなかったのですが、このクラウンの質感は好きです。



カーボンクラウン
クラウンがカーボンコンポジットであることがすぐに分かりました。

やはり、かなり低重心化しているのだと思います。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、キャロウェイらしく機能的なタイプです。

最近はこのようにグリップのデザインが場所によって変わっているものが多くなりました。

今回キャロウェイはグリップにも力を入れているようです。

ただ、右手で握る部分はしっとり感ではなく、グリップ感が強調されていて、滑りにくくしていて、グローブをはめる左手の部分はソフトにしてあるので、逆のほうがいいんじゃないかな?と思いました。

とはいっても、ドライバーはアイアンやウェッジほど精密さは必要ないので、『しっとり感』よりは滑りにくさが優先されているのだと思います。

私はアイアンやウェッジにはツアーベルベットしか挿しませんが、ドライバーやFWにはツアーベルベット以外のグリップを挿すことも多いので違和感などはありません。



構え感
ボールを前にして構えてみても、やはり構えづらくて頭の中がモヤモヤしてきました。

しかし、これが今のスタンダードで、多くのモデルに採用されていて何年も経っているということは、それだけ高いニーズがあるからだと思います。

私には苦手な顔なので、あまり見ないようにして、イメージを限定せずに『出たとこ勝負』的に構えることにしました。

普通に打つと大きく左に巻いてしまいそうだったので、右に向き直して構えました。



振り感
シャフトはとても軟らかいです。

『舞うような』柔らかさといったらいいでしょうか?

球を打つと『当たり負け』するといいますか、少し押し戻されそうな感覚がありました。

私はボールを後ろから『押せる』シャフトが好きなのですが、このシャフトは違います。

硬い・軟らかい関係なく、シャフトには『骨』を感じていたいのですが、このシャフトには感じられませんでした。

軟らかくても骨が感じられ、しっかりした印象をもつシャフトもありますが、このシャフトはどちらかというと『無脊椎動物』のような印象をもちました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は予想していたよりも好印象です。

フェース面を見ていたときから、なんとなく硬そうな打感を予想していたのですが、いい意味で違いました。

球の質感も感じやすかったですし、はっきりしているのですが、硬くなく少しソフトでした。

『フェース面全体』で弾き飛ばしているような感覚です。

フェースの厚みも、ルールギリギリまで薄くしているのではないでしょうか?

かなりの反発力があります。



打球音
『音』も、いい意味で予想と違いました。

キャロウェイはやはり、あの独特の甲高い音が印象的なので、そういう音を予想していたのですが、実際は違っていて、高すぎずインパクトも緩みません。

音が高すぎると、そのクラブに対する『格』のようなものが下がってしまうこともあるのですが、このドライバーにはそのようなことはありませんでした。



トゥ側
球はとてもあがりやすく、タフさは全くありません。

スインガータイプの方に合いやすいドライバーだと思います。

かなり軽量感があり、シャフトもよくしなるので、シニアゴルファーの方や、女性ゴルファーの支持も集めるのではないでしょうか?

カッコいいデザインで、いかにもアスリートっぽい感じがしますが、とても親しみやすくなっているドライバーです。

『縦のばらつき』にも強いようで、やや下目で打っても、じゅうぶんあげてくれました。

何か特殊な工夫がされているのかもしれません。



バックフェース
『安定性』も高く、オートマチックタイプなドライバーですが、私にはつかまり過ぎて、ややフック系の球が出ました。

しかし、このつかまりといいますか、左方向へ飛ぶのは、構えたときに感じた球筋と完全に一致していたので、そういう意味では正確性があり、凄いな・・・。と思いました。

最近のクラブはヘッド内部にいろいろな工夫がされ過ぎているのか、構えたときの印象と実際の球筋が違うこともありますが、このドライバーは『見た目通り』でした。

フッカーには難しいところもあると思いますが、それだけこのクラブは球のつかまりがいいということなので、スライサーの方に親しみやすい性能といえるのではないでしょうか?



飛距離性能
かなりの軽量感があるので、正直飛距離はどうなのかな?と打つ前は思っていたのですが、いい感じでした。

球はよくあがりますし、弾きがとてもいいです。

スピン過多を心配していたのですが、このようなタイプでは、結構抑えられている印象をもちました。

これもキャロウェイのハイテクが活きているのではないでしょうか?

少し叩きに行くと、吹き上がる感じがしましたが、昔ほど高くあがって急激に落ちてくるということがないので、飛距離のロスは抑えられているように感じました。

球も右に逃げることが無いので、『効率がいい』といいますか、『隙間無く飛ばせる』印象です。



操作性
『操作性』という点では、あまり高くはないですが、それだけオートマチックな性能が強いということがいえます。

先ほども書きましたが、私が普通に打つならフック系のほうが出やすいです。

右にも曲げてみようと思い、結構カットに打ってみたのですが、なかなか右に曲げることができず、苦戦しました。

『逃がし顔(開き顔)』のドライバーで左へ曲げるのは、それほど難しくありません。

それは構えたときに、予め左を向けることができるからです。

しかし、つかまえ顔のドライバーでは、いくら開こうとしても、その限界がすぐに来てしまうので、応用が利きません。

いわゆる『一方通行』タイプのドライバーといえます。

昔は『スプレータイプ』のドライバーが多く、それなりの支持を集めていましたが、今はそういったタイプよりは一方通行タイプのほうが人気が高いのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
一昔前の、ラージサイズは確かにスイートエリアが広くて弾きもいいけど、球がつかまらず右にすっぽ抜ける・・・。という弱点を見事に克服したモデルが多くなりました。

それでラージサイズを敬遠していた方が、ラージサイズを使い出したということもあるのではないでしょうか?



Callaway ROGUE ST MAX FAST DRIVER
フェース面の質感があまり好きではなかったのですが、打感は良かったですし、構え感以外はフィーリング的に苦手に感じるところはありませんでした。

特にクラウンの質感が良くなっているのが印象的です。



Callaway ROGUE ST MAX FAST DRIVER
出やすい球筋・高さなどが予想通りで、納得できる部分がありました。



Callaway ROGUE ST MAX FAST DRIVER
結構クセのあるドライバーですが、このクセが受け入れられているのだと思いますし、世界有数のハイテクゴルフクラブメーカーであるキャロウェイが出した答えなのだと思います。

最終形ではありませんが、今のところ、これがベストということなのかもしれません。



Callaway ROGUE ST MAX FAST DRIVER
このドライバーは私にはちょっと合いづらいところがありましたが、他にも性格の違うモデルがラインアップされているということなので、今度機会があれば、是非そちらも試してみたいです。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2021年11月05日
PR
  

キャロウェイ X FORGED STARアイアン

                 

キャロウェイ X FORGED STARアイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ X FORGED STARアイアン の7番 です。



N.S.PRO MODUS³ TOUR 105
シャフトは N.S.PRO MODUS³ TOUR 105 です。

ロフトは29度、シャフトフレックスはS、バランスはD1、キックポイントは元調子、クラブ総重量は426g です。



正面
とてもカッコいいキャロウェイのニューアイアンです。

軟鉄の質感が美しく、目の保養になります。

以前も書きましたが、キャロウェイのアイアンは誕生時から苦手にしていました。

PINGとキャロウェイのアイアンは『トップ2』といってもいいほど苦手でした。

それはあの独特な形状にあり、いいイメージが出ず、違和感を覚えることもたくさんあったからです。

構えてみても頭の中がモヤモヤして、いい当たりが出ませんでした。

なんとか打ちこなしてみようと、たくさん球を打ちましたが、どうしても馴染めず苦手意識だけがどんどん膨らんでいき、もうキャロウェイのアイアンを手にするのは止めよう・・・。と思うこともあったほどです。

そんなときに、キャロウェイXフォージドの初代モデルに出会いました。

これまではステンレスだったのが軟鉄に変わり、オーソドックスでシュッとした形状に生まれ変わっていたので少し驚きました。

いい意味で、キャロウェイアイアンらしくなかったからです。

そのアイアンを試打してすごく気に入り、キャロウェイアイアンに親近感をもつようになりました。

あれからかなりの年月が経ちましたが、その後継モデルが、このX FORGED STARアイアンです。



側面
オーソドックスなタイプで、バックフェースの形状がシンプルなところに好感が持てます。

これまで、キャロウェイのアイアンはどちらかというと、『混合型』といいますか、いろいろな素材やパーツを組み合わせて(といいますか貼り付けて)構成されていた印象が強いのですが、このアイアンはこうして見る限り、単一のように見えます。

内部にタングステンなどが組み込まれているのかもしれませんが、外観では分かりません。

大きさも標準的でボテッとしていないところに好感が持てます。

ヒッティングエリアが肉厚になっているのが良く、いわゆる『凸型キャビティ』です。

昔に比べ、かなり低重心化しましたが、それでもアイアンの重心というのは比較的上にあるものなので、最低ここまで肉厚でなければなりません。

もう少し上まで肉厚でもいいですし、もし私がクラブデザイナーなら、そうすると思います。

私は重心の高いアイアンが好きです。



彫りの深さ
とてもカッコいいアイアンなので、一見ハーフキャビティに見えなくもないですが、こうして見ると彫りの深さもたっぷりあって、ノーマルキャビティ(フルキャビティ)であることが分かります。

易しさと打感の『いいとこ取り』したアイアンのようです。



トップライン
トップラインの厚みは標準的です。

ヘッド全体がピカピカ光るミラー仕上げではなく、いい感じの『艶消し』になっているのですが、独特な光沢感があるところに、キャロウェイアイアンらしさを感じました。



ソール幅
ソール幅は少し広く見えましたが、今はこれくらいが普通なので、『今時のソール幅』といっていいのではないでしょうか?



ソール形状
ソール形状はちょっと独特といいますか、最近では少なくなったタイプです。

ソールが平らに近いのではなく、微妙に丸みを帯びているのですが、結構バンスが効いている感じがします。

リーディングエッジやトレーリングエッジも微妙に削られていて、『芝に刺さる』イメージは出てきません。

スーッと滑ってくれる・・・。といいますか、抜けてくれる感じです。

最近のアイアンの多くが、全体的に丸みがあって、どちらかというと『水平に近い』イメージが浮かんでくるのですが、このアイアンのようにバンスが効いていると、ダウンブローで入れるイメージが浮かんできます。

ソール形状は、『ヘッドの抜け』や『入れる角度(入射角)』をイメージさせる部分でもあります。

昔から、このようなアイアンはたくさんありましたが、最近は少なくなったような気がしていました。



ネック長さ
ネックの長さも標準的です。

キャロウェイのアイアンといえば、『スルーボア』のイメージが今でも強いですし、それ以外にもショートタイプが多くありました。

また昔はホーゼルが太く、『頭でっかち』でボテッとしたものもたくさんあったので、目で楽しむことができなかったのですが、このアイアンはとても良くて気分が和みます。

ホーゼルの独特な丸みがいい雰囲気を醸し出していて、美しいです。

こうして見ると、少しグースが効いているのが分かりますが、極端ではありません。

『セミグース』といっていいように思います。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは無く、よく見られる『スタンプタイプ』の無機質な感じがします。

ここにはあまり手を加えていないようです。

長年、いろいろなアイアンを見てきましたが、このようなフェース面が圧倒的に多く、変わらない感じがします。

バックフェースのデザインやソール形状・ネックの長さ・トップラインなどは、いろいろな工夫がされていますが、フェース面(主にスコアライン)はシンプルな『スタンプタイプ』が圧倒的に多いです。

ここの部分はルールで厳しく制限されていますし、手を加えすぎてしまうと価格にも影響を及ぼすからなのかもしれません。



オリジナルグリップ
装着されているグリップはツアーベルベットで、好感が持てます。

微妙なフィーリングを出していくのに最適なグリップで、ロングセラーを維持し続けています。

今はグリップもいろいろなタイプが出てきて、それぞれ工夫が見られますが、私の中ではこれを超えるグリップには出会えていません。

『耐久性』や『滑りにくさ』という点では、もっと高得点のグリップもありますが、ツアーベルベット独特の『しっとり感』が私を魅了し続けています。

キャロウェイのロゴが、とてもカッコいいです。

このグリップが別売りされていると嬉しいのですが・・・。

私は今、キャロウェイのアイアンを使っていませんが、このグリップをまとめ買いしたくなりました。

バックラインが入っていないのもいいです。

ずっと前から、バックライン有りのグリップが圧倒的に多かったように思うのですが、このアイアンにはありません。

バックラインが有るか無いか・・・。これは好みの問題で、どちらがいいというものではないですが、私は無いほうが好きなので、さらに親近感が増しましたが、バックライン有りを好まれる方はとても多いと思うので、不満に感じる方がいらっしゃるかもしれません。



振り感
素振りをしてみても、なかなかいい感じです。

最近はこのように『ちょい軽タイプ』といったらいいでしょうか?

DGやモーダスの重量タイプより、少し軽いタイプのシャフトが多くなったような気がします。

これくらいのスペックが『中央値』といっていいのかもしれません。

DGやモーダスの125は重いけど、かといってNSPRO950は軽すぎて合わない・・・。という方には、ジャストフィットするのかもしれないですし、カーボンを愛用しておられる方もすんなりとスイッチしやすい『ちょうどいい重量』なのではないでしょうか?



構え感
ボールを前にして構えてみても、なかなかいい感じです。

美顔で独特な光沢感もあって、これこそが『Xフォージド顔』だな・・・。と思いながら見ていました。

少しグースが効いているのと、トップラインも微妙に丸みを帯びているので、『包み込む』イメージを出しやすい方も多いのではないでしょうか?

大きさもいい感じで、主張しすぎていません。

小顔タイプではありませんが、かといって『面長』というほどでもなく、ノーマルサイズといっていいように思います。

ボールの存在感が際立つ大きさ・・・。といったらいいでしょうか?

ボールの飛び出す映像(イメージ)が浮かんできます。

今はたくさんのゴルフクラブがあって、メーカーそれぞれがいろいろな主張をしています。

あまりにもたくさんあって私たちユーザーは、どれを選んでいいのか分からなくなりますし、クラブが主役のように思えてきますが、そもそもゴルフというスポーツは『カップインまでの少ない打数』を競うものであり、『ボールの行方』といいますか、いかにボールをイメージ通りコントロールしていくか・・・。が重要で、クラブではなく、ボールが主役なのだということに気づかされます。

強いグースやラージサイズのアイアンを好まれる方には、かなり構えづらいところがあるかもしれません。

今はアイアンのロフトがバラバラなので、『面(ロフト)』の見え方も様々ですが、このアイアンはかなり『立って』見えます。

『スタンディングロフト化』して久しいですが、アイアンの中には、このロフトの見え方がボヤけて見えるものもあるのですが、このアイアンはくっきり見えました。

私の感覚ではやはり5番くらいのイメージをもってしまうのですが、それをあまり感じないように、淡々と打っていこう・・・。と思いました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はソフトで、かなりいいです。

軟鉄独特の柔らかさがあり、心地よさが残ります。

『鉄の柔らかさ』といっていいのかもしれません。

中空のような『空洞感』は無いですし、『樹脂をインサート』した、あの『もやっとした』タイプのアイアンとも明らかに違うので、おそらくこのアイアンは軟鉄ワンピースタイプなのだろう・・・。と思いました。

程よい厚みと『まったり感』があり、これだからフォージドアイアンは止められません。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は普通・・・。といった感じがしますが、ロフトが立っていることもあり、どちらかといえばヒッタータイプの方に合いやすいアイアンだと思います。

『やや軽量タイプ』でありながらも、『物理的なあがりやすさ』を求めて作られたアイアンではないような気がします。

今のクラブはアイアンやドライバーなども含め、ウェイトが内部に組み込まれていて、外からでは見えないものが多いですが、おそらくこのアイアンにはウェイトも組み込まれていないだろう・・・。と思いました。

先ほどもソール形状のところで書きましたが、やはりある程度は『ダウンブロー』で上から少し押していく感じのほうが、スピンが効いてあがりやすいように感じます。

それほど重心の高いアイアンではないと思いますが、『横から』というよりは、少し『上から』のイメージで打ったほうが合いやすいのではないでしょうか?



バックフェース
『安定性』という点では、フルキャビティらしい易しさがあり親しみやすいです。

シビアさは感じませんが、バリバリの『オートマタイプ』というよりは、『扱いやすさ』を残した易しさ・・・。といったらいいでしょうか?

マニュアルタイプとオートマチックタイプの中間くらいにあるアイアンといっていいのかもしれません。

構えやすいのでいいイメージが出やすいということもありますし、やや軽量ではあるものの安定性の高いシャフトが挿してあるということもあり、打点がブレにくいです。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れていて、今時の『飛び系』だな・・・。と思ったのですが、正直それほど尖った感じがしません。

どちらかといえば『飛距離最優先』で開発されたアイアンではないように感じます。

私の感覚では『一番手上』くらいの飛びです。

今は『2番手以上』のアイアンがたくさんあるので、それらと比べると、少し足りないのかな・・・。と思ってしまいますが、私はアイアンに飛距離を求めていないので、これでも『飛びすぎ』なところがあります。

今主流の飛距離最優先のアイアンを『ディスタンス系』と呼ぶならば、このアイアンは『セミディスタンス系』といったところでしょうか?

飛ぶけど飛びすぎない、そしてしっかり高さも出していけるアイアンです。

飛距離最優先のアイアンはどちらかというと、ヒッターをあまり対象にしていない印象がありますが、このアイアンは最初からキャロウェイがヒッター向けに開発したタイプの『やや飛距離重視系』アイアンといっていいように思います。



操作性
『操作性』は、いい感じです。

これまでの経験が活かせるタイプといいますか、『雑味の無いクリア感』といいますか、邪魔をするものが無いので、球筋をコントロールしやすいです。

キャビティらしい大らかさがありながら、決して曲がりづらいというタイプではなく、左右どちらにも反応してくれました。

私はフッカーなので、少し球がつかまりやすい印象をもちましたが、左が気になることはありませんでした。

直線というよりは『微妙な曲線』を描いていけるアイアンで、こういうタイプは実戦でもすごく役に立ちます。

ドライバーではオートマチック的に真っ直ぐ打ちたいけど、アイアンは距離もコントロールしていかなければならないので、微妙に曲げるといいますか、自分の持ち球で勝負していきたい・・・。という方は多いのではないでしょうか?

ドローヒッターもいいですが、フェードヒッターで強いグースが苦手だという方には、かなりマッチしやすいのではないでしょうか?

球がよくつかまってくれ、右に抜ける感じはありませんでした。

『つかまったフェード』を打つためのアイアンといって過言では無いかもしれません。



試打後の感想


ヒール側
最近では珍しいといいますか、少数派の『ピュア』なアイアンという印象をもちました。

いい意味でいえば『正統派』。

違う意味でいえば『それほどお助け機能が無い』。



Callaway X FORGED STARアイアン
バックフェースのデザインなどはとても美しいけれど、『既視感』があって、特別目新しさは感じなかったのですが、試打しても同じような印象をもちました。



Callaway X FORGED STARアイアン
飛びの性能も少し高めているけど、それほど極端にしない。

構えやすさや打感にも配慮して、ちょうどいい『さじ加減』ができているアイアンといっていいように思います。



Callaway X FORGED STARアイアン
それほど飛ぶアイアンではないので、カッコいいアイアンを使って、とにかく飛距離も出していきたい・・・。という方には、少し物足りなさが残ってしまうかもしれません。

飛ばないことも性能の一部だと私は思っているのですが、今のニーズはそうではありません。

ドライバーだけでなく、アイアンも飛距離が求められる時代です。

なので、このアイアンはそれほど多くの支持は集められないのかな・・・。と思いました。



Callaway X FORGED STARアイアン
軟鉄アイアンは難しい。

ステンレスアイアンは易しい。

というイメージを持っておられる方は少なくないかもしれません。

しかし実際はそうではなくて、軟鉄でも易しいアイアンはたくさんありますし、ステンレスでも難しいアイアンもたくさんあります。

素材による違いもありますし、それぞれ一長一短あるので、どちらがいいというものではなく、好みで選ぶべきです。

私は軟鉄アイアンでゴルフ人生をスタートさせ、それが今も続いていますし、これからも軟鉄アイアンしか使いません。



Callaway X FORGED STARアイアン
いい意味で、このアイアンは『見た目通りの性能』だな・・・。と思いました。

ドライバーなどのように設計自由度の高いクラブは見た目と実際の性能が必ずしも一致しないものですが、それほど設計自由度が高くないアイアンは見た目の印象と実際の性能がかなり近くなるものです。

それでも研究が進み、ヘッド内部に異材を組み込んだり、空洞にしたりして、見た目とのギャップのあるアイアンが増えてきました。

しかし、このアイアンはそういったところが感じられず、見た目の印象と合致する性能があり、最近では少なくなっています。

最新モデルでありながら、それほどハイテク感は無いかもしれませんが、そういったベーシックタイプを好まれる方には合いやすいアイアンではないでしょうか?

ただ私には『飛びすぎ』なところがあるので、やはり選択肢には入らないのですが・・・。

これらかもキャロウェイには、このようなカッコいいクラブを発表してもらいたいです。


構えやすさ・・・☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2021年09月10日
PR
  

キャロウェイ EPIC MAX FAST ドライバー

                 

キャロウェイ EPIC MAX FAST ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ EPIC MAX FAST ドライバー です。



Speeder EVOLUTION for Callaway
シャフトは Speeder EVOLUTION for Callaway です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は45g、トルクは6.2、バランスはD1、キックポイントは中調子、クラブ総重量は272g です。



正面
キャロウェイエピックシリーズのドライバーです。

以前、『LS』というドライバーを試打しましたが、今日はFASTです。

文字通り、打球が速いということでしょうか?



側面
ラージサイズでシャロー感のあるヘッドです。



ウェイト
ウェイトが移動できるのはLSと同じです。



JAIL BREAK AI SPEED FRAME
このJAIL BREAK AI SPEED FRAMEもお馴染みになりました。



ネック長さ
ネックは短めで調整機能は搭載されていません。



シャローだがクラウンが盛り上がっている
シャロータイプですが、クラウンが盛り上がっていて、キャロウェイらしい形状です。



フェース面のデザイン
このフェース面も見慣れた感があり、弾きが良さそうな印象を受けます。



顔
独特な顔です。

もっとシュッとしたいい顔を予想していたので、ちょっと残念ではあったのですが、あくまでも私の好みでないということであって、この顔が良くないということではありません。

フェースが左を向いているように見えますし、後方もヒール側が膨らんでボテッとしているので、『ドローバイアス』の掛かった顔といっていいように思います。

この顔なら、テーラーメイドだったら『DRAW』という名前がつくと思いますが、それが無いということは、キャロウェイにとって、この顔がスタンダードなのでしょうか?



オリジナルグリップ
装着されているグリップは以前試打したアイアンと同じです。



振り感
素振りをしてみると、かなり軽くて見た目とのギャップを感じました。

見た目はアスリート仕様でありながら、かなりのソフトスペックになっているので、シニア層の方をターゲットにしているのかもしれません。



構え感
ボールを前にして構えてみても、つかまりそうな顔ではありますが、極端ではありません。

ただ少し右を向いて構えたくなったので、構え直しました。

なかなかテンションがあがりません。

淡々とした気持ちで、足を小刻みに動かしながらテークバックのタイミングをとっていました。



試打を開始しました


フェース面
弾き感のある打感で、キャロウェイらしいです。

この球離れの速さはトップクラスといっていいように思います。

手応えがありますが、堅いというよりは、『ややソフト』という打感です。



打球音
音はやや大きめですが、甲高くなく好感が持てます。



トゥ側
球はあがりやすく、タフなドライバーではないですが、高~く上がって終わり。という打球ではなく、伸びがありました。



バックフェース
『安定性』も高く、構えたときの印象通り、球をしっかりとつかまえてくれます。

私は持ち球がフック系なので、つかまり過ぎに感じますが、フェード系が持ち球の方には、ほぼストレートに飛んでいくのかもしれません。



飛距離性能
キャロウェイらしく、ポテンシャルの高いドライバーですが、これまでのモデルと比べて、特に性能がアップした感じはしません。

少し叩いてみたくなって叩いてみたのですが、結構スピンが増える感じで、やはり私には合っていないように感じました。



操作性
『操作性』という点では、明らかに劣っているといいますか、『操作しづらい』タイプのドライバーです。

それはヘッドにもシャフトにもあります。

ほぼ自動的にドロー系の球筋が出やすい造りになっていることと、シャフトも先が動く感じで『つかまりの二乗』といったらいいでしょうか?

右へは曲げにくいドライバーです。



試打後の感想


ヒール側
弾きの良さとつかまりの良さ。

それに『軽さ』が加わったドライバーといった印象を受けました。



Callaway EPIC MAX FAST DRIVER
見た目以上の『ライトな』といいますか、ソフトなスペックに仕上がっているのが、予想外でした。



Callaway EPIC MAX FAST DRIVER
名前はFASTよりは『LIGHT』のほうが相応しいのではないかな?と思いましたが、それでは売れにくいのかもしれません。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2021年08月26日
PR
  

キャロウェイ EPIC MAX FAST アイアン

                 

キャロウェイ EPIC FAST アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ EPIC MAXFAST アイアン の7番 です。



N.S.PRO Zelos 7
シャフトは N.S.PRO Zelos 7 です。

ロフトは26度、シャフトフレックスはS、トルクは2.6、キックポイントは中調子、クラブ総重量は365g です。



正面
キャロウェイEPICシリーズのニューアイアンです。

毎年、ニューモデルが登場するのは秋か年明けが多いように思うのですが、今のような夏にニューモデルに出会えるのも、とても嬉しいです。

コロナ渦で、クラブの生産に支障が出ているメーカーも少なくないようで、最近はなかなか出会えません。

様々なところで、コロナの影響が出ています。



側面
キャロウェイらしい独自の工夫が見られます。

バックフェースにある、黒いパーツには『TUNGSTEN』の文字があったので、ウェイトだということが分かりました。

この工夫は以前試打したモデルにも見られます。

おそらく、同じような意味なのではないでしょうか?



彫りの深さ
独特な膨らみがあるので、おそらく中空だろうと思ったのですが、これまでの中空のように、プクッと膨れていなくて、普通のアイアンのように見えます。

ボテッとした厚めの中空ではなく、スタイリッシュな『薄めの中空』といったところでしょうか?



トップライン
トップラインは少し厚めではありますが、気になるほどではありません。



ソール幅
ソール幅は標準的です。

それよりも、この形状(丸み)がよく目立っていました。

私はこのようにカーブを描いているよりも、真っ直ぐでシャープな形状が好きですが、このような形状だと『つかまる』イメージを出しやすい方は多いのではないでしょうか?

キャロウェイらしいといいますか、海外メーカーのアイアンらしい質感だな・・・。と思いながら見ていました。

ステンレスっぽい質感と光沢感があり、少しチープといいますか、いかにも『大量生産』っぽいです。

ミズノや三浦技研はアイアンが得意なメーカーですが、その真逆のウッド系クラブが得意なメーカーのアイアン・・・。といったらいいでしょうか?

