MUSCULAR - ゴルフクラブ試打日記

MUSCULARのカテゴリー記事一覧

メイン

MUSCULAR

      
2019年04月21日
  

MUSCULAR COLLECTORS EDITION 1 ドライバー

                 
MUSCULAR COLLECTORS EDITION 1 ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブMUSCULAR COLLECTORS EDITION 1 ドライバー です。



写真を撮り忘れたのですが、シャフトは GRAPHITE DESIGN VR-6 です。

ロフトは10度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS、トルクは3.2、キックポイントは中調子 です。



正面
初めて出会った、MUSCULARという名前のドライバーです。


私は全くこのメーカーのことを知りませんでした。


普段、ゴルフクラブについての記事を書いていますが、あまりにも知らないことが多すぎて恥ずかしくなってしまいます。


しかし不勉強ではあっても、これまで通り、なるべく予備知識を入れないまま、『行き当たりばったり』の試打をしていきたいです。


それが、私の『試打』におけるスタイルです。


一瞬、外国のメーカーなのかな?と思ったのですが、この美しさや丁寧さ。


そして何より独特な雰囲気から、おそらく日本のメーカーだろうと思いました。



COLLECTORS EDITION 1
MUSCULAR COLLECTORS EDITION 1 と表記されています。


エディション2もあるのでしょうか?



側面
立体的なヘッドです。


シャロータイプが圧倒的に多い今では珍しい部類ですが、こういったタイプも少しずつ復活してきているようです。


シャローでもしっかりしたタイプはありますし、逆にディープでも意外とあがりやすくて、ハードルが低くなっているものもあるので、今は見た目だけではわかりにくいところもあります。


それだけ、技術が進歩しているということなのだと思います。


ディープということもありますし、派手さのない重厚な雰囲気がたまりません。


ゴチャゴチャしたところが全く無く、とてもシンプルで魅力的です。


まずは打つ前の楽しみといえる、『目の保養』をたっぷりしました。



ウェイト
バックフェースにはウェイトがひとつだけ配置されています。


六角レンチがあれば、簡単に取り外せそうです。


数字が刻印されていないので、重さは分かりません。


取り外すタイプではないのかもしれません。



ネック長さ
ヘッドのボリュームからすると、ネックは少し短く見えますが、今のドライバーでは普通といった感じがします。


ネックには調整機能は搭載されていません。



セミディープ
セミディープバックタイプのヘッドです。


ディープタイプではありますが、『ハイバック』タイプではなく、少しシャローなところがあります。


黒という色もありますし、適度に厚みもあるので、力感があります。



フェース面の仕上げ
フェース面のデザインはとてもシンプルで、仕上げも丁寧です。


これまでの経験から、見るからに弾きが良さそうなフェース面に見えます。


このフェース面を見ているだけで、強い球が打てそうな感じがしてきました。


いいインスピレーションを与えてくれるフェース面です。



顔
シンプルで整った、いい顔をしています。


初めて出会ったメーカーのクラブはどんな顔なのか、全く予想が立たないのですが、好感の持てるいい顔をしていました。


苦手なタイプだったらどうしよう・・・。と思うところもあったのですが、この顔を見て安心できました。


いい顔をしているというだけで、そのクラブへの興味がどんどん湧いてきます。



振り感
素振りをしてみた感じは、結構しっかりしていて、すぐにタイミングを合わせることができました。


頼りないタイプではなく、ヘッドのイメージに合う振り感です。


気持ちよくビュンビュン振っていくことができました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、すごくいいです。


初めて出会ったメーカーのドライバーですが、初めてとは思えないほどの親しみやすい構え感です。


これまでもたくさん試打してきたタイプのドライバーです。


こうして構えていても、立体的なところが感じられるので、シャロー感を求めたい方には、少し親しみづらいところがあるかもしれません。


フェース面も必要以上に見えないので私は好きですが、もっと見えたほうが高弾道をイメージできるので好きだという方もいらっしゃると思います。


私はやや低めのライナー系の弾道が好きなので、このドライバーの構え感は好感が持てました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、しっかりめでした。


ソフトという感じではありませんでした。


正直、それほど好きな打感ではないですが、この打感では打てないということもないですし、大きな不満はありません。



打球音
『音』は大きいですが高すぎず、問題ありません。


インパクトが音に邪魔されることはありませんでした。


周りが気になることもなく、しっかりと振っていくことができました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、今のドライバーの中ではタフな部類に入ると思います。


セミディープタイプでありながら、バックフェースに大きなウェイトが配置されているので、もっとあがりやすいタイプなのかな?と打つ前は思っていましたが、そうではありませんでした。


明らかにヒッター向けのドライバーです。


今は球があがりやすくなるように、目に見えないところにもいろいろな工夫がされていて、見た目よりもあがりやすいドライバーもありますが、このドライバーはそういったタイプではありません。


『見た目通りの性能』をもったドライバーです。



バックフェース
『安定性』という点でも、それほど寛容さがあるタイプだとは思いませんが、シビア過ぎないところも魅力です。


普通に打っている限り、球が散らばるということにはなりにくいように感じました。


装着されているシャフトのアシストがあるのは間違いありません。


広いスイートエリアや曲がりにくさをドライバーに求めておられる方には、少し親しみづらいところがあるかもしれません。


今はイージー系のドライバーのほうが圧倒的に多いので、それだけ高いニーズがあるのだと思います。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなか優れています。


弾きが良く、力強い球を打たせてくれるドライバーです。


球が高くあがりすぎず、ロスの少ない弾道が魅力です。


ヒッタータイプの方が、気持ちよく振って距離を伸ばしていけるタイプのドライバーです。


スインガータイプの方の中には、球があがりきらずにキャリーが出せない・・・。ということもあるかもしれません。



操作性
『操作性』は高いです。


構えたときに変なクセが無かったので、打ち分けやすいだろうな・・・。と思っていたのですが、その通りでした。


男前のドライバーではありますが、昔のドライバーのように左右へ大きく曲げるのは難しく感じられました。


左右への反応はいいですが、バナナスライスやバナナフックは難しく感じので、実戦的な球筋で勝負していけるドライバーだな・・・。と思いました。



ヒール側
初めて出会ったメーカーのドライバーなので、どうなのかな?と思っていたのですが、全体的にまとまっていてバランスがとれているように感じました。


とても構えやすいですが、打感と音がもうちょっと良ければな・・・と思い、そこが残念ではありましたが、大きな不満は残りませんでした。



MUSCULAR COLLECTORS EDITION 1 ドライバー
このMUSCULARというメーカーのことを初めて知ったのですが、老舗メーカーなのでしょうか?


それともまだ新しいメーカーなのでしょうか?


いずれにせよ、レベルの高いドライバーを作るメーカーという認識をもつことができました。



MUSCULAR COLLECTORS EDITION 1 ドライバー
そのメーカーのドライバーが気に入ると、私はどうしてもFWやUTを打ちたくなるのですが、ラインアップされているのでしょうか?


もしそうだとしたら嬉しいですし、是非試打してみたいです。



MUSCULAR COLLECTORS EDITION 1 ドライバー
派手さの無いデザインなので、玄人受けするのは間違いないですし、『見た目通りの性能』というのは、やはりいいものだと思いました。


いい意味での『意外性』というのもいいですが、『予想を裏切らない』というのも改めていいと思いました。


機会があれば、また何度でも試打したいですし、是非コースでも試してみたいです。

                         
        
AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1 チャップアップ
ツアープロコーチ 谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム