FC2ブログ

ゴルフクラブ試打日記

ゴルフクラブ試打日記TOP > 月別アーカイブ [ 2018年06月 ]

2018年06月30日

ヨネックス EZONE GT ドライバー

ヨネックス EZONE GT ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブヨネックス EZONE GT ドライバー です。



REXIS for EZONE GT
シャフトは REXIS for EZONE GT です。

ロフトは9度、クラブ長さは46インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は47g、キックポイントは先中調子、バランスはD2、クラブ総重量は299g です。



正面
ヨネックスGTシリーズのドライバーです。


ヘッド全体が黒で、赤がいいアクセントになっています。


ここ数年、ヨネックスはこのイメージがあります。



側面
ややシャロー感のあるヘッドです。


シンプルというよりは、機能的な形状になっています。



バックフェースのウェイト
バックフェースにはウェイトがありました。


近くでもよく見てみると、『8』の刻印があったので、8gということでいいのだと思います。



トゥ側のウェイト
トゥ側にもウェイトがあり、こちらには『2』の刻印がありました。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されていました。


最近は少しずつ少なくなってきているような気もするのですが、ヨネックスはまだまだ採用し続けるようです。



S
試打するのは、この『S』のポジションです。



シャローヘッド
シャロータイプのヘッドです。


よく見かけます。



カーボンクラウン
クラウンにはカーボンの模様が見られました。


ヨネックスらしい工夫だと思いますし、今は多くのメーカーが採用しています。



顔
顔はまずまずでした。


見とれてしまうような美顔という感じは正直しなかったのですが、特に不満も無く、いい感じです。



オリジナルグリップ
装着されているグリップはオーソドックスなタイプです。



構え感
ボールを前にして構えてみると、いい感じでした。


方向性に対する不安もなく、安心して構えることができました。


もうちょっとクセのある感じかな?と思っていたのですが、そうではありませんでした。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトということはなく、しっかりしていました。


結構手応えがあります。



打球音
『音』も大きめで、はっきりしていました。


この音はだいたい予想していた通りです。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、まずまずです。


9度という『一桁ロフト』ですが、球があがりにくい印象はありませんでした。


装着されているシャフトも全体的によくしなる感じで、球をあげてくれているように感じました。



バックフェース
『安定性』という点では、今のドライバーの中では普通といったところでしょうか?


シビアさは感じませんが、ミスに対して大きな寛容さはそれほど感じませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかいい感じでした。


キャリーもしっかり出せましたが、予想していたよりは弾道が重い感じがして、好感がもてました。


ソフトスペックなドライバーですが、結構振っていけるタイプだと思いました。



操作性
『操作性』は、まずまずでした。


クセのない顔なので、どちらにも対応してくれるように感じましたが、かなりシャフトが軟らかく動く感じが強いので、慣れるまで時間が掛かりました。


つかまり顔ではありませんが、しっかりとつかまえてくれました。



ヒール側
これといった目新しい工夫というものを感じとることはできなかったのですが、ヨネックスらしいたくさんの工夫がされているドライバーです。


テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション YONEX ヨネックス EZONE GT ドライバー

最近の記事
メーカー名
検索フォーム
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

ゴルフクラブ試打日記
ゴルフウェア ブランド