こういうタイプのアイアンは長く使うというよりは、結構短いスパンで買い換えるタイプに多いような気がします。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。



FORGED E21
ホーゼルには『FORGED E21・』という刻印がありました。

これはどういう意味なのでしょうか?



ミーリング無し
フェース面にミーリングは無く、ごくシンプルなフェース面です。



オリジナルグリップ
装着されているグリップが大きく変わりました。

これまではソフトフィーリング系のグリップを挿しているものが多かったのですが、このグリップはソフトというよりは『しっかり系』といいますか、グリップ力が強くて滑りにくいタイプです。

私はツアーベルベットなど、ソフト系のグリップが好きですが、このようなしっかり系のグリップを好まれる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



構え感
ボールを前にして構えてみると、なかなかいい感じでした。

特に大きなクセは見られません。

少しグースが利いていますが、リーディングエッジがストレートに近いので、ターゲットラインに対して垂直に構えやすいです。

トップラインが少し厚く見えましたが、気になることはありません。

こうして構えるまでは、『つかまえ系』の顔をしているんだろうな・・・。と思っていたのですが、実際は少し違っていて、『逃がす』イメージも出していけるので好感が持てます。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、まずまずです。

『薄め』といいますか、『空洞感』のある打感ですが、これまでの中空アイアンよりは好感が持てます。

『密着感』はありませんが堅くなく、打っていてストレスを感じません。



トゥ側
球はあがりやすくてイージーです。

見た目はいかにもアスリート向けなデザインですが、球があがりやすくて親しみやすいアイアンです。

ヒッタータイプの方はもちろん、スインガータイプの方にも合いやすくなるように設計されているのではないでしょうか?

ロフトが立っていますが、重心が深いので、フェースが上を向きやすくなっているのかもしれません。

上から抑えて潰して打つ・・・。というよりは、ボールの横から払っていくイメージで充分あげてくれました。



バックフェース
『安定性』は普通です。

シビアさは無く、大らかなところがありますが、完全なオートマチック系というよりは、中間くらいにあるように感じます。

スイートエリアも広めではありますが、フェース面のほぼ全てというほどの広さではありません。



飛距離性能
『飛距離性能』はとても高いです。

2番手以上は楽に飛ばしてくれ、7番とは思えないほどよく飛ばしてくれました。

ロフトが立っていることはもちろん、弾きも関係しているのかもしれません。

練習場の200Yの看板を超えていくので、よく飛ぶのは凄いけど、コースで使うのは怖いな・・・。と率直に思いました。

これまで同様に飛ぶディスタンス系アイアンをたくさん試打してきましたが、このアイアンのようにすっきりしてカッコいいデザインは稀でした。

飛距離性能は今の最先端と同レベルですが、カッコ良さや構えやすさをしっかり考えて設計されているのではないでしょうか?



操作性
どちらかというと『弾き系』で、『乗っかり感』があまり無いのですが、左右へ曲げるのは難しくありませんでした。

敏感に反応するのではなく、ややスローな感じではあったものの、左右どちらへも偏った感じがしなかったところに好感が持てました。

構えやすかったというのも大きいのかもしれません。

ただマニュアルタイプか?と聞かれれば、私は『セミオートマチックタイプ』だと答えます。



試打後の感想


ヒール側
キャロウェイらしいデザインで、いい意味での『ワンパターン感』がありました。



Callaway EPIC FAST アイアン
キャロウェイはどちらかというと、フィーリングよりは『ハイテク』といいますか、『メカニカル』なところを重視しているように思いますが、このアイアンは『カッコ良さ』にも力を入れているのかもしれません。



Callaway EPIC FAST アイアン
ただ、以前試打したモデルと大きく進化したか?と聞かれれば、私は疑問符がつきます。

もちろん、これまでに無い新たな技術が投入されているとは思うのですが、それでこのアイアン自体が大きく変化したとは思えません。



Callaway EPIC FAST アイアン
これは実際に打ち比べてみないと分からないところではありますが、おそらく大きな進化はしていないと思います。

あくまでも、ごく僅かな『マイナーチェンジ』といった印象をもちました。

それくらい、もうアイアンの『伸びしろ』は大きく残されていません。



Callaway EPIC FAST アイアン
カッコいいアイアンですが、ハードルの高さはそれほどでもなく、むしろ親しみやすい性質があります。

これが中空の一番のメリットといえるのではないでしょうか?

カッコいいけど、易しさも充分配慮されている・・・。

しかしフィーリングがどうしても犠牲になってしまう・・・。

人によって、どちらを重視するかは大きく変わってくるので、『易しさ』や『飛距離』を求めていきたい方には魅力的なアイアンといえるのではないでしょうか?



Callaway EPIC FAST アイアン
これからのキャロウェイにも、要注目です。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2021年05月21日
PR
  

キャロウェイ APEX アイアン

                 

キャロウェイ APEX アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ APEX アイアン の7番 です。



N.S.PRO 950GH neo
シャフトは N.S.PRO 950GH neo です。

ロフトは30.5度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は98g、バランスはD1、キックポイントは中調子、クラブ総重量は423g です。



正面
キャロウェイの新しいアイアンです。

先日、APEX PRO というアイアンを試打しましたが、今日は姉妹モデルです。

キャロウェイアイアンらしいデザインで、以前試打した、レガシーブラックアイアンを思い出しました。

レガシーブラックの後継モデルという位置づけなのでしょうか?

落ち着いたデザインで好感が持てます。



側面
大きさは標準的です。

セミラージサイズなのかな?と思いましたが、そうではありません。

フェース高が低めで、シャロー系のアイアンといっていいように思いますが、今はこれくらいが主流で、フェース高が高い(ディープフェース)のアイアンは少なくなりました。



彫りの深さ
彫りの深さもたっぷりあって、メカニカルなフルキャビティといった感じです。



トップライン
トップラインはやや厚めですが、極端ではないですし、輪郭も丸みが強調されていないので、イメージも出しやすそうです。



ソール幅
ソール幅は標準的です。

バックフェース側の丸みが目立ちます。

私はもっと真っ直ぐなほうが好きですが、このような形状だと『包み込む』イメージを出しやすいという方も多いのではないでしょうか?

つかまりの良さをイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。



ソール形状
ソールは全体的に微妙な丸みがあります。

リーディングエッジとトレーリングエッジの削りはあまり見られません。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。

長くもなく、短くもありません。



FORGED
ホーゼルにはFORGEDの文字があります。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありません。

シンプルで綺麗なフェース面です。

スコアラインの数は14本なので、平均的といっていいように思います。

キャロウェイのアイアンはスコアライン同士の間隔が狭く、本数が多いイメージがありますが、このアイアンは『日本的』といいますか、奇をてらったところはありません。

スコアラインではなく、その間の平らな部分でボールを乗せて運びたいという方は、これくらい間隔があったほうがいいような気がします。

実際に『熱い』とか『冷たい』ということはないのですが、フェース面にも『温度』のようなものを感じることがあり、このアイアンは『クール』なタイプです。

感情の起伏が無く、常に一定な印象をもちました。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、ツアーベルベットでとても良く、キャロウェイのロゴもカッコいいです。

ソフトなフィーリングで、打つ前からテンションがあがります。



振り感
素振りをしてみると、なかなかいい感じです。

軽量タイプではありますが、それほど頼りない感じはしません。

タイミングもすぐに整えることができました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、いい意味で『意外』といいますか、クセの小さい顔で好感が持てました。

もっとクセのきつい顔をしているのかと思いましたが、違いました。

こうして見ると、やはりレガシーブラックの後継なのかな?と思います。

独特の光沢感がキャロウェイアイアンらしいです。

タイトリストのアイアンに近いものがあります。

ボールとの大きさの対比が良く、ボールが際立って見えます。

ラージサイズを好まれる方は小さく感じられるかもしれません。

グースは少し利いていますが、これくらいであれば全く問題ありません。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はまずまずです。

ある程度予想していた通りのフィーリングです。

弾き感はあるものの、それほど強烈ではなく、ややまったりしたところがあります。

『厚みで押していく』とか、『乗せて運ぶ』というフィーリングではないのですが、このようなタイプもたくさん試打してきましたし、違和感などはありません。

キャロウェイらしいといいますか、ハイテクタイプのアイアンらしい打感です。



トゥ側
球はあがりやすく、打ち出しも高いです。

カッコいいアイアンですし、アスリートモデルっぽいデザインではありますが、ハードルは高く設定されておらず、かなり親しみやすいアイアンです。

ヒッタータイプの方はもちろん、スインガータイプの中にも親しみやすいという方は多いのではないでしょうか?

ロフトが立っていることを忘れさせるあがりやすさです。

軟鉄マッスルバックのように、フェースをグッと噛んで乗せていく・・・。というあがり方ではないのですが、この『オートマチック』的なあがりやすさも多くの支持を集めるのではないでしょうか?

とてもあがりやすくてイージーなのですが、何となく『淡白』なあがり方だな・・・。と弾道を目で追いながら思いました。



バックフェース
『安定性』も高いです。

フルキャビティらしい大らかさがあり、慣性モーメントも高いように感じます。

おそらくウェイトなどがヘッド内部に組み込まれているのではないでしょうか?

カッコいいタイプのオートマ系アイアンです。

アイアンだけでなくドライバーなどでもウェイトが組み込まれたクラブが多く、それらはかなり易しさがアップしていますが、ウェイトの位置をずらすと『好打感』のポイントがズレてしまったり、あやふやになってしまうことが多くなります。

このアイアンにも、そのようなことを感じました。

球筋や高さは安定しますが、フィーリングにはズレが生じてしまいます。



飛距離性能
『飛距離性能』も優れていますが、『性格の丸い飛び』だという印象をもちました。

いわゆる『バカッ飛び』するのではなく、安定して+15ヤードを飛ばしてくれる感じ・・・。といったらいいでしょうか?

ガツーンと強く引っ叩くのではなく、サラーっとさらっていく感じがちょうどいいです。

打ち出しが高く、キャリーをしっかり稼いでいくことができました。

アイアンのロフトが立つようになって久しいですが、まだ出始めの頃は確かに飛ぶようになったけど、球があがらないとか、あがり方にムラがある・・・。といった声もよく聞きました。

しかし最近のディスタンス系アイアンはそういったところが見事なまでにカバーされていて、安定感が増しています。

よく飛ぶので7番アイアンで5番アイアンの距離感を出していかなければならないのが難しいところですが、日頃から使い慣れてマスターしておられる方には、縦の距離も合わせやすいのかもしれません。

ビッグキャリーで高さも出ますが、なんといいますかフェースにグッと乗るような感じではないですし、スピンも少ないような気がします。

おそらくグリーンでも止まりにくいんじゃないかな?と思いました。



操作性
易しくてオートマ系のアイアンであることは間違いないですが、構えやすいので、イメージが出しやすく左右に曲げることができました。

いい意味での『鈍感さによる曲げ方』ができるアイアンだな・・・。と思いました。

左右どちらも曲げ幅が安定しています。

大きく曲げるのは難しいですが、ドローヒッターにもフェードヒッターにも扱いやすいアイアンです。



試打後の感想


ヒール側
構える前、そして打つ前の印象よりも、実際に打ってみて印象が良くなるアイアンです。

変なクセもなく、いい意味でまとまっています。



Callaway APEX アイアン
カッコいいアイアンですが、気難しさのようなものは全く感じません。

むしろ、易しすぎて物足りない・・・。という方がいらっしゃるのではないでしょうか?



Callaway APEX アイアン
実際に打ち比べてみたわけではないので、はっきりとはいえませんが、先日試打したDCBよりも、私はこのアイアンのほうが好きです。



Callaway APEX アイアン
キャロウェイといえば『ハイテク』というイメージが私の中で定着していて、このアイアンもそのようなタイプだと思ったのですが、工夫がされすぎていないといいますか、フィーリングを邪魔していないところがいいです。

以前は、かなりゴチャゴチャしていて、『濁った』ような印象をもったアイアンもあったのですが、最近は余計なものが省かれて必要最低限の工夫に収まっているように感じます。



Callaway APEX IRON
他のメーカーにも言えることですが、もう『やり尽くしちゃった感』があるのではないでしょうか?

不必要なパーツの組み合わせは止めて、プレイヤーのフィーリングを大切にする設計になったのかもしれません。

とはいっても、ゴルフクラブはファッションと同じように『流行』のようなものがあるので、一周回ってまた同じようなものが出回るような気がします。



Callaway APEX アイアン
これからもキャロウェイには期待していきたいです。


構えやすさ・・・☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2021年04月04日
PR
  

キャロウェイ APEX PRO アイアン

                 

キャロウェイ APEX PRO アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ APEX PRO アイアン の7番 です。



ダイナミックゴールド
シャフトは ダイナミックゴールド です。

ロフトは33度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS200、シャフト重量は129g、バランスはD3、キックポイントは手元調子、クラブ総重量は447g です。



正面
とてもカッコいいキャロウェイのニューアイアンです。

ひと目見て、一気にボルテージが上がってきました。

このようにカッコいいアイアンを目にすると、気持ちの盛り上がりが抑えきれません。

このアイアンはAPEXというブランドですが、あの名器『X-FORGED』の流れを汲んでいるのではないでしょうか?

以前も書きましたが、私は昔からキャロウェイのアイアン(ビッグバーサアイアン)をすごく苦手にしていて、目にしても試打することなく敬遠していました。

苦手意識が強く、決して交わることのない存在だと思っていたのですが、X-FORGEDに出会って、キャロウェイアイアンに親近感をもつようになりました。

ゴルフクラブは打つ前に、まず目で楽しみたいと思っているのですが、このようなオーソドックスな形状のアイアンは美しいというだけでなく、実際に易しいという印象があります。

軟鉄の質感がたまりません。

私の目尻は下がりっぱなしです。



側面
シャープな形状で、とてもカッコいいです。

キャロウェイといえば、アイアンよりもドライバーやフェアウェイウッドなど、ウッド系のクラブが得意なイメージがありますが、このアイアンはキャロウェイらしいハイテクなところが見られながらも、基本は崩していないところに好感がもてます。

こうして見ても、いろいろな工夫が見られますが大味なタイプではなく、標準的な大きさです。



バックフェースの形状

バックフェースの形状
マッスルバックタイプのアイアンといってもいいように思いますが、シンプルなフラットバック構造ではなく、このように溝のようになっていて、厳密にはキャビティといえるのかもしれません。

バックフェースにある、この溝も、これまで何度か目にしてきました。



PRO TUNGSTEN
ヒール側にTUNGSTENとあり、このAPEXとPROと表示されたパーツにタングステンが組み込まれているのだろうという予測が立ちました。

『組み込み感』といいますか、『後付け感』が、見て取れるからです。

ワンピースタイプではなく、『付け足す』タイプのアイアンだということが分かりました。

もし、これが全てタングステンだとすると、かなり大きなウェイトになりますが、おそらくそうではないと思います。

もしそうだと重くなりすぎて、バランスが取れなくなるからです。



彫りの深さ
彫りは浅く、絶妙な重量配分がされているようです。



トップライン
トップラインの厚みは標準的です。



ソール幅
ソール幅も標準的ですが、今のアイアンの中では、やや狭いほうになります。

ソールは真っ直ぐなものもあれば、テーパーになっているものもありますが、このアイアンはソール全体が微妙にカーブを描いていて、丸みがあります。

このソール形状を見ると、『包み込む』イメージが出しやすいという方も多いのではないでしょうか?

こういう形状は海外メーカーらしい特徴といっていいように思います。

『顔』だけでなく、このソール形状にも『美しい』『美しくない』が私の中であるのですが、このアイアンは後者のほうで、魅力的ではありませんでした。



ネック長さ
ネックは少し短めですが、今はこれくらいが多いです。

こうして見ても、少しグースが効いているのが分かります。



FORGED
ホーゼルにはFORGEDと刻印されています。

打感にもこだわっているようです。

この文字を見て、好感度があがるのは私だけでしょうか?



ソール形状
ソールはフラットというよりは全体的に少し丸みを帯びていますが、極端ではありません。

リーディングエッジやトレーリングエッジの削りも控えめです。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありません。

軽くサンドブラストをかけたような仕上がりだな・・・。と思いました。

スコアラインは14本なので標準的です。

キャロウェイのアイアンはもっとスコアラインの感覚が狭く、数が多いものもありましたが、このアイアンはオーソドックスです。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、ツアーベルベットで好感が持てます。

キャロウェイのロゴもカッコいいですね。



振り感
素振りをしてみても、適度な重量感があって、タイミングがとりやすいです。

最近は軽量スチールシャフトの充実ぶりが凄いですが、私はやはりこれくらいの重さがあったほうが易しくて親近感がもてます。

適度な重さに身を任せて振っていくだけでいい・・・。といったらいいでしょうか?

軽量タイプだと、こちらがやることが増えてしまうのですが、適度な重量だと『重量任せ』にできるところがいいです。

手を『だらん』として、ヘッドを『落とす感覚』で振っていけるからでしょうか?

これは『好み』や『慣れ』といったものが大きいので、一概にどれがいいとはいえません。

適正なスペックは人の数だけあります。



構え感
オーソドックスで構えやすいです。

男前で、この構えやすさは予想通りでした。

セミグースタイプといっていいように思います。

私はもっとグースが弱いほうが好きなのですが、今はこれくらいが多いですし、この顔が好きだという方は多いのではないでしょうか?

ボールとの『大きさの対比』が良く、イメージが色濃く浮かんできます。

私はグースがきついタイプだと、いいイメージが浮かんでこないこともありますし、ダフりそう・・・。とか、左に引っ掛けてしまいそう・・・。といったミスショットしそうな感じがするのですが、このアイアンには感じませんでした。

穏やかな気持でテークバックのタイミングをとることができました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は正直、物足りないです。

打つ前はすごく期待していたのですが、一球打って

「あれ?おかしいぞ、予想と違うぞ。」

と思い、すぐにもう一球打ってみたのですが、やはり印象は同じでした。

『密着感』が無いといいますか、少し『空洞感』がありました。

『30%くらいの空洞感』といったらいいでしょうか?

少し薄く感じられ、物足りないです。

見た目の印象とは大きく異なる打感で、予想していなかったですし、残念でした。

もちろん、すごく嫌な打感ではないですし、今のアイアンの全体では、なかなかいいほうだと思うのですが、打つ前の期待感が大きすぎたのかもしれません。

物足りないな・・・。自分がアイアンに求めたい打感ではないな・・・。と思いながら、試打を繰り返しました。

だんだんとテンションが下がっていきました。

まったりしたところはなく、『ガツン』という打感です。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、メーカーの工夫が活きているのか、このカッコいい外見でありながら、あがりやすくなっていますが、基本的にヒッター向けのアイアンなのは間違いありません。

誰でも球があがりやすくなっているアイアンではなく、好みが分かれるところだと思います。

ドライバーなどウッド系のクラブと比べると、アイアンはかなり重心が前に来ていて浅いので、その浅さを利用して上から潰して打ちたくなりますが、このアイアンはバックフェースにあるウェイトが効いているのでしょうか?

『レベル気味』に打っていけるアイアンで、やや『お尻が重たい』印象です。

レベルで打ち出しの高さや距離感を出している方には、イメージしやすいアイアンといえるかもしれません。



バックフェース
『安定性』という点では、見た目よりも寛容でシビアさはそれほど感じませんでした。

しかしイージー系のような直進性や浮きやすさは無く、ミスはミスと伝えてくれるアイアンです。

先ほども書きましたが、打感があまり良くなく、少しボヤケた感じがするので、打感だけで方向性や高さを感じにくいところがありました。

普段、マッスルバックやハーフキャビティを使っておられる方には、『易しめのカッコいいアイアン』といえると思いますが、アイアン全体で見ると、正直なタイプだと思います。



飛距離性能
『飛距離性能』は、『やや飛び』といった感じですが、今のアイアンの中では普通といえるでしょうか?

それほど飛ぶという印象はありませんが、今はこのようなタイプのアイアンでも距離を稼ぎやすくなっています。

飛びすぎるのは嫌だけど、『ちょい飛び』くらいがちょうどいいという方には合いやすいのではないでしょうか?



操作性
『操作性』は高く、左右に曲げるのも簡単です。

少しグースが効いていますが、左が気になるほどではありません。

バックフェースにあるウェイトが効いているのか、インパクトのときにヘッドがブレる感じはなく、そのままの勢いで押していけるタイプのアイアンです。

オートマチックというよりは、どちらかというとマニュアルタイプなアイアンですが、気難しさのようなものはなく、プレイヤーの持ち球を表現してくれます。



試打後の感想


ヒール側
名前に『PRO』という文字が入っていますが、親しみやすいところもあり、昔のプロモデルのような『尖った』印象はありません。

それは今のアイアンに共通しています。

先日試打したホンマのマッスルバックは、かなりシビアでしたが、このアイアンは全く違っていて、キャロウェイが易しさも追求して開発したのではないでしょうか?



Callaway APEX PRO アイアン
全体的にとてもカッコ良くて、気難しさもなく、バランスのとれたアイアンです。



Callaway APEX PRO アイアン
しかし打感がどうしても好きになれませんでした。

見た目とは違う打感で、正直意外というか、がっかりです。

もちろん普通に見れば、それほど悪い打感ではないのかもしれません。

私の期待値が高すぎたというのもあったような気がします。



Callaway APEX PRO アイアン
オーソドックスでカッコいいアイアンで、しかもフォージドでも、いろいろな打感があるんだな・・・。と再認識しました。

球数をこなしていく度にテンションが下がり続けているのに気づき、少し休憩をいれました。



Callaway APEX PRO アイアン
今回はハイテクが仇になったな・・・。と、このアイアンを見ながら思いました。



Callaway APEX PRO アイアン
また機会があれば試打してみたいですが、次回は違うタイプといいますか、シンプルなフォージドアイアンと打ち比べてみたいです。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2021年03月27日
PR
  

キャロウェイ EPIC MAX LS ドライバー

                 

キャロウェイ EPIC MAX LS ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャロウェイ EPIC MAX LS ドライバー です。



三菱ケミカル Diamana TB 60
シャフトは MITSUBISHI CHEMICAL Diamana TB 60 です。

ロフトは9度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は64g、トルクは3.7、バランスはD2、キックポイントは中元調子、クラブ総重量は318g です。



正面
キャロウェイEPICシリーズのニュードライバーです。

キャロウェイらしく、メカニカルなデザインですが、とてもカッコよく仕上がっています。

シンプルなベーシックタイプではなく、いろいろなパーツが組み合わさったハイテクタイプのドライバーですが、これがキャロウェイのこだわりなのかもしれません。



LS
『LS』と表示されているので、『ロースピン』だということが、これまでの経験で容易に想像できます。

つまり『叩ける』ドライバーなのだと思います。



4本の柱
ソールのフェース寄りには4つの丸いものがあり、これはヘッドの中に丸いバーのようなものが入っていると教えてもらったことがあるので、今回は倍の4本なのでしょうか?

こうやって、試打する前にいろいろなことを想像するのはとても楽しいです。

最初にそのクラブの情報を入れてしまうと、想像力が働かなくなったりしますが、私は試打する前にそのクラブの下調べをせずに『ぶっつけ本番』で試打するので、このように想像する楽しみがあります。

食べ物で例えると、冷めた肉まんを食べるのではなく、蒸したてで熱々の肉まんをフゥーフゥーしながら食べるような感覚でしょうか?

同じ材料、同じ製法で作っても、『温度』によって味は変わります。

近くに『JAIL BREAK AI SPEED FRAME』という文字がありました。

AIによる設計なのでしょうか?

もしそうだとしたら、なぜ最初からこのようにしないのかな?と思いましたが、『少しずつ進化させる』ことが、戦略上必要なのかもしれません。

いろいろなクラブを試打していると、ゴルフクラブは『ちょっと出し』していると感じることが多いですし、そう感じるのは私だけではないような気がします。

逆に退化といいますか、性能が落ちてしまっている最新クラブも少なくないです。

必ずしも『最新=最高』ということにはなりません。



ソールにある3本の突起物
ソールのヒール側には、三本の線といいますか、突起物のようなものがあります。

これは空気力学によるものでしょうか?

それとも単なるデザインでしょうか?



トゥ側のデザイン
トゥ側の、このデザインもすごくオシャレで見た目のインパクト大です。

ハイテクが嫌味になっていないデザインで、このクラブを設計したデザイナーはセンスいいなぁ・・・。と思いました。



側面
ラージサイズのシャローヘッドです。

よく見かけるタイプで、特に変わったところは見られません。



ネック長さ
ネックの長さは適度にあります。

こうしてネックだけを見ると、重心が高そうな感じがするのですが、ヘッドに目を移すと低そうに見えます。



バックフェースのウェイト
バックフェースには大きめのウェイトが配置されていて、移動できるようになっています。

キャロウェイのドライバーではお馴染みになりました。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されています。



NS
試打するのは、NSポジションです。



+2 N
+2 N

D +1
D +1

-1 D
-1 D

他には、このようなポジションがありました。



フェース面のデザイ
いかにも弾きが良さそうなフェース面です。

このフェース面も、最近キャロウェイのドライバーでよく見かけます。

キャロウェイらしいデザインですが、このつや消しな感じが何とも言えない、いい雰囲気を醸し出しています。

指で触れてみたのですが、『つるつる』していなくて、『ザラザラ』していました。



FLASH FACE SS21
トゥ側には『FLASH FACE SS21』という文字があり、これも以前目にしたことがあります。

今回は前のモデルのマイナーチェンジ版で、一番の違いは、ヘッドの中にある、丸いバーが2本から4本に増えたことなのかな?と思いました。



ディープフェース&シャローバック
ディープフェース&シャローバックタイプです。

ディープバックは苦手でシャローバックがいいけど、フェース高はあったほうがいいという方は多いのではないでしょうか?

昔のディープフェースは球があがりにくいものが多かったのですが、最近は研究が進んだのか、あがりやすくて親しみやすいものが増えてきました。

ディープフェースだと、フェース面を『縦』に使えるのがいいです。

ただ重心が深すぎたりすると、どのように打ってもフェースが上を向きすぎてしまうと感じることもあります。

そして経験的にですが、フェース高があったほうが、ボールの弾きも良くなるような気がします。

こういったところはシャローフェースでは感じられません。

シャローフェースは重心を低くして球があがりやすくなるなどのメリットもありますが、どうしてもデメリットも生じてしまい、それをカバーできるのがディープフェースです。



顔
顔は正直、好みではありませんでした。

すごくいい顔を期待していたのに残念で、一気にテンションが下がってしまいました。

やっぱり今は、このような顔が求められているのでしょうか?

フェースがかなり被っているように見えて、トゥ側が『角(つの)』のように見えてしまいました。

バックフェースの膨らみも目立ちます。

これまで、ロースピンモデルをいくつか試打してきましたが、スクエアか『逃し顔』になっているものばかりでした。

このような『つかまえ顔』は記憶にありません。

この顔だと、つかまえにいくことはできず、逃しながら打つしかないかな・・・。などと考えていました。

ただ、ネックにある調整システムを使えば、好みの向きにできそうな気もします。

私には苦手な顔なのですが、このようなつかまえ顔を好まれる方には、好感が持てるのではないでしょうか?

これまでに無かった『つかまえ系のロースピンモデル』ということなのかもしれません。

バックフェースも膨らんでいて、『丸顔』というよりは『三角顔』に近いです。

これがキャロウェイの誇る『AI』が導き出した顔なのでしょうか?

囲碁やチェス・将棋でAIが人間を圧倒していますが、ゴルフクラブのデザイン、そして実際のゴルフプレーにおいては、まだまだ及ばないところもあるように思いますし、この顔はAIではなく、人間が設計したのかもしれません。

最近は写真の判定などでもAIが使われることもあり、私は何枚かの写真をAIに判定させてみたことがあります。

すると実際はただの風景写真だったのに、AIはそれを風景写真だとは認識できずに、全くのトンチンカンな答えを出していて、AIにも得手不得手があって、答えがはっきりしないものは苦手だということを知りました。

また一口にAIといってもピンからキリまで、いろいろなタイプがあると思いますし、キャロウェイの使っているAIはもっと優秀だと思います。



カーボンクラウン
クラウンはカーボンコンポジットであることが分かりました。

カーボンの模様がはっきりと見て取れます。

最近はカーボンクラウンが多くなり、これも一種の流行でしょうか?



構え感
ボールを前にしても、やはり構えづらくて、頭の中がモヤモヤしていました。

左方向へ矢印がついているような感覚です。

このまま打てば、左にしか行かないような気がします。

このラージサイズによる、投影面積の大きさ。

そして『つかまえ顔』。

PINGを意識しているんだろうな・・・。と思いました。

ロフト9度モデルだからでしょうか?

フェース面が見えすぎず、ライナー系をイメージしやすいのがいいです。

ただ実際はもっとロフトが寝ているようにも見えます。

好みの顔ではないので、気持ちが盛り上がることもなく、淡々と見つめていました。

ヘッド後方の膨らみは目立ちますが、それほど『大顔感』はありませんでした。

なかなかいいイメージが描けないので、とにかく雑にならないよう、自分自身に言い聞かせました。



グリップ
装着されているグリップは、ソフトなフィーリングで好感が持てます。

これまで何度か出会ってきたグリップで、無難なタイプです。

クセのないグリップなので、どの番手のクラブとも相性がいいような気がします。



振り感
素振りをしてみると、なかなかいい感じです。

最近、このシャフトに出会うことが多いような気がするのですが、これが純正シャフトでしょうか?

適度な重量としっかり感があって、タイミングが取りやすいです。

たくさんのゴルフクラブを試打していると、シャフトには脊椎動物と無脊椎動物に分かれるように感じることがあります。

実際に背骨があるというのではなく、どのシャフトも中は『空洞』なのですが、背骨があるタイプと無いタイプに分けられます。

それはただ単に『硬い』とか『軟らかい』というだけのくくりではなく、実際に振ってみて何となくそう感じるのですが、このシャフトは前者で、『スパイン』とはまた違う感覚です。

無脊椎動物タイプのシャフトはタイミングがドンピシャに合えば、すごく飛ばしていけるのですが、その再現性がなかなか高くできません。

対して脊椎動物タイプのシャフトは『最低点』を高く保つことができ、及第点を取りやすく、アベレージ的にも高いです。

このシャフトは硬いというタイプではありませんが、適度にしっかりしていて、スーッと背骨があるので、その無数にある背骨の関節の『つなぎ目』を動かすイメージで振っていきました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、いい感じです。

かなり弾き感があります。

球離れが速く、ボールが素早く飛び出していく感じで、それを目で追いながら『瞬速』という言葉が浮かんできました。

ソフトというよりは、しっかりしていて、『球の重さ』も感じられました。



打球音
『音』も好感が持てました。

昔のビッグバーサのような『キーン』という甲高い金属音ではなく、『バチーン』という感じの音です。

聞き惚れることはないですが、甲高くなく、大きくもなく、周りを気にしないでいいので、集中して打っていくことができました。

『叩いている』というのを実感できる音です。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、明らかにヒッター向けで、好みが分かれると思います。

やはりロースピンモデルだな・・・。と、弾道を追いながら確信しました。

ロフトも立っているので、それほど打ち出しが高くなり過ぎません。

球も吹き上がらず、強いライナー系で飛んでいき、叩けるドライバーです。

私は強く叩いていきたいタイプで、昔から『スピン過多』に悩まされてきたので、このドライバーの性能には魅力を感じます。

この『ライナー感』と『力強さ』。

そして風を突き破っていくような推進力・・・。

以前試打した、BIGBERTHA ALPHA ドライバー を思い出しました。

あのドライバーは結構タフなドライバーでしたが、飛距離性能が素晴らしく、今でも忘れることができません。



バックフェース
『安定性』は想像していたよりは高く、球がつかまりすぎないのがいいです。

構えたときのイメージと、実際の飛びが合致していないドライバーで、最近は時々見かけます。

ヒッター向けのドライバーなのは間違いないのですが、昔のヒッター向けドライバーと違い、それほどシビアさが無いのが、今のドライバーの特長といっていいように思います。

スイートエリアも狭いという印象はなく、気難しさもありません。

かといって、高い直進性があって、どのように打っても曲がらないということはありません。

気を抜くと、球が引っかかりそうだったのですが、パワーヒッターでフェードボールが持ち球の方は、まずこのノーマルな設定の『つかまえ顔』でまずは試してみられるのがいいのではないでしょうか?

右への曲がりを抑えてくれると思います。

私はフッカーなので、最初構えたときは左に行きそうで少し怖かったのですが、実際に打ってみるとそれほどつかまりすぎる感じはしませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』は高いですが、構えづらく、モヤモヤしたまま打っているので、もうひとつすっきりしないところがありました。

しかし、このドライバーのもつポテンシャルは間違いなく高いです。

今日は練習場で時折、強い横風が吹いていたのですが、その風をあざ笑うかのごとくスーッと力強く伸びていってくれ、本番に残しておきたいと思える球がいくつかありました。

ハイポテンシャルなドライバーでも『パワー系』と『スピード系』に分けられるとするならば、このドライバーは後者のスピード系です。

力でグンと押すというよりも、瞬発力で勝負するタイプのドライバーです。

それは今のドライバーの傾向といっていいように思います。

しかし、かなりスピンが少ないので、球がドロップするとか、キャリーが伸び切らないまま落下してしまう・・・。という方も多くなるような気もします。

ポテンシャルの高いドライバーですが、ライバルメーカーを圧倒するほどではないという印象をもちました。

しかし今は、それだけ優れたメーカーがたくさんあって、ハイレベルな争いになってしまっているという表現のほうが正しいように思います。

私はこのように『はっきりした性格』のクラブには、昔から魅力を感じます。

昔はあれだけスピンを減らそうと、いろいろと試行錯誤して、却ってスイングを壊してしまい伸び悩んでいた時期がありましたが、今はこうして簡単にクラブがスピンを減らしてくれます。

ありがたい時代になったな・・・。と実感しました。

昔では考えられなかったことが、今は簡単にできてしまいます。

それだけクラブメーカーの企業努力が凄いということです。



操作性
『操作性』という点では、構えづらいということや、ヘッドの特性を見ても、それほど秀でている感じはしません。

名前の通りロースピンでスピン性能が低くてあがりにくいタイプのドライバーですが、そのスピンの少なさは『サイドスピン』にも影響しているのかもしれません。

つかまえ顔ですが、それほど極端に左に引っ掛けるということもないですし、右にも少し曲げることができました。

ただ、大きく曲げるタイプではなく、『狭い曲がり幅』で勝負していくドライバーです。

ドローヒッターよりもフェードヒッターのパワー系ゴルファーに合いやすいのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
これまでは『無難』な感じ・・・。といいますか、性格がそれほどはっきりしないクラブが多かったように思います。

言い換えればそれは『バランスがいい』ということにもなるのかもしれませんが、それは幅広い層の支持を集められても、一部の層からは物足りなさを感じる部分でもあります。

その層にいるゴルファーの期待に応えるべく開発されたドライバーといっていいのではないでしょうか?



Callaway EPIC MAX LS ドライバー
このドライバーの特徴は名前の通り、『低スピン性能』です。

ここまで低スピンなものは、今のドライバーでは見つけられないかもしれません。

ライバルメーカーのPINGのLSでも、ここまでの低スピンではないと思います。

実際に打ち比べていないのではっきりとしたことはいえないのですが、率直にそう感じました。



Callaway EPIC MAX LS DRIVER
このドライバーの顔が気にならず、とにかく思いっきりぶっ叩いていきたい方には、かなり魅力的なドライバーといえるのではないでしょうか?

ラージサイズのシャロー系ドライバーですが、性格的にかなり尖ったところがあります。

なので、このドライバーが合わないという方は少なくないといいますか、むしろそういった方のほうが多いように思います。

もちろん調整システムを使って、自分に合うように調整すれば、もっとマッチしやすくなると思いますが、低スピン性能は変わらないので、ごく一部のゴルファーのためのドライバーといって間違いありません。

幅広い層の支持は集められないと思います。



Callaway EPIC MAX LS DRIVER
一番印象的だったのが『低スピン性能』ですが、それ以外にも『弾きの良さ』と『つかまりの良さ』があります。

つかまりがいいドライバーですが、予想していたよりも引っかかる感じがしないところに親近感を覚えました。

シャフトが上手く働いてくれていたと思います。



Callaway EPIC MAX LS DRIVER
先ほども書きましたが、かなり性格がはっきりしたドライバーなので、ごく一部のゴルファーからしか支持が得られないような気がします。

聞くところによると、このドライバーは『三兄弟』なので、違う兄弟のほうが一般受けしやすいかもしれません。

そのモデルを試打することがあればぜひ試打してみたいです。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
音・・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆(4.5)
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2021年03月05日
PR
  

キャロウェイ APEX ユーティリティ

                 

キャロウェイ APEX ユーティリティ
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ APEX ユーティリティ の4番 です。



Diamana 55 for Callaway
シャフトは Diamana です。

ロフトは21度、クラブ長さは40インチ、シャフトフレックスはS、トルクは3.5、キックポイントは中調子 です。



正面
キャロウェイのカッコいいユーティリティです。

ひと目見てセンスのいいデザインだな・・・。と思いました。

私はあまりゴチャゴチャしたのが好きではないのですが、このクラブのデザインは好感が持てます。

ハイテク感とシブさがマッチした、センスの良いデザインです。



側面
最近では、やや少なくなったコンパクト感のあるユーティリティです。

ドライバーやFWだけでなく、UTもシャロー&ラージタイプが多くなり、アイアンもフェース高が低く、重心の低いラージサイズアイアンが多くなりました。



ソールのウェイト
ソールにはウェイトが組み込まれています。

『8』という数字があったので、8gということでいいのだと思います。

この大きさのヘッドにしては、結構重そうな感じがするのですが、これがちょうどいい重さなのかもしれません。

ウェイトのすぐ近くには『JAIL BREAK AI VELOCITY BLADES』の文字があります。

キャロウェイ独自の新しい技術が搭載されているようです。



ソールの丸み
ソール全体が絶妙な丸みを帯びていて、流石だな・・・。と思いました。

ウェイトが配置されていても、それが出っ張っていないので、滑りを邪魔しなさそうです。

キャロウェイは元々、ウッド系のクラブが上手なメーカーなので、このような細かいところまで、しっかりとケアされているのだと思います。



ネック長さ
ネックは昔からよくある長さですが、最近のユーティリティの中では長めです。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されています。



NS
試打するのは、この『NS』ポジションです。



セミシャロー
コンパクトにまとまった形をしていますが、ディープというよりは『セミシャロー』といったほうがいいように思います。



顔
顔はまずまずです。

結構コンパクトな大きさで、黒なので引き締まって見えますが、フェースが左を向いているのが気になりました。

しかし、これはドライバーやFWでも多いですし、このフェースの被り具合が『今のニュートラル』といえるのかもしれません。



カーボンクラウン
カーボンクラウンであることが分かりました。

メーカー問わず、最近はよく見かけます。

メーカーが違っていても、実際に作る工場が同じだったりすることが昔から多いので、このような流れになるのかな?と思いました。



オリジナルグリップ
ツアーベルベットが挿してあり、最高のフィーリングで好感が持てます。

キャロウェイのオリジナルロゴもカッコいいです。

ヘッドには至るところに最新の技術が搭載されていながら、グリップはロングセラーモデルのグリップを採用しているというのも面白いです。

最新の技術を体感するのは、ツアーベルベットのような高フィーリングなグリップが最適だと思います。



構え感
ボールを前にして構えてみると、コンパクト感があっていいのですが、フェース(特にアゴの部分)が左を向いているように見えたので、少しマイナスでした。

ややカットめに打ってみるか、それとも右を向いて回してみるか・・・。

後者を選ぶことにしました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はしっかりしているのですが、硬くなく好感が持てます。

これまでのキャロウェイで経験してきたフィーリングです。

この打感にもAIの技術が使われているのでしょうか?



打球音
『音』は小気味良いですが、大きすぎず高すぎず、いい感じです。

いわゆる『機械音』なのですが、それが強すぎないところも好感が持てました。



トゥ側
球はあがりやすいです。

打つ前はもう少し低めのライナー系を予想していたのですが、違いました。

打ち出しが高く、高弾道系ユーティリティです。

これくらい高さがじゅうぶんでてくれると、『上から狙える』クラブに分類してもいいように思います。

球はあがりやすいですが、どちらかといえばヒッタータイプの方に合いやすいような気がします。

FWが好きな方、特に7番ウッドなど小さい番手のFWを使っておられる方は、使う場面が多くないかもしれません。



バックフェース
『安定性』は普通です。

特別曲がりにくいとは思いませんでした。

真っ直ぐな球が出るというのではなく、私の場合は最初からドロー系が出ました。



飛距離性能
高弾道で力強い球が出るので、飛距離性能も優れています。

『飛び』だけに特化したタイプのUTだとは思いませんが、安定して飛んでくれているところがいいです。

左右の幅よりも、打ち出しを揃えやすい印象をもちました。



操作性
『操作性』という点では、私はフック系のほうが易しく感じましたが、このようなコンパクトなヘッドなので、何が何でも曲がらないというタイプではなく、右にも曲げることができました。

フェードヒッターの方にはちょうどいい球のつかまりで、扱いやすいのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
最初見たときは、カッコいいクラブだな・・・。と思っていました。

少しタフなタイプでハードルが高いのかと思いましたが、実際打ってみると全くそうではないことが分かりました。



Callaway APEX Utility
ユーティリティにも『アイアン好きな方が合いやすいタイプ』と『ウッド系(FW)が好きな方が合いやすいタイプ』があると思うのですが、このクラブは前者のほうだと思います。



Callaway APEX Utility
ソールがよく滑ってくれるので、それを活かし、少し上から潰し気味に打っていきたいクラブです。

ユーティリティで球があがらない・・・。と感じておられる方の中には、絶対に『水平』でインパクトしようとしておられる方が多いように思います。

そういった方は、ぜひ『逆転の発想』で、少し上から(斜め上から)ボールを潰し気味に打って見られるといいかもしれません。

インパクトから先で、ボールがフェースを駆け上がるイメージをもたれると、球があがりやすくて高さが出やすくなるのではないでしょうか?

私はそういった方をたくさん見てきて、ボールがあがるようになりました。

ボールをあげようと、下からすくおうとすればするほど、ボールはあがらなくなるものです。

特に今のボールは低スピン性能があがっているので、あがりにくくなります。

何が何でも低重心のクラブが易しいということではありません。



Callaway APEX Utility
カッコ良さと易しさの調和がとれたユーティリティです。

特別ここが他のクラブよりも優れている・・・。という印象はなく、バランスがとれているクラブです。

つまり、それだけ実戦的なクラブということになります。



Callaway APEX Utility
顔が私の好みではなかったのですが、ネックの調整機能を使えば、また見方も変わってくるのかもしれません。

今日はできませんでしたが、また機会があれば、いろいろと調整して試打してみたいと思います。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
音・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2021年02月11日
PR
  

キャロウェイ APEX DCB アイアン

                 

キャロウェイ APEX DCB アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ APEX DCB アイアン の7番 です。



N.S.PRO ZELOS 7
シャフトは N.S.PRO ZELOS 7 です。

ロフトは30度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は77.5g、トルクは2.6、バランスはD0、キックポイントは先調子、クラブ総重量は408g です。



正面
キャロウェイAPEXのニューアイアンです。

派手さが無く、落ち着いた感じのデザインで好感が持てます。

バックフェースが黒というのも、これまでのモデルと同じで、ひと目でキャロウェイだと分かります。



DCB
DCBとはどういう意味なのでしょうか?

また新たな技術が注ぎ込まれているのかもしれません。



側面
ベーシックなタイプですが、それほどシャープさはありません。

むしろ、少し厚みがあります。

バックフェースはゴチャゴチャしていなくて、すっきりとしたキャビティアイアンです。

『半光沢感』といったらいいでしょうか?

ミラー仕上げのようにピカピカ光るタイプではなく、しかしツヤと光沢感があり、独特な質感です。

キャロウェイアイアンにはよく見られるので、キャロウェイの個性といっていいように思います。



彫りの深さ

彫りの深さ
彫りの深さも結構あって、標準的なフルキャビティといっていいように思います。



トップライン
トップラインは、やや厚めです。

私はもう少し薄くてシャープな感じが好きですが、これくらい厚みがあるほうが安心感が得られるという方も多いのではないでしょうか?

よく見られる厚みです。



ソール幅
ソール幅は少しワイドですが、今のアイアンの中では平均的です。

バックフェースが丸くなっていて、グースも効いているので、かなりフックのイメージが湧いてきます。

ドライバーなど、ウッド系のクラブでいうところの『フックフェース』に近い印象です。



ソール形状
ソール全体の形状は平らに近く、微妙に丸みを帯びています。

リーディングエッジやトレーリングエッジも同様でした。



ネック長さ
ネックは短めで、やや太めです。

寸胴タイプのアイアンですが、『頭でっかち感』はそれほどありません。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは無く、特別な工夫は見られません。

キャロウェイのアイアンといえば、スコアラインの感覚が狭く、数が多い印象がありますが、このアイアンは14本なので、標準的な部類といえます。



振り感
軽量タイプのアイアンです。

小手先で振らないよう、大きな筋肉(特に背筋)を意識して振っていきました。

適度な重さに任せて振っていくことができないので、今日はいつも以上に気を使いました。

このN.S.PRO ZELOS 7というシャフトはあまり試打していないので、よく知らないのですが、N.S.PRO 950GHの軽量版といったところでしょうか?

最近は軽量スチールのバリエーションが豊富になってレベルもあがっているので、ユーザーとしては選択肢が増えていいことです。

カーボンシャフトも素晴らしいですが、スチールシャフトもまだまだ使う余地は十分にあります。



オリジナルグリップ
このロゴがとてもカッコいいので、キャロウェイファンの方はたまらないのではないでしょうか?

アイアンに最適なツアーベルベットが挿してあるので好感度が爆上がりです。

ソフトというだけでなく、この『しっとり感』がたまりません。

『手に馴染む』『吸い付くような』というだけでなく、『グリップが凹む』感じ・・・。といったらいいでしょうか?

ゴルフグリップにも『凹型』と『凸型』があるとするならば、『サンドラップタイプ』などは『凸型』であり、このツアーベルベットは完全に『凹型』です。

グリップが凹んでくれるような、皮膚との一体感が味わえるグリップです。

ゴルフを馬術に例えるとすると、クラブは馬で、ゴルファーは騎手であり、まさに『人馬一体』となりうるグリップといっても過言ではありません。

安価でありながら、かなり高性能でベストセラーを続けています。

グリップはたくさんありますが、コストパフォマンスの高さでもナンバーワンといえるのではないでしょうか?



構え感
ボールを前にして構えて見ると、フェース面の独特な光沢感が目に入り、これもキャロウェイアイアンではよく見られます。

『淡いミラー効果』といいますか、ボールが少し反射しているのが分かります。

思っていたよりもグースの効きが強く、少し遅れるイメージが湧いてきました。

トップラインの厚さも目に入りましたが、ヘッド自体は大顔というよりは標準的な大きさなので、大雑把な感じがせず、適度に集中していけそうです。

見惚れるようなことはなく、淡々と見ていました。

少しアップライトに見えましたが特別珍しくはありません。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、なかなかいい感じで好感が持てました。

『ゴツン』とくることもなく、ソフトではありますが、ソフトフィーリングの中では、ややしっかりめです。



トゥ側
球はあがりやすくて、イージーです。

グースがきついので、少し低く飛び出すイメージが出ていたのですが、実際はそんなことなく、充分あげてくれました。

タフさは全く感じません。

シンプルなデザインでカッコいいですが、ヒッター限定ということはなく、ハードルの低いアイアンです。

打ち出しの高さに驚きます。

最近のアイアンは飛距離でも『番手ずらし』になっていますが、この弾道の高さでも『(逆方向に)番手ずらし』になっています。

7番アイアンの打ち出しとは思えませんが、最近はこのような高弾道系アイアンが増えてきました。

8番か9番のような打ち出しの高さがありながら、5番アイアンのような飛距離を出せるアイアンといったらいいでしょうか?

構えたときのイメージと、実際の打ち出しが合っていませんが、それがハイテクアイアンたる所以なのかもしれません。

見た目は比較的シンプルでベーシックタイプのキャビティアイアンなのかな?と思っていましたが、このような弾道を目にすると、やはり見えない部分(ヘッド内部)にいろいろな工夫がされているのではないか?と思いました。



バックフェース
『安定性』も高く、おおらかなタイプのアイアンです。

ラージサイズのような『まどろっこしさ』がありません。

フェースターンが遅れることなく合いやすいので、右に抜けることもありませんでした。

むしろ、かなりつかまりやすいアイアンです。

ラージサイズではなく、ノーマルサイズのアイアンですが、スイートエリアはかなり広く感じます。

おおらかなタイプによくある、ミスヒットが伝わりにくいところがあり、打点のブレにも寛容です。



飛距離性能
『飛距離性能』も高いです。

高弾道で飛ばしていけるタイプのアイアンです。

今のディスタンス系アイアンは弾き感が強いものが多いですが、このアイアンはそこまで強くはないものの、軽く振って距離を出せるアイアンです。

普段なら『7』の力を使って『10』の飛距離を出すとするならば、このアイアンの場合は『5~6くらい」の力で『10』の飛距離を出す・・・。といったところでしょうか?

それほどハードヒットしなくても、確実に距離を稼いでくれるアイアンです。



操作性
『操作性』という点では、まずまずといったところで、それほど秀でているようには感じませんでしたが、一応左右にも曲げることはできました。

しかし球がつかまりやすいので、私はフック系のほうが自然に感じられました。

ソール形状を見たときから、そして構えてみてもつかまりそうな印象をもちましたが、実際に打ってみてもその通りでした。

私はもっと逃がしやすいタイプが好きですが、このつかまりやすさを好まれる方は多いのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
オートマチックタイプのアイアンですが、それが極端な感じが無く、適度なところで抑えられているのがいいな・・・。と思いました。

易しいけど、感覚を邪魔するような易しさではない・・・。というアイアンです。



キャロウェイ APEX DCB アイアン
このようなグースタイプのアイアンはラージサイズやセミラージサイズが多かったのですが、このような標準的なサイズはあまり無いので、このようなタイプを待っていた・・・。という方も多いのではないでしょうか?

適度な大きさによる扱いやすさも魅力です。



Callaway APEX DCB アイアン
アイアンは正確に距離を刻むのが目的のクラブですが、今は飛距離が重要視されるようになりました。

アイアンには、『飛ばしながら合わせるタイプ』と、逆に『飛ばさないで合わせるタイプ』があるように思います。

前者は『ディスタンス系(スタンディングロフト)』で、後者は『ベーシック系(ノーマルロフト)』です。

今は圧倒的に前者が多く、飛ばしながら距離を合わせる技術が求められる時代なのかもしれません。



Callaway APEX DCB アイアン
アイアンに限らず、どのクラブでもロフトが立てば立つほど距離を合わせるのが難しくなり、方向性も乱れやすくなります。

その難しいことを、『飛距離』を手に入れたことでやらなくてはならなくなりました。

何かを得れば、何かを失うということです。



Callaway APEX DCB アイアン
このようなディスタンス系アイアンで距離を合わせられるようになるには、かなりの練習量が必要になってくると思いますが、今はアイアンの本数も減ってきていますし、アイアンの距離をユーティリティや『ロフトの立ったウェッジ』でカバーしていく時代なのかもしれません。



Callaway APEX DCB アイアン
このアイアンを試打して、よく飛ぶなぁ・・・。と思いながら、そのようなことを考えていました。

見た目はシンプルですっきりしていますが、かなりたくさんの工夫がされているように感じる『粋な』アイアンです。

構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2020年10月18日
PR
  

キャロウェイ X FORGED CB アイアン

                 

キャロウェイ X FORGED CB アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ X FORGED CB アイアン の7番 です。



N.S.PRO 950GH NEO
シャフトは N.S.PRO 950GH NEO です。

ロフトは33度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は98g、トルクは1.7、バランスはD0、キックポイントは中調子、クラブ総重量は427g です。



正面
キャロウェイの新しいアイアンです。

今の時期、各メーカーNEWモデルを発表していますが、今日はキャロウェイのクラブに出会うことができて、とても嬉しく思いました。

キャロウェイのアイアンには色々なタイプがありますが、このアイアンはX FORGEDシリーズです。

キャロウェイは昔から、飛距離にすごくこだわりが強いメーカーだと思っています。

ビッグバーサは衝撃的でした。

その飛距離へのこだわりは、アイアンでも変わりません。

しかしX FORGEDだけは、ディスタンスよりもフィーリングを重視しているように思います。



側面
大きさや形状は標準的で、奇をてらったところはありません。

X FORGEDらしくシャープな形状で、カッコいいです。

軟鉄の柔らかそうな質感がたまりません。

キャロウェイもテーラーメイド同様、アイアンはステンレスの印象が強いですが、全てがそうではなくて、このようなアイアンがあり、軟鉄ファンのニーズに応えています。



バックフェースのウェイト
バックフェースに組み込まれている、このバッチといいますか、ウェイトがよく目立っています。

このアイアンはX FORGED CBという名前がついていますが、過去のX FORGEDもキャビティだったように思います。

あえてCBという名前をつけているということは、MBもあるのでしょうか?

いずれ中空を表す『hollow=HO』や、ポケットタイプの『pocket=PC』なども一般的になるかもしれません。



彫りの深さ
バックフェースのウェイトがよく目立っていますが、彫りの深さは普通です。

ハーフキャビティというほどではなく、ノーマルキャビティといっていいように思います。

一口にキャビティといっても、単なる『凹型』もあれば、逆の『凸型』もあります。

しかし、このアイアンは凹型と凸型のミックスタイプで、ふたつのいいとこ取りをしたアイアンです。

寛容さと打感を求めれば、このような形になるのではないでしょうか?

このようなアイアンはこれまでもたくさん見てきました。

アイアンは『削り出し』といいますか、『ワンピース構造』が昔から一般的ですが、このアイアンは最初から複合素材で成り立っているのが分かりました。



トップライン
トップラインの厚みも標準的で、とてもいい感じです。

ここがボテッとしていると構えたときに、イメージが出にくかったりボヤけてしまったりすることがありますが、この形状と厚みだと、すぐにいいイメージが出せそうです。

重心を深くするには、ポケットタイプにしてバックフェースの膨らみを大きくすればいいと思いますが、それだと構えづらくなるので、薄さをキープしながら深さを出していくには、やはりウェイトを組み込むのが一番手っ取り早いのだと思います。

こうして見る限りでは、それほど重心が深そうには見えません。

アイアンやウェッジは元々、重心が浅いのが自然であり、いいのだと思います。

重心の深い(後ろにある)クラブは、スイング中『主役』がボールと実際にコンタクトするフェース面ではなく、バックフェースに感じられることがたまにあります。

そういったクラブだと操作性が落ちてしまいますが、このクラブにはそういったことを感じません。



ソール幅
ソール幅はノーマルといいますか、今のアイアンでは明らかに狭いです。

これは少し意外でした。

最近はこのようなソール幅のアイアンが少しずつ増えてきたように思います。

先日試打した、違うメーカーのアイアンでも見られました。

このソール幅にも、流行のようなものがあるのでしょうか?

いずれまたワイド化が進むと思いますし、これまでのモデルとの差別化も図られているのかもしれません。

このソール幅を見て、苦手意識が芽生えてしまう方がいらっしゃるかもしれませんが、これは人によって好みが大きく分かれるところでもあります。

このソールの独特の艶消し・メッキの加減がX FORGEDらしいです。

以前試打したモデルを思い出しました。

これを見るだけで、キャロウェイだと分かります。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。

ホーゼルが太くなく、シュッとしています。

ヘッドの大きさも適正なので、いわゆる『頭でっかち』タイプではありません。

ストレートタイプではなく、少しグースが利いているのが分かります。



'21
ホーゼルには数字が刻印されていて、よく見なかったので、最初はついにアイアンにもロフトが表示されるようになったのかと思ったのですが、『'21』だったので、これは2021年モデルなのだということなのだと思います。

2021年モデルを前の年の秋に発表するのも、少し気が早いような気もしますが、これは昔からなので、特に珍しいとは思いません。

USPGAツアーは2020~2021年シーズンが既に始まっているので、ちょうどいいタイミングなのかもしれません。

来月は待望のマスターズが開催されるので、今からとても楽しみです。

これまで4月のオーガスタしか見たことがなかったのですが、11月のオーガスタがどんな感じなのか、とても興味があります。

あの美しい緑がまた見られるのでしょうか?

マグノリアは咲いていないと思いますが、違う花が咲き乱れているのでしょうか?

4月に比べて、かなり日が短くなって中継の時間も前後するかもしれません。

また眠れない日が続きますが、ワクワクしています。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは見られません。

変わったところがなく、これまでよく見られた『のっぺり』した感じといいますか、『スタンプ感』の強いフェース面です。

フェース面にはすごく魅力的に見えるものもあれば、何の感情も湧かず淡々と見ていることもあるのですが、このアイアンは後者です。

目新しさは感じなかったですし、フェース面にすごくこだわって開発したという感じは伝わってきません。

スコアラインはすごく細かなルールが決められているので、メーカーとしても、あまりいじりたくない部分だと思います。



オリジナルグリップ
装着されているグリップがツアーベルベットタイプで、かなり好感度があがりました。

ソフトというだけでなく、しっとりとしたフィーリングがたまりません。

微妙なフィーリングが求められるアイアンやウェッジには最適なグリップですが、縦の距離感をあまり重視しないディスタンス系のアイアンでは違うグリップでもアリだと思います。

今回はキャロウェイがフィーリングにも気を配っているようです。

もちろんツアーベルベット以外にも素晴らしいグリップはたくさんありますし、人によって好みが分かれると思いますが、私はこのグリップが一番好きです。

このマークをひと目見てキャロウェイだと分かるのですが、『C』ではなく『V』なのが何故なんだろう・・・?と、いつも思ってしまいます。

VICTORYのVなのでしょうか?



振り感
素振りをしてみた感じはまずまずです。

軽量感はありますが、それほど頼りない感じはしません。

シャフトに気を遣いすぎることなく、タイミング重視で振っていきました。

このシャフトが純正なのでしょうか?



構え感
ボールを前にして構えてみても、Xフォージドらしく安心できる、いい顔です。

大きさがちょうど良く、ボールとのバランスもとれています。

このような適正な大きさだと、ボールが大きく浮いて見えてくるのでイメージが出しやすいです。

トップラインの厚みもいい感じでボテッとしていません。

真っ直ぐというよりは、ほんの少し丸みがあるように見えたので、包み込むイメージを出しやすいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

少しグースが利いていて、これは今のアイアンの『標準』といっていいように思います。

昔からあるキャロウェイの構え感ではなく、和のテイストが感じられる落ち着いた感じのアイアンです。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はとてもいい感じでした。

薄くてガツンとくるのではなく、適度な厚みもあって、まったりしています。

最初見たときから、ソフトな打感を予想していたのですが、その予想を少し上回っていました。

雑な感じで薄っぺらい打感ではなく、しっかりと球の重さを感じさせてくれ、それが『点』ではなく『線』でした。

バチーンと弾くのではなく、乗せて運べるフィーリングです。

この心地よい打感を一球目から感じることができて、バックフェースにあるウェイトは重心を深くするだけでなく、打感を良くするという目的もあるのではないか?と思いました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では普通といいますか、予想していたよりは少し抑えた高さでした。

重心をそれほど深くはしていないのかもしれません。

私の感覚では『普通の範疇』に収まるアイアンです。

装着されているシャフトが軽量タイプで球を上げてくれるので、タフな印象はありませんが、ヘッドだけでいうと明らかにヒッター向けだと思います。

誰が打っても球が浮きやすいというタイプのアイアンではなく、しっかりと打ってフェースにグッと乗せて高さを出していきたいアイアンです。



バックフェース
『安定性』という点では、カッコいいアイアンでありながら、気難しい感じはしません。

ノーマルキャビティと同じ寛容さがあります。

ラインも出しやすいですし、球のつかまりがいいので、右に抜けるような球も出づらいです。

できれば、もう少しグースが弱い方が扱いやすいのですが、これくらいであれば特に難しくはありません。

『高慣性モーメント』『易しさ』を謳ったアイアンではないですが、気難しくなく、かといって易しすぎないのでスイングレベルを崩したくないという方にも魅力的なアイアンといえるのではないでしょうか?



飛距離性能
『飛距離性能』という点では、今のアイアンの中で飛ばないほうだと思います。

私には『やや飛び』くらいで飛ぶ感じがするのですが、今はディスタンス系アイアンが多いので、それらと比べると飛距離という点で劣ると言わざるを得ません。

アイアンに飛び性能を求めておられる方には物足りなさがあるかもしれません。

しかし、それを『縦の距離感』ということで置き換えてみると、なかなか優れているように感じます。

『飛距離』ではなく、『距離感』を大切にしたい方の為のアイアンといって過言ではないのではないでしょうか?



操作性
『操作性』という点では、反応も悪くないですし、なかなかいい感じです。

どちらかというと『真っ直ぐなラインの強さ』といいますか、大きな曲線で攻めるタイプではないですが、左右へも曲げることも普通にできました。

マニュアルタイプとオートマチックタイプの、ほぼ中間くらいに位置するアイアンといっていいような気がします。



試打後の感想


ヒール側
カッコいいアイアンでありながら、易しさも感じられ、性能的にバランスがとれています。

どこかがズバ抜けているというのではなく、どの分野においても、平均点を上回っている印象をもちました。



Callaway X FORGED CB アイアン
このカッコ良さと、見た目以上の易しさとのアンバランスさが面白いです。

メーカーもかなり工夫しているのではないでしょうか?

打感もいい感じでしたし、今回はフィーリングにも力を入れてきているように感じました。



キャロウェイ X FORGED CB アイアン
・ラージサイズのアイアンしか使いたくない。

・ポケキャビじゃないと嫌だ。

・強いグースタイプのアイアンが好きだ。

という方には合いづらいと思います。


ゴルフ場に若者激増、突如吹いた追い風の正体

とても嬉しいニュースを見ました。

ゴルフ場に行く若者が増えているというニュースです。

ゴルフ場だけでなく、ゴルフ練習場も活気を取り戻しているというのです。

私が通っているいくつかのゴルフ練習場はずっと活気がありますが、全体的に見れば、人数が減ってきていたのかもしれません。

ゴルフは屋外スポーツですし、ゴルフ練習場もソーシャルディスタンスが自然にとれているので、このご時世、ゴルフが見直されているのかもしれません。

それでも練習場の入り口にはアルコール消毒液が置かれていますし、私は手を消毒し、マスクをずっと着用していて、打つときだけ外しています。

マスクをしながら球を打つと、自分がスイング中、『呼吸を止めるタイプ』なのか、それとも『小さく吸うタイプ』なのか、『小さく吐き出すタイプ』なのか・・・。ということが分かりやすいです。

こういったスイング中の呼吸も、個性が分かれるところだと思います。

以前は仲間たちと一緒に練習場によく行っていましたが、今はなるべく一人で行くようにしています。

また、以前のような生活が戻ってくることを願っています。



Callaway X FORGED CB アイアン
ゴルファーが増える、しかも若者の数が増えるというのはとても喜ばしいことです。

これもキャロウェイを始め、いつも素晴らしいクラブを発表し続けてくれている各メーカーの功績が大きいのではないでしょうか?

昔と違い、今は易しくて高性能なゴルフクラブがたくさんあります。

『修行の期間』を過ごすことなく、いきなり楽しめるようになりました。

いいクラブが多いので、どれにするか迷ってしまうということは起きてしまいますが・・・。



Callaway X FORGED CB アイアン
若年層ゴルファーが最大値になれば、その世代に合わせてクラブのスペックも変わっていくのではないでしょうか?

今のクラブはかなり『ソフトスペック』になっているので、シャフトのフレックスも本当に『S』なの?って思うことが少なくなく、今は普通に慣れましたが、ゴルファーの年齢層が変わることによって、クラブも変わってくるかもしれません。

今のクラブはかなり親しみやすくなっているので、メンズクラブを女性の方がそのまま使われることも珍しくないですし、ビギナーの方でも力のある方はアンダー過ぎるクラブを使っておられる方が今でも多いように思います。

ハードすぎるのはダメですし、かといってアンダースペック過ぎるのも、上達の妨げになってしまいます。

いわゆる『吊るし』では、なかなかフィットしないということもあると思いますが、これからは昔のように、もっとしっかりしたスペックのクラブが多くなるかもしれません。



Callaway X FORGED CB アイアン
このようにいいクラブを使って、もっと多くのゴルファーが誕生することを願います。

これほど楽しく、長くプレーできるスポーツは他にありません。


構えやすさ・・・☆☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2020年04月12日
PR
  

キャロウェイ MAVRIK MAX ドライバー

                 

キャロウェイ MAVRIK MAX ドライバー
先日、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ MAVRIK MAX ドライバー です。



Diamana 40 for Callaway
シャフトは Diamana 40 for Callaway です。

ロフトは10.5度、シャフトフレックスはS、シャフト重量は45g、トルクは6.3、バランスはD1、キックポイントは中元調子、クラブ総重量は290g です。



正面
キャロウェイMAVRIKシリーズのドライバーです。

以前、同じシリーズのドライバーを試打したのですが、今回はMAXです。

見た目は変わらないような感じがするのですが、MAXという名の通り、大きさが最大級ということなのでしょうか?



側面
シャロー感があってラージサイズです。

今の主流といえる形状です。

こうして見る限り、MAVRIKドライバーと変わらないような気がします。

今度、機会があれば見比べて見たいです。



ソール形状
この独特なソール形状も同じです。

おそらく意味があるのだと思います。



ネック長さ
ネックの長さは適度にあり、以前試打したドライバーと同じようです。

こうして見る限り、全体的な形状や重心の高さはあまり変わらないような気がします。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されています。



NS
試打するのは、このNとSのポジションです。



バックフェースのウェイト
バックフェースにはウェイトが配置されています。

数字が刻印されていないので、重さは判りません。



ヒール側のウェイト
ヒール側にもウェイトがあります。

これは以前試打したドライバーにはありませんでした。

より球をつかまえやすくするよう、重心距離を短くしているのでしょうか?



JAIL BREAK TECHNOLOGY
JAIL BREAK TECHNOLOGYはお馴染みです。

これからも採用され続けるのではないでしょうか?



シャローヘッド
ラージサイズで、シャロー感の強いヘッドです。

この大きさに安心感をもたれる方も多いのではないでしょうか?

今はドライバーだけが他の番手に比べ、巨大化しました。

もちろんFWやアイアンなどでもラージサイズは存在しますが、その割合は少ないです。

ドライバーだけが『別物』として存在し続けているような気もします。



クラウンの盛り上がり
クラウンの盛り上がりも目立っていました。

今は全体的にはシャローでも、フェース高があって厚みのあるフェースが増えてきました。

『叩く』ということにおいては、シャローフェースよりもディープフェースのほうが理にかなっているように思いますし、安心感があります。



Callaway MAVRIK MAX ドライバー
クラウンのカーボンの模様も多くなりました。



弾きの良さそうなフェース面
この弾きの良さそうなフェース面も、これまでと変わりません。

テクノロジーを感じさせながら、質感も向上しています。



顔
独特な顔をしていました。

MAXという名前がついているので、ラージサイズなのだろうと予想していたのですが、ヘッド後方が膨れていてフェースも被っているように見えます。

『つかまりの良さがマックス』ということなのでしょうか?

私はフッカーなので、このような顔はあまり好きではないのですが、スライサーの方は安心感をもちやすいのかもしれません。



装着されているグリップ
装着されているグリップはソフトなフィーリングで好感が持てます。

これまでと同じです。



振り感
素振りをしてみると軽量感があり、シャフトも軟らかいですが、これは経験していたので、特に驚くようなこともなく、抑え気味にコンパクトに振っていきました。

シャフトの挙動を気にしながら、タイミングを整えていくことに気をつけました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、やはりフック(ハイフック)のイメージしか浮かびませんが、このようなタイプが今は多いので珍しくはありません。

私が好きな構え感ではないですが、このつかまりそうな感じが好きな方も多いのではないでしょうか?

フェースもよく見え、球があがりやすそうです。

普通に打つと左にしか行かない感じがしたので、少し右を向いて回してみる感じで打ってみることにしました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』は、ややしっかりめです。

打球を目で追わなくても、この打感だけで球がつかまっているのが分かります。

この打感は好みではないのですが、あまり気にしないようにしています。

機能を重視すれば、フィーリングが犠牲になることはありますし、シーソーのようなところがあるのかもしれません。



打球音
『音』もはっきりしていて、聞き覚えがあります。

甲高くなく、大きすぎないのがいいです。



トゥ側
球はとてもあがりやすくて高弾道です。

打ち出しが高く、ビッグキャリーが打てるドライバーです。



バックフェース
安定性も高く、シビアさは全く感じません。

球のつかまりがいいので、自動的に球をつかまえてくれるドライバーです。

シャフトが合わないのか、振りに行くと方向性が乱れてしまうところはありましたが、ヘッド自体は寛容でオートマチックタイプです。



飛距離性能
『飛距離性能』も優れていて、スインガータイプの方に合いやすいのではないでしょうか。

弾きがいいですが、球のつかまりの良さが、この飛距離につながっているように思います。

高くあがりますが、力強くて頼りなさはありません。



操作性
『操作性』はあまり秀でてはいません。

完全のオートマチックタイプのドライバーです。

私はフック系が自然ですが、少し右に曲げることもできました。

しかし球のつかまりがいいので、大きく右に曲げるのは難しいです。

スライサーの方には大きな味方になってくれるのではないでしょうか?



試打後の感想


ヒール側
以前試打したドライバーよりも、このMAXのほうが球のつかまりが強いと感じました。

最初は『大きさ』がマックスなのかと思いましたが、『つかまりの良さ』がマックスということなのではないかな?と思いました。



Callaway MAVRIK MAX ドライバー
フッカーには合いづらいところがあると思います。

スライサーの方には曲がりが抑えられて真っ直ぐに近い球が打ちやすいドライバーです。



Callaway MAVRIK MAX ドライバー
あまり叩きにはいけないドライバーだと思いますが、ハードヒットではなく、ソフトヒットで余裕をもってつかまえて飛ばしたい方には合いやすいのではないでしょうか?

クセのあるドライバーではありますが、今はこのクセが求められているのかもしれません。



Callaway MAVRIK MAX ドライバー
キャロウェイらしい、ハイテクドライバーです。


構えやすさ・・・☆☆
打感・・・・・・☆☆☆
音・・・・・・☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
                         
        

                         
      
2020年03月17日
PR
  

キャロウェイ MAVRIK フェアウェイウッド

                 



キャロウェイ MAVRIK フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブキャロウェイ MAVRIK フェアウェイウッド の5番 です。



Diamana 50 for Callaway
シャフトは Diamana 50 for Callaway です。

ロフトは18度、クラブ長さは42.75インチ、シャフトフレックスはS、キックポイントは中調子 です。


新型コロナウィルスが猛威を振るうようになって数ヶ月が経ちました。

国内はもちろん世界中で、今もマスク不足が続いています。

やはり海外生産に頼っていてはこういった緊急時に全く対応できないということがよくわかりました。

国内生産で、常に備蓄をもっておく必要があると思います。

私は花粉症なのですが、ずっとマスクを買うことができずに辛い日を過ごしています。

しかし風邪も引かず元気なので、贅沢は言っていられないなと思いました。

症状が重い方や医療関係者の方たちにまずは充分な数のマスクが届いて欲しいですし、ウィルスを寄せ付けないというよりも撒き散らさないという意味でマスクが有効だと思います。

憎きウィルスに、今多く飛散しているスギやヒノキなどの花粉が効いてくれないかな・・・。などと、目のかゆみを感じながら思っていました。

新型コロナウィルスも厄介ですが、花粉も私にとって厄介な敵なので、『毒には毒をもって制す』という考え方です。

特効薬というのは身近にある、意外なものから作られることも多いそうで、いずれ開発されると期待していますが、一刻も早く完成して世界中に届いて欲しいです。



正面
さて、このクラブですが、キャロウェイマーベリックシリーズの新しいフェアウェイウッドです。

先日、ドライバーユーティリティを試打しましたが、今日はフェアウェイウッドを試打する機会に恵まれました。

デザインが統一されていて、すんなりと入っていけます。



側面
シャロータイプのヘッドです。

ソールには色々な工夫が見られますが、ゴチャゴチャ感は無いので、好感が持てます。



工夫が見られるソール
独特なソールです。

色々な工夫が見られます。

クラブ研究では世界トップクラスといえるキャロウェイなので、おそらくこのソールにも大きな意味があるのではないでしょうか?

FWはドライバーと違い、直打ちすることが多いので、芝やラフ・ベアグランドなどでの滑りの良さを追求しているのかな?と思いました。



ソールのウェイト
ソールには大きなウェイトがひとつだけ配置されています。

数字の刻印が無いので、重さは判りません。



JAIL BREAK TECHNOLOGY
このJAIL BREAK TECHNOLOGYも、お馴染みです。

ドライバーと同じ技術が取り入れられているのだと思います。



ネック長さ
ネックの長さはしっかりと維持されています。

これはちょっと意外でした。

これまでも書いてきましたが、キャロウェイはどうしてもスルーボアやショートネックのイメージが強いので、この長さはなかなかイメージできません。

ショートネックのほうが好きだという方も多くいらっしゃると思いますが、私はこのようなネックの長さがあると、『上から』拾っていけるイメージが出しやすいので、好感が持てます。

アイアンやウェッジでも、ある程度ネックの長さがあるほうが、易しく感じられ親近感がもてます。

ネックに調整システムは搭載されていません。

キャロウェイは調整システムのイメージが強いですし、ドライバーには搭載されていましたが、全てのモデルに搭載するということではないようです。



フェース面の仕上げ
シンプルで綺麗なフェース面です。

3本のスコアラインが大きな存在感を放っています。

アイアンなどに限らず、フェアウェイウッドもメーカーやモデルによってスコアラインの数が違っていますし、スコアラインが無いものも見られるようになりました。

どれがベストなのか分かりませんが、いずれ答えがでるのかもしれません。



FLASH FACE SS20
トゥ側には『FLASH FACE SS20』と表記されています。

これはドライバーにも見られましたが、キャロウェイ独自の特別なフェースなのでしょうか?



シャローヘッド
シャロータイプです。

見慣れた感じの、スタンダードなシャローです。

クラウンは平らではなく、丸みを帯びて盛り上がっているように見えます。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは最近、よく見られるタイプです。

ソフトなフィーリングで好感が持てます。



顔
オーソドックスな、いい顔をしています。

私には『つかまえ顔』に見えたのですが、今はこれくらいがスタンダードといえるでしょうか?

『逃がし顔』のフェアウェイウッドには最近出会えていないように思います。

大きさもちょうど良くて、黒ということもあり、引き締まって見えるところに好感が持てました。

直打ちするクラブはヘッドが大きくなりすぎてしまうと難しそうに感じますが、これくらいの大きさだと易しそうです。



カーボンクラウン
カーボンクラウンなのが分かりました。

昔のように今はカーボンクラウンが流行っているようですが、同じカーボンクラウンでもテーラーメイドとはテイストが違います。



振り感
素振りをしてみると軽量感もありましたが、シャフトがかなり動いたので、少し抑えめに振りました。

強めに振ると、ヘッドの挙動が安定しづらい感じがしましたが、それは私がまだこのシャフトに慣れていないからのように思います。

フレックスはSなのですが、かなり軟らかめのSです。

国内モデルだから、この軟らかさや軽さがあって、US仕様だったら、もっとしっかりしたスペックなのかな?と思いました。

カスタムシャフトや、昔から使っている『地シャフトメーカー』に差し替えるのもアリだと思いますし、海外仕様のモデルをそのまま使ってみるというのも、有効だと思います。

ヘッドは期待できそうですが、正直ちょっと物足りないスペックに仕上がっているように感じました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、なかなかいい感じでした。

いい意味で『おとなしい』といいますか、集中力を散らさない構え感に見えました。

しっかりと『自分の中のゾーン』に入っていけそうです。

ただ、やはりフェースが左を向いているように見えてフックのイメージが出てしまいました。

右に構え直して打とうかな・・・。と思ったのですが、まずはこのまま打ってみることにしました。



試打を開始しました


フェース面
『打感』はややしっかりめですが、硬くなく好感が持てました。

はっきりした打感です。

ボヤけていなくて、しっかりと『芯』があります。

フェースに乗る感じは無く、弾き感がかなり強いです。



打球音
『音』も甲高くなく、いい感じです。

昔のあの独特の甲高い金属音ではありません。

音に邪魔されず、気持ちよく振っていけました。



トゥ側
球はかなりあがりやすいです。

フェアウェイウッドなのでいつも通り、直打ちで打ってみたのですが、すごくよくあがります。

クリークということもあると思いますが、この浮きやすさや弾道の高さは武器になりそうです。

同じフェアウェイウッドでも、スプーンだと感じにくいですが、クリークはしっかりと高さを出していけるので、『グリーンを上から攻める』イメージが出しやすいです。

このクラブも、まさにそんなタイプです。

上空高く『鳥瞰(ちょうかん)』で攻めていけるクラブといったらいいでしょうか?

高~くあがっていくボールを目で追いながら、そんなことを考えていました。

カッコいいクラブですが、タフさは全くなく親しみやすい性質をもっているので、スインガータイプの方にも親しみやすいクラブといえるのではないでしょうか?



バックフェース
『安定性』も高く、シビアさは感じません。

最初から少し左に飛んでいったのですが、かなりつかまりがいいクラブです。

せっかく、これだけいい大きさに収まっているので、フェースがスクエアか逃がす感じだと、もっとラインを出しやすいような気がしたのですが、それは私がフッカーだからそう感じたのかもしれません。

3球続けてフック系の球が出たので、少しずつアジャストしながら、ようやく真っ直ぐに近い球を打つことができました。

球のつかまりがいいFWですが、これは装着されているシャフトも大きく影響しているのは間違いありません。



飛距離性能
『飛距離性能』は高いです。

フェースの弾きが強く、初速も出ています。

軽量感のあるクラブではありますが、弾道は力強いです。

この弾きの良さは、今のFWの中でも、間違いなくトップクラスにあるといえるのではないでしょうか?

そう思えるくらい、このクラブの飛距離性能は高いです。



操作性
『操作性』という点では、まずまずです。

操るタイプではないですし、私の場合はフック系のほうが出やすいように感じました。

球のつかまりがいいですが、ちょっとつかまり過ぎです。

右にはなかなか行きにくいですが、カットに打って少し曲げることができました。

ドライバーのような大きいサイズのクラブよりも、クリークのようなサイズ(ヘッド体積)の小さいクラブのほうが、フェースの向き(この場合は左向き)の影響は大きいことを改めて感じました。

フェード系の方は、ほぼストレートな球筋になるかもしれません。



試打後の感想


ヒール側
弾道の高さとつかまりの良さ・そして弾きの強さが印象に残りました。

これが今の『飛びのトレンド』といえるのではないでしょうか?

カッコいいクラブですが、気難しさは全くなく、親しみやすい飛びなのも、このクラブの魅力です。



Callaway MAVRIK フェアウェイウッド
弾道がかなり高いので、スプーンも試してみたくなりました。

おそらくタフさは感じないだろうと思いますし、充分あげてくれるような気がします。



Callaway MAVRIK フェアウェイウッド
ネックの長さがしっかりとあったので、多少は重心が高くなっているのかと思っていましたが、実際に打ってみて高重心だとは思いませんでした。

でも上から潰すように打つこともできましたし、上から打つと厚く当てられるというメリットもあり、そのときはすごくいい球が打てました。

レベルブローに近い感じで打ってみて、多少薄めに当たることもあったのですが、それでもしっかりと球を浮かせてくれたので、実戦でも心強いパートナーとなってくれそうです。



Callaway MAVRIK フェアウェイウッド
ネックに調整機能は搭載されていませんが、その分、ヘッドの性能アップが実現できているのではないでしょうか?

ヘッドの基本性能をあげれば、調整システムはそれほど重要ではないという、メーカーからのメッセージがあるような気がします。

私は調整システムを重要視していないですし、これまで調整システム付きのクラブを試打して、基本性能がおろそかになっていると感じたクラブはたくさんあります。

このマーベリックフェアウェイウッドは、その真逆に位置するクラブなのは間違いありません。



Callaway MAVRIK フェアウェイウッド
ビッグバーサの頃から、キャロウェイはウッド系(特にFW)が素晴らしいと思っていましたが、その伝統が今でも引き継がれているようです。

技術の革新は進みましたが、『易しく飛ばせる』というコンセプトは1ミリもブレていないように思います。


構えやすさ・・・☆☆☆
打感・・・・・・☆☆☆☆
音・・・・・・☆☆☆☆
あがりやすさ・・☆☆☆☆☆
安定性・・・・・☆☆☆☆
飛距離性能・・・☆☆☆☆☆
操作性・・・・・☆☆☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。